【クスリのアオキHD決算説明会】調剤を積極展開/今期100薬局の開局を継続/来年4月に150名の新卒薬剤師の採用計画

【クスリのアオキHD決算説明会】調剤を積極展開/今期100薬局の開局を継続/来年4月に150名の新卒薬剤師の採用計画

【2022.07.13配信】クスリのアオキホールディングスは7月13日に決算説明会を開催した。この中で、中期経営計画について説明した青木宏憲社長は、調剤事業の積極展開を継続していく考えを示した。今期、100薬局の開局を継続。来年4月に150名の新卒薬剤師の採用を計画しているとした。


 同社は中期経営計画「Vision2026」を昨年からスタートしている。2026年5月期に売上高5000億円を目指すもの。青木社長は「数値ありき、力まかせで進めるのではなく、ビジョンや重点施策を実現することでお客様に支持をされることで5000億円を達成したい」と話した。

 その上で、初年度の取り組み総括と2年目からの今期見通しを説明した。

 中計では重点施策を3つ掲げている。
 1つはフード&ドラッグへの転換、2つ目が調剤併設率70%、3つ目がドミナント化への移行だ。

 1つ目の「フード&ドラッグ」に関しては、これまでのメインフォーマットであった300坪タイプから新しいフォーマットである400坪フォーマットへの転換を進めることで生鮮売場の充実を目指す考え。これまでは300坪タイプと450坪タイプがあったが、300坪では同質化競争に巻き込まれやすく、450坪では多店舗展開ができない課題があったとした。2020年10月に1号店を出店した400坪タイプでは他社との差別化ができる手ごたえを感じているとして、前期出店数では理想とする50%の比率で400坪タイプの出店ができており、多店舗化できることも確認できたとする。
 野菜、肉の品揃えを強化することで「スーパーに行かなくても夕食の買い物ができる」店舗を目指す。
 今期中に400坪タイプの完成を目指し、年末までに300坪タイプから400坪への改装店舗として、250店舗を目指す。3年間かけて300坪タイプをすべて400坪へ転換する。

 2つ目の「調剤」については、生鮮強化で集客力が強化されているものの、信頼と利益獲得には必須との考え。
 中計の初年度である前期は「ロケットスタート」をしたいとの思惑から、同社初となる年間3桁である100薬局の開局を実施。2年目となる今期も100薬局の開局を継続する。
 併設率は今期末で61.8%を見込み、中計の目標である併設率70%へ向けて順調に進捗しているとした。

 同社は新店では調剤室を設けた設計にしているため、開局への追加投資は最小限で済むという。またドラッグストアの売り場を縮小する必要もないため、開局によって売上の上乗せが可能とした。

 調剤併設の最大の課題として新卒薬剤師の採用を挙げたが、昨年4月に100名の採用がかなったといい、今年4月には141名を採用した。さらに、来年4月には150名の採用を計画しているという。

 3つ目の重点施策である「ドミナント化への移行」については、これまでのエリア拡大、高速出店の方針を転換し、既存営業エリアにおけるドミナントを強化する。
 出店についても前期は102店舗の過去最高となったが、今期は90店舗とする。ただ、400坪タイプへの改装を実施するため、実質的な売り場の拡大は継続される見込み。
 店舗増加率は前期12.3%、今期9.3%の計画だが、店舗大型化を考慮すると売り場増加率は15.4%の計算になるという。
 投資額も前期を上回る302億円を計画する。
 出店も既存エリアを強化。自社競合により売上引き下げ圧力がかかるが「地場固めが将来的な利益につながる」との考え。
 出店ではM&Aも拡充する。エリアごとのM&Aによって生鮮MDを充実させるほか、好立地物件の獲得を目指す。過去のスーパーマーケットのM&Aでも、ドラッグ店への改装を実施している。地場スーパーマーケットのM&Aは継続していく考え。

 同社では中計において、“ありたい姿”として、「あなたの町で便利な暮らしと笑顔につながる健康を支えるドラッグストア」を掲げており、「もっと便利に ずっと笑顔で」をキャッチフレーズにしている。

この記事のライター

関連する投稿


【M&A】クスリのアオキHD、三崎ストアー(金沢市)のスーパー事業を譲受

【M&A】クスリのアオキHD、三崎ストアー(金沢市)のスーパー事業を譲受

【2022.10.03配信】クスリのアオキホールディングスは10月3日、同日開催の取締役会において、株式会社三崎ストアーとの間で、三崎ストアーが行うスーパーマーケット事業を同社子会社である株式会社クスリのアオキが譲り受ける事業譲渡契約を締結することを決議したと公表した。


