【緊急避妊薬スイッチ化パブコメ】大阪府薬、意見書提出/OTC化への「賛成」明言、ただし体制整備の必要性を指摘

【緊急避妊薬スイッチ化パブコメ】大阪府薬、意見書提出/OTC化への「賛成」明言、ただし体制整備の必要性を指摘

【2023.02.09配信】厚労省が1月31日まで実施した緊急避妊薬のスイッチOTC化に関するパブコメに関して、大阪府薬剤師会(大阪府薬)は乾英夫会長名で意見書を提出した。「女性にとって望まない妊娠を防ぐことは、自分自身を守る権利である」として、「その手段の一つとして心身ともに負担の少ない緊急避妊薬のOTC化には賛成である」と記載。賛成の立場を明確にした。その上で、体制整備の必要性を指摘した。


 大阪府薬は、意見書の中で「女性にとって望まない妊娠を防ぐことは、自分自身を守る権利である」として、「その手段の一つとして心身ともに負担の少ない緊急避妊薬のOTC化には賛成である」と記載。賛成の立場を明確にした。
 受け皿となる薬局の現状については、「薬局では2020年よりオンライン診療における調剤にはすでに実績があり、スイッチOTC医薬品を扱う素地は十分である」との認識を示した。

薬剤師による対面販売体制の維持を求める

 一方で、さらなる体制整備の必要性も指摘した。背景には、現状はオンライ診療が前提となっており、スイッチOTC化によって「薬剤師の責任の質が変わる」ことを挙げた。
 具体的には女性にDVなどの際の連絡先を確実に情報提供することや、薬剤師の対面販売体制の維持などが必要だとした。医薬品のリスク区分に関しても、変更しない必要があるとした。

 詳細は以下の3つを記載した。
1、医薬品の副作用・相互作用、精神的ケア、避妊の成否など当該女性自身では、判断・対応できないことが多いため、販売後のフォローアップ、産婦人科への受診勧奨、事故やDVの際の連絡先を薬剤師が確実に情報提供する体制
2、入手が簡便になることによる悪用や乱用を防止する観点から、適切な知識・情報を会得した薬剤師の対面販売体制の継続(今までのスイッチOTC化医薬品のように薬剤師が介在しないリスク区分への変更について反対する)
3、若年層の使用も想定されることから、確実な避妊方法を含めた教育のさらなる徹底の強化体制

編集部コメント

 「薬剤師による対面販売の維持」などの意見は、受け止め方によっては薬剤師の既得権益維持の意見と指摘する声もあるかもしれない。あるいは、女性が自分のことを自分で決められる権利の視点からは、アクセスの妨げになるという意見もあるかもしれない。しかし、スイッチ検討会議でも性教育の現状や各国に比して特異的な我が国の避妊方法の状況について触れられてきたように、我が国の女性の中の知識には濃淡があることが想定され、それを医療界が心配していることは本音でもあるのではないだろうか。こうした中にあっては、知識が豊富である人、そうでない人の双方の安全安心に配慮した制度設計が、ステップとしては我が国では現実的であると指摘できる。大阪府薬の意見は、まさにそういった女性層の中の“困難な状況”にいる女性も取り残してはいけないという意識に基づいているのではないだろうか。

 いずれにせよ、スイッチOTC化となれば薬局薬剤師は受け皿となるにもかかわらず、当該の薬局薬剤師が「どう考えているのか」の情報発信が多いとはいえないことは心許ない。その中で、大阪府薬の意見表明には社会的な立ち位置への意識の高さを感じる。そして、その意識は今後の災害時、感染症蔓延時、医療計画など、薬局・薬剤師の存在感の全てにつながっていくものではないだろか。

この記事のライター

関連するキーワード


緊急避妊薬 スイッチOTC

関連する投稿


【東京都薬剤師会】緊急避妊薬の“研修”、申し込み増

【東京都薬剤師会】緊急避妊薬の“研修”、申し込み増

【2024.02.09配信】東京都薬剤師会は2月9日の会見で、同会が主催する緊急避妊薬の調剤に関する研修申込が増加している状況を明かした。


【24年度調剤報酬改定】「緊急避妊薬」の備蓄・相談体制が地域支援体制加算の施設基準に/薬局の貢献向上に期待感

【24年度調剤報酬改定】「緊急避妊薬」の備蓄・相談体制が地域支援体制加算の施設基準に/薬局の貢献向上に期待感

【2024.01.30配信】厚生労働省は1月26日、中央社会保険医療協議会(中医協)総会を開き、「個別改定項目(その1)」を提示した。点数なしの、いわゆる「短冊」だ。地域支援体制加算の施設基準には、緊急避妊薬の備蓄・相談体制が施設基準になった。女性の健康やSRHR(性と生殖に関する健康と権利)への薬局の貢献度の高まりに期待が寄せられている。


