【緊急避妊薬のスイッチ化】当の薬局薬剤師はどう考えているのか?<4>/薬経連会長・山村氏「市単位で実績つくり“任せられる”状況に」

【緊急避妊薬のスイッチ化】当の薬局薬剤師はどう考えているのか?<4>/薬経連会長・山村氏「市単位で実績つくり“任せられる”状況に」

【2021.06.13配信】厚生労働省は6月7日、「第16回 医療用から要指導・一般用への転用に関する評価検討会議」(スイッチ検討会議)を開き、緊急避妊薬のスイッチに関して議論を再開することとした。当の薬局業界はどのようにこの問題を捉えているのか。保険薬局経営者連合会(薬経蓮)会長の山村真一氏は「市といった単位で成功事例を示していきたい」との方針を示すとともに、薬局薬剤師の取り組みを知ってもらうことで、今回再議論を要望した市民団体の動きを後押ししていきたい考えを示した。


 6月7日、「第16回 医療用から要指導・一般用への転用に関する評価検討会議」(スイッチ検討会議)では、出席していた日本薬剤師会の委員からは緊急避妊薬のテーマに関して発言はなかった。

 このことには厚生労働省関係者からも「落胆した」との声が聞こえる。スイッチ化の賛否だけにかかわらず、薬局薬剤師がこれまでしてきたことや、できることに関して、社会に知ってもらう好機でもあったはずなのに、どうしてこうした機会をいかすことができないのかという、もどかしさが背景にある。

 一方で、薬局薬剤師はこの問題の重要性を認識していないわけではない。
 受け皿となる役割として、現状にもどかしさを感じている薬局薬剤師は少なくない。
 保険薬局経営者連合会会長の山村真一氏もその一人だ。
 
 山村氏は、「現状はまるで映画のシン・ゴジラのようだ」と指摘する。
 「映画ではゴジラという脅威がそこまで来ているのに、それに対する対応の優柔不断さが描かれていて、そこが面白くて目が離せなくなるのですが、何となく私たちの今の状況に似ているのではないかと思いました。薬剤師の中にも、ムーブメントを起こすキッカケの種火がそこに生まれているのに、それが見えなかったり、過小評価したり、その意味が理解できなかったりして決断出来ない人たちが多いと言えそうです」(山村氏)

 その上で、具体的なアクションプランを薬局側から示していきたいと意欲を示す。
 「緊急避妊薬を薬局で販売することを実現するために、私たちが今行うべきことは、具体的なアクションプランを示し動きを起こす事です。そしてその実現のために、市場のことは市場に聞いて、作戦行動を考えなくてはならない時に来ているのだと思います」とする。


 具体的なアクションプランの提案は以下の通りだ。

 まず緊急避妊薬の位置づけについては、「現在検討会ではOTCとすることは「否」となっていること、要指導医薬品となった場合、原則3年で一般用医薬品へ移行してしまう現状を考えると、処方せん医薬品以外の医療用医薬品と位置付ける改正が現実的だと思います(事実上のBPC化)」とする。

 具体的行動に関しては、「実態をまずは作り、その既成事実を後ろ盾にして大きく行動に移していくという流れが良い」とし、「実態づくりがしやすいエリアの選定として、“県”でもなく“市”単位の大きさが適切だと思います」とする。

 「市という単位で、生活者が真に求める販売体制を実装していく必要がある」とする。
 「検討会で指摘された懸念の払拭から取り組み、相談者が安心して薬局にアクセスできる仕組み作り、プライバシーに配慮した薬局構造を有する事、座学で研修を受けるだけではなく、そこからバージョンアップさせ、例えばロールプレイングで訓練も行うこと等、一定の新しい自主的な評価基準を設定し、クリアした薬局・薬剤師を地元薬剤師会や市ホームページに掲載して、相談者がアクセスしやすい環境を作るとか、薬局外に“緊急避妊薬を取り扱える薬剤師がいます”といったシールを貼る等、市場が求める、あるいは市場の期待を超える販売体制の実現を目指すのです。そして、その自主的な評価基準は、今後ブラッシュアップを重ね全国評価基準に格上げさせていくこともあるかもしれません」(山村氏)。

