【薬局業界ニュースは薬剤師国家試験出題に関係ない?】業界紙記者×国試対策校の対談

【薬局業界ニュースは薬剤師国家試験出題に関係ない?】業界紙記者×国試対策校の対談

【2022.12.02配信】このほど、業界紙「ドラビズon-line」は、「薬局業界ニュースは薬剤師国家試験出題に関係ない?」をテーマに、薬剤師国家試験対策校のメディセレ社長の児島惠美子氏と紙上対談を実施しました。


 編集部:児島先生、こんにちは。今日は「薬局業界ニュースは薬剤師国家試験出題に関係ないのか」というテーマでお話おうかがいさせていただきます。よろしくお願いします。

 児島先生:はい、よろしくお願いいたします。

 編集部:まず、当業界紙「ドラビズon-line」でも数多くのニュースを掲載してきたのがコロナワクチンについてです。コロナワクチンがたくさん出ましたね。具体的にはファイザー、モデルナ、武田の各社です。
https://v-sys.mhlw.go.jp/about/
 ワクチンの接種は薬剤師さんはできませんが、打つ前、打った後に地域の方々からの質問に十分に答えられる必要があるということが業界では話題になりました。そこで、mRNAワクチンとはなんなのか、組換えたんぱくワクチンとはなんなのか、国試問題に出るのではないでしょうか?

 児島先生:良い視点ですね。
 ただ、ワクチンが使用されてから、まだ2年に満たないです。
 ゆえにmRNAワクチンの出題は、まだ時期尚早かなと思います。
 しかし、mRNAやタンパク質は生物で学ぶ大切な事です。ゆえにそれを投与することで免疫反応で抗体を獲得するという生物の基礎知識がまずは大切です!ここは一般的な書き方でワクチンを踏まえて出題されると思います。

 編集部:なるほど、市場に出てからの期間も1つの目安になるのですね。

 続いて、コロナ経口薬に関してです。
 コロナ感染後の経口薬もたくさん出ました。
https://www.pref.kanagawa.jp/docs/ga4/medicine.html
 ラゲブリオ、パキロビッドなどです。
 そこで、これら経口薬に関する問題が出るのではないでしょうか?

 児島先生:これも気になる所ですよね。
 こちらについても、使用開始から日が浅く、医薬品の有効性や危険性について、不明な点が多く、実は問いづらい内容です。
 ただ、機序は今後、薬理で問われるかもしれません。
 まずは出るとしたら、ラゲブリオやパキロビッドより先にファビピラビル(アビガン)かなと。

 また催奇形性が問題となる医薬品ですので、その他の妊娠禁忌の医薬品を含めて問う可能性が今後はあります。

 編集部:なるほどです! とても参考になります。

 続いて、緊急承認制度についてです。
 塩野義製薬の「ゾコーバ」が緊急承認制度として承認されましたね。
 緊急承認という制度自体も新しいものではありますが、制度に関する問題なども出る可能性があるのでしょうか?
 これまで新制度について問題が出たことはありますか?

 児島先生:新制度(いわゆる法改正)に関しては、少なくとも1年経過しないと出題されません。

 緊急承認は2022年5月にできた制度なので、108回では出ないことが予想されます。でも、薬学生の知識としては知っておいて欲しいです。

 編集部:なるほどです。制度創設からの期間も出題に関係するのですね。
 関連ですが、コロナ検査キットについてはいかがでしょうか? 鼻ぬぐい液を検体とする検査薬を市販できるようになったのは初めてのことです。
 こうした検査の機序について出題の可能性もあるのでしょうか?
 これまで市販薬の検査、例えば妊娠検査薬や排卵日検査薬に関する出題はありましたか?

 児島先生:抗原検査薬の原理については、分析化学や生物学でよく問われる内容です。
 106回では妊娠検査薬が出題されました。

 この範囲については出題される可能性が高井ですので、コロナに限定せず、しっかり学んでおく必要があります。

 編集部:なるほど、「検査関連は出る」と。

 続いて、OTC医薬品に関してです。
 
 最近、OTC医薬品で注目を集めたのは、海外では抗肥満薬として使用されているダイレクトOTCの「アライ」(大正製薬)の了承です。
 新しいOTC医薬品ではセルフチェックシートを用いるのですが、こうしたOTC化の対応についてこれまで出題されたことはありますか?

 児島先生:スイッチOTC、ダイレクトOTCに関しては、セルフメディケーション推進の政策もありますので、大切です。
 セルフチェックシートの出題はまだありません。
 セルフチェックシートは、今年度できたものではないので、108回に出題される可能性は高いですよ!

 編集部:了解です! 児島先生、最後に総括をお願いいたします。こうした業界動向出題に影響を与えるのでしょうか? 薬学生もニュースをチェックしておいたほうが国試対策になりますか?

 児島先生:業界動向は国試でも出題されますので、大切です。
 ただ、国試はエビデンスがしっかりしたものを出題されます。

 ですので、法改定すぐ、新薬がすぐ、問題に出るのではなく、1年以上経って根付いてから出題される事が一般的です。
 ただ、大学での定期試験や卒業試験では、すぐに出てくる事がありますので、気をつけましょう。

 医療人として、医療のニュースにはアンテナを張っておいてくださいね。知識は誰からも奪われない財産となりますので。
 
 編集部:児島先生、今日はありがとうございました!

