【独自】ドラッグストア・調剤薬局と“薬系ベンチャー”との協業は進むのか?

【独自】ドラッグストア・調剤薬局と“薬系ベンチャー”との協業は進むのか?

 昨今、医師による起業、いわば“医系ベンチャー”が隆盛だが、薬学部出身者、薬剤師による“薬系ベンチャー”は見劣りする。近畿大学薬学部出身でNEWRON社を起業した西井香織氏は「薬学部の同級生を見ても起業という選択肢がほとんどない」と語る。一方、ドラッグストア、薬局側のベンチャー支援や協業の動きは、スギ薬局やアイセイ薬局などで少しずつ出始めている。薬局業界の在り方も転換期に差し掛かる中、大手ドラッグストアや調剤薬局がベンチャーを支援し、後進に成功事例を見せることは、業界の活性化にもつながるのではないだろうか。


健康へのメリットを記載していない商品

 近畿大学出身の西井香織氏は2017年にNEWRON社を起業。マーケティングやインキュベーション、商品開発・販売などを手掛けている。

 直近で立ち上げたのが商品開発・販売を行う「Healthy & Lab.」事業だ。

 プロダクトとして、糖の吸収を穏やかにすることが期待されている食物繊維のイヌリンを豊富に含んだ菊芋を使った「菊芋フロランタン」がある。
 菊芋使用以外にも、栄養豊富なアーモンドとクルミを載せ、白砂糖の代わりにメープルシロップを使っている。メープルシロップの働きについては、母校・近大の研究成果を生かしている。近大はメープルシロップに含まれるオリゴ糖の一種、メープルビオースが、砂糖(ショ糖)の吸収を半分に抑えたという研究報告を行っている(動物実験にて)。

 こうした薬学部発の知見が市場に生かされるメリットもベンチャーにはあるといえる。

 また、同事業のコンセプトとして、「美味しくてヘルシーを叶える研究所」を掲げている。「ヘルシー」よりも前に「美味しい」を位置づける。

 「ちょっとまずいけど健康のために食べよう、というよりも、美味しいから食べていたら、結果的に健康に良かったということを目指しています」(西井氏)

 商品パッケージには、健康へのメリットを記載しておらず、おしゃれなデザイン性にもこだわっている。
 健康へのメリットを謳う商品開発に一石を投じる面もあるだろう。

アイセイ薬局がベンチャー支援に名乗り

 このように、業界を活性化させる可能性のあるベンチャーだが、薬局業界では支援や協業の動きは出始めたばかりだ。

 2020年6月にはスギ薬局がPREVENT社との業務提携を公表。PREVENT社は2016年創業の企業で、健康保険組合向けに主治医と連携した生活習慣病の重症化予防プログラムを提供している。スギ薬局は、同社店舗を通したリアルとデジタルを融合した重症化予防支援モデルの構築も視野に入れる。

 また、アイセイ薬局はベンチャー支援を模索している。同社はリアル拠点の強みとデジタルの融合で新たなビジネス展開ができると考えている。

成功事例を後進に見せたい

 一方の“薬系ベンチャー”としては、薬剤師である喜納信也氏が起業したミナカラが累計10億円の資金調達を行ったことなどがニュースになった。PB開発にも意欲を示しており、カイゲンファーマなどのメーカーも出資している。

 ただ、薬学生が卒業後の進路として「起業」を選択することは少ないようだ。

 前出の西井氏も「薬学部の同級生を見ても起業という選択肢がほとんどない」と話している。

 業界内でベンチャーを活発化させるには、企業側の支援と、起業意欲を持つ人の育成の両方が必要だろう。

 西井氏は、実はNEWRON社で起業家を支援する事業を展開しており、「Healthy & Lab.」事業を立ち上げたのも、「より多くの成功事例を起業を考えている人に見せたい」という思いからだ。
 西井氏への支援が、ひいては後進の起業意欲の向上につながる流れを期待したい。

 なお、「菊芋フロランタン」はWEBで受注販売を行っているほか、11月18日(水)~24日(火)まで東京の新宿伊勢丹で期間限定販売を行っている。

“薬系ベンチャー”のNEWRON社は11月18日(水)~24日(火)まで、プラダクトの「菊芋フロランタン」を東京の新宿伊勢丹で期間限定販売する。それに先立ち、11月14日~は近鉄百貨店で数量限定販売を行った。写真は近鉄百貨店で店頭に立った同社代表取締役の西井香織氏。

【略歴】西井 香織●NEWRON株式会社 代表取締役CEO
1992年大阪生まれ。2011年近畿大学薬学部に入学。4年生の時に立ち上げた学生団体の事業化を目指し、6年生から2年間休学。2017年7月に起業し、「教育✕マーケティング」を中心とした事業で多数の企業とコラボする。2018年5月に復学。勉強と会社経営とを両立させながら、2019年3月には薬剤師国家試験に合格して大学を卒業。現在は大学、企業、行政と連携したワークショップやイベントを開催するほか、近畿大学や大阪府立大学などでビジネスデザインの講師としても活躍中

「菊芋フロランタン」。「美味しいから食べていたら、結果的に健康に良かったということを目指しています」(西井氏)といい、パッケージに健康への働きなどはあえて記載せず、パッケージはデザイン性にこだわっている

この記事のライター

関連する投稿


スギ薬局、歩数アプリに新機能。家族や友達と共有

スギ薬局、歩数アプリに新機能。家族や友達と共有

【2020.11.05配信】スギ薬局は、歩数記録アプリ「スギサポwalk」に新機能をリリースした。家族や友人で情報を共有することで楽しみながら取り組むことができる「グループ機能」を追加した。


