【文科省】薬学部の定員抑制へ/令和4年度中に制度化

【文科省】薬学部の定員抑制へ/令和4年度中に制度化

【2022.07.22配信】文部科学省は7月22日、「薬学部教育の質保証専門小委員会」を開き、薬学部の新設や定員増に抑制方針をとるとの「とりまとめ案」をおおむね了承した。細かな表現の見直しを経て、8月にも開催される親会議である「薬学系人材養成の在り方に関する検討会」に報告する。委員会の中で事務局は令和4年度中に制度化を図り、令和7年度からの新設・入学定員分となる令和5年度の申請分から新制度が適用される見通しだとした。


 とりまとめ案の中では、6年制課程の薬学部・学科の新設・収容定員増について、「これまで大学の判断により自由に申請が可能であり、学校教育法及び大学設置基準等の法令に適合していれば原則として認可されてきたが、その原則を改め、抑制方針をとる」とした。「速やかに制度化を進める」方針。

 委員会の中で事務局は、令和4年度中に制度化を図り、令和7年度からの新設・入学定員分となる令和5年度の申請分から新制度が適用される見通しだとした。

 地域偏在への対応として新設・定員増に関して例外的な取り扱いを記載。都道府県の医療計画などで薬剤師不足が指摘され、他都道府県との比較で薬剤師の確保を図るべきと判断できる場合には、抑制方針の例外として取り扱うとした。

 ただ、その場合も、例外措置は一定期間のみ認めるとした。「一定期間」がどの程度の期間なのか、具体的な年数について方針は示されていない。また過度に定員が増加することがないよう、増加する定員規模の適切性について十分な検討を行うとした。

 入学定員の見直しは、 「入学定員充足率」「実質競争倍率」「標準修業年限内の卒業率」「国家試験合格率」「退学等の割合」などを基に実施される見通し。
 定員未充足の大学に対しては、私学助成について減額率の引き上げや不交付の厳格化などメリハリある財政支援を行うことで、一層の入学定員の適正化を求めていく方針。

 出席した委員からは適用が令和5年度からになることで、それまでの“駆け込み”的な申請に懸念も示された。

 そのほか、地域偏在に対応するための例外措置に対しては「その都道府県になければ薬剤師は確保できないのか」「薬学部で育成しても他県に就職することも考えられる」など、実効性を疑問視する声も上がった。「オンラインなどの活用を考慮すべき」との声もあった。

 今回の薬学部定員の抑制が、厚労省の薬剤師需給調査に基づいていることから、同調査の「需要」に着目することも重要との意見も出た。
 西島正弘氏(薬学教育評価機構理事長)は、「厚労省の検討会では、現在の調剤中心の薬剤師の職域を広げなければ需給問題は解決しないとの意見があった」と述べ、とりまとめ案にも薬剤師の職域拡大の重要性を記載してほしいと求めた。

 厚労省が2045年に最大で12万人の薬剤師が過剰になる可能性があるとの薬剤師の需給推計を公表したのが2021年の4月。ここから1年数カ月ほどで文科省の定員抑制制度化方針が決まったことになる。

 厚労省の対応が大きく事を動かした要因も大きく、加えて文科省の同委員会の主査である乾賢一 氏(日本薬学教育学会理事長)が薬学部の現状に強い危機感を持っていたことも促進力になったとの見立てがある。

 ただ、質の高い薬剤師をどう育成するかは、定員問題だけで解決したわけではない。
 今回のとりまとめ案にも記載されているが教職員の能力向上は不可欠。あるいは優秀な教員の確保の問題もクローズアップされている。
 厚労省の「薬剤師の養成及び資質向上等に関する検討会」とりまとめ(令和3年6月公表)でも、薬学教育が6年制に移行し大学院が4年の博士課程になってから、大学院に進学する学生が大きく減少していることを問題視している。大学院の充実と定員の確保は、教員確保問題にも直結するからだ。関係者間では、特に臨床に係る知識・経験を有する教員の育成の問題が大きくなっていくとの危機感が強く、薬剤師として働きながら博士号の取得をしやすくする方策の必要性も指摘されている。そのためには大学だけでなく、医療機関や薬局とも連携して、社会人入学を支援するシステムを構築することが期待されている。

