【夜間休日リスト】道薬、非会員情報収集を開始/副会長の山田武志氏、リスト化は「薬局体制の見える化の契機」

【夜間休日リスト】道薬、非会員情報収集を開始/副会長の山田武志氏、リスト化は「薬局体制の見える化の契機」

【2024.05.14配信】6月の調剤報酬改定施行を控えて、都道府県薬剤師会での夜間・休日対応リスト構築が急ピッチで進んでいる。北海道薬剤師会(道薬)では直接、道内の薬局の情報をGoogleフォームなどを活用して収集。非会員の情報収集も開始している。


 6月の調剤報酬改定施行を控えて、都道府県薬剤師会での夜間・休日対応リスト構築が急ピッチで進んでいる。

 北海道薬剤師会(道薬)では直接、道内の薬局の情報をGoogleフォームなどを活用して収集。道薬が構築している道民向けのサイト「どうやく ねっと」ですでにリストを公表している。
 5月9日時点で道内の約2300薬局のうち、3割に当たる746薬局の情報を掲載済み。これには加算目的ではなくても掲載を希望する薬局の情報も含まれており、広く薬局の体制を把握するものとなっている。
 これに加えて5月13日には、非会員の情報収集窓口となるページを北海道薬剤師会のHPに掲載した。非会員の掲載に関しては事務手数料として有料とする。なお非会員薬局数は約200。

 道薬では当初からリスト化を積極的に進めるべきものとして位置付けてきた。
 道薬副会長の山田武志氏は、「地域ごとの薬局の体制を“見える化”する良いきっかけとなっている」と受け止める。
 「これまで、自分たちの地域の薬局の体制を表にして見ることがなかった。見える化した上で、体制に不足があるのであれば“じゃあ、どうするのか”ということが次のステップになる」と話す。

 道薬では今回、「休日輪番薬局リスト」の提供も支部に依頼した。現状、構築できている地域ばかりではないため、全ての支部の体制が揃うのは難しいとの見方だが、対応している地域の情報を発信していくことは重要との考え。
 一方、現実的には輪番を組むのも厳しくなっている地域もある。そういう地域の“次のステップ”は何が想定されるのか。この問いに山田氏は「例えば夜間・休日センターのような場所がカバーをしていくことも考えられる」とする。実際に、例えば帯広市は「帯広市休日夜間急病センター」を運営しており、薬剤師に関しては薬剤師会などが主体となって派遣しているようだ。これも難しくなれば近隣市町村との連携が選択肢になる。こうしたそれぞれの地域の医療実情も踏まえて薬剤師の対応も考えていくことになる可能性が示唆される。
 
 「これまで、ともすると、門前の病院・クリニックへ視線が向いてしまっていた薬局が、地域の中での存在として目を向けるきっかけでもある。それは調剤だけではなくて、抗原検査キットや緊急避妊薬のほか、OTC薬も含めて地域にどう薬局が薬剤師サービスを提供していくかということにつながる。これは薬局・薬剤師の未来の振興にもつながることだと思っている」(山田氏)。

 リスト作成・公開に携わる常務理事の大森嵩氏は、G-MISとの違いについては、「G-MISは全国一律のやり方だが、今回のリスト化は全国統一というよりも地域事情を汲んだ取り組みが反映できる余地があると思う」と指摘。道薬では6ブロックに分けてリスト化した。また大森氏は「何よりも薬剤師会自らがリスト化に携わったことに意味があると実感している」と指摘した。

この記事のライター

関連する投稿


【日本薬剤師会】特定薬剤管理指導加算3の「ロ」の算定、「現時点においては慎重に」

【日本薬剤師会】特定薬剤管理指導加算3の「ロ」の算定、「現時点においては慎重に」

【2024.06.06配信】日本薬剤師会は6月5日、都道府県薬剤師会担当役員宛てに、「長期収載品の選定療養に係る調剤報酬点数の取り扱い(特定薬剤管理指導加算3の「ロ」の算定)について」を発出した。「現時点においては慎重に考えていただく必要がある」としている。


