【PCR検査】薬王堂、受付スポットを拡大、57店舗に

【PCR検査】薬王堂、受付スポットを拡大、57店舗に

【2021.02.22配信】薬王堂ホールディングス子会社の薬王堂と体外診断薬開発メーカーのセルスペクトは共同で、自費による唾液検体の PCR 検査サービス「新型コロナウイルス PCR 検査サービスパック」のサービスエリアを 2021 年2月 16日(火)より順次拡大する。


 既に実施済みの岩手県国道4号沿い、仙台、秋田、横手、岩手県県北~青森県八戸エリア39店舗に加え、岩手県沿岸全域(久慈―陸前高田縦断)、角館―盛岡横断エリア、花巻―遠野―釜石横断エリア、一関―気仙沼横断エリアの18店舗スポットを追加する。

 一関―大船渡―陸前高田―気仙沼、 花巻―遠野―釜石―大槌―山田―宮古エリア 14店舗は2月 16日よりサービス開始。具体的には、岩手県(宮古小山田店、宮古西町店、岩手山田店、岩手大槌店、遠野店、釜石鈴子店、釜石小佐野店、大船渡茶屋前店、高田馬場前店、高田米崎店、一関千厩店、岩手川崎店)と、宮城県(気仙沼松川前店、気仙沼鹿折店)。

 秋田―角館―雫石―盛岡、久慈 追加4店舗は、2月17日よりサービス開始。
 具体的には、 岩手県(久慈店、久慈西の沢店、岩手雫石店)、 秋田県(秋田角館店)。
 
 なお、設置済みエリアは、下記の39店舗。
 仙台エリア(富谷成田店、仙台泉根白石店、仙台袋原店、名取杜せきのした店、仙台南光台店)。
 秋田エリア(秋田外旭川店、秋田天徳寺通店、秋田東通店、秋田茨島店、秋田河辺店)。
 横手エリア(大曲飯田店、大曲福田店、横手赤坂店、横手店)。
 岩手県北~八戸エリア(二戸店、一戸越田橋店、八戸河原木店、八戸城下店、八戸田向店)。
 岩手国道4号沿いエリア(岩手沼宮内店、盛岡渋民店、滝沢巣子店、滝沢室小路店、盛岡箱清水店、盛岡中野店、盛岡飯岡店、盛岡津志田店、Coco テラス Y、紫波日詰店、石鳥谷八幡店、花巻南店、花巻小舟渡店、北上村崎野店、北上江釣子店、岩手金ヶ崎店、水沢桜屋敷店、奥州前沢店、岩手平泉店、一関三関店)。

 新型コロナウイルス PCR 検査サービスパックは、セルスペクト株式会社が提供する新型コロナウイルスの PCR 検査用の唾液採取パック。本パックを用いて自宅で唾液を採取し、薬王堂店舗敷地内に設置している検体受付スポット(接触感染防止対策)へ持参すると、翌日中に検査結果(電子版)を受け取ることができる。
 製品名は、「新型コロナウイルス PCR 検査サービスパック」。
 販売価格は、EC:16,000 円(税抜、送料込み)
 検査の流れは、新型コロナウイルス PCR 検査サービスパックを専用 EC サイトにて購入したあと、専用容器に検体(唾液)を 1 ミリリットル採取し同梱された安全パックに梱包。薬王堂店舗敷地内に設置されている PCR 受付スポットまで申込用紙を添えて持参、提出。検査結果報告書を受け取る(電子版では、検査申し込み受付日の翌日 18:00、検査申込書記載の QR コードにアクセス、個別パスワード入力で閲覧可能。郵送版では検査申し込み日の翌日に簡易書留で発送)。

 専用 EC サイトは以下。
https://cellspect-yakuodo.com/

 本パックの特長として、検査品質が高さがある。新型コロナウイルス感染症病原体検査の指針(厚労省・国立感染症研究所)に準拠、検体受領日に検査所に運ばれるため、検体の変質がない安定性の高い PCR 検査を提供する。内部精度管理、外部精度管理がなされた「登録衛生検査所」による高品質な検査サービス。検体受付スポットは温度管理されており、検体の変質がない。同検査所は自費 PCR 検査を実施する認可検査所として厚生労働省 web リストに登録されている。

 また、結果の応答が早いのもメリット。検体受領日に検査所に運ばれるため、翌日中に結果を電子版で受け取ることができる。検体は薬王堂の検体受付スポットへ持参するだけのため、顧客が郵送や宅急便で発送して頂く必要はなく、発送業者との発送時トラブルの心配がない。検体受付スポットに提出後、衛生検査所が直接、集荷する。

 なお、同社ではPCR 検査をすることで全ての感染拡大リスクを解消できるものではなく、感染タイミングやその他の状況による偽陰性、検査後に新たに感染するケースも考えられるとして、PCR 検査結果が陰性であったとしても、引き続き、感染防止対策を徹底することを促している。

 セルスペクトは2014 設立。経済産業省認定「地域未来牽引企業」。疾患標的センシング技術、並びに指先血による臨床検査技術(FMP : Fingertip blood Multi parametersPanel)を活用した臨床診断薬の開発メーカー。ドラッグストアチェーン薬王堂と Society5.0 におけるヘルステックモデルの共同開発を推進している。さらに、疾患標的を検出する技術と臨床研究への機動性を活かし、待望の
国産による新型コロナウイルス抗体検査キット、抗原検査キットの開発、公費と自費の両タイプにおける新型コロナウイルスの PCR 検査を受託している。新型コロナウイルス感染症の臨床医学的研究、並びに対策アイテム事業において、新型コロナ禍ベンチャーのコンペティション(三井住友銀行グループ主催)にて全国最優秀賞を受賞している。

