【薬剤師によるコロナワクチン接種】昭和薬科大学、シュミレーターで静注・筋注を実習/モデルカリキュラムの一環で2016年から

【薬剤師によるコロナワクチン接種】昭和薬科大学、シュミレーターで静注・筋注を実習/モデルカリキュラムの一環で2016年から

【2021.05.31配信】薬剤師がコロナワクチン接種の打ち手になるべきか否か、議論が進んでいる。こうした中、昭和薬科大学では2016年からシュミレーターで静注・筋注の実習を4年次に行っている。これは薬学教育モデルコアカリキュラムの項目の一環として同大学が取り組んでいるもの。人体への針刺しは現状では違法となるため、行ったことがある薬学生がいないことは当然だが、薬学教育の一部でこうした準備を行ってきたことは、今後の議論の行方にも影響するといえるだろう。


 昭和薬科大学では2016年から4年次学生全員を対象に、4年次前期に臨床前事前実習の一つとして「採血・注射の基本的手技」を行っている。

 これは 薬学教育モデルコアカリキュラムの「F 薬学臨床 薬物療法の実践 《処方設計と薬物療法の実践》:4. 皮下注射,筋肉内注射,静脈内注射・点滴等の基本的手技を説明できる.及び 薬学実務実習に関するガイドライン 実施内容(例示)」の項目にある「皮下注射、筋肉注射、静脈内注射、点滴注射などの基本的手技を、シミュレーターなどを利用して学習する。」に基づいた実習となる。

 看護学部で使われている教科書や教材をもとに注射を打つことに関することだけでなく、採血や注射の目的に関する知識(一般的な医学知識)を講義。 

 そのうえで、下記のような採血・注射の基本的手技に関する講義を80分間行う。 
<採血>
【採血の目的】 採血は検査の基本であり,わずかな侵襲で多くの情報を得られる.静脈採血により診断から治療効果の確認を行うことができる.
【採血法の種類】採血法には,静脈採血,動脈採血,毛細血管採血,混合静脈採血があり,目的に合わせて採血方法を選択する.
【静脈採血】 一般血液検査,血液培養など様々な目的で行われる.静脈採血に用いる血管は,上肢の橈側皮静脈,肘正中皮静脈,尺側皮静脈が最も用いられる.シリンジを用いる場合と,ホルダーを用いた真空管採血を行う場合がある.
【細血管採血】針で皮膚を穿刺し,そこからにじみ出てくる血液を採取する方法 毛細血管に富んでいる指先の手掌側,足底,耳介などが選択される. 頻回に採血が必要な自己血糖測定や,血管の穿刺が難しい新生児の採血などに用いられる.

<注射>
【注射の目的】注射とは,皮膚や筋肉,静脈に針を穿刺して薬物を投与する方法である.薬剤を直接体内に投与するため,吸収性を考慮することなく,最も早く血中濃度が上昇し,即効性を期待できる.
【注射の投与法】注射には大きく分けて皮内注射,皮下注射,筋肉注射,静脈注射がある.薬剤の作用発現時間,持続性,薬剤自体の適応や難易度などから状況に応じて投与方法を決定する.

******
 実際の実習では60分程度。
 DVDによる説明ののち、実技はシュミレーターをもちいてまずは教員が模範手技を見せる。 
 その後、学生はシュミレーターで静注・筋注1回ずつシュミレーターを用いて実習する。もちろん人には打てない。

 また、患者自身が行うインスリンの自己注射手技、血糖値の自己測定の実習も行っている。

******

感染症医の青木眞氏がブログで昭和薬科大学の取り組みを紹介

 「レジデントのための感染症診療マニュアル」などの著書を出していることでも知られる感染症医の青木 眞氏は、自身のブログでこうした薬学部の取り組みを取り上げている。
https://blog.goo.ne.jp/idconsult/e/af1266af80cb927bfa81424850f08f5e?fbclid=IwAR3A9pogJXZR8yjKEHVOtWcui2kS38dGl7t8Uw98QjSC0iCLjDr9OEoRiio

この記事のライター

関連する投稿


【日薬代議員】 奈良、唯一の選挙で後岡氏(44)が当選/5月には会長選に挑む

【日薬代議員】 奈良、唯一の選挙で後岡氏(44)が当選/5月には会長選に挑む

【2024.04.15配信】令和6年3月28日に投開票された日本薬剤師会代議員選挙で、奈良県薬では44歳の後岡伸爾氏が当選した。今回の代議員選挙では唯一、選挙を行っての決定となった。


