【独自】ドラッグストア・調剤薬局と“薬系ベンチャー”との協業は進むのか?

【独自】ドラッグストア・調剤薬局と“薬系ベンチャー”との協業は進むのか?

 昨今、医師による起業、いわば“医系ベンチャー”が隆盛だが、薬学部出身者、薬剤師による“薬系ベンチャー”は見劣りする。近畿大学薬学部出身でNEWRON社を起業した西井香織氏は「薬学部の同級生を見ても起業という選択肢がほとんどない」と語る。一方、ドラッグストア、薬局側のベンチャー支援や協業の動きは、スギ薬局やアイセイ薬局などで少しずつ出始めている。薬局業界の在り方も転換期に差し掛かる中、大手ドラッグストアや調剤薬局がベンチャーを支援し、後進に成功事例を見せることは、業界の活性化にもつながるのではないだろうか。


健康へのメリットを記載していない商品

 近畿大学出身の西井香織氏は2017年にNEWRON社を起業。マーケティングやインキュベーション、商品開発・販売などを手掛けている。

 直近で立ち上げたのが商品開発・販売を行う「Healthy & Lab.」事業だ。

 プロダクトとして、糖の吸収を穏やかにすることが期待されている食物繊維のイヌリンを豊富に含んだ菊芋を使った「菊芋フロランタン」がある。
 菊芋使用以外にも、栄養豊富なアーモンドとクルミを載せ、白砂糖の代わりにメープルシロップを使っている。メープルシロップの働きについては、母校・近大の研究成果を生かしている。近大はメープルシロップに含まれるオリゴ糖の一種、メープルビオースが、砂糖(ショ糖)の吸収を半分に抑えたという研究報告を行っている(動物実験にて)。

 こうした薬学部発の知見が市場に生かされるメリットもベンチャーにはあるといえる。

 また、同事業のコンセプトとして、「美味しくてヘルシーを叶える研究所」を掲げている。「ヘルシー」よりも前に「美味しい」を位置づける。

 「ちょっとまずいけど健康のために食べよう、というよりも、美味しいから食べていたら、結果的に健康に良かったということを目指しています」(西井氏)

 商品パッケージには、健康へのメリットを記載しておらず、おしゃれなデザイン性にもこだわっている。
 健康へのメリットを謳う商品開発に一石を投じる面もあるだろう。

アイセイ薬局がベンチャー支援に名乗り

 このように、業界を活性化させる可能性のあるベンチャーだが、薬局業界では支援や協業の動きは出始めたばかりだ。

 2020年6月にはスギ薬局がPREVENT社との業務提携を公表。PREVENT社は2016年創業の企業で、健康保険組合向けに主治医と連携した生活習慣病の重症化予防プログラムを提供している。スギ薬局は、同社店舗を通したリアルとデジタルを融合した重症化予防支援モデルの構築も視野に入れる。

 また、アイセイ薬局はベンチャー支援を模索している。同社はリアル拠点の強みとデジタルの融合で新たなビジネス展開ができると考えている。

成功事例を後進に見せたい

 一方の“薬系ベンチャー”としては、薬剤師である喜納信也氏が起業したミナカラが累計10億円の資金調達を行ったことなどがニュースになった。PB開発にも意欲を示しており、カイゲンファーマなどのメーカーも出資している。

 ただ、薬学生が卒業後の進路として「起業」を選択することは少ないようだ。

 前出の西井氏も「薬学部の同級生を見ても起業という選択肢がほとんどない」と話している。

 業界内でベンチャーを活発化させるには、企業側の支援と、起業意欲を持つ人の育成の両方が必要だろう。

 西井氏は、実はNEWRON社で起業家を支援する事業を展開しており、「Healthy & Lab.」事業を立ち上げたのも、「より多くの成功事例を起業を考えている人に見せたい」という思いからだ。
 西井氏への支援が、ひいては後進の起業意欲の向上につながる流れを期待したい。

