【薬剤師によるコロナワクチン接種】厚労省紀平薬剤管理官、「接種後に起こる事象への対処も課題」

【薬剤師によるコロナワクチン接種】厚労省紀平薬剤管理官、「接種後に起こる事象への対処も課題」

【2021.05.23配信】保険薬局経営者連合会(薬経連)は5月23日、「薬経連第11回スプリングフォーラム」を開催し、シンポジウムに臨んだ厚労省保険局医療課薬剤管理官の紀平哲也氏は薬剤師によるコロナワクチン接種の問題に関して意見を求められ、「接種後に起こる事象に対する対処も課題だと思う」と述べた。


 保険薬局経営者連合会(薬経連)は5月23日、「薬経連第11回スプリングフォーラム」を開催した。

 シンポジウムには厚生労働省保険局医療課薬剤管理官の紀平哲也氏が参加した。

 このシンポジウムの中で、薬剤師によるコロナワクチン接種の問題に関して意見を求められると、「接種後に起こる事象に対する対処も課題だと思う」と述べた。

 紀平氏は、ワクチン も医薬品の一種であることから、「ワクチンにはどういうものがあるのかなど、(薬剤師は)知っておいて然るべき」との考えを示した。
 その上で、薬剤師によるコロナワクチン接種においては、「ベースとしてワクチンについてどれぐらい知っているのかという見方が1つあると思う」と指摘。「最近では皮下注から筋肉注射に変更になってきているワクチンなどもあるが、過去にどういったことがあったのか、専門家として知っておいていただきたい」(紀平氏)とした。

 実際の接種に関しては、「接種後に起こる事象に対する対処も課題だと思う」と述べた。
 「歯科医師の場合は、麻酔などの業務を通して、接種後の対処などについても習得している。薬剤師は6年制課程の人は一定の勉強をしているが、4年制卒の人がどの程度の知識があるかという問題も出てくると思う。議論となることに備えて、やろうと言われたからやるのではなく、できるところから知識を身につけておくことも必要ではないか」(紀平氏)とした。

 薬剤師によるコロナワクチン接種に関しては、同会会長の山村真一氏が開会の挨拶で「夢の背中が見えた」とする一方、準備していくことの重要性を指摘していた。
 その後の記者会見で山村会長は、薬剤師によるコロナワクチン接種について「10年よりは手前にくるのではないか」との感触を吐露。
 中長期的な準備の必要性として、コロナワクチンは毎年接種となる可能性も指摘されており、医療機関の負担を軽減するために薬剤師が貢献することが求められる可能性があることや、医療体制逼迫を避けるためにも医師には診断と治療に専念できる環境に協力する必要性が出てくることなどを挙げた。「調剤依存からの脱却が求められている薬局の経営的な視点も無視できない」とも語った。

紀平氏「薬局薬剤師のこれからの役割は調剤の延長線上ではなく考え直すべき」

 また、紀平薬剤管理官は、シンポジウムの前に行った講演の中で、薬局薬剤師の役割について、「医薬分業の進展の中で調剤を中心としてきたとするならば、その延長線上にはなく、地域包括ケアでの役割を考え直さなければいけないと考えている」との見方を示した。背景には高齢者が増える中で医療自体が「治す」から「生活を支える」側面が強くなっていることを挙げた。

 OTC医薬品の薬局での取り扱いについても問題意識を示し、「例えばドラッグストアのようにOTC医薬品を販売してくださいということではなく、医療提供施設のツールの一つとしてOTC医薬品を活用しなくていいのかということだと思う」と指摘。「法律にも認められているその権利を行使しないのであれば、他の人にその権利を渡しても仕方がないと言われる状況になっていないかと懸念している」とした。

【PR情報】パルスオキシメータの正しい知識を薬局薬剤師も持とう/無料オンラインセミナーpresented by コニカミノルタ

https://pulse1.peatix.com/

チケットを入手してイベントに参加しよう!新型コロナウイルス感染症と診断された方が自宅療養になるケースがあります。そういった時に、急な状態変化を察知してくれるのに役立つパルスオキメー... powered by Peatix : More than a ticket.

