【ドラッグストア協会】紀平薬剤管理官のセミナー報告/リフィル、「薬局が推進するというよりも出てきたものに信頼得る対応が先決」

【ドラッグストア協会】紀平薬剤管理官のセミナー報告/リフィル、「薬局が推進するというよりも出てきたものに信頼得る対応が先決」

【2022.03.18配信】日本チェーンドラッグストア協会は3月18日、日本薬業研修センターなどとの定例合同記者会見を開いた。その中で、日本薬業研修センターは、3月11日に開かれた厚労省紀平哲也薬剤管理官のセミナー内容を報告した。セミナーの質疑応答の中で紀平氏は「リフィル処方箋を薬局薬剤師が推進していく方法があるか」との質問に対し、「リフィル処方せんを推進するのは誰か、何のために行うか。薬剤師・薬局がリフィル処方せんを推進するというより、まずは出てきたリフィル処方せんに対して、 きちんと患者や医師の信頼を得られるような対応をすることが先決である」と回答したとされる。


紀平氏「現状の敷地内薬局の要件では判別しにくいところがあるため見直しはある」

 日本薬業研修センターは3月11日に、日本女性薬局経営者の会と共催セミナーを開催した。

 3月18日の会見ではセミナー開催を次のように報告した。

 受講申込者数901名、当日の受講者約680名。

 テーマは「2022 年度調剤報酬改定と改定に込めた狙い」
座長:中込和哉(日本薬業研修センター理事長)
講師:紀平哲也氏(厚生労働省 保険局 医療課)
質疑:堀美智子(日本女性薬局経営者の会会長、日本薬業研修センター医薬研究所所長)
内容:紀平氏より 2022 年度調剤報酬改定の概要について説明の後、質疑応答が行われました。 主な質問の一部を紹介します。

・敷地内薬局の要件見直しはあるか?
回答→現状の敷地内薬局の要件では判別しにくいところがあるため見直しはある。

・リフィル処方せんを薬局・薬剤師が推進していく方法があるか?
回答→リフィル処方せんを推進するのは誰か、何のために行うか。薬剤師・薬局がリフィル処方せんを推進するとういうより、まずは出てきたリフィル処方せんに対して、 きちんと患者や医師の信頼を得られるような対応をすることが先決である。

・保険者側で重複投与、併用禁忌、多剤投与、さらに生活習慣病の受診勧奨が一定基準もとに 行われている。このような保険者サービスが充実すると薬局薬剤師の将来が不安になるが、いかがか。
回答→その通りだと思う。しかし薬剤師が、データヘルスにどう関わっていくか、また薬剤師が関わることで、事前にどう改善したか、または治療、健康づくりの質を向上させたか、そのエビデンスをいかに発信していくか、それによって関係者の理解を得られると思われる。

・今、調剤の外部委託など効率化・適正化などを大義名分に、薬剤師の役割が画一化されて来ているように思えるが、次回の調剤報酬改定ではその辺はどうなのか?
回答→率直に言えば、その不安感があったから「薬局ビジョン」をつくり、いろんな取り組みを6年、7年前から行ってきた。オンラインや外部委託がいいか悪いかは議論が必要だが、それがいいとなっても、みんながその方向にいくことはおそらくない。そのなかで薬剤師が患者さんに薬を渡すときに、または処方せんをみて調剤するとき、その薬のことが分からない薬剤師は、剤形の変更を含めていろんなアドバ スができないとも思われる。そうなれば薬剤師の専門性より、効率化の方向に向か うのも一つの流れだと思われる。そういう意味では国の方針や調剤報酬の問題ばかりにとらわれるのではなく、目の前の患者さんにどれだけ評価してもらえるか、薬局・薬剤師としてどれだけ納得がいく患者サービスを提供していくかが、一番重要だと思われる。

