【独自】ドラッグストア・調剤薬局と“薬系ベンチャー”との協業は進むのか?

【独自】ドラッグストア・調剤薬局と“薬系ベンチャー”との協業は進むのか?

 昨今、医師による起業、いわば“医系ベンチャー”が隆盛だが、薬学部出身者、薬剤師による“薬系ベンチャー”は見劣りする。近畿大学薬学部出身でNEWRON社を起業した西井香織氏は「薬学部の同級生を見ても起業という選択肢がほとんどない」と語る。一方、ドラッグストア、薬局側のベンチャー支援や協業の動きは、スギ薬局やアイセイ薬局などで少しずつ出始めている。薬局業界の在り方も転換期に差し掛かる中、大手ドラッグストアや調剤薬局がベンチャーを支援し、後進に成功事例を見せることは、業界の活性化にもつながるのではないだろうか。


健康へのメリットを記載していない商品

 近畿大学出身の西井香織氏は2017年にNEWRON社を起業。マーケティングやインキュベーション、商品開発・販売などを手掛けている。

 直近で立ち上げたのが商品開発・販売を行う「Healthy & Lab.」事業だ。

 プロダクトとして、糖の吸収を穏やかにすることが期待されている食物繊維のイヌリンを豊富に含んだ菊芋を使った「菊芋フロランタン」がある。
 菊芋使用以外にも、栄養豊富なアーモンドとクルミを載せ、白砂糖の代わりにメープルシロップを使っている。メープルシロップの働きについては、母校・近大の研究成果を生かしている。近大はメープルシロップに含まれるオリゴ糖の一種、メープルビオースが、砂糖(ショ糖)の吸収を半分に抑えたという研究報告を行っている(動物実験にて)。

 こうした薬学部発の知見が市場に生かされるメリットもベンチャーにはあるといえる。

 また、同事業のコンセプトとして、「美味しくてヘルシーを叶える研究所」を掲げている。「ヘルシー」よりも前に「美味しい」を位置づける。

 「ちょっとまずいけど健康のために食べよう、というよりも、美味しいから食べていたら、結果的に健康に良かったということを目指しています」(西井氏)

 商品パッケージには、健康へのメリットを記載しておらず、おしゃれなデザイン性にもこだわっている。
 健康へのメリットを謳う商品開発に一石を投じる面もあるだろう。

アイセイ薬局がベンチャー支援に名乗り

 このように、業界を活性化させる可能性のあるベンチャーだが、薬局業界では支援や協業の動きは出始めたばかりだ。

 2020年6月にはスギ薬局がPREVENT社との業務提携を公表。PREVENT社は2016年創業の企業で、健康保険組合向けに主治医と連携した生活習慣病の重症化予防プログラムを提供している。スギ薬局は、同社店舗を通したリアルとデジタルを融合した重症化予防支援モデルの構築も視野に入れる。

 また、アイセイ薬局はベンチャー支援を模索している。同社はリアル拠点の強みとデジタルの融合で新たなビジネス展開ができると考えている。

成功事例を後進に見せたい

 一方の“薬系ベンチャー”としては、薬剤師である喜納信也氏が起業したミナカラが累計10億円の資金調達を行ったことなどがニュースになった。PB開発にも意欲を示しており、カイゲンファーマなどのメーカーも出資している。

 ただ、薬学生が卒業後の進路として「起業」を選択することは少ないようだ。

 前出の西井氏も「薬学部の同級生を見ても起業という選択肢がほとんどない」と話している。

 業界内でベンチャーを活発化させるには、企業側の支援と、起業意欲を持つ人の育成の両方が必要だろう。

 西井氏は、実はNEWRON社で起業家を支援する事業を展開しており、「Healthy & Lab.」事業を立ち上げたのも、「より多くの成功事例を起業を考えている人に見せたい」という思いからだ。
 西井氏への支援が、ひいては後進の起業意欲の向上につながる流れを期待したい。

 なお、「菊芋フロランタン」はWEBで受注販売を行っているほか、11月18日(水)~24日(火)まで東京の新宿伊勢丹で期間限定販売を行っている。

“薬系ベンチャー”のNEWRON社は11月18日(水)~24日(火)まで、プラダクトの「菊芋フロランタン」を東京の新宿伊勢丹で期間限定販売する。それに先立ち、11月14日~は近鉄百貨店で数量限定販売を行った。写真は近鉄百貨店で店頭に立った同社代表取締役の西井香織氏。

【略歴】西井 香織●NEWRON株式会社 代表取締役CEO
1992年大阪生まれ。2011年近畿大学薬学部に入学。4年生の時に立ち上げた学生団体の事業化を目指し、6年生から2年間休学。2017年7月に起業し、「教育✕マーケティング」を中心とした事業で多数の企業とコラボする。2018年5月に復学。勉強と会社経営とを両立させながら、2019年3月には薬剤師国家試験に合格して大学を卒業。現在は大学、企業、行政と連携したワークショップやイベントを開催するほか、近畿大学や大阪府立大学などでビジネスデザインの講師としても活躍中

「菊芋フロランタン」。「美味しいから食べていたら、結果的に健康に良かったということを目指しています」(西井氏)といい、パッケージに健康への働きなどはあえて記載せず、パッケージはデザイン性にこだわっている

