【検査キット問題】埼玉県薬剤師会・斉藤祐次会長「再周知・徹底する」

【検査キット問題】埼玉県薬剤師会・斉藤祐次会長「再周知・徹底する」

【2022.11.21配信】コロナの第8波やインフルエンザとの同時流行への対策が進められる中、抗原検査キットの販売体制の不備を指摘する声が大きくなっている。大野元裕・埼玉県知事は11月18日、埼玉県薬剤師会に対して“休日対応”への要望を行った。この件について、埼玉県薬剤師会会長の斉藤祐次氏は本紙に対し、18日の時点で大野知事からコロナ検査キットの「販売体制の充実について」との要望を受け取ったとした上で、会員への再周知・徹底など、「しっかりと対応していきたい」と話した。


 埼玉県薬剤師会会長の斉藤祐次氏は、大野知事からの要望の中に、「休日に薬剤師が不在で検査キットを買えない場合があるため、なるべく対応してほしい」という内容があったとし、「当会への要望であるため、特に会員の中でドラッグストア業態もあれば周知していく」と話した。

 埼玉県薬剤師会だけでなく、日本薬剤師会はかねてから、薬局で抗原検査キットを販売するよう周知に努めてきた。ただ、土日の薬剤師配置となると、経営上の負担が重くなることも考えられ、どこまで徹底するかは個別の薬局の判断に委ねるしかないのが実情だ。斉藤会長は、「特に第1類医薬品は薬剤師が販売するべきものであり、相談の窓口として薬局が機能を担うべきだ」との考えを示している。

 販売店舗や販売曜日・時間が限定される状況下にあるが、埼玉県薬剤師会では県内の会員薬局における検査キットの取り扱い店をホームページで案内。リストには薬局の販売対応時間なども掲載しているため、市民での活用を促している。
https://saiyaku.or.jp/
 
 販売店舗の状況に関しては、厚生労働省もホームページで公開。どこで入手できるのか分かりづらいとの声に応えている。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000082537_00001.html

 一方、大野知事が“ドラッグストアでの購入”について言及したことについては、ドラッグストアの中には薬局として許認可を受けている店舗と、店舗販売業という登録販売者だけでも許認可を受けられる店舗との、行政の許認可の違いがあることが、一般に知られていないのではないかとの懸念も薬局関係者からは挙がる。「店舗販売業」では薬剤師が配置されていないケースも少なくないため、許認可の違いを理解しておく必要もありそうだ。

 加えて、大野知事も参加している全国知事会では、コロナの抗原検査キットを登録販売者でも販売できるようにすることの検討などを提言書で求めている。
 医薬品のリスク分類に関しては、「副作用」や「患者背景」、「使用方法」等を鑑みることとされており、コロナ検査キットに関しては、これらの事項を総合的に判断して1類が妥当とされたもの。使用方法への十分な説明が必要との指摘も審議会では委員から出ていた。
 コロナの感染状況や病態の変化によっても考え方に変化が起きる可能性はあるとしても、現状は薬剤師によって販売される第1類薬に分類されているため、現状下では、より多くの薬局で検査キットが販売されることが理想的といえそうだ。アクセスを優先するか、専門家の介入を優先するかの議論は難しいが、少なくとも検査キットがOTC化されたタイミングにおいては、例えば陽性の結果が出た場合に医療へつなぐ役割も含めて薬剤師の専門的知見が必要とされる場面もあったのではないだろうか。

この記事のライター

関連するキーワード


抗原検査キット

関連する投稿


【抗原検査キット】取り扱い薬局リストの厚労省での公表が終了/日本薬剤師会のHPへ移行

【抗原検査キット】取り扱い薬局リストの厚労省での公表が終了/日本薬剤師会のHPへ移行

【2024.04.10配信】日本薬剤師会は4月10日に定例会見を開いた。その中で抗原検査キットの取り扱い薬局リストについて、厚労省HPでの公表が終了することに伴い、当面の間、日本薬剤師会のHPに掲載すると報告した。


【抗原検査キットの販売実態】偽陰性の可能性説明、遵守低い結果/厚労省

【抗原検査キットの販売実態】偽陰性の可能性説明、遵守低い結果/厚労省

【2023.09.01配信】厚生労働省は9月1日、「医薬品販売制度実態把握調査」の結果を公表した。今回の令和4年度調査では、一般用新型コロナウイルス抗原定性検査キットの販売時の情報提供の状況に係る調査も実施した。同品の販売にあたっては厚労省が販売時に偽陰性の可能性があること等について特に丁寧に説明することなどの留意事項を示しているが、これらの事項について情報提供を行っていた割合は低い結果だった。