 加えて今後は、厚労省における詳細な需給調査も重要度を増すことになる。今後の新設・定員増の例外措置と直結することもあるが、基本的な薬剤師の確保の側面からも都道府県ごとの需給バランスが問われることになるだろう。一方で、薬学部に“空白”都道府県があることは、この詳細な育成バランス問題において、医学部のように簡単にはいかないハードルとなることが見込まれる。
 今後も関係者が一丸となった議論、取り組みが望まれる。

この記事のライター

関連するキーワード


薬学部

関連する投稿


【薬剤師養成懇】薬剤師会山本会長、コアカリ改訂でコロナワクチン対応の検討を要望

【薬剤師養成懇】薬剤師会山本会長、コアカリ改訂でコロナワクチン対応の検討を要望

【2022.02.14配信】厚生労働省は2月14日、「第21回 新薬剤師養成問題懇談会」を開いた。この中で文科省が「令和4年度版 薬学教育モデル・コア・カリキュラム」を説明。医学・歯学とほぼ足並みをそろえる骨子となっており、これを受けて日本薬剤師会会長の山本信夫氏は「(コロナワクチンの )接種が叫ばれた中で特に問題なくクリアしてしまうように思える」と述べ、文科省の見解を尋ねた。これに対し文科省は「薬剤師として現状、認められていない行為については、コアなものとして触れるべきではないと考えております」と回答。山本会長は大学間のばらつきが生じることを避ける意味でも検討を求めた。


【薬剤師養成懇】薬剤師会山本会長、「文科省として薬学部入学定員を減らす方針か」/夏までの結論を強く求める

【薬剤師養成懇】薬剤師会山本会長、「文科省として薬学部入学定員を減らす方針か」/夏までの結論を強く求める

【2022.02.14配信】厚生労働省は2月14日、「第21回 新薬剤師養成問題懇談会」を開いた。この中で日本薬剤師会会長の山本信夫氏が数多く発言し、文科省として入学定員を減らす方針なのかどうかを問いただす場面があった。文科省では今夏に「薬学部教育の質保証に係る調査に関するとりまとめ」の公表を予定しており、そこでの方針明確化を求めたもの。2021年6月に厚労省の検討会では入学定員に関して「対応策を実行すべき」と明記した一方、文科省の2021年12月の中間とりまとめでは「方策を検討する必要があるのではないか」との表現にとどまっている。こうした温度差への憤りが背景にあると考えられる。


【薬剤師会】「当面の課題」8項目を整理/OTC薬リスク区分のあり方見直しを提言/「自動的にネット販売が可能となる現行の仕組み見直しを」

【薬剤師会】「当面の課題」8項目を整理/OTC薬リスク区分のあり方見直しを提言/「自動的にネット販売が可能となる現行の仕組み見直しを」

【2022.01.19配信】日本薬剤師会は1月19日、定例会見を開き、「当面の課題」8項目を整理、提示した。この中で、OTC薬リスク区分のあり方見直しを提言し、「自動的にネット販売が可能となる現行の仕組み見直しを」とした。


【薬局薬剤師と“性と生殖”】3カ国調査を実施/城西国際大学山村教授/7月にも公表予定

【薬局薬剤師と“性と生殖”】3カ国調査を実施/城西国際大学山村教授/7月にも公表予定

【2021.06.28配信】緊急避妊薬の薬局での販売議論を契機の一つとして、薬剤師と“性と生殖”への関わりが注目を集めている。こうした中、城西国際大学薬学部教授の山村重雄氏は「『性と生殖に関する健康』に関するサービス提供〜薬局薬剤師の役割と国際比較」の調査を実施。カナダ(アルバータ大学)とタイ(チュラロンコン大学)、そして日本の3カ国による共同研究となる。すでに日本では529人の薬局薬剤師が回答し、集計済み。今後、各国で打ち合わせを行った上で早ければ7月中にも公表の予定だ。本稿では山村教授のインタビューをお届けする。山村氏は「想像していた以上に薬局薬剤師は性と生殖に関する健康サービスに高い関心を持っている」と指摘する。