この記事のライター

関連する投稿


【スギ薬局】東京医科歯科大学との包括連携基本協定締結/初期共同研究にオーラルケア商品を通じた口腔機能の維持・改善

【スギ薬局】東京医科歯科大学との包括連携基本協定締結/初期共同研究にオーラルケア商品を通じた口腔機能の維持・改善

【2024.04.04配信】スギホールディングスのグループ会社であるスギ薬局は4月4日、東京医科歯科大学と包括連携基本協定を締結したと公表した。初期共同研究としては、オーラルケア商品を通じた口腔機能の維持・改善などをテーマにするとしている。(サムネイル写真:左からスギ薬局杉浦社長、東京医科歯科大学 田中学長)


【好きなドラッグストア】全国1位はウエルシア/北海道・東北1位はツルハ/中部・近畿は1位はスギ薬局/九州・沖縄1位はコスモス薬品/LINEリサーチ

【好きなドラッグストア】全国1位はウエルシア/北海道・東北1位はツルハ/中部・近畿は1位はスギ薬局/九州・沖縄1位はコスモス薬品/LINEリサーチ

【2023.10.17日配信】LINEリサーチはこのほど、全国の10~60代の男女を対象に「ドラッグストア」に関する調査を実施した。一番好きなチェーン店のドラッグストア1位は「ウエルシア」、2位「マツモトキヨシ」、3位「スギ薬局」だった。


【スギホールディングス】香港のブランド企業Excellent Wellbeing社と業務提携/スギHD商品を香港へ販売

【スギホールディングス】香港のブランド企業Excellent Wellbeing社と業務提携/スギHD商品を香港へ販売

【2023.09.01配信】スギ薬局を擁するスギホールディングスは9月1日、香港に本社のある健康・美容ブランドのExcellent Wellbeing International Co., Ltd.(以下「EWI」)と業務提携することで合意したと公表した。EWI社を通して、スギHD商品の香港への流通を目指す。


「薬局」の倒産数、コロナ禍が落ち着き減少へ/2022年度は15件/東京商工リサーチ調べ

「薬局」の倒産数、コロナ禍が落ち着き減少へ/2022年度は15件/東京商工リサーチ調べ

【2023.05.23配信】東京商工リサーチは5月23日、「調剤薬局」の倒産件数の調査結果を公表した。コロナ禍で過去最多となる23件を記録した2021年度からは減少し2022年度は15件だった。同社は「今後はオンライン化で淘汰が加速も」と分析している。


【スギ薬局】自家消費型太陽光発電システムの本格導入を開始/脱炭素社会の実現へ向け省エネ対応

【スギ薬局】自家消費型太陽光発電システムの本格導入を開始/脱炭素社会の実現へ向け省エネ対応

【2023.05.08配信】スギ薬局は、興環テクノ株式会社(代表取締役:小林久城氏)、および株式会社NTTスマイルエナジー(代表取締役社長:武馬雄一郎氏)が提供するオンサイト「PPAサービス」を活用し自家消費型太陽光発電システムの導入を開始した。


最新の投稿


【日登協】組織名変更、「日本医薬品登録販売者会」/職能団体としての位置づけを強化

【日登協】組織名変更、「日本医薬品登録販売者会」/職能団体としての位置づけを強化

【2024.06.14配信】日本医薬品登録販売者協会は6月14日に会見を開き、組織名を「日本医薬品登録販売者会」に変更すると公表した。職能団体としての位置づけを強化する。略称は「日登会」とする。


【日薬次期理事案】書面決議は可決、総会での信任投票へ/飯島氏、徳吉氏を削除した候補者議案の書面決議

【日薬次期理事案】書面決議は可決、総会での信任投票へ/飯島氏、徳吉氏を削除した候補者議案の書面決議

【2024.06.14配信】日本薬剤師会の次期理事候補者変更案について行われていた現執行部による書面決議が、このほど全員賛成で承認された。このあと、30日の総会で代議員による信任投票が行われる見通し。


【中医協】賃上げにかかる調査・検証について把握方法を提示

【中医協】賃上げにかかる調査・検証について把握方法を提示

【2024.06.14配信】厚生労働省は6月14日、中央社会保険医療協議会(中医協)診療報酬調査専門組織(入院・外来医療等の調査・評価分科会)を開催した。その中で賃上げにかかる調査・検証について把握方法を提示した。


【医薬品供給不安】安定確保薬の定期的な見直しを/日本医学会連合が提言

【医薬品供給不安】安定確保薬の定期的な見直しを/日本医学会連合が提言

【2024.06.14配信】日本医学会連合は6月12日、厚労省に「医薬品安定供給に関する提言を提出した。我が国の健康に関する安全保障上、国民の生命を守るため、切れ目のない医療供給のために必要で、安定確保について特に配慮が必要とされる医薬品である「安定確保医薬品」については、リストの定期的な見直しとその周知、政策への反映を求めている。


【チェーンドラッグストア協会】「調剤報酬委員会」常設に

【チェーンドラッグストア協会】「調剤報酬委員会」常設に

【2024.06.13配信】日本チェーンドラッグストア協会は6月12日、通常総会を開き、2024年度の組織人事並びに事業計画が承認された。


ランキング


>>総合人気ランキング