【コロナ】なぜ、あの薬局はコロナ下でも増収したのか?

【コロナ】なぜ、あの薬局はコロナ下でも増収したのか?

【2020.10.16配信】新型コロナウイルス感染症は患者の受診抑制を招き、薬局経営にも大きな影を落としている。日本薬剤師会が173薬局を対象にした調査では、3月から7月にかけて、薬局の主な収入源である調剤報酬の技術料が前年同月比で7.8%〜17.4%減少している。こうした状況下、コロナ下でも増収になっている薬局がある。同薬局は薬機法改正で義務化された「服薬フォロー」の徹底が薬局の増収につながるとの見方を示した。


指名された薬局の理由に「距離的近さ」は一気に薄くなった

 幕張メッセで10月14日~16日まで開かれた「医療と介護の総合展」(リードエグジビションジャパン主催)で、狭間研至氏(一般社団法人日本在宅薬学会理事長、ファルメディコ株式会社代表取締役社長)が講演したもの。

 同氏はこれまで、薬局薬剤師が調剤薬を渡す場面以上に、「飲んだ後」をフォローする場面で活躍することの重要性を指摘しており、今般の服薬フォローを義務化した薬機法改正にも小さくない影響を与えてきた人物だ。

 狭間氏は、この「飲んだ後の服薬フォロー」が、コロナ下の薬局経営においてもプラスに働いたことを強調した。

 コロナでは3密を恐れた患者の受診抑制が起こり、大病院や診療所前の薬局では処方箋減が起こったと言われている。一方で狭間氏は、「診察の場で、当社の“ハザマ薬局に処方箋を送って欲しい”と言ってくれる患者さんが多かった」と指摘。これはコロナの特例で初診からオンライン診療が可能となった中で、医療機関は処方箋をどの薬局にファクスするかを患者に尋ねる場面が起きたからだ。

 「ここでハザマ薬局に、と患者に指名されたのは、医療機関から距離が近いからではなく、“あの薬局でないと服薬後の副作用の管理や重複投薬のチェックをしてくれないから”だったと思う」(狭間氏)。これまで上位に上がってきた「医療機関から近いから」という理由が一気に薄くなって来たと指摘した。

服薬フォローしていくとO T C薬も売れる

 狭間氏は「やったことは3つ」と説明。
 
 「患者さんを観察すること」「チャレンジすること」「W H Yを確認すること」だという。

 多剤併用の多い高齢者では、副作用が起きるリスクが高いことが知られているが、その副作用を抑えるためにさらに処方薬を上乗せしていく「処方カスケード」が問題になっている。ある患者さんを「観察」したことで、一包化の包みがパンパンになっている患者さんを見つけたこともあるという。「服薬後、お腹がいっぱいになって…」という何気ない患者の一言から気づいたという経験を話した。

 ハザマ薬局ではスタッフが血圧を測ったり、医師の往診前に薬局側が患者の状態を把握し、医師に伝えるなど、チャレンジを続けて来た。

 また、薬剤師の従業員に、「なぜ血圧を測るのか」、「なぜ薬剤師になったのか」という「W H Y」を聞くようにしているという。「薬剤師になった理由では、大抵の薬剤師は患者さんの役に立ちたくてという理由を挙げる」(狭間氏)。

 患者の役に立つためにも、「患者に聞こう」「患者をみよう」「患者の状態を調べよう」「医師に伝えよう」などを実践している。

 これを実践することでOTC薬が売れるようになったという。
「O T C薬が売れるようになりました。患者さんのことを知っているからです。自分が相談を受けたO T C薬が売れると、中には、こういう仕事がしたかった、と泣いてしまう薬剤師さんもいます」(狭間氏)

 中小薬局の優位性を生かした展開が、図らずもコロナでしやすくなったのかもしれない。

シールド越しに講演した狭間研至氏

この記事のライター

関連する投稿


【中医協総会】医師会「コロナ禍の次期改定はかつてないものとなる」

【中医協総会】医師会「コロナ禍の次期改定はかつてないものとなる」

【2021.04.14配信】厚生労働省は4月14日に中央社会保険医療協議会(中央社会保険医療協議会総会)を開き、「令和4年度診療報酬改定、薬価改定の議論の進め方について」を議論した。コロナ禍にみまわれる中、日本医師会から「次期改定はかつてないものになる」との声が出たほか、これまでの改定とは違ったやり方を求める意見が診療側を中心に示された。