メディセレに関しては下記ホームページまで
https://www.medisere.co.jp/

この記事のライター

関連する投稿


【21年度薬剤師国家試験】大学別“ストレート合格率”一覧/私大トップは京都薬科大学の87.5%

【21年度薬剤師国家試験】大学別“ストレート合格率”一覧/私大トップは京都薬科大学の87.5%

【2022.03.28配信】厚生労働省は3月24日、「第107回薬剤師国家試験」の合格発表を行った。そこで、ドラビズon-line編集部では文部科学省が公表している各大学の「2016年度入学時の入学者数」と国試の「新卒合格者数」によって“ストレート合格率”を推計してみた。あくまで機械的な計算。途中の留年者が一定数いても、国試では「新卒」としてカウントされるなど6年間での合格者を純粋に示さないので、留意が必要だ。計算上では私大トップは京都薬科大学の87.5%だった。


【メディセレ寄稿】薬剤師国試合格発表/次回以降を占う合格者数水準は9500人/今回試験から相対基準への経過措置が廃止

【メディセレ寄稿】薬剤師国試合格発表/次回以降を占う合格者数水準は9500人/今回試験から相対基準への経過措置が廃止

【2021.03.24配信】厚生労働省は3月24日、第106回薬剤師国家試験の合格発表を行った。ドラビズon-lineでは、薬剤師国家試験予備校「メディセレ」社長の児島 惠美子氏に、今回の国試合格発表に関して、寄稿をいただいた。薬剤師国試に関しては第101回から、従来の絶対基準から相対基準が用いられているが、前回の105回までは経過措置が講じられていた。つまり、今回が今後の相対基準の合格者数を占うに当たって重要なターニングポイントとなる。結果は合格者9634人であり、今後のベースラインとして捉えられる。(編集部。以下は児島社長からの寄稿文)


最新の投稿


【抗菌薬調査】生活者の4割が「ウイルスをやっつける」と誤認/AMR臨床リファレンスセンター調査

【抗菌薬調査】生活者の4割が「ウイルスをやっつける」と誤認/AMR臨床リファレンスセンター調査

【2023.02.07配信】国立研究開発法人 国立国際医療研究センター病院 AMR臨床リファレンスセンターは2月7日、抗菌薬(抗生物質)の処方に関する生活者調査の結果を公表した。それによると、生活者の4割が抗菌薬の効果について「ウイルスをやっつける」と誤認していることなどがわかった。同センターでは、細菌に抗菌薬が効かなくなる薬剤耐性(AMR)の原因の1つとして抗菌薬の不適切な使用が挙げられており、薬の正しい使用のためには生活者自身の正しい認識が必要としている。


【4月の調剤報酬特例措置】日本薬剤師会が取組事例など周知/薬剤師会作成のリストやシステムで在庫状況の共有など

【4月の調剤報酬特例措置】日本薬剤師会が取組事例など周知/薬剤師会作成のリストやシステムで在庫状況の共有など

【2023.02.06配信】日本薬剤師会は、令和5年4月1日からの診療報酬上の特例措置に関する各種通知・事務連絡等を都道府県薬剤師会などに送付した。特に地域支援体制加算では、新たな施設基準の追加があり、「地域の保険医療機関・同一グループではない保険薬局に対する在庫状況の共有」や「医薬品融通」などの取組事例が求められている。これらに関し、日本薬剤師会として具体的な内容の考え方を示したもの。


【セルフケア薬局のGOOD AID】JR西国分寺駅(東京都)のホーム内店舗で保険調剤を本格稼働

【セルフケア薬局のGOOD AID】JR西国分寺駅(東京都)のホーム内店舗で保険調剤を本格稼働

【2023】「セルフケア薬局」を展開しているGOOD AID社は、JR西国分寺駅(東京都)のホーム内店舗である「セルフケア薬局 nonowa西国分寺店」で、保険調剤を本格稼働させると発表した。


【厚労省薬機法施行規則改正でパブコメ開始】登録販売者の店舗管理者要件の見直し/従事期間を1年でも可に、ただし追加的研修は必要

【厚労省薬機法施行規則改正でパブコメ開始】登録販売者の店舗管理者要件の見直し/従事期間を1年でも可に、ただし追加的研修は必要

【2023.02.02配信】厚生労働省は2月1日から、薬機法の施行規則の一部を改正する省令案についてパブリックコメントを開始した。登録販売者の店舗管理者要件の見直しに関するもので、従事期間が1年の場合でも可能にするが、追加的研修は必要とする。「規制改革実施計画」(令和4年6月7日閣議決定)に基づくもの。


【青少年の市販薬乱用対策で】小学生向けくすり教育ショート動画を制作・公開/くすりの適正使用協議会/日本薬剤師会監修

【青少年の市販薬乱用対策で】小学生向けくすり教育ショート動画を制作・公開/くすりの適正使用協議会/日本薬剤師会監修

【2023.02.02配信】青少年の市販薬の乱用増加が問題となっていることを受けて、くすりの適正使用協議会は、小学生向けくすり教育ショート動画を制作・公開した。小学校からの「くすり教育」を促したい考え。


ランキング


>>総合人気ランキング