【日病薬】武田会長、改定の「薬剤業務向上加算」、第8次医療計画を後押しするもの

【日病薬】武田会長、改定の「薬剤業務向上加算」、第8次医療計画を後押しするもの

【2024.02.17配信】日本病院薬剤師会は2月17日に臨時総会を開いた。挨拶した武田泰生会長は今回の診療報酬改定にも触れ、薬剤業務向上加算については、「新任薬剤師の研修体制の構築や、出向を通してシームレスな薬物治療をつなぎ、第8次医療計画を後押しするものと期待している」と評価した。


【昭和薬科大学】理事長に渡部一宏氏が就任/薬剤師によるワクチン接種のキャンペーン活動で知られる

【昭和薬科大学】理事長に渡部一宏氏が就任/薬剤師によるワクチン接種のキャンペーン活動で知られる

【2023.05.14配信】昭和薬科大学は5月11日に開催された第249回評議員会及び第 1003 回理事会において役員改選を行い、新役員を選任した。理事長には渡部一宏氏が就任する。任期は令和5年5月11日から令和8年5月10日。


【コロナワクチン接種】薬剤師の貢献を振り返る/飯能地区薬剤師会(埼玉)の事例から

【コロナワクチン接種】薬剤師の貢献を振り返る/飯能地区薬剤師会(埼玉)の事例から

【2021.12.10配信】3回目の接種に向けて準備が進むコロナワクチン。1回目、2回目の接種では初めての事態に自治体や医療従事者の中でも戸惑いがあった。そのような中、接種会場への協力等の薬剤師の参画に対しては、高い評価があった。飯能地区薬剤師会(埼玉)の取り組みから振り返る。


【米国薬剤師の役割でセミナー開催】全米州薬局協会連合州政策担当部長のAllie Jo Shipman氏が登場/主催・真野俊樹氏

【米国薬剤師の役割でセミナー開催】全米州薬局協会連合州政策担当部長のAllie Jo Shipman氏が登場/主催・真野俊樹氏

【2021.08.17配信】8月20日(金)9時〜、真野俊樹氏(多摩大学大学院教授)が主催するWEBセミナーが開かれる。テーマは「米国薬剤師の役割とその重要基盤COVID-19を踏まえて」。数十名規模でインタラクティブな質疑応答が可能なセミナーとなっている。料金は1万6000円。申し込みはPeatixより。https://digital-health-now-4.peatix.com/


最新の投稿


【楽天グループ】薬局予約アプリ「楽天ヘルスケア ヨヤクスリ」の提供を開始

【楽天グループ】薬局予約アプリ「楽天ヘルスケア ヨヤクスリ」の提供を開始

【2024.04.22配信】楽天グループ株式会社は4月18日、「処方せん医薬品を薬局で迅速に受け取ることができる調剤薬局予約アプリ『楽天ヘルスケア ヨヤクスリ』の提供を開始した」と公表した。


【薬局検討会】健康サポート薬局、「薬機法で定めるべき」/日本薬剤師会が要望

【薬局検討会】健康サポート薬局、「薬機法で定めるべき」/日本薬剤師会が要望

【2024.04.22配信】厚生労働省は4月22日、「第4回薬局・薬剤師の機能強化等に関する検討会」を開き、健康サポート薬局と認定薬局(地域連携薬局、専門医療機関連携薬局)の在り方について議論した。


【厚労省】選定療養の対象医薬品リスト1095品目を公開/ヒルドイドなども

【厚労省】選定療養の対象医薬品リスト1095品目を公開/ヒルドイドなども

【2024.04.22配信】厚生労働省はこのほど、「後発医薬品のある先発医薬品(長期収載品)の選定療養について」とのサイトを公開した。4月19日には事務連絡を発出。その中で対象医薬品リストも公開した。ヒルドイドなども含まれている。


【医薬品制度部会】認定薬局、「医療制度に組み込む方がいい」/希少疾病の認定薬局の提案も/委員から

【医薬品制度部会】認定薬局、「医療制度に組み込む方がいい」/希少疾病の認定薬局の提案も/委員から

【2024.04.18配信】厚生労働省は4月18日、「令和6年度第1回 厚生科学審議会医薬品医療機器制度部会」を開催した。


【医薬品制度部会】日薬、フォローアップの重要性指摘/厚労省「GL作成中」

【医薬品制度部会】日薬、フォローアップの重要性指摘/厚労省「GL作成中」

【2024.04.18配信】厚生労働省は4月18日、「令和6年度第1回 厚生科学審議会医薬品医療機器制度部会」を開催した。


ランキング


>>総合人気ランキング