【店頭トレンド発信】解析!メガドラッグストアの先駆者、カワチ薬品の特長と強さ

【店頭トレンド発信】解析!メガドラッグストアの先駆者、カワチ薬品の特長と強さ

【2021.06.29配信】カワチ薬品は1967年に設立した栃木生まれのドラッグストアだ。400坪以上の大型店を中心に店舗を展開。1000坪以上の広さを持つ大型店も所有し、メガドラッグストア形態を主流とする。売上規模もメガ級で、カワチ薬品一店舗の売り上げ平均は一般的なドラッグストアの約2倍ともいわれる。交通量の多い沿線での出店が多いため、東京での出店はわずか1店舗。都心ではなかなか見かけることがない企業だが、ドラッグストア市場ではトップ10クラスであり、これからの成長が期待される企業のひとつだ。今回はカワチ薬品の強さを考察。メガドラッグストアのポイントも盛り込んでレポートする。【記事=登録販売者ライター・「梨さん」】


1,ホームセンターの組み合わせたような過去最大スケールの売り場

 400坪から1000坪のメガドラッグストアを運営しているだけあり、売り場面積はこの「店頭トレンド発信」記事シリーズの史上最大。

 これまで様々な店舗を観察し、強みとして取り扱う商品の多さを取り上げた記事も多かったが、今回はその比ではない商品数だ。

 カワチ薬品では一般的なカテゴリの医薬品・化粧品・食品・飲料ほか、日用雑貨・ベビー用品・文房具・園芸用品・防災用品・収納グッズ・靴・洋服・介護衣料・杖・車いす・お中元ギフトなど…生鮮食品を除くほぼすべてをひとつのお店で揃えられるようになっている。
 また、いつでも買いに来られるようにほぼすべての商品が定番化されているのも驚きだ。定番とは商品の場所が決まっている売り場のことを指す。シーズン毎に商品の入れ替えをするエンド売り場とは違い、定番は通年売り場が固定されているため、季節に左右されず、安定的に商品を陳列・販売出来る。

 カワチ薬品では需要のあるカテゴリを積極的に定番採用しているようで、見学した店舗では文房具コーナーの定番ゴンドラ10本以上、ドラッグストアのメイン商材ではないお中元ギフトも何十種類も展開のうえ、酒・和菓子・洗剤など種類も選べて百貨店並みの取扱い。
 医薬品・化粧品関わらず、どのカテゴリも大ボリュームで展開され、どんな些細な商材でも「需要があるからとりあえず売れ筋だけ置いておこう…」というような消極的な姿勢は見えない。お客様に満足してもらえるよう、種類豊富に用意してくれる気遣いがあり、脇役的なカテゴリも主役級の扱いをしてくれる売り場だった。
 
 ドラッグストアの主要品であるビューティケア・日用雑貨の売り場もとにかくすごい。

 シャンプーのペアパックや洗剤の二個パック三個パックは当たり前。
 増量品や限定デザイン商品もこれでもかというほど大きく陳列されている。通常品よりも限定品や増量品のほうが多いのでは…という印象を持つほどで、ビッグサイズばかりの売り場の勢いに圧倒される。
 個人的に驚いたのは、赤ちゃんのミルク缶2個パックが定番採用されていたことだ。限られた定番スペースにどう商品を詰め込むか悩むことの多いドラッグストア店員にとって、贅沢な定番の使い方で心底うらやましい限りだった。

 ドラッグストアとホームセンターが合体したような売り場で圧倒的な品揃えを実現するカワチ薬品。強さのポイントは『交通量の多い道路の沿線をメインに店舗を構えている点』にある。

 沿線型の店舗は自家用車での来店を想定されているため、一度に大量に買ってくれるお客さんを中心に集めることができる。買い物後に大量の買い物袋を持って、帰りの電車やバスで人目が気になる…ということもない。ひとつの店舗で買い物が済むので、効率の良い買い物を提供できるのもポイントだ。

 提供する商品を多様化し、商品との出会いを増やすことで、店内全体が購買意欲を高める売り場になっている。
 購入するきっかけが多くなることで、買い上げ点数も売り上げも伸びる。
 来店顧客を自家用車所有に絞ることで都心よりも商圏人口が広く持つことが出来るのは沿線のメガドラッグストアならではの長所だろう。