【厚労省_調剤報酬改定】夜間休日リスト、「手続き済み、公表待ち」でも届け出OK/疑義解釈資料(その6)

【厚労省_調剤報酬改定】夜間休日リスト、「手続き済み、公表待ち」でも届け出OK/疑義解釈資料(その6)

【2024.05.31配信】厚生労働省は5月30日、令和6年度調剤報酬改定の「疑義解釈資料の送付について(その6)」を発出した。


【厚労省】後発薬調剤体制加算、カットオフ値で臨時的取り扱い/令和6年度薬価改定の広い措置で

【厚労省】後発薬調剤体制加算、カットオフ値で臨時的取り扱い/令和6年度薬価改定の広い措置で

【2024.05.22配信】厚生労働省は5月22日、「令和6年度薬価改定を踏まえた診療報酬上の臨時的な取扱いについて」を発出した。カットオフ値について、当面の間、臨時的取り扱いを行うとした。


【厚労省】疑義解釈(その5)発出/調剤報酬改定

【厚労省】疑義解釈(その5)発出/調剤報酬改定

【2024.05.19配信】厚生労働省は5月17日、令和6年度調剤報酬改定の疑義解釈「その5」を発出した。


【チェーンドラッグストア協会】夜間休日リスト/「協会に苦情寄せられている」

【チェーンドラッグストア協会】夜間休日リスト/「協会に苦情寄せられている」

【2024.05.17配信】日本チェーンドラッグストア協会は5月17日に定例会見を開いた。


最新の投稿


【日登協】組織名変更、「日本医薬品登録販売者会」/職能団体としての位置づけを強化

【日登協】組織名変更、「日本医薬品登録販売者会」/職能団体としての位置づけを強化

【2024.06.14配信】日本医薬品登録販売者協会は6月14日に会見を開き、組織名を「日本医薬品登録販売者会」に変更すると公表した。職能団体としての位置づけを強化する。略称は「日登会」とする。


【日薬次期理事案】書面決議は可決、総会での信任投票へ/飯島氏、徳吉氏を削除した候補者議案の書面決議

【日薬次期理事案】書面決議は可決、総会での信任投票へ/飯島氏、徳吉氏を削除した候補者議案の書面決議

【2024.06.14配信】日本薬剤師会の次期理事候補者変更案について行われていた現執行部による書面決議が、このほど全員賛成で承認された。このあと、30日の総会で代議員による信任投票が行われる見通し。


【中医協】賃上げにかかる調査・検証について把握方法を提示

【中医協】賃上げにかかる調査・検証について把握方法を提示

【2024.06.14配信】厚生労働省は6月14日、中央社会保険医療協議会(中医協)診療報酬調査専門組織(入院・外来医療等の調査・評価分科会)を開催した。その中で賃上げにかかる調査・検証について把握方法を提示した。


【医薬品供給不安】安定確保薬の定期的な見直しを/日本医学会連合が提言

【医薬品供給不安】安定確保薬の定期的な見直しを/日本医学会連合が提言

【2024.06.14配信】日本医学会連合は6月12日、厚労省に「医薬品安定供給に関する提言を提出した。我が国の健康に関する安全保障上、国民の生命を守るため、切れ目のない医療供給のために必要で、安定確保について特に配慮が必要とされる医薬品である「安定確保医薬品」については、リストの定期的な見直しとその周知、政策への反映を求めている。


【チェーンドラッグストア協会】「調剤報酬委員会」常設に

【チェーンドラッグストア協会】「調剤報酬委員会」常設に

【2024.06.13配信】日本チェーンドラッグストア協会は6月12日、通常総会を開き、2024年度の組織人事並びに事業計画が承認された。


ランキング


>>総合人気ランキング