【専門医療機関連携薬局を目指して】「地域薬学ケア認定薬剤師」の暫定認定を受けて得たもの

【専門医療機関連携薬局を目指して】「地域薬学ケア認定薬剤師」の暫定認定を受けて得たもの

【2021.05.27配信】改正薬機法により今年8月から特定の機能を有する薬局の認定(地域連携薬局と専門医療機関連携薬局)が始まる。このうち、専門医療機関連携薬局では、「専門性の高い薬剤師の配置」が要件となっており、主にがん領域の知識・経験を有することの裏づけとなる学会認定として「地域薬学ケア認定薬剤師」がある。同資格の暫定認定を受けたキムラ薬局(大分県別府市)の中島美紀氏は、浅草薬剤師会(東京都)の研修会で講演し、「患者さんの治療の位置を知ることで、薬局でフォローすべき点が明確になり、少しでも患者さんの先を見通す役に立つことができるようになった」と語った。


 キムラ薬局(大分県別府市)の薬剤師・中島美紀氏が、がん領域に力を入れるきっかけになったのは、「がん医療ネットワークナビゲーター」の存在を、近隣のがん拠点病院の医師から紹介されたことだったという。「がん医療ネットワークナビゲーター」が活躍の場所として挙げていた図説が、厚労省が提示していた地域包括ケアの中の薬剤師の活躍の場所と似ており、「これはいいかも」と感じたという。

 「がん医療ネットワークナビゲーター」は日本癌治療学会が展開しているもので、そのうち「ネットワークナビゲーター」は約1時間40小間のEラーニングの受講で取得できる。
 中島氏は、「受講料も8000円と低コストながら、濃い内容となっておりがん領域に踏み込むのに、ちょうど良い」と指摘する。

 さらにコミュニケーションスキルセミナーを受けると、「シニアナビゲーター」を取得できる。
 取得後は、キムラ薬局で開いていた健康サポートルームの「ガーベラ」でも、より良いコミュニケーションが取れるようになったことを実感したという。

 「ガーベラ」は待合室から遮られた空間で、ゆっくり資料を探したり、持ち帰ったりすることができる情報提供スペースで、ここでプライバシーに配慮した相談に乗ることもできるという。

 こうした取り組みが地域で知られるようになり、がん医療ネットワークナビゲーターへの参画にも声をかけてもらうこととなったという。活動の中では、医師から、「薬局はこんなことができるのか」という驚きの声をもらうことがあったといい、薬局の活動を知ってもらう良い機会にもなったと振り返る。

 そのうち、薬機法改正で専門医療機関連携薬局制度が始まることになり、地域で正確な情報を提供していくためにも、認定を取得していこうと思い立ったとしている。

 専門医療機関連携薬局が要件として求めている専門性の高い薬剤師の学会認定としては、地域薬学ケア専門薬剤師(日本医療薬学会)と、外来がん治療専門薬剤師(日本臨床腫瘍薬学会)の2つがあるが、中島氏は念のため両方の取得を目指して活動中だ。

 「地域薬学ケア専門薬剤師」については暫定認定を受けた。「地域薬学ケア専門薬剤師」は様々な要件の他、5年間の研修が必要なため、最初の誕生は2026年になってしまう。そのため暫定認定は経過措置として設けられており、暫定認定で専門医療機関連携薬局の申請もできる。

 中島氏は「外来がん治療専門薬剤師」認定へ向けた「がん診療病院連携研修」も受けたが、ここで最も「勉強になったこと」としたのが、「監査」だ。
 化学療法の注射箋の監査は腎機能、血液検査の結果から医師の処方した投与量が適正かを監査するもの。何回投与したか、もしくはコースカウント、レジメンへの理解をすることで、必要な検査の確認を行ったり、「この値だから一段階減量でスタートなんだ」や「この値なら感染症に気をつけなければいけない」など、感覚的に理解していたものが、明確に理解できるようになったという。

 そのことにより、「患者さんが先を見通せるようなお役に少しでも立てるようになったのではないかと思う」という。
 「患者さんは先を見通せない中で治療に臨んでいる方もいらっしゃり、“今は治療全体のこの位置にいるんですよ”と、患者さん自身に知っていただくことで、少し冷静な目で現在の体調や治療以外のことも考えられるようになるきっかけになると感じます。暗闇の中の懐中電灯ぐらいの役割になれたらと思っている」(中島氏)という。