この記事のライター

関連する投稿


【薬王堂HD】“健康チェック”サービスの利用者急増/5月に1〜4月平均の3440人から50%増の5279人に

【薬王堂HD】“健康チェック”サービスの利用者急増/5月に1〜4月平均の3440人から50%増の5279人に

【2022.06.02配信】薬王堂ホールディングスは、同社子会社の薬王堂全店舗で実施中の健康チェックサービスについて、5月の月間累計受検者数が5379人に到達したと公表した。1月〜4月の平均受検者数は3440人で、5月はその50%増と急増した。同社では健康に対する意識の向上から気軽な健康チェックが定着してきたとしている。


【薬王堂HD】医療相談付き検査キット「新型コロナあんしんプラス」販売開始

【薬王堂HD】医療相談付き検査キット「新型コロナあんしんプラス」販売開始

【2022.04.26配信】薬王堂ホールディングスは、365日24時間対応の医療相談、入院補償等付き検査キットの販売を開始した。子会社の薬王堂で「抗原検査キット」または「PCR検査サービスパック」購入、かつ被保険者登録をされた人に、無料での入院補償と24時間対応の医療相談サービスを提供する。


【薬王堂HD】2022年2月期決算/売上+8.8%、営業利益−18.8%/358店舗中、調剤併設4店舗、調剤専門薬局2店舗も「調剤は堅調に推移」

【薬王堂HD】2022年2月期決算/売上+8.8%、営業利益−18.8%/358店舗中、調剤併設4店舗、調剤専門薬局2店舗も「調剤は堅調に推移」

【2022.04.06配信】薬王堂ホールディングスは4月5日、2022年2月期の連結業績(2021年3月1日~2022年2月28日)を公表した。それによると、前期比は売上+8.8%、営業利益−18.8%などだった。同社は358店舗中、調剤併設4店舗、調剤専門薬局2店舗だが、調剤に関して「堅調に推移」したとしている。


【薬王堂HD】岩手発の「福祉✖️アート」企業とコラボ商品/陸前高田市出身の田崎氏の作品起用したエコバッグなど

【薬王堂HD】岩手発の「福祉✖️アート」企業とコラボ商品/陸前高田市出身の田崎氏の作品起用したエコバッグなど

【2022.02.22配信】薬王堂ホールディングスは2月22日、東北を拠点とし「福祉✖️アート」の事業に取り組むベンチャー企業のヘラルボニー社と協力し、コラボ商品の販売を開始する。岩手県陸前高田市出身の作家・田崎飛鳥氏の作品を起用したエコバッグなどを薬王堂で販売する。薬王堂は「社会課題を事業機会へ」をミッションとしたSDGsに取り組んでいる。


【薬王堂HD】「健康チェック」の利用者が1月単月で3000人を突破/血糖やオーラルチェック

【薬王堂HD】「健康チェック」の利用者が1月単月で3000人を突破/血糖やオーラルチェック

【2022.01.25配信】薬王堂ホールディングスが実施している「健康チェック」の利用者が1月単月で3000人を突破した。店頭で血糖やオーラルチェックが可能なもので、1月2日から11日間で1000 人を突破し、その後、7日間で2000 人を突破するなど、利用者増がスピードアップしているとしている。


最新の投稿


【薬局業界ニュースは薬剤師国家試験出題に関係ない?】業界紙記者×国試対策校の対談

【薬局業界ニュースは薬剤師国家試験出題に関係ない?】業界紙記者×国試対策校の対談

【2022.12.02配信】このほど、業界紙「ドラビズon-line」は、「薬局業界ニュースは薬剤師国家試験出題に関係ない?」をテーマに、薬剤師国家試験対策校のメディセレ社長の児島惠美子氏と紙上対談を実施しました。


【厚労省】後発薬の数量シェアを公表/令和4年薬価調査結果

【厚労省】後発薬の数量シェアを公表/令和4年薬価調査結果

【2022.12.02配信】厚生労働省は12月2日、中医協薬価専門を開き、その中で令和4年薬価調査の速報値として、後発医薬品の数量シェアが約79.0%だったと報告した。


【厚労省】令和4年9月の薬価乖離率(速報値)を公表

【厚労省】令和4年9月の薬価乖離率(速報値)を公表

【2022.12.02配信】厚生労働省は12月2日、中医協薬価専門部会を開いた。この中で、令和4年薬価調査結果の速報値を公表した。平均乖離率は約7.0%だったとした。


【経済財政諮問会議】DXに続いて“HX”登場/民間議員提唱

【経済財政諮問会議】DXに続いて“HX”登場/民間議員提唱

【2022.12.02配信】12月1日に開かれた経済財政諮問会議で、民間議員は社会保障における「経済・財政一体改革における重点課題」を提起した。その中で、医療・介護分野におけるDX推進に加え、「ヘルスケア・医薬産業の成長力強化」を“HX”として記載し、その推進を提唱した。


【経済財政諮問会議】「令和5年度予算編成の基本方針」を答申/DX等への投資や全世代型社会保障の構築明記

【経済財政諮問会議】「令和5年度予算編成の基本方針」を答申/DX等への投資や全世代型社会保障の構築明記

【2022.12.02配信】政府は12月1日、第15回経済財政諮問会議を開催し、「令和5年度予算編成の基本方針」を決定した。令和5年度予算編成に当たっては、“令和4年度第2次補正予算と一体として”とし、「経済財政運営と改革の基本方針 2022」に沿って、足元の物価高を克服しつつ、経済再生を実現するとし、DX等への投資や全世代型社会保障の構築を明記した。


ランキング


>>総合人気ランキング