【OTC薬のカウンセリングアプリ導入】兵庫県のゴダイ/リアル店舗のほかネット通販と連動させリモート接客が可能

【OTC薬のカウンセリングアプリ導入】兵庫県のゴダイ/リアル店舗のほかネット通販と連動させリモート接客が可能

【2021.04.20配信】兵庫県を中心にドラッグストア・調剤薬局を展開するゴダイは、OTC 医薬品販売のカウンセリング推進アプリ「D カウンセラー」を導入する。同アプリは顧客の症状や既往歴等をヒアリングしながら適切な商品を特定し紹介するためのタブレット端末専用のアプリ。リアル店舗・ネット販売双方における医薬品販売の CX・DX 推進にも寄与する。


 アプリ「Dカウンセラー」は、小売業のデジタル化推進と売り方・働き方改革を支援するウィルベース株式会社(本社:東京都千代田区、代表者:田中 裕樹氏)が提供を開始したもの。

  「D カウンセラー」の D は Drug(薬)、Digital(デジタル)の頭文字を指しているという。

 薬剤師や登録販売者等の OTC 医薬品販売の専門スタッフが、来店した顧客に症状や既往歴等をヒアリングしながら適切な商品を特定し紹介するためのタブレット端末専用のアプリとなっている。

 総合感冒薬、胃腸薬、皮膚薬等の医薬品カテゴリーの代表的な商品の効果・効能、特徴、添付資料
や関連商品の情報等をスピーディかつ分かりやすく顧客に提示できるほか、タブレット上で類似商品
を比較表示し、顧客が自身の症状や生活習慣、嗜好等をもとに数分以内の短時間で適切な商品を選定
し購入することを支援する。
 
 D カウンセラーはリモート接客にも対応。OTC 医薬品のインターネット販売事業者がサイト上にリモート接客のプロセスを入れ込み、D カウンセラーを活用して顧客が迷うことなく商品を選定しネット上で購入することを支援する。

 Dカウンセラーは、ドラッグストアをはじめとする OTC 医薬品販売事業者が、リアル店舗・インターネット販売サイト双方において顧客と効果的に接点を築いて顧客体験価値(CX)を向上させ、接客カウンセリングをデジタル化(DX)することを推進する。

 ウィルベースでは、Dカウンセラー提供の背景について、薬剤師や登録販売者等の OTC 医薬品販売の専門スタッフにとって、多くの商品から顧客の症状、ニーズに合った商品を短時間で選定、勧めることは容易なことではないことを挙げる。さらに新商品やリニューアル品も多いことからベテランのスタッフにとっても最新の知識を常に身に着けておくことは難しく、同社がドラッグストア向けに実施した調査でも、接客時にタイムリーに活用できる商品情報や資料が求められていることが分かっているとする。

 OTC 医薬品を選ぶ顧客にとっても、棚に多く並ぶ商品ラインナップの中から自身の症状や既往歴から適切な商品を短時間で選定することは難しく、また、インターネットでの購入についても購入が可能となった 2014 年以降も店舗での購入と比べて購入割合は低く留まっていることに課題があるとする。
 一方で、セルフメディケーションの推進、健康サポート薬局の増加、医薬品販売の規制緩和の進展等にともなって、今後、OTC 医薬品を販売する事業者や店舗は増加していくことが予想されており、販売事業者、顧客双方にとって短時間で商品の選定・お勧めを可能とするツールが求められているとして、提供に至った。

 D カウンセラーの概要は以下の通り。
 
 アプリに搭載可能な商品カテゴリーは、総合感冒薬、鼻炎薬、解熱鎮痛薬、鎮咳去痰薬、整腸薬、胃腸薬、止瀉薬、便秘薬、皮膚薬、湿布薬、目薬、ドリンク剤。今後、順次商品カテゴリーを追加予定。

 主な提供対象事業者はドラッグストア、調剤薬局、ホームセンター、スーパー、コンビニエンスス
トア等(OTC 医薬品販売事業者)。オンライン薬局、インターネットでの OTC 医薬品販売事業者。

 アプリに搭載・提示可能な項目は、効果・効能、特徴、添付資料等の最新情報、商品に含まれる各成分・成分量と典型的な症状に対する効能レベル、1 日の服用回数、眠気等の副作用の有無・内容、禁忌や留意事項、同カテゴリー類似商品の効能比較表(今後、順次項目追加予定)。

 対応する端末はiPad:iOS11 以上(推奨:iPad Air2 以降)、Windows10(※推奨:CPU Core i3(第 8 世代)以上、メモリ 4GB 以上)

 価格例(税別)は、 20 ライセンスまで:月額 7,500 円/ライセンス。50 ライセンスまで:月額 6,600 円/ライセンス。100 ライセンスまで:月額 5,800 円/ライセンス(別途初期費用が必要)。


 ウィルベースは、最新のデジタル技術とコンサルティング手法を組み合わせ、小売業がマーケティングや販促活動の効果・効率を最大限高めることを支援している。2019 年に提供開始したプラットフォーム RetailForce は小売約 2000 店舗、メーカー・卸会社約 60 社が共同利用しており、サプライチェーン全体のデジタル化、販促の効率化を強力に推進している。
https://willbase.co.jp/

 以下サイトより価格等含めたDカウンセラーの詳細情報が確認できる。
https://willbase.co.jp/press_202104/entryform.html

 兵庫県、京都府、岡山県、鳥取県を中心にドラッグストア、調剤薬局を展開するゴダイ株式会社全店への導入が決定している。

 導入にあたり、ゴダイ株式会社取締役副社長 浦上卓也氏は以下のようにコメントしている。
「地域密着型のサービスを展開するドラッグストア、調剤薬局を運営する弊社にとって、接客力、コンサルティング力は重要な要素であり、D カウンセラーがこれらの向上に大きく貢献するとの確信のもと導入を決定しました。既に導入している同社の RetailForce と合わせて D カウンセラーを戦略的に活用し、様々な業務のデジタル化を推進していきたいと考えています。また、D カウンセラーの今後の機能拡充にも大いに期待しています」

