【ラストワンマイル】新生堂薬局、新聞配達員による 医薬品即日配送の実証実験

【ラストワンマイル】新生堂薬局、新聞配達員による 医薬品即日配送の実証実験

【2021.01.28配信】新生堂薬局と住友商事九州は、西日本新聞福岡販売の販売店が持つ配送機能を活用して、医薬品即日配達の実証実験を 1 月 18 日より開始した。福岡市内の企業にて勤務するオフィスワーカーを対象にオンライン診療・電話服薬指導と連携した即日配送のニーズを検証する。


 新型コロナウイルスが流行し、オンライン診療・服薬指導等の非接触の需要が高まる中、より早く患者に医薬品を届けるため、提携医療機関でのオンライン診療、新生堂薬局対象調剤薬局店舗でのオンライン服薬指導の後、原則当日17 時半までに新聞配達スタッフが医薬品をお届けするサービスの実証実験を実施する。

 新型コロナウイルス感染拡大防止のための時限的な措置として厚生労働省より発出された通知に基づいて電話による服薬指導を受けた後、当日中のオフィスでの医薬品受け取りを選択できる。
 薬剤師による説明に基づいた販売が必要なロキソニン等の一般用医薬品も服薬指導時に併せて購入できる。

 専用の鍵付きボックスに医薬品を格納して非対面での置き配による受け渡し、指定のアプリを通して患者に到着連絡とボックスの開錠鍵番号を連絡するので、非対面で感染リスクを抑え、患者自身の好きなタイミングで受け取れる。

 今後、企業に勤めるオフィスワーカー向けのヘルスケアサービスとして、医薬品の即日配送というユーザーへの新たな価値提供とともに、企業の健康経営・医療費削減にも資するようなサービスを提供すべく取り組んでいく方針。

 オフィスだけに限らず配送エリアの拡大を通して、お薬が必要な時に必要な場所で受け取れる社会づくりを目指すとしている。

 実証期間は、2021 年 1 月 18 日~2021 年 3 月 31 日(予定)。
 実証実験当事者は住友商事九州、新生堂薬局、西日本新聞福岡販売。
 参加企業・配送先は、福岡市内(天神・博多地区)の企業数社を対象に企業のオフィスまでの即日配送サービスを提供。
 提携医療機関(電話・オンラインによる診療)は、福岡市内の医療機関。
 提携薬局(電話による服薬指導)は、新生堂薬局 薬院八千代ビル店。

 なお、参加希望企業を募集(福岡市内・天神地区)している。
 オフィスワーカー向けのオンライン診療、電話服薬指導、医薬品即日配送サービスの導入を希望する企業は以下の問合せ先(住友商事九州 佐藤)まで。
 また、協力医療機関も募集している。
 新型コロナウイルス感染拡大防止のための時限的な措置として厚生労働省より発出された通知に基づき、本プロジェクトに参加するオンライン診療・電話診療を既に実施/検討中の医療機関様を募集している。以下の問合せ先(住友商事九州 佐藤)まで。

 問い合わせ先は、以下の通り。
 
 住友商事九州株式会社 九州モビリティサービス開発事業部 佐藤 TEL︓092-441-4614
 (email アドレス︓shuhei.sato@sumitomocorp.com

 株式会社新生堂薬局 調剤事業部デジタル推進室 鳥谷部 TEL︓080-8563-3023
(email アドレス︓ka-toriyabe@sinseido.co.jp

 株式会社西日本新聞福岡販売 営業本部 森村 TEL︓092-726-2495
(email アドレス︓morimura@fukuokahanbai.co.jp

この記事のライター

関連する投稿


【新生堂薬局】医療用抗原検査キットの販売を開始/価格は1980円(税込)

【新生堂薬局】医療用抗原検査キットの販売を開始/価格は1980円(税込)

【2021.10.11配信】新生堂薬局は新型コロナウイルス医療用抗原検査キット(体外診断用医薬品)の販売を開始した。価格は1980円(税込)としている。


【ファミリーマート】処方薬の受け取りサービス開始/オンライン薬局「ミナカラ」と共同実証実験

【ファミリーマート】処方薬の受け取りサービス開始/オンライン薬局「ミナカラ」と共同実証実験

【2021.08.03配信】ファミリーマートは処方薬および市販薬の最短当日での受け渡しサービス「ファミマシー」を開始する。オンライン薬局「ミナカラ」と都内8店舗で共同実証実験を展開する。


【オンライン診療システム】新生堂薬局、ハイブリッド型の「アナムネ」と提携/86店舗で

【オンライン診療システム】新生堂薬局、ハイブリッド型の「アナムネ」と提携/86店舗で

【2021.07.30配信】新生堂薬局(本社:福岡市南区/代表取締役社長 水田怜氏)は、2021年7月20日よりアナムネ社のオンライン診療プラットフォーム「Anamneオンライン診療プラットフォーム」と連携する。新生堂薬局の全国86店舗で連携する。