【コロナ禍の検査】トモズ、郵送検査キットを通販で販売開始/女性がんセット検査などラインナップ多彩

【コロナ禍の検査】トモズ、郵送検査キットを通販で販売開始/女性がんセット検査などラインナップ多彩

【2021.04.07配信】トモズは、郵送検査キットをオンラインショップで販売開始する。コロナ禍で検査に出かける心理的ハードルに配慮した。女性がん検査セットなどラインナップは豊富。


【ポストコロナ時代の安心な買い物】富士薬品、全店に感染防止対策設備導入を告知/集音マイクで患者面談など

【ポストコロナ時代の安心な買い物】富士薬品、全店に感染防止対策設備導入を告知/集音マイクで患者面談など

【2021.04.06配信】富士薬品はポストコロナ時代に顧客が安心して利用できる薬局を目指して、全店に感染防止対策設備を導入したと告知した。患者との面談には卓上型の集音マイク付きスピーカーを設置するほか、高温検知時にはワイヤレスコールにより車内等で待機してもらう体制をとる。感染防止に向けた薬局店内のオペレーションを強化する。


【カワチ薬品】全社員に決算賞与(感謝金)を支給/総額2億円の範囲内で

【カワチ薬品】全社員に決算賞与(感謝金)を支給/総額2億円の範囲内で

【2021.03,26配信】カワチ薬品は全社員に決算賞与(感謝金)を支給する。コロナ禍での社員の尽力や同社創業60周年の感謝の意を込めたもの。


【レデイ薬局】服薬カウンターに対話支援機器導入/コロナ対策で

【レデイ薬局】服薬カウンターに対話支援機器導入/コロナ対策で

【2021.03.26配信】ツルハホールディングス子会社のレデイ薬局は、新型コロナウイルス対策で調剤薬局全店に「comuoon(コミューン)対話支援機器」を設置した。


最新の投稿


【ドラッグストア協会】ドラッグストアにおける調剤が初の1兆円超え/シェアは14%以上か

【ドラッグストア協会】ドラッグストアにおける調剤が初の1兆円超え/シェアは14%以上か

【2021.04.16配信】日本チェーンドラッグストア協会(JACDS)は4月16日に定例会見を開き、さきごろ発表していた「ドラッグストア実態調査」の詳報 として「ドラッグストアにおける調剤の動向」を公表した。それによると、ドラッグストアの調剤額は初めて1兆円を超え、1兆693億円になった。調剤市場全体へのシェアは14%程度になるのではないかと指摘されている。


【3月月次】サンドラッグ、全店+0.4%、既存店−2.6%/月次の12ヶ月累計は全店+2.4%

【3月月次】サンドラッグ、全店+0.4%、既存店−2.6%/月次の12ヶ月累計は全店+2.4%

【2021.04.16配信】サンドラッグは3月月次業績を公表した。それによると、全店+0.4%、既存店−2.6%だった。昨年4月から今年3月までの2021年3月期の12ヶ月間の月次累計は全店+2.4%。


【マツキヨHD】登録販売者試験対策の書籍を発刊/2020年度の出題を網羅

【マツキヨHD】登録販売者試験対策の書籍を発刊/2020年度の出題を網羅

【2021.04.16配信】 マツモトキヨシホールディングスは、医薬品登録販売者資格取得に向けたテキストを書籍として発刊した。2020年度に全国で出題された1200 問を完全収載した。「医薬品登録販売者過去問題集 2021」を 2021 年4月 21 日に、「医薬品登録販売者試験対策テキスト 2021」を同年4月28 日に それぞれ発売する。


【ココカラファイン】楽天の「新型コロナウイルス唾液PCR 検査キット」を提供開始

【ココカラファイン】楽天の「新型コロナウイルス唾液PCR 検査キット」を提供開始

【2021.04.16配信】ココカラファインは、楽天グループ株式会社が医療機関と提携し、タカラバイオと共同開発した唾液採取キットを用いる PCR検査である「新型コロナウイルス唾液 PCR 検査キット」を、関東地域を中心とするココカラファインの調剤薬局 52 店舗にて、4 月 15 日(木)より提供を開始した。


【薬王堂HD】西郷孝一氏(経営戦略部長)が新任取締役に

【薬王堂HD】西郷孝一氏(経営戦略部長)が新任取締役に

【2021.04.16配信】薬王堂ホールディングスは、4月13日開催の取締役会において、同社及び子会社(株式会社薬王堂)の役員人事について内定した。西郷孝一氏(経営戦略部長)がHDの新任取締役となる。


ランキング


>>総合人気ランキング