【セルフレジアプリ】新生堂薬局、試験導入/三井物産が開発した「ショピモレジ」、ドラッグストアでは初

【セルフレジアプリ】新生堂薬局、試験導入/三井物産が開発した「ショピモレジ」、ドラッグストアでは初

【2021.03.16配信】新生堂薬局は、三井物産が企画・開発したスマホ型セルフレジプラットフォーム「ショピモレジ」を活用したセルフレジアプリ「ショピモレジ for 新生堂」を、2021 年 3 月 15 日からドラッグ新生堂中尾店にて試験導入する。





 新生堂薬局ではこれまでもスマホ・キャッシュレス決済など積極的に導入し、顧客の利便性の向上に努めてきた。
 今後、買物行動に変化がある中でも、店舗に来店してもらい、楽しい買い物を提供できるよう模索している。今回の「ショピモレジ for 新生堂」アプリでは非接触ニーズへの対応やレジ待ち時間短縮による滞在時間の短縮が可能となり、アプリ内コンテンツではゲーム感覚で買い物を楽しむことができる。

 レジ待ち時間の短縮やレジ業務の省人化により従業員と顧客との会話やコミュニケーションが生まれることで地域の最も身近な情報ステーションとなることが実現できるものと試験導入に至った。

 今回はドラッグ新生堂中尾店のみの検証実験となるが、その結果をもとに他店舗を含めた本格導入を検討していく。

 「ショピモレジ」の導入はドラッグストアでは初という。

 三井物産が提供するショピモレジは、顧客が店内を買い物しながら自身のスマホで商品のバーコード読み取りを行うことによって会計できるセルフレジ機能に加え、商品のバーコード読み取りを行うタイミングで顧客が興味を持ちそうな商品カテゴリを AI で予測して商品をレコメンドする機能を兼ね備えた、次世代のスマホ型セルフレジプラットフォーム。
 今回、新生堂薬局はこのスマホ型セルフレジプラットフォームをベースに新生堂薬局の顧客向けにカスタマイズした「ショピモレジ for 新生堂」アプリを提供する。

 セルフレジ機能では、レジ待ち時間の短縮やレジ業務の省人化に繋がると共に、スタッフと顧客との接触回数、店舗の滞在時間を減らし、新型コロナウィルス感染症の感染リスク軽減に役立つ。顧客は自身のスマホ画面で購入商品の確認ができるので、買い忘れ・買いすぎ防止にもつながる。またハッピーカードを連携して使用するため、買い物ポイントもたまる。

 リアルタイムレコメンデーション機能では、商品のバーコードを読み取る順番のデータを AI で学習し、商品のバーコードを読み取った直後に、次に購入すると思われる商品をリアルタイムにレコメンドすることで、買い上げ点数アップが期待される。導入後一定の期間は商品バーコードを読み取る順番データを集める必要がある。

 そのほか、特定の商品を購入するとポイントがもらえるクーポン、来店回数に応じてポイントがもらえるデジタルスタンプカード、店内に置かれたビーコンを活用して店内回遊を促すデジタルスタン
プラリー、買い物履歴を確認できる機能などにより、スマホアプリを通じて顧客と店舗のロイヤルティを高める。

この記事のライター

関連する投稿


【新生堂薬局】店頭メディア導入/顧客に合わせたクーポン配信

【新生堂薬局】店頭メディア導入/顧客に合わせたクーポン配信

【2024.01.16配信】新生堂薬局(本社:福岡市南区、代表取締役社長:水田怜氏)は2024年2月1日、店頭ストアメディアサービスを51店舗に導入する。店頭ストアメディア機を通じて1to1のパーソナルプロモーションを実現するもの。


【受診勧奨】システムで特許取得/MMI社と新生堂薬局

【受診勧奨】システムで特許取得/MMI社と新生堂薬局

【2023.07.20配信】株式会社 Marketing Methodology & Innovation(東京都江東区、代表取締役小杉穂高氏、以下MMI)と株式会社新生堂薬局(福岡市、代表取締役水田怜氏)などは7月19日、「受診勧奨のメソッドとシステム」、及びその基盤となる『健康台帳』の機能について、新たな特許を取得したと発表した。