 なお、「菊芋フロランタン」はWEBで受注販売を行っているほか、11月18日(水)~24日(火)まで東京の新宿伊勢丹で期間限定販売を行っている。

“薬系ベンチャー”のNEWRON社は11月18日(水)~24日(火)まで、プラダクトの「菊芋フロランタン」を東京の新宿伊勢丹で期間限定販売する。それに先立ち、11月14日~は近鉄百貨店で数量限定販売を行った。写真は近鉄百貨店で店頭に立った同社代表取締役の西井香織氏。

【略歴】西井 香織●NEWRON株式会社 代表取締役CEO
1992年大阪生まれ。2011年近畿大学薬学部に入学。4年生の時に立ち上げた学生団体の事業化を目指し、6年生から2年間休学。2017年7月に起業し、「教育✕マーケティング」を中心とした事業で多数の企業とコラボする。2018年5月に復学。勉強と会社経営とを両立させながら、2019年3月には薬剤師国家試験に合格して大学を卒業。現在は大学、企業、行政と連携したワークショップやイベントを開催するほか、近畿大学や大阪府立大学などでビジネスデザインの講師としても活躍中

「菊芋フロランタン」。「美味しいから食べていたら、結果的に健康に良かったということを目指しています」(西井氏)といい、パッケージに健康への働きなどはあえて記載せず、パッケージはデザイン性にこだわっている

この記事のライター

関連する投稿


【スギ薬局】眼底画像の解析と店舗が連携し未病の実証実験/科学技術振興機構のプログラム採択

【スギ薬局】眼底画像の解析と店舗が連携し未病の実証実験/科学技術振興機構のプログラム採択

【2021.10.19配信】スギ薬局は、2021 年度 科学技術振興機構の「共創の場形成支援プログラム」〈地域創成分野〉に採択されたと告知した。拠点名称は「家族が繋がる、人と IT 技術等が共生する健康街づくり実現拠点」。眼底画像等の解析を加えたマルチモーダルな時系列解析基盤構築とスギ薬局の調剤併設型ドラッグストアをキーステーションとした地域での実証研究を行い、日々の健康モニターによる未病早期発見/先制医療の実現に向け研究開発を進めるという。診断・IT技術の創出だけでなく、行動変容、サービスの提供までを掲げた、健康支援が提供できる街づくりを目指す。


【新築移転した広島のもみじ銀行】薬局を併設/マイライフ社とコラボ/ヘルスケアをテーマに

【新築移転した広島のもみじ銀行】薬局を併設/マイライフ社とコラボ/ヘルスケアをテーマに

【2021.10.05配信】山口フィナンシャルグループ(取締役社長グループCEO 椋梨 敬介氏)、もみじ銀行(頭取 小田 宏史氏)は、向洋支店を10月4日に新築移転した。ヘルスケアをテーマとした銀行店舗「YMFGオールヘルスケアタウン」として、飲食店、クリニック、薬局、保険ひろばを併設する。薬局では広島県呉市のマイライフ社がコラボした。


【ドラッグストア調査】九州・沖縄エリアの認知率のトップはマツキヨ84.6%/2位はコスモス58.2%

【ドラッグストア調査】九州・沖縄エリアの認知率のトップはマツキヨ84.6%/2位はコスモス58.2%

【2021.09.24配信】インパクトホールディングス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:福井 康夫、東証マザーズ)の完全子会社RJCリサーチ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:山下 光雄氏)は、日本全国の13~59歳男女のLINEユーザーを対象にドラッグストアのブランド浸透調査を実施した。九州・沖縄エリアの認知率のトップはマツモトキヨシ84.6%で、2位はコスモス薬品で58.2%だった。


【薬学生向けイベント】「これからの薬局・薬剤師」開催レポート<2万字記事>サンキュードラッグ平野社長とアイセイ薬局藤井社長が登場

【薬学生向けイベント】「これからの薬局・薬剤師」開催レポート<2万字記事>サンキュードラッグ平野社長とアイセイ薬局藤井社長が登場

【2021.09.18配信】ドラビズon-lineは9月1日、薬学生向けオンラインイベント「これからの薬局・薬剤師」を開催した。サンキュードラッグ社長の平野健二氏とアイセイ薬局社長の藤井江美氏に参加いただき、経営者の目線からの見解を紹介いただきつつ薬学生とディスカッションしていただいた。


