【合併】クスリのアオキHD、石川県の食品スーパー「サン・フラワー・マリヤマ」を吸収合併

【合併】クスリのアオキHD、石川県の食品スーパー「サン・フラワー・マリヤマ」を吸収合併

【2021.02.04配信】クスリのアオキホールディングスは、2021 年 2 月 4 日開催の取締役会において、子会社であるクスリのアオキが有限会社サン・フラワー・マリヤマを 2021 年 5 月 21 日付で吸収合併することを決議した。


  クスリのアオキホールディングスは、「健康と美と衛生」を通じての社会貢献を経営理念とし、ドラッグストア及び調剤薬局の運営を行っている。子会社のクスリのアオキは、北陸・信越、東海・近畿、関東・東北の 21 府県にドラッグストア 666 店舗(内調剤薬局併設 346 店舗)、専門調剤薬局6店舗の合計 672 店舗を展開している。利便性と専門性の強化をコンセプトとし、食品の販売も強化をしており、大型店においては生鮮三品の取り扱いもしている。

 有限会社サン・フラワー・マリヤマは、1991 年 5 月に設立され、石川県能登地方に食品スーパーを 2 店舗展開し、設立以来地域から支持されている企業。

 今回、サン・フラワーをクスリのアオキホールディングスグループに迎えることにより、食品スーパーの持つ新鮮な食材の品揃えとドラッグストアの持つヘルス&ビューティーや日用品の品揃え、また処方箋を取り扱う調剤薬局を組み合わせることで、「地域の顧客にとってより一層ご愛顧いただける店舗を作ることができる」と判断したことにより、クスリのアオキと合併することとしたという。
 サン・フラワーの店舗は、お互いの強みを生かした、さらにお買い物のしやすい店舗への改装計画を策定し、今後進めていく予定。

 本合併により、クスリのアオキホールディングスグループの北陸地区におけるドミナントを強化することで、今後、同社グループの一層の企業価値向上に努めていく。

 合併の日程は、合併契約締結日が2021 年 2 月 4 日。
 合併決議株主総会(サン・フラワー及びクスリのアオキ)が2021 年 2 月 25 日。
 合併予定日(効力発生日が 2021 年 5 月 21 日の予定。

 合併の方式は、 クスリのアオキホールディングスを存続会社とする吸収合併方式であり、消滅会社であるサン・フラワーは解散する。
 本合併契約の定めに従って、本合併の効力発生日前日の最終のサン・フラワーの株主名簿に記載又
は記録されたサン・フラワーの株主に対して、現金を割当交付する。吸収合併対価については、契約により非開示としている。第三者による株式価値の算定結果を勘案して決定している。

 有限会社サン・フラワー・マリヤマの概要は、所在地輪島市門前町道下24-46-6。
 代表者は代表取締役社長 鞠山 紀雄氏。 
 事業内容は生鮮食料品、加工食料品、冷凍食料品の製造及び販売、清涼飲料水の販売、台所用品、日用雑貨品の販売、前各号に附帯する一切の業務
 資本金は500万円。
 設立年月日は1991年5月。
 発行済株式数は100株。
 決算期は12月31日。
 大株主及び持ち株比率は、鞠山 紀雄氏26.0%、鞠山 外志夫氏62.0%、鞠山 好子氏12.0%。
 直前事業年度の財政状態及び経営成績は2019年度12月期で、純資産合計3700万円、総資産1億1200万円、1株当たり純資産(円) 370,526.70円、
売上高6億4700万円、営業利益 △100万円、経常利益 14,534百万円 200万円、当期純利益 200万円、1株当たり当期純利益(円) 17,315.30円。

 同合併における、クスリのアオキホールディングス及びクスリのアオキの商号、所在地、代表者の役職・氏名、事業内容、資本金
及び決算期についての変更はない。

 なお、 合併が同社連結業績に与える影響は軽微。

この記事のライター

関連する投稿


【たんぽぽ薬局】ミック・ジャパン(大阪市)のドラッグ事業など譲受へ

【たんぽぽ薬局】ミック・ジャパン(大阪市)のドラッグ事業など譲受へ

【2024.04.23配信】株式会社トーカイの連結子会社であるたんぽぽ薬局株式会社(岐阜市)は4月22日、株式会社ミック・ジャパン(大阪市)との間で、ミック・ジャパンが展開するリハビリデイサービス事業、ドラッグストア事業などの各事業の譲り受けについて基本合意に至ったと公表した。