 山村氏の案は、現状での指針に準拠した行動の範囲内で実行しつつ、地域独自でその指針を上回る現実的なサービス内容を実装することだ。
 「医師会を敵に回すことなく国民を味方につけ、“仮にいつ薬局での販売が可能になったとしても、私たちはいつでも対応可能です。もう既に準備は出来ていますから!”と腕組みしながらドーンと構え、静かに微笑んでいれば、現在活動している市民団体の方からみても、安心して信頼できる力強い後ろ盾になるのではないでしょうか。そして実はそのような行動を望まれているのではないでしょうか」(山村氏)。

 保険薬局経営者連合会には、市薬剤師会の会長も複数在籍している。
 山村会長は「いますぐ行動を起こしていきます」と意欲を示している。


 最後に、山村氏は、医薬分業に対し受動的な側面があったとの振り返りも語る。
 「わが国の医薬分業は国家主導で受動的に進展し、薬局の現場も2年毎の調剤報酬のハードルを一つ一つクリアし努力を積み重ねながら現在に場所に至った訳ですが、医薬品医療機器制度部会で“医薬分業のメリットが感じられない”と言われてしまいました。どうも辿り着いた場所が違っていたようです。確かに振り返ってみると、薬局の現場は今まで目の前の算定要件を満たす業務に追われ、医薬分業という仕組みを国民に支持されながら根付かせるという能動的なアクションを怠ったまま現状に至ってしまった結果なのではないでしょうか。そのような状況の中、薬剤師による新型コロナワクチンの接種とか、緊急避妊薬を薬局で販売出来るようにするといったムーブメントが国民の側から沸き上がってきました。私たちは思いもかけず、今、正に千載一遇、渡りに船、私たちが大きく変わるまたとはないチャンスに遭遇しているとも言えるのです」としている。

 実際は市薬剤師会の中でも、慎重な意見を示す薬剤師もいるため、意思の統一は難しいとの指摘もある。薬剤師の中でも対話し、この問題に向かい合っているステージなのかもしれない。少なくとも、緊急避妊薬のスイッチO T C化再議論が、薬剤師の中にも大きなきっかけを投げかけたことは間違いない。

この記事のライター

関連する投稿


【緊急避妊薬のスイッチOTC】ドイツの薬局での販売実態/日本コミュニティーファーマシー協会がセミナー

【緊急避妊薬のスイッチOTC】ドイツの薬局での販売実態/日本コミュニティーファーマシー協会がセミナー

【2021.07.01配信】日本コミュニティーファーマシー協会は6月19日に、オンラインセミナーを実施した。「ドイツの薬局の構造・設備的部分&緊急避妊薬(OTC)販売6年を迎えて」と題し、ドイツ在住でセントラルファーマシー開設者であるアッセンハイマー慶子氏が講演した。(サムネイル写真はアッセンハイマー慶子氏)


【薬局薬剤師と“性と生殖”】3カ国調査を実施/城西国際大学山村教授/7月にも公表予定

【薬局薬剤師と“性と生殖”】3カ国調査を実施/城西国際大学山村教授/7月にも公表予定

【2021.06.28配信】緊急避妊薬の薬局での販売議論を契機の一つとして、薬剤師と“性と生殖”への関わりが注目を集めている。こうした中、城西国際大学薬学部教授の山村重雄氏は「『性と生殖に関する健康』に関するサービス提供〜薬局薬剤師の役割と国際比較」の調査を実施。カナダ(アルバータ大学)とタイ(チュラロンコン大学)、そして日本の3カ国による共同研究となる。すでに日本では529人の薬局薬剤師が回答し、集計済み。今後、各国で打ち合わせを行った上で早ければ7月中にも公表の予定だ。本稿では山村教授のインタビューをお届けする。山村氏は「想像していた以上に薬局薬剤師は性と生殖に関する健康サービスに高い関心を持っている」と指摘する。


【日本薬剤師会】“反復利用処方箋”を評価/骨太方針への見解示す

【日本薬剤師会】“反復利用処方箋”を評価/骨太方針への見解示す

【2021.06.21配信】日本薬剤師会は6月18日、 骨太の方針(「経済財政運営と改革の基本方針 2021」)の閣議決定を受けて、考え方を公表した。「一定期間内に処方箋を反復利用できる方策」の記述を評価する一方、後発医薬品については品質と安定供給が第一だと指摘。さらに、緊急避妊薬については、「医薬品の区分を問わず、薬剤師の関与の下での適正使用、安全使用が担保できる仕組みが不可欠」とした。


