【薬王堂HD】医療相談付き検査キット「新型コロナあんしんプラス」販売開始

【薬王堂HD】医療相談付き検査キット「新型コロナあんしんプラス」販売開始

【2022.04.26配信】薬王堂ホールディングスは、365日24時間対応の医療相談、入院補償等付き検査キットの販売を開始した。子会社の薬王堂で「抗原検査キット」または「PCR検査サービスパック」購入、かつ被保険者登録をされた人に、無料での入院補償と24時間対応の医療相談サービスを提供する。


 「東北から世界の健康をデザインする」を新ビジョンに掲げる同社グループ。子会社であり東北6県に362店舗のドラッグストアを展開する薬王堂が、セルスペクト社製「抗原検査キット」また「PCR検査サービスパック」購入、かつ被保険者登録をされた人を対象に、入院費補償と24時間対応の医療相談サービスを無料で提供する「新型コロナあんしんプラス」を開始した。

 同社では今回の販売開始について、感染者の増加傾向や相談がしづらいことへの懸念を挙げる。新型コロナの新規感染者数は横ばいから上昇基調に転じつつあり第7波の入口にあるとの報道も増えているとし、第6波では急激な感染者数の増大とそこから広がる濃厚接触者の急増で、自治体の相談窓口への相談件数が増え 「相談がしたくても電話がつながりにくい」という事態となり、不安を抱える声がたくさん聞こえてきたとする。

 その上で、第7波が同様の事態を招いた時に備え、24時間対応の医療相談サービス「新型コロナあんしんプラス」の提供を通じ、救急専門医が対応する医療相談窓口に電話1本で、体に関する悩み、緊急時の対応に無料で応えられる体制を東京海上日動火災保険株式会社の協力の下、用意したとする。

 「新型コロナあんしんプラス」は、対象となる「抗原検査キット」と「PCR検査サービスパック」の検査キット代金はそのままに、追加料金なしに無料で登録できるサービス。

 対象の検査キット購入後、WEBから申込するだけでよく、簡単に短時間で登録可能。
 
 同社では「同サービスを提供することで、家庭内での感染チェックと万が一の感染時の安心の備えとなり、新型コロナウイルス拡大の終息を迎え、平常の生活と経済活動を送れる日々をいち早く取り戻す一助となれば」としている。

 詳細は以下の通り。

■「新型コロナあんしんプラス」(無料、要登録)について

◇サービスの特徴
① 24時間365日医療相談サービス「メディカルアシスト」
対応内容:緊急医療相談、医療機関のご案内、専門医による予約制医療相談
電話1本で、体に関する悩み、緊急時の対応に無料で応える。

② 万が一の新型コロナウイルス等感染時の「入院補償」
補償内容:1日あたり3,000円

◇保険対象となる人
薬王堂で抗原検査キットまたはPCR検査サービスパックを購入し、かつ被保険者登録をされた人

◇被保険者登録の方法
① 購入時にお渡しする通知書から、登録フォームURLにアクセス
② 登録フォームに、通知書に記載のシリアル番号、被保険者氏名、生年月日、メールアドレスを入力すると申し込みが完了する。
詳しくは下記サイトでも紹介している。
https://cellspect-yakuodo.com/pdf/covid19_anshin.pdf

◇サービス開始時期について
店頭:2022年4月25日以降の購入分から
Webサイトからのお申込み:2022年5月10日以降の購入分から

■対象の検査キットについて
 セルスペクト社製の検査キットは、体外診断用医薬品抗原検査キット等を中心に5万個販売し、個人だけではなく様々な企業や自治体、医療機関、介護施設、学校からの受注と利用されている。

この記事のライター

関連する投稿


【日本薬剤師会】研究用抗原定性検査キットの販売を行わないよう周知

【日本薬剤師会】研究用抗原定性検査キットの販売を行わないよう周知

【2022.05.13配信】日本薬剤師会は5月11日の定例記者会見で、新型コロナウイルス感染症の研究用抗原定性検査キットの販売を行わないよう周知したとした。


【薬王堂HD】2022年2月期決算/売上+8.8%、営業利益−18.8%/358店舗中、調剤併設4店舗、調剤専門薬局2店舗も「調剤は堅調に推移」

【薬王堂HD】2022年2月期決算/売上+8.8%、営業利益−18.8%/358店舗中、調剤併設4店舗、調剤専門薬局2店舗も「調剤は堅調に推移」

【2022.04.06配信】薬王堂ホールディングスは4月5日、2022年2月期の連結業績(2021年3月1日~2022年2月28日)を公表した。それによると、前期比は売上+8.8%、営業利益−18.8%などだった。同社は358店舗中、調剤併設4店舗、調剤専門薬局2店舗だが、調剤に関して「堅調に推移」したとしている。