 当然、病院でも治療全体の話はしているが、一度の情報量が多すぎるため、薬局でフォローをしながら投薬のタイミングごとに確認していける意義は大きいとし、特に副作用情報に関しては「患者さんは覚えきれない」(中島氏)ため、薬局からの情報提供の意味が大きいとした。

 「がん診療病院連携研修」に「本当に行ってよかった」としみじみ語った中島氏。
 学会認定の資格取得の過程によって、「病院でやっていること」と「薬局でできること」、さらには「患者の生活」の各事項が、中島氏の中で一つにつながった感覚があるようだ。

 過去には「研修には出ても、薬局で実践できず、進むべき道が見えなかった」という中島氏。
 専門医療機関連携薬局の認定はハードルが高いとも指摘されているが、こうした中島氏のコメントからは、特別な薬局でなくても、患者に寄り添う気持ちをきっかけに行動を積み重ねることで、その認定への道は描けることを感じさせる。

 学会認定には50症例が必要だが、中島氏は、「病院の研修実績を除いたとしても、薬局でしっかりフォローをしていく実績を重ねていけば5年の間に集まるのではないか」との感触を示していた。

プライバシーの守られた空間で資料を探したり、資料を持ち帰れたりするキムラ薬局にあるスペース「ガーベラ」が紹介された

キムラ薬局(大分県別府市)の薬剤師・中島美紀氏

この記事のライター

関連する投稿


【インタビュー】“褥瘡専門薬剤師”の展望/「将来的に専門医療機関連携薬局の新しいカテゴリーになりたい」/日本褥瘡学会 理事 小黒佳代子氏

【インタビュー】“褥瘡専門薬剤師”の展望/「将来的に専門医療機関連携薬局の新しいカテゴリーになりたい」/日本褥瘡学会 理事 小黒佳代子氏

【2022.07.29配信】日本褥瘡学会は7月4日に、薬剤師会員を対象とした「褥瘡・創傷専門薬剤師」の認定を開始することを発表した。同認定制度の経緯や展望について、同学会理事で薬剤師の小黒佳代子氏に聞いた。


【日本薬剤師会】調剤録(または薬歴)の法的義務を解説/「医療安全にかかる法的知識の基礎(第2.1 版)」

【日本薬剤師会】調剤録(または薬歴)の法的義務を解説/「医療安全にかかる法的知識の基礎(第2.1 版)」

【2022.06.29配信】日本薬剤師会は6月29日に会見を開き、「医療安全にかかる法的知識の基礎(第2.1 版)」を作成したことを報告した。先般の改正薬機法に対応したもの。調剤録(または薬歴)の法的義務を解説している。日本薬剤師会のホームページから誰もが閲覧することができる。https://www.nichiyaku.or.jp/assets/uploads/pharmacy-info/chisiki_2022.p


【大阪府・薬務課】認定薬局のチラシ作成/供給問題も解説

【大阪府・薬務課】認定薬局のチラシ作成/供給問題も解説

【2021.12.15配信】大阪府の生活衛生室薬務課は、今年8月から始まった認定薬局制度に関するチラシを作成した。「地域の医療・介護の関係施設と連携しながら患者さんを支えていく役割を持つ薬局を認定する制度が始まりました」としている。一方、昨今の医療用医薬品の供給不安を受けて、供給問題も解説。不足している現状や理由を説明しているほか、「薬剤師にご相談ください。 他のメーカーの製品や同じ効き目の薬への切り替えなど、 お医者さんとも連携して患者さんの健康を見守ります」として、かかりつけ薬剤師の役割を啓発している。


【健康サポート薬局の届け出急増か】日本保険薬局協会会員、2025年に2977薬局が届出見込み

【健康サポート薬局の届け出急増か】日本保険薬局協会会員、2025年に2977薬局が届出見込み

【2021.10.28配信】日本保険薬局協会は10月28日に定例会見を開き、「健康サポート薬局及び認定薬局に関する調査報告書」を説明した。その中で、健康サポート薬局に関して、2025年には回答企業の2977薬局、47.9%が届け出を計画しているとした。地域連携薬局についても、回答企業では2025年には4748薬局、74.3%が認定を計画しているとした。特に全国の健康サポート薬局は今年6月時点で2608軒であり、ここ数年横ばいとなっていることから、同協会の計画が進むのあれば2025年に倍増近い増加を見込むことになる。首藤正一会長は、健康サポート薬局増加の計画について、「予防への貢献意識が高まっている」と話した。


