【日本チェーンドラッグストア協会】「ドラッグストアショー東京開催で認知拡大期待」大賀実行委員長

【日本チェーンドラッグストア協会】「ドラッグストアショー東京開催で認知拡大期待」大賀実行委員長

【2022.07.15配信】日本チェーンドラッグストア協会は7月15日、ドラッグストアショー開催に関する会見を開いた。これまで長らく千葉県の幕張メッセを会場としてきたが、今年は東京の「東京ビッグサイト」を会場とする。実行委員長を務める大賀崇浩氏(大賀薬局社長)は、東京が会場になることでより認知が拡大することに期待を寄せた。


 概要説明のあと、記者から「東京が会場になったことについて、どのようなメリットを想定しているか」との質問が出ると、大賀実行委員長は幅広い層からの来場を期待できることを挙げた。
 「例えばビッグサイトでは同じ期間に鉄道のイベントなども隣で開かれている。また、周辺には新しいホテルもたくさんあるので、ホテルへの告知も強化したい。こういったことを通して、これまでドラッグストアショーを知らない、日本チェーンドラッグストア協会を知らない、という人でも来場してみようと思っていただける可能性が広がるのではないか」と期待を込めた。
 加盟社でもアクセスのよい東京会場になることで、参加数が増えることも考えられるとした。
 加えて、「情報を欲しているインフルエンサーの方も来場しやすいと思うので、来場いただき情報発信していただけることを期待したい」(大賀社長)と話した。

 今回はビジネス会場を別途設ける。これについては、「出展社も商談に集中した取り組みができる」(大賀社長)とした。「RFIDやスマートサプライチェーンとは何ぞやということなども知っていただきたいし、SDGsなども好事例の共有につながったら」と話した。
 
 オンライン開催となった前回の開催では、従来以上に一般からの参加があったとし、「オンライン開催ではリアル開催よりも一般参加者の比率が高くなるようだ」とし、リアルとオンラインの両方を行う今回の開催でも一般から多くの来場者を得る可能性を指摘した。

 コロナ禍でオンライン開催などで、ここ数年は開催方法で紆余曲折のあったドラッグストアショー。しかし、大賀実行委員長は、「この間に各社のアプリも発達し、情報発信能力が高まった」など良い面もあったと振り返った。こうした情報発信能力向上が今年も加盟各社の来店客へ向けたアピールになるだろうとの見方を示した。

 開催時期が夏になったことも、ドラッグストアの売り上げが最大ボリュームとなる冬に向かって、秋冬商品の絶好のアピールタイミングになるのではないかとの思惑も披露した。

 個人的には特に「子供が楽しめるショーにしたい」とし、「子供が笑顔なら大人も笑顔になれると思っている」と話していた。

 大賀実行委員長が社長を務める大賀薬局は、薬剤師のヒーロー「薬剤戦師オーガマン」を生み出した企業として全国的に知られている。オーガマンの使命は、子どもたちに残薬問題を考えてもらうなどの薬育。そんな大賀氏が実行委員長を務める今年のドラッグストアショーは、一般の来場者にとっても楽しみながらドラッグストアについて知ることができるイベントになりそうだ。

オンラインで会見に臨んだ大賀崇浩氏(大賀薬局社長)

この記事のライター

関連する投稿


【ドラッグストア協会】「濫用のおそれのある医薬品」対象拡大への準備を会員通知/456品目から1275品目に対象品目拡大

【ドラッグストア協会】「濫用のおそれのある医薬品」対象拡大への準備を会員通知/456品目から1275品目に対象品目拡大

【2022.11.18配信】日本チェーンドラッグストア協会は11月18日に定例会見を開き、11月2日付けで「濫用のおそれのある医薬品」の範囲の拡大について万全の準備を周知する事務連絡を会員企業に発出したことを報告した。協会によると来年2月にも対象が456から1275に品目に大幅に拡大するとして、協会は店頭の準備には時間を要するとの考え。そのため公的な発表を待たずに協会会員企業へ発出したと説明した。


【ドラッグストア協会】OTC第1類医薬品の医薬品登録販売者による販売要望/自民党「予算・税制等に関する政策懇談会」で

【ドラッグストア協会】OTC第1類医薬品の医薬品登録販売者による販売要望/自民党「予算・税制等に関する政策懇談会」で

【2022.11.09配信】日本チェーンドラッグストア協会は11月8日、自民党の「予算・税制等に関する政策懇談会」で政策に関する要望を行った。インフルエンザ用検査キットのスイッチOTC化などのほか、OTC第1類医薬品の医薬品登録販売者による販売を求めている。