【薬剤交付支援事業】3月配送分からの概要/日本薬剤師会事務局まとめ

【薬剤交付支援事業】3月配送分からの概要/日本薬剤師会事務局まとめ

【2022.03.03配信】日本薬剤師会は3月2日に定例会見を開き、「薬局における自宅療養等の患者に対する薬剤交付支援事業について」を都道府県薬剤師会担当役員に発出したことを報告。3月配送分から事業内容が変わるもの。


【薬王堂HD】岩手発の「福祉✖️アート」企業とコラボ商品/陸前高田市出身の田崎氏の作品起用したエコバッグなど

【薬王堂HD】岩手発の「福祉✖️アート」企業とコラボ商品/陸前高田市出身の田崎氏の作品起用したエコバッグなど

【2022.02.22配信】薬王堂ホールディングスは2月22日、東北を拠点とし「福祉✖️アート」の事業に取り組むベンチャー企業のヘラルボニー社と協力し、コラボ商品の販売を開始する。岩手県陸前高田市出身の作家・田崎飛鳥氏の作品を起用したエコバッグなどを薬王堂で販売する。薬王堂は「社会課題を事業機会へ」をミッションとしたSDGsに取り組んでいる。


【トモズ】コロナ検査事業、HPに事前チェック項目や「よくある質問と回答」を掲載

【トモズ】コロナ検査事業、HPに事前チェック項目や「よくある質問と回答」を掲載

【2022.02.01配信】ワクチン・検査パッケージの無料事業に協力しているトモズは、店頭での検査を希望する人に向けて、事前チェック項目や「よくある質問と回答」をホームページに掲載した。(https://www.tomods.jp/wp_home/wp-content/uploads/2022/01/01_20.pdf)無症状が薬局での検査対象であるなどの大原則のほか、検査に必要な本人確認書類なども説明している。店頭でイチから説明するよりも事前に情報を提供することで店頭での負担軽減につながりそうだ。


最新の投稿


【薬剤師WG】電子処方箋の数値目標を掲げる/令和5年3月末までにオン資導入の施設の7割に

【薬剤師WG】電子処方箋の数値目標を掲げる/令和5年3月末までにオン資導入の施設の7割に

【2022.05.27配信】厚生労働省は5月27日に「第5回薬局薬剤師の業務及び薬局の機能に関するワーキンググループ」(WG)を開き、電子処方箋にかかわる数値目標を掲げた。令和5年3月末の時点で、オンライン資格確認等システムを導入した施設の7割程度の導入を目標とする。


【薬剤師WG】リフィル処方箋の手引き作成を論点に提示

【薬剤師WG】リフィル処方箋の手引き作成を論点に提示

【2022.05.27配信】厚生労働省は5月27日に「第5回薬局薬剤師の業務及び薬局の機能に関するワーキンググループ」(WG)を開き、リフィル処方箋に関して手引きを作成することを議題に挙げた。


【規制改革答申を公表】薬剤師による点滴薬剤の充填・交換や褥瘡への薬剤塗布の適否「課題を整理」

【規制改革答申を公表】薬剤師による点滴薬剤の充填・交換や褥瘡への薬剤塗布の適否「課題を整理」

【2022.05.27配信】5月27日に規制改革推進会議が開かれ、「規制改革推進に関する答申~コロナ後に向けた成長の「起動」~」を公表した。薬剤師による「点滴薬剤の充填・交換や患者の褥瘡(じょくそう)への薬剤塗布等の行為」に関して「適否や必要性、実施可能性等の課題について整理を行う」とした。


【規制改革答申を公表】処方箋40枚規制の見直しに踏み込む

【規制改革答申を公表】処方箋40枚規制の見直しに踏み込む

【2022.05.27配信】5月27日に規制改革推進会議が開かれ、「規制改革推進に関する答申~コロナ後に向けた成長の「起動」~」を公表した。この中で、「薬剤師の員数に関する規制」について、「規制の在り方の見直しに向け課題を整理する」とし、いわゆる処方箋40枚規制の見直しの言及に踏み込んだ。


【規制改革答申を公表】「薬剤調製の外部委託の検討」を明記

【規制改革答申を公表】「薬剤調製の外部委託の検討」を明記

【2022.05.27配信】5月27日に規制改革推進会議が開かれ、「規制改革推進に関する答申~コロナ後に向けた成長の「起動」~」を公表した。この中で「薬剤調製の外部委託」を明記した。


ランキング


>>総合人気ランキング

最近話題のキーワード

ドラビズ on-line で話題のキーワード


後発医薬品 供給不安 国保 オンライン請求 抗原検査キット GoTo コロナ