【日本保険薬局協会調査】管理薬剤師の実務経験「5年」の実態は89.3%

【日本保険薬局協会調査】管理薬剤師の実務経験「5年」の実態は89.3%

【2021.10.14配信】日本保険薬局協会(NPhA)は10月14日会見を開き、会員企業を対象に行った法令遵守に関する調査の結果を公表した。今年6月25日に発出された「薬局開設者及び医薬品の販売業者の法令遵守に関するガイドライン」(以下ガイドライン)に沿って、法令遵守の現状を把握および課題を抽出し、調査を通じて現状の体制を見直す目的で行ったもの。それによると、管理薬剤師の実務経験5年以上の実態は89.3%だった。一方、選任基準に「5年以上」を含めている割合は45.5%だった。


最新の投稿


【地域連携薬局】56%が大規模チェーン薬局の取得/日本保険薬局協会調べ

【地域連携薬局】56%が大規模チェーン薬局の取得/日本保険薬局協会調べ

【2022.08.12配信】日本保険薬局協会は8月10日、定例会見を開き、認定薬局に関する調査を公表した。それによると、地域連携薬局認定の2664軒のうち、55.5%に当たる1479軒が「300薬局以上」の大規模チェーン薬局グループの認定であることが分かった。


【後発医薬品】薬局の加算“不算定”、じわり増加/日本保険薬局協会調べ

【後発医薬品】薬局の加算“不算定”、じわり増加/日本保険薬局協会調べ

【2022.08.12配信】日本保険薬局協会は8月10日、定例会見を開き、医療制度検討委員会による調剤報酬改定の影響調査を公表した。それによると、後発医薬品調剤体制加算の算定率が減少していた。改定前は「加算なし」は21.4%だったものが、改定後は27.3%となっていた。75%以上の加算区分がなくなったことの影響だが、供給不安定化の問題も無関係とはいえない。不算定薬局では今後、後発医薬品使用のインセンティブが働かなくなることも懸念される。一方、90%以上という新区分を算定する薬局も18.4%あった。


【中医協答申】オンライン資格確認の評価/薬局にマイナ保険証持参なら1点、ない場合は3点/新設の「医療情報・システム基盤整備体制充実加算」

【中医協答申】オンライン資格確認の評価/薬局にマイナ保険証持参なら1点、ない場合は3点/新設の「医療情報・システム基盤整備体制充実加算」

【2022.08.10配信】厚生労働省は8月10日、中央社会保険医療協議会総会を開き、オンライン資格確認に関する診療報酬上の評価を議論した。事務局は現行の「電子的保健医療情報活用加算」を廃止した上で、マイナンバー保険証を持参した患者の負担を軽くする案を提示した。


【サツドラHD】子会社のサッポロドラッグストアーの代表取締役異動

【サツドラHD】子会社のサッポロドラッグストアーの代表取締役異動

【2022.08.09配信】サツドラホールディングスは8月9日、 同日開催の定時株主総会及び取締役会において、子会社サッポロドラッグストアーの代表取締役及び取締役の異動を行うことを決議し公表した。


【医薬品制度部会】論点は3つ/「外部委託」「処方箋40枚規制」「敷地内薬局」

【医薬品制度部会】論点は3つ/「外部委託」「処方箋40枚規制」「敷地内薬局」

【2022.08.09配信】厚生労働省は8月5日、「令和4年度第1回厚生科学審議会医薬品医療機器制度部会」を開催した。この中で「薬局薬剤師の業務及び薬局の機能に関するワーキンググループ」(WG)とりまとめが報告されたが、日本薬剤師会(日薬)副会長の森昌平氏は、制度に関わる論点として「外部委託」「処方箋40枚規制」「敷地内薬局」の3つを挙げた。


ランキング


>>総合人気ランキング