【新生堂薬局】飯塚市と包括的連携を締結/健康寿命延伸に協力

【新生堂薬局】飯塚市と包括的連携を締結/健康寿命延伸に協力

【2021.07.05配信】新生堂薬局は、飯塚市と「飯塚市と株式会社新生堂薬局との包括的連携に関する協定書」を締結した。飯塚市の健康寿命の延伸、地域の活性化に向けて協力する。


【新生堂薬局】OTC薬をデジタルサイネージで選択・払い出し/福岡駅“エキナカ”店に

【新生堂薬局】OTC薬をデジタルサイネージで選択・払い出し/福岡駅“エキナカ”店に

【2021.06.30配信】新生堂薬局は福岡駅構内の店舗で、デジタルサイネージによるOTC薬が選択でき、払い出しまでがされるシステムを導入した。生活者が自ら選択する仕組みは福岡初という。


最新の投稿


【中医協】地域支援体制加算と地域連携薬局の要件の評価擦り合わせ/薬剤師会は慎重姿勢

【中医協】地域支援体制加算と地域連携薬局の要件の評価擦り合わせ/薬剤師会は慎重姿勢

【2021.11.28配信】厚生労働省は11月26日に中央社会保険医療協議会総会を開き、調剤報酬の配分について議論した。その中で、地域支援体制加算のあり方が議論された。地域連携薬局の要件とすり合わせていく方向が示されたが、日本薬剤師会常務理事の有澤賢二氏は慎重な姿勢を表明。認定薬局は始まったばかりの制度で実績が出ていないとして、「経過を観察し報酬上での評価については状況が見えてきたら改めて慎重に検討していくべきものではないか」と述べた。


【中医協】薬剤師会、敷地内薬局を有するグループ薬局への評価引き下げ提案

【中医協】薬剤師会、敷地内薬局を有するグループ薬局への評価引き下げ提案

【2021.11.28配信】厚生労働省は11月26日に中央社会保険医療協議会総会を開き、調剤報酬の配分について議論した。その中で、敷地内薬局への報酬引き下げの方向が示された。敷地内薬局への報酬を想定している特別調剤基本料に関して、日本薬剤師会常務理事の有澤賢二氏は、算定している薬局の調剤料・薬剤料の減算のほか、薬学管理料加算の評価引き下げを求めた。さらには特別調剤基本料を算定する薬局を持っている同一グループに対し、「何かしらの評価を下げることも方策」とした。提案が実現すれば、敷地内薬局1店舗への影響では済まず、グループ全体への減収につながる可能性がある。


【中医協総会】「調剤料に対人業務含まれる」/適切な評価のあり方議論に

【中医協総会】「調剤料に対人業務含まれる」/適切な評価のあり方議論に

【2021.11.26配信】厚生労働省は11月26日に中央社会保険医療協議会総会を開き、調剤報酬の配分のあり方に関して議論した。その中で、これまで対物業務の筆頭に挙げられてきた「調剤料」に関して、一定の「対人業務」が含まれているとの考え方が示された。委員からも一定の理解を示す声が聞かれた。今後、調剤料に含まれる対人業務をどのように評価するのか、注目される。


【中医協総会】医師会、薬局数の収れんを提言/地域連携薬局の評価には理解

【中医協総会】医師会、薬局数の収れんを提言/地域連携薬局の評価には理解

【2021.11.26配信】厚生労働省は11月26日に中央社会保険医療協議会総会を開き、調剤報酬の配分について議論した。この中で日本医師会常任理事の城守国斗氏は認定薬局の推進に理解を示した上で、薬局数の収れんの必要性を指摘。「かかりつけを概念に、適切な薬局数に収れんすることができるのか、大きな意味での医療政策を中医協以外の場でも国でしっかり検討していただきたい」と要望した。


【日本医薬品登録販売者協会】「登録販売者の倫理規程と業務マニュアル」公表

【日本医薬品登録販売者協会】「登録販売者の倫理規程と業務マニュアル」公表

【2021.11.25配信】日本医薬品登録販売者協会は11月24日、日本チェーンドラッグストア協会などと共同で開いている定例会見の中で活動状況を報告した。10月29日には「登録販売者の倫理規程と業務マニュアル」を作成・公表したとし、「セルフメディケーションを適切に支援する役割」の推進に注力していく考えを示した。厚労省や関係団体、アカデミアなどとの情報交換も活発に行っていることも報告した。


ランキング


>>総合人気ランキング

編集部おすすめ記事