【ドラッグストア協会】ドラッグストア産業の新予測公表、2030年に13兆円規模へ

【ドラッグストア協会】ドラッグストア産業の新予測公表、2030年に13兆円規模へ

【2022.10.21配信】日本チェーンドラッグストア協会は10月21日に定例会見を開き、産業規模としての新予測を公表した。2030年に売上13兆円、店舗数は3万5000店舗になるとした。


【店頭トレンド発信】3年振りのリアル開催だったドラッグストアショーの魅力を振り返る

【店頭トレンド発信】3年振りのリアル開催だったドラッグストアショーの魅力を振り返る

【2022.10.19配信】2022年8月、東京ビックサイトで第22回JAPANドラッグストアショーが開催された。ドラッグストアショーとは医薬品・化粧品・日用雑貨などドラッグストアで扱う商品が一堂に会するアジア最大級の展示会だ。ドラッグストア業界にかかわりのある数多くのアイテムと取り組みが展示対象であり、ドラッグストアの魅力を最大規模で届けてくれる一大イベントとなっている。今回は約3年振りのリアル開催として再始動を遂げたドラッグストアショーに潜入。開催を重ね、規模を拡大し続けたドラッグストアショーの魅力を振り返る。【記事=登録販売者ライター・「梨さん」】


【ドラッグストア協会】コロナ自宅療養者に対応するOTC解熱剤服用の成分名明示を報告

【ドラッグストア協会】コロナ自宅療養者に対応するOTC解熱剤服用の成分名明示を報告

【2022.09.16配信】日本チェーンドラッグストア協会は9月16日、定例会見を開き、コロナ自宅療養者に対応するOTC解熱剤服用に関して、厚労省から成分名が明示されたことを報告した。


最新の投稿


【薬局業界ニュースは薬剤師国家試験出題に関係ない?】業界紙記者×国試対策校の対談

【薬局業界ニュースは薬剤師国家試験出題に関係ない?】業界紙記者×国試対策校の対談

【2022.12.02配信】このほど、業界紙「ドラビズon-line」は、「薬局業界ニュースは薬剤師国家試験出題に関係ない?」をテーマに、薬剤師国家試験対策校のメディセレ社長の児島惠美子氏と紙上対談を実施しました。


【厚労省】後発薬の数量シェアを公表/令和4年薬価調査結果

【厚労省】後発薬の数量シェアを公表/令和4年薬価調査結果

【2022.12.02配信】厚生労働省は12月2日、中医協薬価専門を開き、その中で令和4年薬価調査の速報値として、後発医薬品の数量シェアが約79.0%だったと報告した。


【厚労省】令和4年9月の薬価乖離率(速報値)を公表

【厚労省】令和4年9月の薬価乖離率(速報値)を公表

【2022.12.02配信】厚生労働省は12月2日、中医協薬価専門部会を開いた。この中で、令和4年薬価調査結果の速報値を公表した。平均乖離率は約7.0%だったとした。


【経済財政諮問会議】DXに続いて“HX”登場/民間議員提唱

【経済財政諮問会議】DXに続いて“HX”登場/民間議員提唱

【2022.12.02配信】12月1日に開かれた経済財政諮問会議で、民間議員は社会保障における「経済・財政一体改革における重点課題」を提起した。その中で、医療・介護分野におけるDX推進に加え、「ヘルスケア・医薬産業の成長力強化」を“HX”として記載し、その推進を提唱した。


【経済財政諮問会議】「令和5年度予算編成の基本方針」を答申/DX等への投資や全世代型社会保障の構築明記

【経済財政諮問会議】「令和5年度予算編成の基本方針」を答申/DX等への投資や全世代型社会保障の構築明記

【2022.12.02配信】政府は12月1日、第15回経済財政諮問会議を開催し、「令和5年度予算編成の基本方針」を決定した。令和5年度予算編成に当たっては、“令和4年度第2次補正予算と一体として”とし、「経済財政運営と改革の基本方針 2022」に沿って、足元の物価高を克服しつつ、経済再生を実現するとし、DX等への投資や全世代型社会保障の構築を明記した。


ランキング


>>総合人気ランキング