【昭和薬科大学】理事長に渡部一宏氏が就任/薬剤師によるワクチン接種のキャンペーン活動で知られる

【昭和薬科大学】理事長に渡部一宏氏が就任/薬剤師によるワクチン接種のキャンペーン活動で知られる

【2023.05.14配信】昭和薬科大学は5月11日に開催された第249回評議員会及び第 1003 回理事会において役員改選を行い、新役員を選任した。理事長には渡部一宏氏が就任する。任期は令和5年5月11日から令和8年5月10日。


 新理事長に就任した渡部一宏氏は、コロナワクチン接種の打ち手不足が指摘されていた中、亀田総合病院総合内科部長の八重樫牧人医師とともに、「薬剤師さんが新型コロナワクチンを接種できるようにしよう!」というキャンペーン活動を実施したことで知られている。

 2021年4月23日から「薬剤師さんが新型コロナワクチンを接種できるようにしよう!」とのオンライン署名サイトを立ち上げ、5月の連休時には全国の医療従事者や一般の人から2万人以上の署名を集めた。5月12日には厚生労働省で同活動に関する記者会見を八重樫医師と共同で実施。その後、5月17日に当時、ワクチン接種を担当していた河野太郎国務大臣に2万4千人の署名を提出した。
 
 渡部氏は理事長就任後も臨床薬学教育研究センター教授は併任していく予定。同氏は「センター教授としても、一薬剤師としても、今後も薬学教育、薬剤師の養成、資質向上に尽力していきたい」としている。

■関連記事
【薬剤師によるワクチン接種研修の経緯と展望】昭和薬科大学・渡部一宏教授が総説を投稿/「国民が薬剤師をワクチン接種の打ち手として異議なく受け入れてくれる準備を」
https://www.dgs-on-line.com/articles/1578

この記事のライター

関連するキーワード


昭和薬科大学 薬科大学

関連する投稿


【薬剤師によるコロナワクチン接種】昭和薬科大学、シュミレーターで静注・筋注を実習/モデルカリキュラムの一環で2016年から

【薬剤師によるコロナワクチン接種】昭和薬科大学、シュミレーターで静注・筋注を実習/モデルカリキュラムの一環で2016年から

【2021.05.31配信】薬剤師がコロナワクチン接種の打ち手になるべきか否か、議論が進んでいる。こうした中、昭和薬科大学では2016年からシュミレーターで静注・筋注の実習を4年次に行っている。これは薬学教育モデルコアカリキュラムの項目の一環として同大学が取り組んでいるもの。人体への針刺しは現状では違法となるため、行ったことがある薬学生がいないことは当然だが、薬学教育の一部でこうした準備を行ってきたことは、今後の議論の行方にも影響するといえるだろう。


最新の投稿


【第一三共ヘルスケア】予防医療研究で弘前大学に研究講座

【第一三共ヘルスケア】予防医療研究で弘前大学に研究講座

【2024.07.16配信】第一三共ヘルスケアは国立大学法人弘前大学と共同で、研究講座「健康ライフサイエンス研究講座(英語表記:Department of Health Life Science Research)」を設置した。


【厚労省_調剤報酬改定】選定療養「医療上の必要」で疑義解釈

【厚労省_調剤報酬改定】選定療養「医療上の必要」で疑義解釈

【2024.07.13配信】厚生労働省は7月12日、「長期収載品の処方等又は調剤の取扱いに関する疑義解釈資料の送付について(その1)」を発出した。


【日本保険薬局協会】関連団体新トップとの連携に意欲/「新たな連携できるか、心待ち」

【日本保険薬局協会】関連団体新トップとの連携に意欲/「新たな連携できるか、心待ち」

【2024.07.11配信】日本保険薬局協会は7月11日に定例会見を開いた。


【日本ヘルスケア協会】プラネタリーヘルスの団体が鳥取で大会を開催へ

【日本ヘルスケア協会】プラネタリーヘルスの団体が鳥取で大会を開催へ

【2024.07.09配信】日本ヘルスケア協会は2023年7月に、プラネタリーヘルスの普及啓発を行う団体であるプラネタリーヘルス・イニシアティブ(PHI)を会内に設置していたが、今年8月に鳥取県で大会を開催する。プラネタリーヘルスは、地球規模で生命や有機的な活動を持続させる概念。


【厚労省_医薬品制度部会】ドラッグストア協会への意見書提出/COML山口氏

【厚労省_医薬品制度部会】ドラッグストア協会への意見書提出/COML山口氏

【2024.07.05配信】厚生労働省が7月5日に開く「第4回厚生科学審議会医薬品医療機器制度部会」で、認定NPO法人ささえあい医療人権センターCOML理事長の山口育子氏は意見書を提出。日本チェーンドラッグストア協会に対しても意見した。


ランキング


>>総合人気ランキング