【デジタルでドラッグストアは何をするのか?】かかりつけドラッグストアの答え

【デジタルでドラッグストアは何をするのか?】かかりつけドラッグストアの答え

「外来調剤の服薬フォローの場で、ICTを活用した多職種の情報共有を推進することで患者を中心にしたシームレスな支援につながる」。今後、ドラッグストアが取り組むべきデジタル活用の方向性について、龍生堂本店の関口周吉社長はこう答える。地域包括ケアが叫ばれる中、実は在宅医療の場では多職種での情報共有システムが整いつつある一方、“入院でも在宅でもない”外来調剤は情報共有の面で遅れている領域になっている。患者は入院、外来、在宅を行ったり来たりするのが現実であり、外来調剤における情報連携はシームレスな患者支援には不可欠だ。


“外来調剤”の服薬フォローをICTで効率化

 こうした将来展望が描けるのは、同社が売上の65%を調剤事業が占め、物販から調剤、在宅医療まで切れ目なく地域住民の生活支援にあたる「かかりつけドラッグストア」だからだろう。
約300人の社員の半分程度は薬剤師であり、1店舗当たりで平均して50件程度の在宅患者をみている。

 龍生堂本店は本社のある東京都新宿区を地盤に29店舗のドラッグストアを展開。店舗数こそ多いわけではないが、同社が古くから掲げてきた「かかりつけドラッグストア」の業態は、業界関係者から高い注目を集めてきたもので、関口社長の父である先代の故関口信行氏は、日本チェーンドラッグストア協会(JACDS)の第3代会長を務めた。関口社長自身もJACDSの理事を務めている。

 現在、同社は在宅医療現場で新宿区限定の医療連携システムを利用している。ざっくりいうと、SNSのようなシステムで、医療職種が患者さんに関する情報を書き込み、お互いに共有することができる。

 SNSの良さと同じように、リアルタイムで情報がアップされること、確認するのは読む側が都合の良い時間でできることなど、多くのメリットがある。このシステムを活用することで、多職種から「薬剤師さんからの情報は役立つ」と言われることも増えたという。

 課題として挙げられるのは、新宿区限定のシステムのため、区境に住んでいる患者・顧客の情報のやりとりができないこと。ここは今後、共通システムのエリアが拡大していく流れや、都内共通システムの登場などが待たれるところだ。

 「こうしたシステムを外来調剤でも導入すべきだ」というのが、関口社長の考えだ。

 それができれば、リアルタイムでの情報共有のメリットなどが外来調剤でも享受できることになる。

 また、業務効率化のメリットも大きい。薬機法改正で服薬中の状況フォローが義務化された。薬剤師は必要に応じて調剤薬を渡した患者の状況を確認する。しかし、この得た情報の医師へのフィードバックはFAXや文書などが用いられている。情報の効率的な蓄積や薬剤師の業務負担の重さなどが問題になってくることも考えられる。

 こうしたICTの活用は薬局・ドラッグストアに限らず、医療現場でも進んでいる。2020年春の診療報酬改定では、在宅患者緊急時等カンファレンスなどでICT 活用が認められた。複数の人が関わる情報共有をICTによって、いかに効率化するかは共通の課題だ。

「通院以上在宅未満」の人のスクリーニング

 関口社長がもう一つ、ICT活用で取り組むべき課題と捉えているのが、「治療が困難になっている人」のスクリーニングだ。
 
 「都会と思われている新宿区にも通院困難な人はいます。高齢の方は、例えばバス停の位置が変わったなどの理由で、とたんに通院できなくなってしまう人がいるのです。そういう人を抽出し、治療への支援をする必要があると考えています」(関口社長)
 
 通院すべき状況にあり、在宅医療にかかるほどではない“入院以上在宅未満”の人への支援が十分ではないのではないかとの懸念だ。
 
 これには行政との連携も必要になるかもしれないが、レセプト状況と連携すれば、例えば「3カ月以上通院していない」などの状況が分かるようになる。
 
 レセプト情報をドラッグストアが共有するだけでなく、ドラッグストア側も「もしかしたら通院困難になっているのではないか」という情報を行政に提供することもできるだろう。
 
 「調剤以外のお買い物で普段から接点のあるドラッグストアだからこそ、具合を悪くしていたようなのに買い物に来られなくなった方などが分かる。これは人にしかできないことだと思います」
 