【新たな薬局のマネタイズになるか】マンション管理企業との協業

【新たな薬局のマネタイズになるか】マンション管理企業との協業

【2020.11.02配信】神奈川県で薬局を展開する薬樹とプライマリーファーマシーは、マンション管理企業の⼤京アステージなどと連携し、マンション居住者向けに健康支援サービスを提供するトライアルに参画する。


【動画あり】薬局が店舗内のデジタルサイネージ事業を強化。アイセイ薬局、サイバーと連携

【動画あり】薬局が店舗内のデジタルサイネージ事業を強化。アイセイ薬局、サイバーと連携

【2020.10.22配信】アイセイ薬局は、サイバー・コミュニケーションズがシステム提供する調剤薬局デジタルサイネージへ、広告共通配信を開始する。ネットワーク店舗数は業界最大級の約900店舗になるという。


【9月月次】スギHD、グループ全店−6.4%。直近3年半で初めて月次マイナス

【9月月次】スギHD、グループ全店−6.4%。直近3年半で初めて月次マイナス

【2020.10.09配信】スギホールディングスは9月月次業績を公表した。それによると、グループ全店は−6.4%とマイナスだった。月次業績公表が確認できる直近3年半で、グループ全店がマイナスになるのは初めて。そのうち、スギ薬局単体が−5.2%、ジャパンが−16.6%だった。


【コロナで業務を大転換した薬局】「今、目を向けるべきは“外”ではなく組織の“中”」

【コロナで業務を大転換した薬局】「今、目を向けるべきは“外”ではなく組織の“中”」

本当にスゴい薬局はメディアにあまり出たがらない。「実行」に忙しいからである。コロナ下の大転換期にあっては殊更そうだった。そんな「メディアに出たがらないスゴい薬局」の最近の業務改革の現状を聞く機会を得た。確実に訪れるであろう薬局の収益構造変化。そこに対応するために、薬剤師の業務を「作業労働」と「知的労働」に明確に分ける。そして、薬剤師を「知的業務」にだけ就かせる。収益の柱である「薬剤の取り揃え」は「作業労働」として薬剤師には関わらせない。その結果、薬剤師に残った業務のほとんどは、「薬局の外」にいることだった。以下、談話形式でお伝えする。


最新の投稿


【ドラッグストア協会】濫用の恐れのあるOTC医薬品を全世代で本人確認へ

【ドラッグストア協会】濫用の恐れのあるOTC医薬品を全世代で本人確認へ

【2020.11.20配信】日本チェーンドラッグストア協会(JACDS)は、濫用の恐れのあるOTC医薬品の販売に関して、全世代で購入時の本人確認を行う方針を決めた。これまで、10代の薬物濫用撲滅を目指し、10代に限定して学生証の提示や申告書記入を求めてきたが、これを全世代に拡大する。


【ドラッグストア協会】急逝の後藤氏に代わり厚労省検討会にスギHD榊原社長

【ドラッグストア協会】急逝の後藤氏に代わり厚労省検討会にスギHD榊原社長

【2020.11.20配信】日本チェーンドラッグストア協会(JACDS)は、理事で厚労省の検討会メンバーなども務めていた後藤輝明氏が急逝したことを受け、厚労省の「薬剤師の養成及び資質向上等に関する検討会」にスギホールディングス社長の榊原栄一氏の出席を推薦していることを明かした。


【独自】ドラッグストア・調剤薬局と“薬系ベンチャー”との協業は進むのか?

【独自】ドラッグストア・調剤薬局と“薬系ベンチャー”との協業は進むのか?

 昨今、医師による起業、いわば“医系ベンチャー”が隆盛だが、薬学部出身者、薬剤師による“薬系ベンチャー”は見劣りする。近畿大学薬学部出身でNEWRON社を起業した西井香織氏は「薬学部の同級生を見ても起業という選択肢がほとんどない」と語る。一方、ドラッグストア、薬局側のベンチャー支援や協業の動きは、スギ薬局やアイセイ薬局などで少しずつ出始めている。薬局業界の在り方も転換期に差し掛かる中、大手ドラッグストアや調剤薬局がベンチャーを支援し、後進に成功事例を見せることは、業界の活性化にもつながるのではないだろうか。


「カタカナの漢方商品」は漢方と認識されていない!?/生活者調査

「カタカナの漢方商品」は漢方と認識されていない!?/生活者調査

【2020.11.19配信】昨今、「カタカナの漢方商品」が市場に登場しているが、そうした商品を「漢方だ」と認識している人は1割に満たないことが分かった。漢方であるか否かではなく、効能・効果に魅力を感じて購入しているようだ。しかし、一方で、「漢方かどうか」を認識していた方が購入意向は高くなる傾向も分かり、商品のプロモーション上は「効能・効果」に加え、「漢方」であることを謳うことも有効といえそうだ。


サツドラHD、北海道東川町と協定。地域振興など協働事業を推進

サツドラHD、北海道東川町と協定。地域振興など協働事業を推進

【2020.11.19配信】サツドラホールディングスは11月18日、東川町との間においてオフィシャルパートナー協定を締結した。両者がパートナーシップを構築し、双方が互いの資源や特色を活かした事業に協働して取り組む。新たな社会価値を共創する事業を推進し、多様な連携を通じて、地域の活性化に寄与することを目指す。


ランキング


>>総合人気ランキング

最近話題のキーワード

ドラビズ on-line で話題のキーワード


GoTo コロナ ツルハホールディングス ツルハ 従業員感染 店員 従業員 訃報