2,収容能力の高さと本部発注に応えられるキャパシティ

 次にあげられるカワチ薬品の特長はズバリ収容能力の高さだ。
 広々とした空間にはほかのドラッグストアでは見られない展開がたくさんある。

 カワチ薬品では店舗で大人用オムツのケース販売をしている。
 大型商品のケース販売を店舗直々で行うことは大変珍しく、私自身も初めて大人用オムツのケース売り場を見た。
 店頭で働くスタッフならご存知だと思うが、オムツのケース売りはとてつもなくスペースをとるため、店舗で常時ケース販売を行うのはほぼ不可能。幅も重さもあるがゆえに倉庫で管理するのも一苦労の商品だ。
 カワチ薬品のメガドラッグストアだからこそ成しえる思い切った販売方法である。
 「ケース販売は通販でやるもの」という固定概念を覆された瞬間であった。

 カワチ薬品ならではの商品、車いす売り場も新鮮だった。
 車いすが6種類以上展開し商品比較が出来るようになっている。
 私自身車いすを取り扱った経験はないが、車いすの基礎知識を得ないとお客様に商品案内ができないことを考えると、カワチスタッフの持っている知識は範囲が広く、お客様に対する理解も深いのではないかと感じた。

 他にもカワチ薬品は企業本部からの商品送り込みにも順応できるキャパシティがあるのも特長だ。
 
 ドラッグストアには『商品の送り込み』というシステムが存在する(『商品の導入』など名称は各企業によって異なる)。
 このシステムは本部判断で商品を発注し、店舗に配荷する手段のことだ。
 品薄の商品や生産数が決められている限定商材を本部で一括受注し、各店舗に均等に割り振りできるメリットがある。例としてマスク品薄時や有名ゲームキャラクターのパッケージ目薬発売時などで活躍し、安定的な供給サポートとしてよく使われる。
 デメリットは本部主体の発注のため、突発的に店舗への配荷が決まるので在庫コントロールが難しいこと、売れなかったときに在庫として抱えてしまうことだ。
 そのため、都心の小型店舗では在庫管理が難しい。送り込み量と管理できる技量、販売数がかみ合っていないと、売り場も倉庫も切迫してしまい、窮屈な店舗になってしまうのだ。
 時として悪手になるこのシステムだが、収容能力の高いカワチ薬品なら問題ない。
 在庫を管理し、捌く能力が備わっているため、急に限定品や増量品の送り込みが来ても売り場に出すスペースを設けることが出来るのだ。

 管理に時間も労力もかかる商品を店舗で円滑に販売できるのは沿線に大型店を所有するカワチ薬品の強さである。
 売り場や倉庫の狭さを言い訳にしない大胆な販売手法は都心の店舗では真似できない。在庫のカバーする能力はメガドラッグストアを所有するカワチ薬品が最も高いのかもしれない。

最後に

 カワチ薬品のこれからのビジョンとして450坪から600坪程度の小型メガドラッグの出店を計画。小型メガドラッグモデルが成功すれば東京・神奈川の郊外に店舗進出の可能性がうまれ、関東でのシェア獲得も期待できる。
 どのようにモデルを確立し、メガドラッグストアに柔軟性を持たせられるかが今後の課題だろう。
 郊外での出店が多いカワチ薬品だが、いつか東京でも気軽に見かけられる日を心待ちにしている。

この記事のライター

関連する投稿


【店頭トレンド発信】3年振りのリアル開催だったドラッグストアショーの魅力を振り返る

【店頭トレンド発信】3年振りのリアル開催だったドラッグストアショーの魅力を振り返る

【2022.10.19配信】2022年8月、東京ビックサイトで第22回JAPANドラッグストアショーが開催された。ドラッグストアショーとは医薬品・化粧品・日用雑貨などドラッグストアで扱う商品が一堂に会するアジア最大級の展示会だ。ドラッグストア業界にかかわりのある数多くのアイテムと取り組みが展示対象であり、ドラッグストアの魅力を最大規模で届けてくれる一大イベントとなっている。今回は約3年振りのリアル開催として再始動を遂げたドラッグストアショーに潜入。開催を重ね、規模を拡大し続けたドラッグストアショーの魅力を振り返る。【記事=登録販売者ライター・「梨さん」】


【カワチ薬品】栃木県と健康増進キャンペーン/歩数によって景品

【カワチ薬品】栃木県と健康増進キャンペーン/歩数によって景品

【2022.03.23配信】カワチ薬品は、栃木県などと協力して健康増進キャンペーンを行う。歩数によってポイントの付く「FUN+WALK アプリ」を提示することで同社店頭で「アミノバイタル」(味の素)をプレゼントする。「FUN+WALK アプリ」はスポーツ庁が主導するプロジェクト関連アプリ。