【薬剤師養成検討会】文科省が「薬学部入学定員の抑制」検討を明言

【薬剤師養成検討会】文科省が「薬学部入学定員の抑制」検討を明言

【2021.06.16配信】厚生労働省は6月16日、「第10 回薬剤師の養成及び資質向上等に関する検討会」(薬剤師養成検討会)を開催した。この中で、文部科学省が発言し、「入学定員数の抑制も含め教育の質の向上に資する、適正な定員規模のあり方や仕組みなどを早急に検討すべきである」とのとりまとめ案への踏み込んだ表現を提案したと説明した。前回の検討会での委員からの指摘に関して「真摯に受け止めている」という文科省の姿勢を示したもの。ただ、これに対し、日本薬剤師会の副会長の安部好弘氏は「これでは足りない」とさらなる表現を要望。「検討」だけでなく「対応策の実行」の明記を求めた。


最新の投稿


【地域連携薬局】56%が大規模チェーン薬局の取得/日本保険薬局協会調べ

【地域連携薬局】56%が大規模チェーン薬局の取得/日本保険薬局協会調べ

【2022.08.12配信】日本保険薬局協会は8月10日、定例会見を開き、認定薬局に関する調査を公表した。それによると、地域連携薬局認定の2664軒のうち、55.5%に当たる1479軒が「300薬局以上」の大規模チェーン薬局グループの認定であることが分かった。


【後発医薬品】薬局の加算“不算定”、じわり増加/日本保険薬局協会調べ

【後発医薬品】薬局の加算“不算定”、じわり増加/日本保険薬局協会調べ

【2022.08.12配信】日本保険薬局協会は8月10日、定例会見を開き、医療制度検討委員会による調剤報酬改定の影響調査を公表した。それによると、後発医薬品調剤体制加算の算定率が減少していた。改定前は「加算なし」は21.4%だったものが、改定後は27.3%となっていた。75%以上の加算区分がなくなったことの影響だが、供給不安定化の問題も無関係とはいえない。不算定薬局では今後、後発医薬品使用のインセンティブが働かなくなることも懸念される。一方、90%以上という新区分を算定する薬局も18.4%あった。


【中医協答申】オンライン資格確認の評価/薬局にマイナ保険証持参なら1点、ない場合は3点/新設の「医療情報・システム基盤整備体制充実加算」

【中医協答申】オンライン資格確認の評価/薬局にマイナ保険証持参なら1点、ない場合は3点/新設の「医療情報・システム基盤整備体制充実加算」

【2022.08.10配信】厚生労働省は8月10日、中央社会保険医療協議会総会を開き、オンライン資格確認に関する診療報酬上の評価を議論した。事務局は現行の「電子的保健医療情報活用加算」を廃止した上で、マイナンバー保険証を持参した患者の負担を軽くする案を提示した。


【サツドラHD】子会社のサッポロドラッグストアーの代表取締役異動

【サツドラHD】子会社のサッポロドラッグストアーの代表取締役異動

【2022.08.09配信】サツドラホールディングスは8月9日、 同日開催の定時株主総会及び取締役会において、子会社サッポロドラッグストアーの代表取締役及び取締役の異動を行うことを決議し公表した。


【医薬品制度部会】論点は3つ/「外部委託」「処方箋40枚規制」「敷地内薬局」

【医薬品制度部会】論点は3つ/「外部委託」「処方箋40枚規制」「敷地内薬局」

【2022.08.09配信】厚生労働省は8月5日、「令和4年度第1回厚生科学審議会医薬品医療機器制度部会」を開催した。この中で「薬局薬剤師の業務及び薬局の機能に関するワーキンググループ」(WG)とりまとめが報告されたが、日本薬剤師会(日薬)副会長の森昌平氏は、制度に関わる論点として「外部委託」「処方箋40枚規制」「敷地内薬局」の3つを挙げた。


ランキング


>>総合人気ランキング