この記事のライター

関連する投稿


【コロナワクチン職域接種】マツモトキヨシHDが実施を決定/まずは千葉県の本社で

【コロナワクチン職域接種】マツモトキヨシHDが実施を決定/まずは千葉県の本社で

【2021.06.17配信】マツモトキヨシホールディングスは6月17日、コロナワクチンの職域接種に協力することを決定した。エッセンシャルワーカーである従業員のための安全・安心な職場環境を整備する。


【ドラッグストア協会】コロナワクチン手技研修を開催/千葉大学の協力で60名規模

【ドラッグストア協会】コロナワクチン手技研修を開催/千葉大学の協力で60名規模

【2021.06.17配信】日本チェーンドラッグストア協会(JACDS)は6月17日に定例会見を開き、7月4日にコロナワクチンの手技研修を行うことを発表した。千葉大学の協力の下、行う。


【すでに87人がエントリー】「旅する薬剤師」は薬剤師コミュニティづくりでもある

【すでに87人がエントリー】「旅する薬剤師」は薬剤師コミュニティづくりでもある

【2021.06.15配信】マーケティング・商品開発などを手掛けるNEWRONを経営し、薬剤師でもある西井香織氏が立ち上げた「旅する薬剤師」プロジェクト。都市部で働く薬剤師の休暇と、薬剤師獲得に苦慮する地方をつなぐことを目指す。すでに87人がエントリーするなど、特に若手薬剤師から注目を集めている。今年中に200人のエントリーを目標とする。副業に理解のある薬業界関連企業の増加も背景にある。職場や団体にとらわれない薬剤師コミュニティづくりの側面もある。


【コロナワクチン職域接種】トモズ、楽天グループ大規模接種会場へ薬剤師派遣/自社社員への接種整備も決定

【コロナワクチン職域接種】トモズ、楽天グループ大規模接種会場へ薬剤師派遣/自社社員への接種整備も決定

【2021.06.15配信】トモズは楽天グループ及び楽天メディカルジャパンが 6 月 21 日を目途に実施を予定している二子玉川(世田谷区)での大規模接種会場へ、ワクチン接種補助業務として毎日 15 名体制での薬剤師の派遣を決定した。


【薬剤師によるコロナワクチン接種】署名活動展開の八重樫医師がワシントンポスト誌のインタビュー受ける

【薬剤師によるコロナワクチン接種】署名活動展開の八重樫医師がワシントンポスト誌のインタビュー受ける

【2021.06.13配信】薬剤師を新型コロナワクチンの打ち手として認めることでワクチン接種の迅速化を求めた署名活動を展開している八重樫牧人氏(亀田総合病院総合内科部長)は、ワシントンポスト誌のインタビューを受けたことを告知した。署名活動キャンペーンサイトで進捗状況の一環として報告したもの。


最新の投稿


コラム【薬剤師養成検討会のとりまとめ案】調剤報酬改定2022への布石を読み解く

コラム【薬剤師養成検討会のとりまとめ案】調剤報酬改定2022への布石を読み解く

【2021.06.18配信】厚生労働省が「薬剤師の養成及び資質向上等に関する検討会」で進める「とりまとめ」。6月中にも最終稿の公表を目指すが、この「とりまとめ」は公表後に、どのような影響を及ぼすのか? 薬局の資質向上を図る策としては、当然のことながら調剤報酬による政策誘導が考えられる。


【コロナワクチン職域接種】マツモトキヨシHDが実施を決定/まずは千葉県の本社で

【コロナワクチン職域接種】マツモトキヨシHDが実施を決定/まずは千葉県の本社で

【2021.06.17配信】マツモトキヨシホールディングスは6月17日、コロナワクチンの職域接種に協力することを決定した。エッセンシャルワーカーである従業員のための安全・安心な職場環境を整備する。


【ドラッグストア協会組織改編】勤務薬剤師委員会の副委員長にアカカベ(大阪府)の皆川友範社長

【ドラッグストア協会組織改編】勤務薬剤師委員会の副委員長にアカカベ(大阪府)の皆川友範社長

【2021.06.17配信】日本チェーンドラッグストア協会(JACDS)は6月17日に定例会見を開き、各委員会の副委員長などを紹介した。勤務薬剤師委員会の副委員長にアカカベ(大阪府)の皆川友範社長が就任した。


【ドラッグストア協会】コロナワクチン手技研修を開催/千葉大学の協力で60名規模

【ドラッグストア協会】コロナワクチン手技研修を開催/千葉大学の協力で60名規模

【2021.06.17配信】日本チェーンドラッグストア協会(JACDS)は6月17日に定例会見を開き、7月4日にコロナワクチンの手技研修を行うことを発表した。千葉大学の協力の下、行う。


【女性活躍・男女共同参画の重点方針 2021】緊急避妊薬のスイッチOTC化検討を明記

【女性活躍・男女共同参画の重点方針 2021】緊急避妊薬のスイッチOTC化検討を明記

【2021.06,17配信】政府は「女性活躍・男女共同参画の重点方針 2021」を策定した。重点方針は、女性の活躍を加速することを目的に、毎年6月をめどに決定しており、各府省の概算要求に反映される。この中で緊急避妊薬のスイッチOTC化検討が明記された。


ランキング


>>総合人気ランキング