【規制改革中間答申】スイッチOTC化加速を明記/複数国でOTC化された成分「原則3年以内」

【規制改革中間答申】スイッチOTC化加速を明記/複数国でOTC化された成分「原則3年以内」

【20232.12.26配信】内閣府は12月26日、規制改革推進会議と国家戦略特別特区諮問会議合同会議を開催し、規制改革推進に関する中間答申をまとめた。


【規制改革推進会議】YouTube公開開催/スイッチOTC拡大や在宅医療などテーマ/12月11日(月)16:00~

【規制改革推進会議】YouTube公開開催/スイッチOTC拡大や在宅医療などテーマ/12月11日(月)16:00~

【2023.12.07配信】内閣府規制改革推進会議は12月11日に、「第3回 健康・医療・介護ワーキング・グループ」をYouTube公開にて開催する。テーマはスイッチOTC拡大や在宅医療の環境整備などについて。


【市民団体】緊急避妊薬OTC化の試験的運用で要望書を厚労省に提出/染矢代表「調査が条件課す根拠に使われないか、非常に危惧している」

【市民団体】緊急避妊薬OTC化の試験的運用で要望書を厚労省に提出/染矢代表「調査が条件課す根拠に使われないか、非常に危惧している」

【2023.11.28配信】適切かつ安全に緊急避妊薬にアクセスできる社会の実現を目指す「緊急避妊薬の薬局での入手を実現する市民プロジェクト」は11月28日、「緊急避妊薬OTC化の試験的運用の周知、及び迅速かつ全面的なOTC化実現を求める要望書」を厚生労働省に提出した。厚労省は医薬局医薬品審査管理課長の中井清人氏が受け取った。同日、試験的運用が開始されたことを受けたもの。


最新の投稿


【スギHD】調剤チェーンのI&Hを子会社化へ

【スギHD】調剤チェーンのI&Hを子会社化へ

【2024.02.27配信】スギホールディングスは2月27日、調剤チェーンのI&Hを子会社化すると公表した。


速報【アイン敷地内薬局めぐる裁判】元アインの2被告に求刑、懲役10カ月

速報【アイン敷地内薬局めぐる裁判】元アインの2被告に求刑、懲役10カ月

【2024.02.27配信】KKR札幌医療センターの敷地内薬局の整備を巡り、公契約関係競売入札妨害の罪に問われたアインファーマシーズ元代表取締役社長・酒井雅人被告、同社元取締役・新山典義被告、KKR札幌医療センター元事務部長・藤井浩之被告の第4回公判が2月27日午前10時から、札幌地裁805号法廷で行われた。(ジャーナリスト・村上 和巳)


【ツルハHD】ウエルシアHDとの経営統合報道でコメント公表

【ツルハHD】ウエルシアHDとの経営統合報道でコメント公表

【2023.02.26配信】ツルハホールディングスは2月26日、ウエルシアホールディングスとの経営統合に関する報道があったことを受け、コメントを公表した。


【1万字インタビュー】安川孝志薬剤管理官に聞く

【1万字インタビュー】安川孝志薬剤管理官に聞く

【2024.02.26配信】2月14日、令和6年度調剤報酬改定が答申された。本紙では、厚生労働省保険局医療課・薬剤管理官の安川孝志氏に、薬局に関係する調剤報酬改定の部分についてインタビューした。


【日本チェーンドラッグストア協会】敷地内薬局“グループ一律引き下げ”見送りを歓迎/調剤報酬改定答申を受けて

【日本チェーンドラッグストア協会】敷地内薬局“グループ一律引き下げ”見送りを歓迎/調剤報酬改定答申を受けて

【2024.02.22配信】日本チェーンドラッグストア協会は2月22日に定例会見を開き、令和6年度調剤報酬改定の答申に対しての見解を示した。


ランキング


>>総合人気ランキング