【さくら薬局のクラフト】事業再生計画案が成立/投資ファンドによる全株式譲受の条件クリア

【さくら薬局のクラフト】事業再生計画案が成立/投資ファンドによる全株式譲受の条件クリア

【2023.01.26配信】さくら薬局を展開するクラフトは、1月26日、事業再生計画案が成立したと公表した。2022年10月14日には、取引金融機関の同意を得て事業計画案が成立することなどを条件として、日本産業推進機構グループ(NSSKグループ)から経営支援を受けることを公表していた。


【M&A】クオールがパワーファーマシー(栃木県、38薬局)の株式取得へ/栃木県でクオールが最大規模の薬局企業に

【M&A】クオールがパワーファーマシー(栃木県、38薬局)の株式取得へ/栃木県でクオールが最大規模の薬局企業に

【2023.01.10配信】クオールホールディングスは1月6日、株式会社パワーファーマシーの株式取得に関して株式譲渡契約書を締結したと公表した。


【M&A】クスリのアオキHD、三崎ストアー(金沢市)のスーパー事業を譲受

【M&A】クスリのアオキHD、三崎ストアー(金沢市)のスーパー事業を譲受

【2022.10.03配信】クスリのアオキホールディングスは10月3日、同日開催の取締役会において、株式会社三崎ストアーとの間で、三崎ストアーが行うスーパーマーケット事業を同社子会社である株式会社クスリのアオキが譲り受ける事業譲渡契約を締結することを決議したと公表した。


【M&A】地域ヘルスケア連携基盤、フラント社の株式取得/群馬県太田市11薬局運営

【M&A】地域ヘルスケア連携基盤、フラント社の株式取得/群馬県太田市11薬局運営

【2022.09.08配信】株式会社地域ヘルスケア連携基盤(東京都中央区、代表取締役:武藤真祐氏・国沢勉氏、CHCP)は、グループ会社を通じて、調剤薬局 11 店舗を運営する株式会社フラント(群馬県太田市、代表取締役:石塚雅彦氏)の株式を取得したと公表した。


最新の投稿


【日薬新執行部】岩月新会長が示した「覚悟」/新任9人登用で組織刷新、若手抜擢と女性幹部を倍増

【日薬新執行部】岩月新会長が示した「覚悟」/新任9人登用で組織刷新、若手抜擢と女性幹部を倍増

【2024.05.24配信】日本薬剤師会の次期会長に内定している岩月進常務理事は、新執行部人事を固めた。新任は9人で、組織を刷新。目玉は若手の登用と女性幹部の増員だ。若手では上田薬剤師会の飯島裕也氏(44)と鳥取県薬剤師会の徳吉雄三氏(46)、慶大医学部特任研究員の日髙玲於氏(32)などを抜擢した。女性幹部は倍増の6人。(5月22日付けドラビズforPharmacy朝刊より。医薬コラムニスト/ジャーナリスト 玉田慎二)


【一般薬連】自主点検結果を公表

【一般薬連】自主点検結果を公表

【2024.05.24配信】日本一般用医薬品連合会(一般薬連)は5月16日、協会加盟企業による一般用医薬品の品質に係る自主点検結果を公表した。


【訃報】大分県薬剤師会会長の安東哲也氏が死去

【訃報】大分県薬剤師会会長の安東哲也氏が死去

【2024.05.23配信】大分県薬剤師会は5月23日、現職県薬会長の安東哲也氏が死去したと公表した。


【大木ヘルスケアHD】医薬品売上2桁増/2024年3月期決算

【大木ヘルスケアHD】医薬品売上2桁増/2024年3月期決算

【2024.05.23配信】ヘルスケア卸大手の大木ヘルスケアホールディングス は5月23日に2024年3月期(2023年4月1日~2024年3月31日)の決算説明会を開催した。


【厚労省】後発薬調剤体制加算、カットオフ値で臨時的取り扱い/令和6年度薬価改定の広い措置で

【厚労省】後発薬調剤体制加算、カットオフ値で臨時的取り扱い/令和6年度薬価改定の広い措置で

【2024.05.22配信】厚生労働省は5月22日、「令和6年度薬価改定を踏まえた診療報酬上の臨時的な取扱いについて」を発出した。カットオフ値について、当面の間、臨時的取り扱いを行うとした。