【新生堂薬局】HIROTSUバイオサイエンスと協業/線虫がん検査「N-NOSE(エヌノーズ)」を販売

【新生堂薬局】HIROTSUバイオサイエンスと協業/線虫がん検査「N-NOSE(エヌノーズ)」を販売

【2022.10.18配信】株式会社HIROTSUバイオサイエンス(代表者:広津崇亮氏)は、株式会社新生堂薬局(代表者:水田怜氏)と代理店契約を締結し、線虫がん検査「N-NOSE®(エヌノーズ)」の販売を開始した。


【日本調剤】医療DXで産業競争力強化法に基づく事業適応計画の認定を取得/DX投資促進税制の適用

【日本調剤】医療DXで産業競争力強化法に基づく事業適応計画の認定を取得/DX投資促進税制の適用

【2022.05.17配信】日本調剤は産業競争力強化法に基づく「事業適応計画」について厚生労働省より認定を受けたと公表した。


【スギ薬局】アストラゼネカと共同プログラム/「スギサポwalk」でCOPD潜在患者の啓発

【スギ薬局】アストラゼネカと共同プログラム/「スギサポwalk」でCOPD潜在患者の啓発

【2022.05.09配信】アストラゼネカはスギ薬局が運用する歩数記録アプリ「スギサポ walk」を活用することで慢性閉塞性肺疾患(COPD)潜在患者とその家族を対象に疾患啓発を展開。取り組みを通じた受診行動変容を検証する方針だ。


最新の投稿


【日登協】組織名変更、「日本医薬品登録販売者会」/職能団体としての位置づけを強化

【日登協】組織名変更、「日本医薬品登録販売者会」/職能団体としての位置づけを強化

【2024.06.14配信】日本医薬品登録販売者協会は6月14日に会見を開き、組織名を「日本医薬品登録販売者会」に変更すると公表した。職能団体としての位置づけを強化する。略称は「日登会」とする。


【日薬次期理事案】書面決議は可決、総会での信任投票へ/飯島氏、徳吉氏を削除した候補者議案の書面決議

【日薬次期理事案】書面決議は可決、総会での信任投票へ/飯島氏、徳吉氏を削除した候補者議案の書面決議

【2024.06.14配信】日本薬剤師会の次期理事候補者変更案について行われていた現執行部による書面決議が、このほど全員賛成で承認された。このあと、30日の総会で代議員による信任投票が行われる見通し。


【中医協】賃上げにかかる調査・検証について把握方法を提示

【中医協】賃上げにかかる調査・検証について把握方法を提示

【2024.06.14配信】厚生労働省は6月14日、中央社会保険医療協議会(中医協)診療報酬調査専門組織(入院・外来医療等の調査・評価分科会)を開催した。その中で賃上げにかかる調査・検証について把握方法を提示した。


【医薬品供給不安】安定確保薬の定期的な見直しを/日本医学会連合が提言

【医薬品供給不安】安定確保薬の定期的な見直しを/日本医学会連合が提言

【2024.06.14配信】日本医学会連合は6月12日、厚労省に「医薬品安定供給に関する提言を提出した。我が国の健康に関する安全保障上、国民の生命を守るため、切れ目のない医療供給のために必要で、安定確保について特に配慮が必要とされる医薬品である「安定確保医薬品」については、リストの定期的な見直しとその周知、政策への反映を求めている。


【チェーンドラッグストア協会】「調剤報酬委員会」常設に

【チェーンドラッグストア協会】「調剤報酬委員会」常設に

【2024.06.13配信】日本チェーンドラッグストア協会は6月12日、通常総会を開き、2024年度の組織人事並びに事業計画が承認された。


ランキング


>>総合人気ランキング