 こうした「入院以上在宅未満」の患者では、どこに相談したらよいのか、行政の窓口の存在や相談のきっかけなどが分からない人も少なくないという。相談窓口を教えて差し上げるだけでも、大きな意味がある。

業界の成長は「必要とされるか否か」次第

 こうした地域への貢献に思いを巡らせているのも、「ドラッグストア産業が将来的にも成長するか否かは、ドラッグストア産業が社会から必要とされる存在になっているか否か次第だ」という関口社長の考えがある。

 「昭和から平成になって、令和になりました。昭和と令和は“和”という文字が共通しています。昭和にあって、平成に失われたもの。それを取り戻すことが令和の宿題のように感じています。それは例えば、人と人とのつながりや縁のようなものではないでしょうか。それを取り戻すためのツールの一つがデジタルだと思うのです」(関口社長)

 デジタル庁の創設が新聞紙上をにぎわせ、少子高齢社会下で生産性を高める施策として注目を集める。ただ、効率化だけでは、ドラッグストア業界が担う「健康」、もっというと「幸福」に価値は生み出せない。

 くしくもコロナで社会から注目度、存在感も高まったドラッグストア業界から、デジタル業界に伝えるべきメッセージはたくさんありそうだ。

せきぐち・しゅうきち 1973年生まれ。帝京大学薬学部卒業後、株式会社龍生堂本店に入社。その後、調剤事業部長、営業本部長を経験したのち、1999年に同社取締役。2016年から現職。

【編集部より】本インタビューは、薬学生向け「MIL NEXT VISION」との連動企画です。ぜひ、そちらもご覧ください。

「薬剤師は社会に貢献するために存在している」関口周吉(龍生堂本店)

https://www.anycr.net/post/201215ryuseido

クスリの龍生堂薬局には、創業時から受け継がれた人を育てる文化と、薬に関する全てにおける専門化たらんとする信念がありました。新しい令和の時代を迎えたいま、薬剤師に求められるものとは何か?

この記事のライター

関連する投稿


【有償サービス拡大するドラッグストア】店舗で「健診」も開始の杏林堂薬局(静岡県)の戦略

【有償サービス拡大するドラッグストア】店舗で「健診」も開始の杏林堂薬局(静岡県)の戦略

特定健診が身近なドラッグストアの店舗で受けられたら、受診者にとっての利便性は高いだろう。実はすでに取り組みを開始しているドラッグストアがある。静岡県浜松市を中心に展開する杏林堂薬局だ。特定の日時に医師に店舗に出向いてもらうことで可能にした。特定健診は8店舗で実施する計画で、そのほか、特定保健指導は12店舗で実施していく予定だ。背景には「モノの販売以外の有償サービスをいかに拡大できるかが、長期的な生き残りにつながる」との青田英行社長の考えがある。


【独自】薬局DXを加速させる32社のドラッグストア連合「SOO」の実相

【独自】薬局DXを加速させる32社のドラッグストア連合「SOO」の実相

コロナ下でも、いや、コロナ下だからこそ、薬局DX(デジタルトランスフォーメーション)の取り組みを加速させている企業がある。それが32社のドラッグストアが参画するSegment of one&only株式会社(通称SOO、平野健二社長=サンキュードラッグ社長)だ。顧客データを統合、分析し、顧客像に合ったヘルスケア情報を届ける。情報には動画を多用。商品販売増だけでなく、生活者の未病への貢献度を高める可能性を秘めている。同社は業界では、誰もがその存在を知っているが、各社が上場企業ではないため、市場関係者からの関心を集めないかもしれない。しかし、地域ごとの取り組み向上がじわじわと日本全体に与える影響は大きくなっているのだ。


【独自】リアルとオンラインの両輪で攻勢かけるスギ薬局/杉浦克典社長インタビュー

【独自】リアルとオンラインの両輪で攻勢かけるスギ薬局/杉浦克典社長インタビュー

スギ薬局は、リアル拠点を持つ強み(Offline)と、オンライン(Online)のメリットを融合する「O2O(Online to Offline)モデルの構築」で先行している。11月5日には、アプリ「スギサポwalk」に新機能である「グループ機能」をリリースし、注目を集めた。同社が目指す「O2O」の出口はどこにあるのか。