この記事のライター

関連する投稿


【緊急避妊薬のスイッチOTC化】短期的・長期的な対応策を整理へ

【緊急避妊薬のスイッチOTC化】短期的・長期的な対応策を整理へ

【2022.10.04配信】厚生労働省は9月30日に「医療用から要指導・一般用への転用に関する評価検討会議」(検討会議)を開き、緊急避妊薬のスイッチOTC化について議論した。


【OTC医薬品】2022年7月の市場、ここ5年で最大に/コロナ第7波で総合感冒薬等が伸長/インテージ調べ

【OTC医薬品】2022年7月の市場、ここ5年で最大に/コロナ第7波で総合感冒薬等が伸長/インテージ調べ

【2022.08.22配信】2022年7月のOTC医薬品市場が、ここ5年で最大であったことが分かった。インテージヘルスケアによる調査結果。コロナ感染の第7波の影響で、総合感冒薬や口腔用薬、鎮咳去痰薬などが伸長。いずれもコロナ禍の直近3カ年の7月で最も高水準の実績だった。


【厚労省局長通知改正】薬剤師や登録販売者の名札、“本名以外”OKに/ストーカー被害防止等の観点から

【厚労省局長通知改正】薬剤師や登録販売者の名札、“本名以外”OKに/ストーカー被害防止等の観点から

【2022.07.06配信】厚生労働省は6月27日、局長通知改正「『薬事法の一部を改正する法律等の施行等について』の一部改正について」を発出し、「姓のみ又は氏名以外の呼称」を名札に記載することを認めた。ストーカー被害やカスタマーハラスメントの防止等の観点から、薬局開設者・店舗販売業者が適切に判断するものとする。実名と照合できる把握・管理も求める。


【厚労省Q&A改正】“医薬品登録販売者”の名称、名札以外の掲示もOK

【厚労省Q&A改正】“医薬品登録販売者”の名称、名札以外の掲示もOK

【2022.07.06配信】厚生労働省は6月27日、事務連絡「『一般用医薬品販売制度に関するQ&Aについて』の一部改正について」を発出し、名札以外の掲示等の表示についても「医薬品登録販売者」と記載しても差し支えないとした。ただし、一般用医薬品の区分ごとに情報提供を行う者を分かりやすく掲示することとしている。


【富士薬品】“会員制”相談応需サービス開始の背景 /デジタル化が浮かび上がらせた“人の強み”

【富士薬品】“会員制”相談応需サービス開始の背景 /デジタル化が浮かび上がらせた“人の強み”

【2022.06.17配信】ドラッグストア「セイムス」などを展開する富士薬品グループ(本社:埼玉県さいたま市、代表取締役社長:高柳 昌幸氏)は4月4日から、会員制で相談に応じる「ヘルスケア会員制度」を開始した。取り組みの背景や現状、今後の展望などについて、同社ドラッグストア事業本部人材開発部次長の猿谷吉宏氏に聞いた。猿谷氏は顧客台帳のデジタル化によって、カウンセリング強化のコストに見合う収益が上げられることが分析できるようになったと語った。


最新の投稿


【薬局業界ニュースは薬剤師国家試験出題に関係ない?】業界紙記者×国試対策校の対談

【薬局業界ニュースは薬剤師国家試験出題に関係ない?】業界紙記者×国試対策校の対談

【2022.12.02配信】このほど、業界紙「ドラビズon-line」は、「薬局業界ニュースは薬剤師国家試験出題に関係ない?」をテーマに、薬剤師国家試験対策校のメディセレ社長の児島惠美子氏と紙上対談を実施しました。


【厚労省】後発薬の数量シェアを公表/令和4年薬価調査結果

【厚労省】後発薬の数量シェアを公表/令和4年薬価調査結果

【2022.12.02配信】厚生労働省は12月2日、中医協薬価専門を開き、その中で令和4年薬価調査の速報値として、後発医薬品の数量シェアが約79.0%だったと報告した。


【厚労省】令和4年9月の薬価乖離率(速報値)を公表

【厚労省】令和4年9月の薬価乖離率(速報値)を公表

【2022.12.02配信】厚生労働省は12月2日、中医協薬価専門部会を開いた。この中で、令和4年薬価調査結果の速報値を公表した。平均乖離率は約7.0%だったとした。


【経済財政諮問会議】DXに続いて“HX”登場/民間議員提唱

【経済財政諮問会議】DXに続いて“HX”登場/民間議員提唱

【2022.12.02配信】12月1日に開かれた経済財政諮問会議で、民間議員は社会保障における「経済・財政一体改革における重点課題」を提起した。その中で、医療・介護分野におけるDX推進に加え、「ヘルスケア・医薬産業の成長力強化」を“HX”として記載し、その推進を提唱した。


【経済財政諮問会議】「令和5年度予算編成の基本方針」を答申/DX等への投資や全世代型社会保障の構築明記

【経済財政諮問会議】「令和5年度予算編成の基本方針」を答申/DX等への投資や全世代型社会保障の構築明記

【2022.12.02配信】政府は12月1日、第15回経済財政諮問会議を開催し、「令和5年度予算編成の基本方針」を決定した。令和5年度予算編成に当たっては、“令和4年度第2次補正予算と一体として”とし、「経済財政運営と改革の基本方針 2022」に沿って、足元の物価高を克服しつつ、経済再生を実現するとし、DX等への投資や全世代型社会保障の構築を明記した。


ランキング


>>総合人気ランキング