【女性活躍・男女共同参画の重点方針 2021】緊急避妊薬のスイッチOTC化検討を明記

【女性活躍・男女共同参画の重点方針 2021】緊急避妊薬のスイッチOTC化検討を明記

【2021.06,17配信】政府は「女性活躍・男女共同参画の重点方針 2021」を策定した。重点方針は、女性の活躍を加速することを目的に、毎年6月をめどに決定しており、各府省の概算要求に反映される。この中で緊急避妊薬のスイッチOTC化検討が明記された。


【緊急避妊薬のスイッチ化】市民団体が勉強会/政治家・各省庁も出席/海外調査の実効性に懸念示される

【緊急避妊薬のスイッチ化】市民団体が勉強会/政治家・各省庁も出席/海外調査の実効性に懸念示される

【2021.06.14配信】厚生労働省の「医療用から要指導・一般用への転用に関する評価検討会議」(スイッチ検討会議)に緊急避妊薬のスイッチOTC化に関して要望書を提出した市民団体「緊急避妊薬の薬局での入手を実現する市民プロジェクト」は6月14日、勉強会を開催した。会場は衆議院第一議員会館で、政治家や各省庁が参加したほか、全国の薬局・薬剤師からのリレートーク録画が放映された。


最新の投稿


【第1四半期決算】ツルハHD、売上+4.9%、営業利益-15.0%/前期のコロナ特需の反動減影響

【第1四半期決算】ツルハHD、売上+4.9%、営業利益-15.0%/前期のコロナ特需の反動減影響

【2021.09.21配信】ツルハホールディングスは9月21日、2022年5月期第1四半期の連結業績(2021年5月16日~2021年8月15日)を公表した。売上は前年同期比+4.9%、営業利益は同-15.0%だった。前期のコロナ特需の反動減の影響を受けた。


【後発医薬品調剤体制加算】日本薬剤師会「臨時的な対応に関して近日中に結果出る」/安定供給回復は「月単位ではなく年単位」

【後発医薬品調剤体制加算】日本薬剤師会「臨時的な対応に関して近日中に結果出る」/安定供給回復は「月単位ではなく年単位」

【2021.09.18配信】日本薬剤師会(日薬)は9月18日に都道府県会長会を開き、その中で後発医薬品の安定供給のメドに関する質問が出た。日薬の有澤賢二常務理事はこれに対し、「少なくとも月単位ではなく、年単位」との見通しを示した。一方、後発医薬品に関わる調剤報酬上の臨時的な対応に関して厚労省保険局医療課と調整していることを明かし、「近日中に何らかの結果が出ると聞いている」と話した。


【調剤報酬コロナ特例加算】山本会長「中医協の外でも政治に働きかけている」

【調剤報酬コロナ特例加算】山本会長「中医協の外でも政治に働きかけている」

【2021.09.18配信】日本薬剤師会(日薬)は9月18日に都道府県会長会を開き、その中で調剤報酬のコロナ特例加算(感染症対策実施加算4点)の期限延長に関して質問が出た。これに対し、山本信夫会長は「中医協の外でも政治に働きかけている」と活動状況を報告した。


【薬学生向けイベント】「これからの薬局・薬剤師」開催レポート<2万字記事>サンキュードラッグ平野社長とアイセイ薬局藤井社長が登場

【薬学生向けイベント】「これからの薬局・薬剤師」開催レポート<2万字記事>サンキュードラッグ平野社長とアイセイ薬局藤井社長が登場

【2021.09.18配信】ドラビズon-lineは9月1日、薬学生向けオンラインイベント「これからの薬局・薬剤師」を開催した。サンキュードラッグ社長の平野健二氏とアイセイ薬局社長の藤井江美氏に参加いただき、経営者の目線からの見解を紹介いただきつつ薬学生とディスカッションしていただいた。


【ドラッグストア協会】濫用のおそれのある医薬品の「レジアラーム」システム導入率77.4%/販売調査では店舗販売業の適切な対応が薬局を上回る

【ドラッグストア協会】濫用のおそれのある医薬品の「レジアラーム」システム導入率77.4%/販売調査では店舗販売業の適切な対応が薬局を上回る

【2021.09.17配信】日本チェーンドラッグストア協会は9月17日に定例会見を開いた。その中で、濫用のおそれのある医薬品を知らせる「レジアラーム」システムの導入率調査の結果を報告し、回答した会員企業のうち77.4%が導入済みであることを説明した。


ランキング


>>総合人気ランキング