【独自】「ウエルシアHDが地域偏在する薬剤師の供給拠点に」/松本忠久社長インタビュー

【独自】「ウエルシアHDが地域偏在する薬剤師の供給拠点に」/松本忠久社長インタビュー

コロナ禍により薬剤師需給バランスが変化した。しかし、地域偏在の問題は尾を引きそうな情勢。こうした中、ウエルシアホールディングスの松本忠久社長は、「ウエルシアが地方への薬剤師供給拠点の役割を果たし、地域偏在の問題に貢献したい」との考えを示した。コロナ禍は「門前から身近な地域へ」という処方箋の流れを加速させ、同社の薬剤師採用の追い風となっていることも背景の一つだ。一方、地域の中核病院と連携したモデル的な店舗出店計画も進んでおり、高度医療の知識を習得した薬剤師を養成、その後、各地に配属するような流れも可能になる。およそ6000人の薬剤師を擁する同社が“薬剤師市場”に与える影響は小さくないだろう。


サツドラHD、教育委員会と協定。ICT環境整備で

サツドラHD、教育委員会と協定。ICT環境整備で

【2020.11.17配信】サツドラホールディングスのグループ会社であるシーラクンスは、北海道教育委員会と協定を締結した。ICT環境整備に関して相互連携する。同社によると、道教委と民間プログラミングスクールが相互連携により子どもの学習機会の支援を行うことは、北海道初の取り組みという。


最新の投稿


【人事】コスモス薬品、都市型店部副部長の井手光一氏が「調剤部長」に

【人事】コスモス薬品、都市型店部副部長の井手光一氏が「調剤部長」に

【2021.08.02配信】コスモス薬品は7月30日、組織改編と人事異動を公表した。異動日は8月24日の予定。


【人事】コスモス薬品、宇野正晃会長が代表権のない会長に

【人事】コスモス薬品、宇野正晃会長が代表権のない会長に

【2021.08.02配信】コスモス薬品は7月30日に、「代表取締役の異動に関するお知らせ」を公表した。現・代表取締役会長である宇野正晃氏が、代表権のない会長となる予定。8月24日開催の定時株主総会及びその後に開催予定の取締役会で正式に決定される予定。


日本セルフケア推進協議会が厚労省に要望書提出/「国民に分かりやすいセルフケアの情報発信を」

日本セルフケア推進協議会が厚労省に要望書提出/「国民に分かりやすいセルフケアの情報発信を」

【2021.08.02配信】日本セルフケア推進協議会(三輪芳弘代表理事=写真左)は、セルフケア推進に関する要望書を厚労省に提出した。厚生労働省大臣官房長 大島一博氏(写真右)、政策統括官 伊原和人氏、医政局長 迫井正深氏に手交 した。


【店頭トレンド発信】お店で健康セルフチェック!!ココカラファイン検体測定室、体験レポート

【店頭トレンド発信】お店で健康セルフチェック!!ココカラファイン検体測定室、体験レポート

【2021.07.30配信】ココカラファイン薬局では『検体測定室』という利用者自らによる血液検査による健康チェックを提供している。手ぶらで気軽に受けられ、測定数値にあわせて薬剤師から健康アドバイスがもらえるサービスだ。短時間で簡単に測定できることが評判になり、2021年7月現在、検体測定室の導入店舗は114店舗まで拡大。地域の健康増進に貢献している。今回は検体測定室に密着、実際に血液検査を受けてみて、実際にかかった時間やサービス満足度などをレポートする。サービスを受けるまでのステップも記載するので興味のある方は是非参考にしてほしい。


【トレンド】ドラッグストアの解熱鎮痛薬、6月の売上が前年比35%増に

【トレンド】ドラッグストアの解熱鎮痛薬、6月の売上が前年比35%増に

【2021.07.30配信】ビッグデータマーケティングの株式会社True Data(トゥルーデータ/本社:東京都港区、代表取締役社長:米倉 裕之氏) は、同社の統計データをもとにドラッグストア、食品スーパーマーケットにおける2021年6月の消費動向を公表した。それによると、ドラッグストア1店舗あたりの購買金額は前年同月と比べ5.5%減少、食品スーパーマーケットは0.3%減少した。ドラッグストアの伸び率ランキング1位は「農産珍味」、2位は「解熱鎮痛薬」。「解熱鎮痛薬」は食品スーパーマーケットでも伸び率ランキング1位になってる。ワクチン接種が進んだことによる影響と考えられるとしている。


ランキング


>>総合人気ランキング