【M&A】ウエルシアHD、沖縄県のふく薬品子会社化/沖縄へ進出/ドラッグストア17店舗、調剤薬局7店舗

【M&A】ウエルシアHD、沖縄県のふく薬品子会社化/沖縄へ進出/ドラッグストア17店舗、調剤薬局7店舗

【2022.07.22配信】ウエルシアホールディングスは7月22日、同日開催した取締役会において、ふく薬品の株式245株(52.58%)を取得し、子会社化することを決議したの。ふく薬品は、沖縄県内にドラッグストア 17 店舗、調剤薬局7店舗を有している。


 ウエルシアホールディングスは、地域の有力企業とのグループ化により質と規模を拡充し、ウエルシアモデルを中心
とした施策を推進している。
 
 ふく薬品は、沖縄県内に 25 店舗(2022 年 3 月末時点、ドラッグストア 17 店舗、調剤薬局7店舗、コンビニエンスストア 1 店舗)を展開しており、1978 年の創業以来、長きにわたり、地域に根差した企業として高い信頼を得ているという。

 沖縄エリアはウエルシアHDがこれまで出店していないエリア。「人口の継続増加」や「全国一の出生率」という優位性ある消費環境があるとする。ウエルシアHDは、ふく薬品が沖縄県で培ってきた信用力に、同社グループのノウハウや人材等の経営資源をプラスすることで、沖縄エリアにおいて経営規模の拡大と経営体質の強化が見込まれると考え、株式取得に至ったものとしている。

 ふく薬品の概要は以下の通り。
(1)名称 株式会社ふく薬品
(2)所在地 沖縄県那覇市泉崎二丁目3番地3
(3)代表者の役職・氏名 代表取締役社長 田仲 康晃氏
(4)事業の内容 ドラッグストアの運営
(5)資本金 20 百万円
(6)設立年月日 1989 年 4 月 1 日
(7)大株主及び持分比率 田仲康晃 246 株(52.79%)
(8)上場企業と当該会社との関係 資本関係 該当事項はない。人的関係 該当事項はない。取引関係 該当事項はない。関連当事者への該当状況 該当事項ない。
(9)直近の経営成績及び財政状態
決算期 2022 年 3 月期
純資産 667 百万円
総資産 1,984 百万円
1株当たり純資産 1,433,398 円 40 銭
売上高 6,975 百万円
営業利益 99 百万円
経常利益 105 百万円
当期純利益 52 百万円
1株当たり当期純利益 111,977 円 42 銭
1株当たり配当金 -
(注)株式譲渡実行日前までに、ふく薬品のグループ会社である「株式会社サンキュウファーマシー」(2 店舗の調剤専門店を運営)をふく薬品が完全子会社化し、吸収合併する予定。
 なお上記(9)は、株式会社サンキュウファーマシーの数値を合算している。

 取得株式数、取得価額及び株式取得前後の所有株式数の状況は以下の通り。
(1)異動前の所有株式数 0株(議決権の数:0個)(議決権の所有割合:0%)
(2)取得株式数 245 株
(3)異動後の所有株式数 245 株(議決権の数:245 個) (議決権の所有割合:52.58%)
 取得価格につきましては、機密保持契約により非開示としているが、ディスカウンテッド・キャッシュ・フロー法(DCF 法)による第三者の株式価値算定結果を勘案し、相手先との合意により決定している。

 株式取得の相手先の概要は株式取得の相手先は個人株主4名。

 日程は以下の通り。
(1)取締役会決議日 2022 年 7 月 22 日
(2)株式譲渡契約締結日 2022 年 7 月 22 日
(3)株式譲渡実行日 2022 年 12 月 1 日(予定)

 本件による当社の 2023 年2月期業績に与える影響については、現時点で軽微であると認識しているが、公表すべき事項が発生した場合には、速やかに告知する予定。

この記事のライター

関連する投稿


【配送車両やCO2削減へ】ウエルシアとツルハ、青森県で共同配送開始

【配送車両やCO2削減へ】ウエルシアとツルハ、青森県で共同配送開始

【2022.10.25配信】ウエルシア薬局擁するウエルシアグループと、ツルハ薬局擁するツルハグループは、物流課題解決とCO2排出量削減のため、青森県下北エリアにおいて共同配送を開始すると公表した。


【ウエルシアHD】決算説明会/松本社長「調剤を中心にしたウエルシア独自のヘルスケアエコシステム」構築目指す

【ウエルシアHD】決算説明会/松本社長「調剤を中心にしたウエルシア独自のヘルスケアエコシステム」構築目指す

【2022.10.06配信】ウエルシアホールディングスは10月6日、2023年2月期第2四半期の連結業績(2022年3月1日~2022年8月31日)の説明会を開催した。説明にあたった松本忠久社長は、今後の取り組みとして、「調剤を中心としたウエルシア独自のヘルスケアエコシステムを考えている」と話した。医療機関など関連機関とも連携し、受診勧奨なども組み込んだ「エコシステム」を構築していく考えを示した。