【店頭トレンド発信】緊急事態宣言中のドラッグストアを振り返る/目まぐるしく情報のアップデートに追われた日々

【店頭トレンド発信】緊急事態宣言中のドラッグストアを振り返る/目まぐるしく情報のアップデートに追われた日々

【2021.11.30配信】緊急事態宣言が解除されたのは2021年10月だった。この時、約半年ぶりとなる全面解除となり、酒の提供やイベントの収容人数が緩和され経済活動の動きをようやく感じられるようになった。テレビでは飲食店やライブを中心に宣言明けの変化を追う報道が多い中、宣言解除後のドラッグストアにはどのような変化があっただろうか。今回はドラッグストアの緊急事態宣言中と解除後のサービスの変化をレポートしていく。様々な店舗を観察して得られた変化はもちろん、現役ドラッグストア店員である自身の実体験も盛り込み、宣言中の店舗運営にはどのような工夫があり、変化があったのかを事細かに記していく。【記事=登録販売者ライター・「梨さん」】


【第2四半期】カワチ薬品、売上-2.8%、営業利益-31.8%/コロナ特需の反動減で

【第2四半期】カワチ薬品、売上-2.8%、営業利益-31.8%/コロナ特需の反動減で

【2021.10.26配信】カワチ薬品は、2022年3月期第2四半期の連結業績を公表した。前年同期比は売上高は2.8%減、営業利益は同31.8%減などだった。


【カワチ薬品】食品ロス削減“てまえどり”啓発を展開

【カワチ薬品】食品ロス削減“てまえどり”啓発を展開

【2021.10.05配信】カワチ薬品は、食品ロス削減活動の一環として「てまえどり」啓発を実施する。


最新の投稿


【医薬品制度部会】認定薬局、「医療制度に組み込む方がいい」/希少疾病の認定薬局の提案も/委員から

【医薬品制度部会】認定薬局、「医療制度に組み込む方がいい」/希少疾病の認定薬局の提案も/委員から

【2024.04.18配信】厚生労働省は4月18日、「令和6年度第1回 厚生科学審議会医薬品医療機器制度部会」を開催した。


【医薬品制度部会】日薬、フォローアップの重要性指摘/厚労省「GL作成中」

【医薬品制度部会】日薬、フォローアップの重要性指摘/厚労省「GL作成中」

【2024.04.18配信】厚生労働省は4月18日、「令和6年度第1回 厚生科学審議会医薬品医療機器制度部会」を開催した。


【ウエルシアHD】池野隆光氏が会長兼社長に就任

【ウエルシアHD】池野隆光氏が会長兼社長に就任

【2024.04.18配信】ウエルシアホールディングスは4月18日、「代表取締役社長選任に関するお知らせ」を公表した。


速報【アイン敷地内薬局めぐる裁判で地裁有罪判決】藤井被告懲役1年・執行猶予3年、新山・酒井両被告懲役6か月・執行猶予2年

速報【アイン敷地内薬局めぐる裁判で地裁有罪判決】藤井被告懲役1年・執行猶予3年、新山・酒井両被告懲役6か月・執行猶予2年

【2024.04.18配信】KKR札幌医療センターの敷地内薬局の整備を巡り、公契約関係競売入札妨害の罪に問われたアインファーマシーズ元代表取締役社長・酒井雅人被告、同社元取締役・新山典義被告、KKR札幌医療センター元事務部長・藤井浩之被告の判決公判が4月18日午前、札幌地裁で行われた。(ジャーナリスト・村上 和巳)


【八戸薬剤師会】調剤実績情報の共有サービスを開始へ/薬局間医薬品融通スムーズに

【八戸薬剤師会】調剤実績情報の共有サービスを開始へ/薬局間医薬品融通スムーズに

【2024.04.17配信】八戸薬剤師会(青森県)は4月17日の夜、八戸市内のホテルで「薬局会員間の調剤実績共有サービスの導入について」との説明会を会員薬局・薬剤師向けに開催した。同サービスは調剤実績情報を共有することで薬局間の医薬品融通をスムーズにすることを目的とするもの。同薬剤師会は会員薬局数149薬局だが、説明会には100名以上が参加し、関心の高さがうかがえた。


ランキング


>>総合人気ランキング