【コロナ禍の薬局】時間外に抗原検査キット販売協力/八戸薬剤師会(青森県)の事例/会員146薬局中62薬局が対応

【コロナ禍の薬局】時間外に抗原検査キット販売協力/八戸薬剤師会(青森県)の事例/会員146薬局中62薬局が対応

【2023.05.31配信】5類移行となったコロナ。これまでの間、薬剤師会、薬局、薬剤師はどのような活動をしてきたのか。ワクチン接種会場での協力や患者自宅への治療薬のお届けなど、その貢献は数多いが、本稿では八戸薬剤師会の事例から抗原検査キット販売協力への対応を取り上げたい。社会からの要請に応える形で、会員薬局の4割がイレギュラーな営業時間外で販売対応した。


【ウエルシアHD】コロナ5類移行後も検査立会を継続

【ウエルシアHD】コロナ5類移行後も検査立会を継続

【2023.05.08配信】ウエルシアホールディングスは5月8日、コロナ5類移行後も検査立会を継続するとリリースした。


【医学生物学研究所】一般用コロナ抗原検査キット販売開始/12月15日から/「GLINE-2019-nCoV Ag キット(一般用)」

【医学生物学研究所】一般用コロナ抗原検査キット販売開始/12月15日から/「GLINE-2019-nCoV Ag キット(一般用)」

【2022.12.13配信】JSR 株式会社のライフサイエンス事業のグループ企業である株式会社医学生物学研究所(取締役社長 山田 公政氏、以下「MBL」)は、2022 年 11 月 11 日に一般用検査薬(第 1 類医薬品)として厚生労働省の承認を受けた新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)抗原検査キット「GLINE-2019-nCoV Ag キット(一般用)」を、2022 年 12 月 15 日から発売開始する。


最新の投稿


【日薬新執行部】岩月新会長が示した「覚悟」/新任9人登用で組織刷新、若手抜擢と女性幹部を倍増

【日薬新執行部】岩月新会長が示した「覚悟」/新任9人登用で組織刷新、若手抜擢と女性幹部を倍増

【2024.05.24配信】日本薬剤師会の次期会長に内定している岩月進常務理事は、新執行部人事を固めた。新任は9人で、組織を刷新。目玉は若手の登用と女性幹部の増員だ。若手では上田薬剤師会の飯島裕也氏(44)と鳥取県薬剤師会の徳吉雄三氏(46)、慶大医学部特任研究員の日髙玲於氏(32)などを抜擢した。女性幹部は倍増の6人。(5月22日付けドラビズforPharmacy朝刊より。医薬コラムニスト/ジャーナリスト 玉田慎二)


【一般薬連】自主点検結果を公表

【一般薬連】自主点検結果を公表

【2024.05.24配信】日本一般用医薬品連合会(一般薬連)は5月16日、協会加盟企業による一般用医薬品の品質に係る自主点検結果を公表した。


【訃報】大分県薬剤師会会長の安東哲也氏が死去

【訃報】大分県薬剤師会会長の安東哲也氏が死去

【2024.05.23配信】大分県薬剤師会は5月23日、現職県薬会長の安東哲也氏が死去したと公表した。


【大木ヘルスケアHD】医薬品売上2桁増/2024年3月期決算

【大木ヘルスケアHD】医薬品売上2桁増/2024年3月期決算

【2024.05.23配信】ヘルスケア卸大手の大木ヘルスケアホールディングス は5月23日に2024年3月期(2023年4月1日~2024年3月31日)の決算説明会を開催した。


【厚労省】後発薬調剤体制加算、カットオフ値で臨時的取り扱い/令和6年度薬価改定の広い措置で

【厚労省】後発薬調剤体制加算、カットオフ値で臨時的取り扱い/令和6年度薬価改定の広い措置で

【2024.05.22配信】厚生労働省は5月22日、「令和6年度薬価改定を踏まえた診療報酬上の臨時的な取扱いについて」を発出した。カットオフ値について、当面の間、臨時的取り扱いを行うとした。