【社保審】9月の調剤医療費は-5.9%に減少幅再拡大。日薬・森副会長「丁寧な把握・対応を」

【社保審】9月の調剤医療費は-5.9%に減少幅再拡大。日薬・森副会長「丁寧な把握・対応を」

【2021.02.12配信】厚生労働省は2月12日に「第140回社会保障審議会医療保険部会」を開き、「医療保険制度における新型コロナウイルス感染症の影響について」などを話し合った。稼働日補正後の9月の調剤医療費伸び率は-5.9%で、日本薬剤師会副会長の森 昌平氏は「丁寧な把握・対応をお願いしたい」と述べた。


 令和2年4⽉〜9⽉の医療費の伸び率(対前年同⽉⽐)を⾒ると、4⽉に-8.8%、5月に-11.9%と、10%程度の減少がみられた。その後、6月は-2.4%にとどまり、7⽉は-4.5%と拡大したが、8月には-3.5%、9月は-0.3%と減少幅は小さくなった。
 診療種類別では、9⽉になり、⼊院、⼊院外、調剤は減少幅は減少、⻭科は増加幅が拡⼤した。種類別によって異なった動きがみられる。
 未就学者、医科診療所の⼩児科や⽿⿐咽喉科は9⽉においても依然20%程度の減少となっており、都道府県間の減少幅の差異はわずかに拡⼤した。
 種類別では、「入院」は4月に-6.5%、5月に-10.1%、6月に-4.0% 、7月に-4.3%、8月に-3.0%、9月にー0.2% の減少。
 「入院外」は4月に-13.7%、5月に-15.4%、6月に-2.6% 、7月に-5.8% 、8月に-4.7%、9月にー1.0% の減少。
 「⻭科」は、 4月に-15.3%、5月に-15.8%、6月に-0.2% 、7月に-4.0% の減少、8月に 0.9%、 9月に 5.0% の増加。
 「調剤」は、4月に-3.1%、5月に-8.7%の減少、6月に0.1% の増加、7月に-3.6% 、8月に-5.3% 、9月に-1.7% の減少。
 ただし、上記は稼働日を考慮しない数値。9月は1日稼働日が多かった(日曜・祭日が少なかった)ため、稼働日を補正すると、例えば調剤医療費では令和元年度+4.6%のところ、4月に-7.1%、5月に-10.5%と大きくマイナスとなり、6月に-5.3%、7月に+0.6%、8月 -1.3%と回復傾向がみられたが、9月が -5.9%と再びマイナス幅が大きくなっている。

 医療側の委員からは「不安の声が現場にはある」として、第4波の可能性を含めて、医療経営の対策を打つことへの要望が出された。

 日本薬剤師会の森昌平副会長も、「薬局は小児科・耳鼻科などの区分に分けてみることはできないが、6割減などの薬局も少なくなく、細かくみて対応をいただきたい」と述べた。

 毎年、自然増を5000億円程度におさめてきた医療費だが、来年4月の診療報酬・調剤報酬改定では、たとえプラス改定となったとしてもコロナの影響をどの程度織り込んでいるのか、読みづらい展開になりそうだ。

この記事のライター

最新の投稿


【薬剤師の取り組み】S N Sアカウントを「性教育と薬物専門講師」にした薬剤師の活動

【薬剤師の取り組み】S N Sアカウントを「性教育と薬物専門講師」にした薬剤師の活動

【2021.03.08配信】緊急避妊薬を薬局で販売する議論がきっかけの一つではあると思う。薬局薬剤師の中に、「性」に関する相談能力を拡充しようとする動きがある。ヒルマ薬局(東京都板橋区)の比留間康二郎氏もその一人だ。S N Sのアカウントを「性教育と薬物専門講師」とし、学校への講演活動などを展開している。今回、比留間氏から活動への思いをご寄稿いただいた。その中に込められていたのは、難しいテーマだからこそ、悩んでいる若い世代に寄り添えることのやりがいではないかと思う(編集部)。


「ブルーゾーンプロジェクト」始動、薬局が地域と連携して健康寿命延伸に寄与

「ブルーゾーンプロジェクト」始動、薬局が地域と連携して健康寿命延伸に寄与

【2021.03.08配信】健康寿命が長い地域の通称として知られる“ブルーゾーン”。このブルーゾーンや健康で長寿な人の研究が進んでおり、体を動かしていることや食事、社会との関わりを持ち続けているなどの共通点も分かってきている。そうであるなら、人工的に地域をブルーゾーンにする取り組みができないのか――。そんな発想から始まったのが「ブルーゾーンプロジェクト」だ。


【2月月次】薬王堂HD、全店−7.8%、既存店−11.8%

【2月月次】薬王堂HD、全店−7.8%、既存店−11.8%

【2021.03.08配信】薬王堂ホールディングスは2月月次業績を公表した。それによると、全店−7.8%、既存店−11.8%だった。


【2月月次】ココカラファイン、全店-12.1%、既存店-17.3%

【2月月次】ココカラファイン、全店-12.1%、既存店-17.3%

【2021.03.08配信】ココカラファインは2月月次業績を公表した。それによると、全店-12.1%、既存店-17.3%だった。


【コロナワクチン薬剤師研修_詳細レポート】2月27日に実施された東住吉区薬剤師会の内容

【コロナワクチン薬剤師研修_詳細レポート】2月27日に実施された東住吉区薬剤師会の内容

【2021.03.05配信】大阪市の東住吉区薬剤師会は2月27日に、新型コロナワクチンの希釈・薬液充填に関する手技講習を実施した。同会の執行部、そして同会に協力した東住吉森本病院薬剤科や訪問看護ステーション湊が力を合わせて当日のテキストや準備品を用意したものだ。注射の扱いに必ずしも慣れていない薬剤師が希釈や充填などの作業を習得するための情報は多くない。「これから実施する薬剤師の参考になれば」と、詳細を記事にすることを了解いただいた同会に感謝したい。


ランキング


>>総合人気ランキング

最近話題のキーワード

ドラビズ on-line で話題のキーワード


GoTo コロナ ツルハホールディングス ツルハ 従業員感染 訃報 店員 従業員