【M&A】クスリのアオキHD、三崎ストアー(金沢市)のスーパー事業を譲受

【M&A】クスリのアオキHD、三崎ストアー(金沢市)のスーパー事業を譲受

【2022.10.03配信】クスリのアオキホールディングスは10月3日、同日開催の取締役会において、株式会社三崎ストアーとの間で、三崎ストアーが行うスーパーマーケット事業を同社子会社である株式会社クスリのアオキが譲り受ける事業譲渡契約を締結することを決議したと公表した。


【M&A】地域ヘルスケア連携基盤、フラント社の株式取得/群馬県太田市11薬局運営

【M&A】地域ヘルスケア連携基盤、フラント社の株式取得/群馬県太田市11薬局運営

【2022.09.08配信】株式会社地域ヘルスケア連携基盤(東京都中央区、代表取締役:武藤真祐氏・国沢勉氏、CHCP)は、グループ会社を通じて、調剤薬局 11 店舗を運営する株式会社フラント(群馬県太田市、代表取締役:石塚雅彦氏)の株式を取得したと公表した。


【イオン九州とウエルシアHD】合弁会社「イオンウエルシア九州」設立/食品と調剤融合した新業態開発/2030年までに200店舗、1800億円目指す

【イオン九州とウエルシアHD】合弁会社「イオンウエルシア九州」設立/食品と調剤融合した新業態開発/2030年までに200店舗、1800億円目指す

【2022.09.01配信】イオン九州(本社:福岡県福岡市博多区、代表取締役社長:柴田 祐司氏)とウエルシアホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松本 忠久氏)は、9月1日付けで合弁会社「イオンウエルシア九州」を設立したと公表した。出資比率は、イオン九州51%、ウエルシアホールディングス49%。同日会見した両社は、まずは福岡県で出店し、九州エリアへの出店拡大を図る方針を示した。「最低でも2030年までに200店舗、1800億円を目指したい」との考え。生鮮・デリカと調剤を発展的に融合した新業態の開発を行うとした。


最新の投稿


【薬局業界ニュースは薬剤師国家試験出題に関係ない?】業界紙記者×国試対策校の対談

【薬局業界ニュースは薬剤師国家試験出題に関係ない?】業界紙記者×国試対策校の対談

【2022.12.02配信】このほど、業界紙「ドラビズon-line」は、「薬局業界ニュースは薬剤師国家試験出題に関係ない?」をテーマに、薬剤師国家試験対策校のメディセレ社長の児島惠美子氏と紙上対談を実施しました。


【厚労省】後発薬の数量シェアを公表/令和4年薬価調査結果

【厚労省】後発薬の数量シェアを公表/令和4年薬価調査結果

【2022.12.02配信】厚生労働省は12月2日、中医協薬価専門を開き、その中で令和4年薬価調査の速報値として、後発医薬品の数量シェアが約79.0%だったと報告した。


【厚労省】令和4年9月の薬価乖離率(速報値)を公表

【厚労省】令和4年9月の薬価乖離率(速報値)を公表

【2022.12.02配信】厚生労働省は12月2日、中医協薬価専門部会を開いた。この中で、令和4年薬価調査結果の速報値を公表した。平均乖離率は約7.0%だったとした。


【経済財政諮問会議】DXに続いて“HX”登場/民間議員提唱

【経済財政諮問会議】DXに続いて“HX”登場/民間議員提唱

【2022.12.02配信】12月1日に開かれた経済財政諮問会議で、民間議員は社会保障における「経済・財政一体改革における重点課題」を提起した。その中で、医療・介護分野におけるDX推進に加え、「ヘルスケア・医薬産業の成長力強化」を“HX”として記載し、その推進を提唱した。


【経済財政諮問会議】「令和5年度予算編成の基本方針」を答申/DX等への投資や全世代型社会保障の構築明記

【経済財政諮問会議】「令和5年度予算編成の基本方針」を答申/DX等への投資や全世代型社会保障の構築明記

【2022.12.02配信】政府は12月1日、第15回経済財政諮問会議を開催し、「令和5年度予算編成の基本方針」を決定した。令和5年度予算編成に当たっては、“令和4年度第2次補正予算と一体として”とし、「経済財政運営と改革の基本方針 2022」に沿って、足元の物価高を克服しつつ、経済再生を実現するとし、DX等への投資や全世代型社会保障の構築を明記した。


ランキング


>>総合人気ランキング