【クスリのアオキHD】8月1日〜の3日間で12店舗を出店・開局・改装オープン

【クスリのアオキHD】8月1日〜の3日間で12店舗を出店・開局・改装オープン

【2022.08.03配信】クスリのアオキホールディングスは8月1日から3日までの3日間で、12店舗を出店、もしくは開局、改装オープンする。長野県、栃木県、静岡県、滋賀県、愛知県、福島県、岩手県など。東北、関東、北陸甲信越、東海、近畿の幅広いエリアへの出店となっている。


【クスリのアオキHD】M&A推進へ、組織変更/担当3課を設ける

【クスリのアオキHD】M&A推進へ、組織変更/担当3課を設ける

【2022.05.12配信】クスリのアオキホールディングスは5月12日、同日開催の取締役会において組織変更と人事異動を決定した。組織変更では、M&A推進へ、担当3課を設ける。


【クスリのアオキHD】第3四半期末までに100薬局開設/併設店は460店となり併設率58.1%に/22年5月期第3四半期決算

【クスリのアオキHD】第3四半期末までに100薬局開設/併設店は460店となり併設率58.1%に/22年5月期第3四半期決算

【2022.03.30配信】クスリのアオキホールディングスは3月30日、2022年5月期第3四半期の連結業績(2021年5月21日~2022年2月20日)を公表した。それによると、2022年5月期第3四半期末までにドラッグストア併設調剤薬局を100薬局、新規に開設。ドラッグストア792店舗のうち、調剤薬局併設は460店舗となった。併設率は約6割になる。


【第2四半期決算】クスリのアオキHD、売上高1611億9200万円(前年同期は1507億1600万円)

【第2四半期決算】クスリのアオキHD、売上高1611億9200万円(前年同期は1507億1600万円)

【2022.01.04配信】クスリのアオキホールディングスは1月4日、2022年5月期第2四半期の連結業績(2021年5月21日~2021年11月20日)を公表した。それによると、売上高は1611億9200万円(前年同期は1507億1600万円)、営業利益68億500万円(前年同期は84億8100万円)、経常利益71億3700万円(前年同期は87億4800万円)、親会社株主に帰属する四半期純利益46億9400万円(前年同四半期は64億3500万円)だった。「収益認識に関する会計基準」を今期から適用しており、前年同期比(%)は記載していない。


最新の投稿


【厚労省】処方箋保存期間の検討を提示/薬局検討会

【厚労省】処方箋保存期間の検討を提示/薬局検討会

【2024.07.19配信】厚生労働省は、現在3年間となっている処方箋の保存期間について見直す方針を示した。「第7回薬局・薬剤師の機能強化等に関する検討会」で提示した。診療録の保存期間が5年となっている中、電子処方箋については処方箋を調剤済みとなった日から5年間保存するサービスを提供しているなどの環境変化を挙げている。今後、制度部会で議題とする方針。


【コンソーシアム】大阪市から調剤外部委託で4社8薬局が確認通知受領を公表

【コンソーシアム】大阪市から調剤外部委託で4社8薬局が確認通知受領を公表

【2024.07.19配信】薬局DX推進コンソーシアムは7月19日、大阪市から調剤業務一部委託事業の確認通知を受け取ったと公表した。


【日本保険薬局協会】健康サポート薬局と地域連携薬局「違いない」/厚労省検討会に意見書

【日本保険薬局協会】健康サポート薬局と地域連携薬局「違いない」/厚労省検討会に意見書

【2024.07.19配信】日本保険薬局協会は7月19日に開かれた厚労省「第7回 薬局・薬剤師の機能強化等に関する検討会」で意見書を提出した。「健康サポート薬局、地域連携薬局、地域支援体制加算届出薬局が描く薬局像は、小異こそあれ、分立させるほどの違いはない」とした。


【コスモス薬品】調剤事業、「低収益の調剤の姿になった時」が参入好機との見解

【コスモス薬品】調剤事業、「低収益の調剤の姿になった時」が参入好機との見解

【2024.07.18配信】コスモス薬品は7月18日に2024年5月期決算説明会を開催した。


【中医協】医療DX推進体制加算、10月から3区分に/マイナ保険証利用率に応じて

【中医協】医療DX推進体制加算、10月から3区分に/マイナ保険証利用率に応じて

【2024.07.17配信】厚生労働省は7月17日に中央社会保険医療協議会(中医協)総会を開催し、医療DX推進体制整備加算の取り扱いについて議論した。


ランキング


>>総合人気ランキング