【JAPANドラッグストアショーいよいよ開催】ぜひ見てほしいゾーン/「フェムケア」

【JAPANドラッグストアショーいよいよ開催】ぜひ見てほしいゾーン/「フェムケア」

【2023.08.18配信】日本チェーンドラッグストア協会が主催する「第23回JANPANドラッグストアショー」がいよいよ2023年8月18日(金)・19日(土)・20日(日)の3日間、東京ビッグサイトで開催される。18日からはビジネス関係者向けとなり、一般公開は19・20日の2日間。この記事では、編集部おすすめのコーナーとして「フェムケア」ゾーンをご紹介する。


櫻井実行委員長「ドラッグストアとしても売り場提案していきたい」

 ショー初日に会見をした日本チェーンドラッグストア協会「第23回JAPANドラッグストアショー 実行委員長」の櫻井 寛氏(株式会社丸大サクラヰ薬局 常務取締役 管理本部長兼経営企画部長)が、今回のドラッグストアショーの見所の1つとして挙げたのが「フェムケア」ゾーンだ。櫻井委員長は、「女性活躍の場が進む中、関連する産業が伸びている。ドラッグストアとしてもフェムケアに関わる売り場の提案をしていきたい。今回のドラッグストアショーでは、売り場提案のほか、体験ゾーンやセミナーなど充実した内容になっている」と紹介した。

フェムケアゾーン分科会リーダーの米原まき氏「もっとドラッグストアから情報発信し市場を創造したい」

 また、初日である8月18日の13:30からは、協会の「第23回JAPANドラッグストアショー フェムケアゾーン分科会リーダー」の米原まき氏(エバグリーン廣甚株式会社 代表取締役社長)がフェムケアゾーンで記者の囲み取材に応えた。

 米原リーダーは、「最近、フェムケアという言葉をよく聞くようになりました」と語り、改めて「フェムケア」という言葉について説明。「フェムケア」とは、女性の悩みを解決する商品のことであり、「Female(女性)」と「Care(ケア)」を掛け合わせた造語だとした。学会などで明確に定められているわけではないとしつつ、「ドラッグストアでも、この言葉の通り、女性の悩みや女性独自の問題などを解決すべく、商品のアピールや提案や悩み相談を行える環境を創造し、よりお客様のQOLに繋がる存在になっていきたい」と語った。「もっとドラッグストアから情報発信し市場を創造したい」(米原氏)。まだまだ知られていない関連商品があるとして、フェムケアゾーンが商品を知っていただく機会になればとの抱負を述べる一方、まだまだ女性の悩みがオープンに語られない傾向もあるとして、女性の悩みに関してオープンに語られるきっかけにもなればと意欲を示した。

 日本チェーンドラッグストア協会では今回、フェムケアゾーンを設けた趣旨について、女性の悩みとしては、①月経、②妊娠・不妊、③産後ケア、④更年期障害、⑤婦人科疾患、⑥セクシャルウェルネスーーなどがあり、その健康課題を解決する商品を提案する必要がドラッグストアの店頭にはあるとの考えを示している。しかし、現状の店頭では、生理にまつわる商品や妊娠、妊娠するために必要な力である妊よう性にまつわる商品が店頭には多い傾向がある。今後は、女性のライフステージには更年期やポスト更年期、女性疾患など、さまざまな課題に合わせ、更年期の商品の提案や市場のマーケットの開拓をドラッグストアの店頭からしていきたい考え。

 協会は女性独自の悩みや課題を解決することは、女性活躍の社会に繋がるとし、「日本の明るい未来への一歩である」との考え。市場に関しても、近年の伸び率は右肩あがりで、2027年にはコロナ前の2019年の3倍近い市場規模になると言われているという。

 今回のフェムケアゾーンでは、「ドラッグストアで『フェム活』しよう!」というテーマを掲げ、多彩なフェムケア商品を展示する。協会では、「商品を見るだけではなく、実際に手に取って、質感や使用感などを感じてもらうほか、ご自身のからだと向き合える相談コーナーを設置し、ドラッグストアショーとして、女性の健康促進を向上していきたいと思っております」としている。

 例えば、女性の冷えは子宮の冷えからくるケースが多くその解決法の1つとして膣ケアがありオイル等の商品もあるという。そのほか、生理時の経血の異常は疾病のリスクを伴うため血量測定は重要で、血量が測れるショーツやカップがすでに多数あるとする。女性更年期への対処法はエストロゲン様の医薬品や食品の補充等があり、副次的に起こる症状緩和の方法もたくさんあるという。
 「フェムケア」を正しく発信し新しい市場を創造すべく設けたのがフェムケアゾーンとのこと。JAPAN ドラッグストアショーでは、「フェムケアゾーン」の設置は史上初めてのことという。商品だけでなく、“薬剤師や登録販売者による女性特有の悩み相談”や“産婦人科への受診勧奨も含めたメディカルとの連携強化”など、ソフトも含めた「これからのフェムケアの可能性」を存分に発信していくという。

記者の質問に応えた協会の「第23回JAPANドラッグストアショー フェムケアゾーン分科会リーダー」米原まき氏(エバグリーン廣甚株式会社 代表取締役社長)。=写真左。写真右は体験ブースの企画協力をした大木ヘルスケアホールディングス子会社のLAUGHBASE株式会社代表取締役の市川恭⼦氏