【8月月次】スギHD、全店+3.0%、既存店-1.5%

【8月月次】スギHD、全店+3.0%、既存店-1.5%

【2021.09.10配信】スギホールディングスは8月月次業績を公表した。それによると全店ベースの売上伸率は、スギ薬局事業が4.9%増、ジャパン事業が14.0%減、スギ薬局全体の全店売上は3.0%増となった。既存店ベースの売上伸率は、スギ薬局事業が0.6%減、ジャパン事業が9.7%減となり、スギ薬局全体の既存店売上は1.5%減となった。


最新の投稿


【マツキヨココカラ&カンパニー】スポーツ庁の「Sport in Lifeプロジェクト」に参画/ウォーキングイベントなど実施

【マツキヨココカラ&カンパニー】スポーツ庁の「Sport in Lifeプロジェクト」に参画/ウォーキングイベントなど実施

【2021.10.20配信】マツキヨココカラ&カンパニーは、一人でも多くの人がスポーツに親しむ社会の実現を目指すスポーツ庁の「Sport in Lifeプロジェクト」に参画する。10 月から生活習慣病の予防や健康維持・増進のための日常的な運動機会創出の取り組みを開始。ウォーキングイベントのほか、健康の意識・行動変容に関する実験も行う予定。


【昭和薬科大学】オンライン講座「緊急避妊薬を薬局で」開催/遠見才希子医師が講演

【昭和薬科大学】オンライン講座「緊急避妊薬を薬局で」開催/遠見才希子医師が講演

【2021.10.20配信】昭和薬科大学と町田市薬剤師会は共催で、10月30日(土)に生涯学習研修講座「緊急避妊薬を薬局で」を開催する。「緊急避妊薬を薬局で」プラジェクトの共同代表としても知られる産婦人科医の遠見才希子氏のほか、健ナビ薬樹薬局の片羽教子氏も講演する。


【中医協】かかりつけ医の議論の中で「地域連携薬局」の資料提示

【中医協】かかりつけ医の議論の中で「地域連携薬局」の資料提示

【2021.10.20配信】厚生労働省は10月20日に中央社会保険医療協議会総会を開き、「外来(その2)について」を議論した。かかりつけ医の普及に向けての課題に議論が集中したが、その中で薬局関連では、かかりつけ医に関連する「地域包括診療料・加算」の施設基準において満たすことが困難な要件として、24時間対応している薬局との連携を挙げる声が15%以上あったことが紹介された。事務局では、改正薬機法で地域連携薬局がスタートしており、基準として開店時間外対応などがあることを資料で示した。今後、かかりつけ医の進展と併せて、こうした薬局機能の議論が進む可能性があるといえる。


【キリン堂】90名の内定者とオンライン交流会を開催/コミュニケーションでコロナ下の不安解消

【キリン堂】90名の内定者とオンライン交流会を開催/コミュニケーションでコロナ下の不安解消

【2021.10.19配信】関西を中心にドラッグストア・調剤薬局を展開する株式会社キリン堂は、2021年10月3日(日)に2022年4月入社予定者90名の内定式をオンラインで開催した。


【第1四半期決算】コスモス薬品、売上高は1894億900万円(前年同四半期は1891億6100万円)

【第1四半期決算】コスモス薬品、売上高は1894億900万円(前年同四半期は1891億6100万円)

【2021.04.12配信】コスモス薬品は2022年5月期第1四半期の連結業績を公表した。それによると売上高は1894億900万円(前年同四半期は1891億6100万円)、営業利益は85億5600万円(前年同四半期は106億5500万円)だった。当第1四半期連結累計期間から「収益認識に関する会計基準」等を適用しているため、当該基準等適用前の実績値に対する増減率は記載していない。


ランキング


>>総合人気ランキング

編集部おすすめ記事