この記事のライター

関連する投稿


【日本チェーンドラッグストア協会】敷地内薬局“グループ一律引き下げ”見送りを歓迎/調剤報酬改定答申を受けて

【日本チェーンドラッグストア協会】敷地内薬局“グループ一律引き下げ”見送りを歓迎/調剤報酬改定答申を受けて

【2024.02.22配信】日本チェーンドラッグストア協会は2月22日に定例会見を開き、令和6年度調剤報酬改定の答申に対しての見解を示した。


【武見大臣に意見書】JACDSとNPhA共同で/敷地内薬局グループ一律引き下げに反対

【武見大臣に意見書】JACDSとNPhA共同で/敷地内薬局グループ一律引き下げに反対

【2023.12.21配信】日本チェーンドラッグストア協会(JACDS)と日本保険薬局協会(NPhA)は12月19日、JACDS議連を通して共同で武見厚労大臣に意見書を提出した。


【チェーンドラッグストア協会】敷地内薬局の是非論、「議論していない」

【チェーンドラッグストア協会】敷地内薬局の是非論、「議論していない」

【2023.12.12配信】日本チェーンドラッグストア協会は12月8日の会見で、敷地内薬局をめぐる調剤報酬改定の議論に対して意見をまとめたとして、内容を公表した。一方、会見の中で敷地内薬局をめぐるさまざまな指摘や意見に対しての協会の見解を問われると、敷地内薬局そのものの是非論については「議論していない」とした。


【日本チェーンドラッグストア協会】11月に政策セミナー/日医宮川常務理事も登壇

【日本チェーンドラッグストア協会】11月に政策セミナー/日医宮川常務理事も登壇

【2023.10.20配信】日本チェーンドラッグストア協会は10月20日に定例会見を開き、11月24日に政策セミナーを開くことを報告した。


【健康サポート薬局研修実施機関】チェックリスト通達“地域の事情に精通した講師”を/日本薬学会

【健康サポート薬局研修実施機関】チェックリスト通達“地域の事情に精通した講師”を/日本薬学会

【2023.09.22配信】日本チェーンドラッグストア協会などは9月22日、定例合同記者会見を開いた。この中で、日本薬業研修センターは、健康サポート薬局研修の「指定確認機関」である日本薬学会から健康サポート薬局研修実施機関に対してチェックリストが通達されたと報告した。同研修については、実施研修期間は、実施要領及び研修内容について「指定確認機関」である日本薬学会に届け出た上で、確認を受けることとされている。日本薬業研修センターは実施機関に当たる。


最新の投稿


【ドラッグストア協会】調剤売上1兆4025億円(前年比9.5%増)、市場シェアは17.8%に/第24回(2023年度)ドラッグストア実態調査

【ドラッグストア協会】調剤売上1兆4025億円(前年比9.5%増)、市場シェアは17.8%に/第24回(2023年度)ドラッグストア実態調査

【2024.04.12配信】日本チェーンドラッグストア協会は4月12日に定例会見を開き、「第24回(2023年度)日本のドラッグストア実態調査」(速報)の結果を公表した。


【日本保険薬局協会】薬剤師会の“傘下”のような取り組み、「違和感」/休日・夜間対応リスト作成で三木田会長

【日本保険薬局協会】薬剤師会の“傘下”のような取り組み、「違和感」/休日・夜間対応リスト作成で三木田会長

【2024.04.11配信】日本保険薬局協会は4月11日に定例会見を開いた。


【日本保険薬局協会】薬機法改正、「議論過程に入りたい」

【日本保険薬局協会】薬機法改正、「議論過程に入りたい」

【2024.04.11配信】日本保険薬局協会は4月11日、定例会見を開いた。


【抗原検査キット】取り扱い薬局リストの厚労省での公表が終了/日本薬剤師会のHPへ移行

【抗原検査キット】取り扱い薬局リストの厚労省での公表が終了/日本薬剤師会のHPへ移行

【2024.04.10配信】日本薬剤師会は4月10日に定例会見を開いた。その中で抗原検査キットの取り扱い薬局リストについて、厚労省HPでの公表が終了することに伴い、当面の間、日本薬剤師会のHPに掲載すると報告した。


【新生堂薬局】全店でたばこの販売を停止/2024年9月末までに

【新生堂薬局】全店でたばこの販売を停止/2024年9月末までに

【2024.04.09配信】株式会社新生堂薬局(本社:福岡市南区/代表取締役社長 水田怜氏)は4月8日、2024年9月末までに全店鋪でたばこの販売を停止することを決定したと公表した。


ランキング


>>総合人気ランキング