体験ブースではフェムケア関連の各種セミナーなど

 フェムケアゾーンの中には「体験ブース」も設けられ、出展しているメーカーによるミニセミナーなども実施された。来場者が熱心にセミナーを受講する姿が見られた。
 
 体験ブースでは「miguちゃん」のSNSをフォローすると、ガチャポンができるイベントも実施された。
 「miguちゃん」は体験ブースの企画協力もしたLAUGHBASE株式会社(大木ヘルスケアホールディングス子会社)のキャラクター。ブログ、インスタグラム及びツイッターによって⼼⾝の様々な問題や悩みに直⾯する⼥性の情報を発信している。なお、 「migu ちゃん」の名前は、⼥性のヘルスケア先進国であるスウェーデンの⾔葉で「私に」を意味する単語から着想を得ているもの。

 「miguちゃん」のSNSは以下の通り。
ブログ:https://migu.laughbase.co.jp/
インスタグラム:https://www.instagram.com/migu_femcare_official/
ツイッター:https://twitter.com/miguchan_fem

この記事のライター

関連する投稿


【チェーンドラッグストア協会】夜間休日リスト/「協会に苦情寄せられている」

【チェーンドラッグストア協会】夜間休日リスト/「協会に苦情寄せられている」

【2024.05.17配信】日本チェーンドラッグストア協会は5月17日に定例会見を開いた。


【日本チェーンドラッグストア協会】敷地内薬局“グループ一律引き下げ”見送りを歓迎/調剤報酬改定答申を受けて

【日本チェーンドラッグストア協会】敷地内薬局“グループ一律引き下げ”見送りを歓迎/調剤報酬改定答申を受けて

【2024.02.22配信】日本チェーンドラッグストア協会は2月22日に定例会見を開き、令和6年度調剤報酬改定の答申に対しての見解を示した。


【武見大臣に意見書】JACDSとNPhA共同で/敷地内薬局グループ一律引き下げに反対

【武見大臣に意見書】JACDSとNPhA共同で/敷地内薬局グループ一律引き下げに反対

【2023.12.21配信】日本チェーンドラッグストア協会(JACDS)と日本保険薬局協会(NPhA)は12月19日、JACDS議連を通して共同で武見厚労大臣に意見書を提出した。


【チェーンドラッグストア協会】敷地内薬局の是非論、「議論していない」

【チェーンドラッグストア協会】敷地内薬局の是非論、「議論していない」

【2023.12.12配信】日本チェーンドラッグストア協会は12月8日の会見で、敷地内薬局をめぐる調剤報酬改定の議論に対して意見をまとめたとして、内容を公表した。一方、会見の中で敷地内薬局をめぐるさまざまな指摘や意見に対しての協会の見解を問われると、敷地内薬局そのものの是非論については「議論していない」とした。


【日本チェーンドラッグストア協会】11月に政策セミナー/日医宮川常務理事も登壇

【日本チェーンドラッグストア協会】11月に政策セミナー/日医宮川常務理事も登壇

【2023.10.20配信】日本チェーンドラッグストア協会は10月20日に定例会見を開き、11月24日に政策セミナーを開くことを報告した。


最新の投稿


【日薬新執行部】岩月新会長が示した「覚悟」/新任9人登用で組織刷新、若手抜擢と女性幹部を倍増

【日薬新執行部】岩月新会長が示した「覚悟」/新任9人登用で組織刷新、若手抜擢と女性幹部を倍増

【2024.05.24配信】日本薬剤師会の次期会長に内定している岩月進常務理事は、新執行部人事を固めた。新任は9人で、組織を刷新。目玉は若手の登用と女性幹部の増員だ。若手では上田薬剤師会の飯島裕也氏(44)と鳥取県薬剤師会の徳吉雄三氏(46)、慶大医学部特任研究員の日髙玲於氏(32)などを抜擢した。女性幹部は倍増の6人。(5月22日付けドラビズforPharmacy朝刊より。医薬コラムニスト/ジャーナリスト 玉田慎二)


【一般薬連】自主点検結果を公表

【一般薬連】自主点検結果を公表

【2024.05.24配信】日本一般用医薬品連合会(一般薬連)は5月16日、協会加盟企業による一般用医薬品の品質に係る自主点検結果を公表した。


【訃報】大分県薬剤師会会長の安東哲也氏が死去

【訃報】大分県薬剤師会会長の安東哲也氏が死去

【2024.05.23配信】大分県薬剤師会は5月23日、現職県薬会長の安東哲也氏が死去したと公表した。


【大木ヘルスケアHD】医薬品売上2桁増/2024年3月期決算

【大木ヘルスケアHD】医薬品売上2桁増/2024年3月期決算

【2024.05.23配信】ヘルスケア卸大手の大木ヘルスケアホールディングス は5月23日に2024年3月期(2023年4月1日~2024年3月31日)の決算説明会を開催した。


【厚労省】後発薬調剤体制加算、カットオフ値で臨時的取り扱い/令和6年度薬価改定の広い措置で

【厚労省】後発薬調剤体制加算、カットオフ値で臨時的取り扱い/令和6年度薬価改定の広い措置で

【2024.05.22配信】厚生労働省は5月22日、「令和6年度薬価改定を踏まえた診療報酬上の臨時的な取扱いについて」を発出した。カットオフ値について、当面の間、臨時的取り扱いを行うとした。