【樽見厚労次官】コロナ“第3波”は1波の患者推移と違い

【樽見厚労次官】コロナ“第3波”は1波の患者推移と違い

【2021.01.22配信】厚生労働事務次官の樽見英樹氏は1月21日、日本医学ジャーナリスト協会の例会で「新型コロナウイルス感染症対応この1年」と題してオンラインで講演した。記者から「緊急事態宣言の発令が遅かったのではないか。読みが甘かったということはないか」と問われ、「対応をお願いしている医療関係者の方々からも『もっと早く緊急事態宣言を出せなかったのか』という厳しい意見をいただくことが多い。読みが甘かったと言われればそうではないと言うことはできないが、昨年春と今回の第3波では患者数増の立ち上がり方に違いがあり、そういったこともあるのではないかと思う」と説明した。


重症者増加は患者数増加に遅れてくる

 樽見氏は2020 年3月から内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室長を務めてきた。2020年9月に厚生労働事務次官に就任。

 同氏はこれまでの新型コロナウイルス感染症の対策を振り返り、特に国内の感染者が増えた第1波では、患者がどのような場で感染したかをたどった調査により、現在では世界的に対策として取られているいわゆる“三密”などの対策を打ち出したのは日本が早かったとした。この対策の早さは世界各国に比して患者数の少ない日本の状況に多少なりとも貢献しているのではないかとの考えを示した。
 
 また第1波などの統計を見ると、感染者拡大から少し間を開けて重傷者が増加することが多いとした。現在の患者数増においても、少し間を開けてから重傷者の急増が起きる可能性があるといえよう。

緑色の折れ線が新規陽性者数、赤色の棒グラフが重症患者数。患者数増に遅れて重傷者増加の山がくる

都道府県ごとに患者推移に違い

 厚生労働省では都道府県ごとの患者数の推移を見ているが、地域ごとに平均的な動きとは異なった動きをみせるという。例えば北海道や沖縄県、広島県などでは全国平均とは違った推移が見て取れ、地域特性に応じた対策を検討する必要もあるとした。

首都圏では全国平均(赤太線)を上回る患者数推移となっている

近畿では大阪府が全国平均とは異なった患者数推移をみせている

中部では全国平均並みか、それ以下の県が多い

北海道・東北では、北海道が全国平均とは異なった患者数推移をみせている

関東・甲信越・北陸では、栃木が一時期、全国平均を上回る患者数推移となった

中四国では広島県が全国平均とは違った患者数推移をみせた

九州・沖縄では沖縄県が全国平均とは異なった患者数推移をみせた

基本的な政策は「ピークをなだらかに」に並行して「医療提供体制の拡充」

 対策の基本的な考えは、患者増加のスピードを抑え、患者数の増加をなだらかにすることで、並行して医療対応の体制強化を図ることで、時間経過とともに許容できる医療提供体制のキャパシティが拡大すると同時に患者数の山も小さくしていくというもの。しかし、第3波では第1波以上に山が大きくなっている状況にある。

 記者から「緊急事態宣言の発令が遅かったのではないか。読みが甘かったということはないか」と問われ、「対応をお願いしている医療関係者の方々からも『もっと早く緊急事態宣言を出せなかったのか』という厳しい意見をいただくことが多い。読みが甘かったと言われればそうではないと言うことはできないが、昨年春との今回の第3波では患者数増の立ち上がり方に違いがあり、そういったこともあるのではないかと思う」と説明した。たしかに患者数増の推移をみると、第1波・2波では急激な増加のあと、ピークが訪れ、減少に転じているが、3波では急激な増加のあとに、横ばいとはいわないまでも増加の傾斜がなだらかになっている時期が続いており、この期間にその後の推移予測を迷わせた可能性がありそうだ。

昨年5月に示されていた対策の考え方

新規患者数推移。第3波では急激な患者数の増加のあとに、比較的なだらかな患者数増加の時期があった

院内感染時の対策も提示

 現在のコロナ対応医療機関数が都道府県ごとに違い、地域によっては他に比べて少ないのはなぜかと記者から質問が出ると、樽見氏は「必要病床数については都道府県ごとに策定しており、策定は完了している。もしも少ないという指摘が出ているのであれば理由として考えられることとして、現在入院している一般患者の転院先が見つからないなどの声は聴いている」とした。
 
 また、医療提供体制の強化については、5つの柱で支援を拡充しているとした。新たな病床確保のため病床が逼迫している地域に補助を拡大。確保病床の有効活用のため、回復患者を受け入れる「後方医療機関」の報酬加算を3倍に引上げ。柔軟な職員配置の容認等により既存病床をより効果的・効率的に活用。医療従事者への支援。院内感染発生時の早期収束支援などだ。国直接執行の緊急支援(加算措置の追加)も決めている。

 精神科病棟関係者から「診療科ごとに院内感染の割合はつかんでいるか」と質問が出ると、樽見氏は「現在はとりまとめはないと理解している」とした。その上で、院内感染に対しては発生時に早期の収束を実現するため、当該医療機関で取るべき対策を提示しており、活用してほしいとした。具体的にはゾーニング等の感染管理の方法、外部からの人的支援・物資支援、国の財政支援(重点医療機関の病床確保料、消毒・清掃・リネン交換等の感染拡大防止等支援)の活用をまとめている。

「看護師はなぜ優先接種対象ではないのか」

 看護関係者からは優先接種の医療関係者として看護師がはずれたのはなぜかと質問が出た。樽見氏は「今後、検討会等で対象については議論も進むため、対象者について現時点が結論ということではない。また、医療関係者の優先接種の結果をみていくことにもなる」と話した。

この記事のライター

関連する投稿


「薬局」の倒産数、コロナ禍が落ち着き減少へ/2022年度は15件/東京商工リサーチ調べ

「薬局」の倒産数、コロナ禍が落ち着き減少へ/2022年度は15件/東京商工リサーチ調べ

【2023.05.23配信】東京商工リサーチは5月23日、「調剤薬局」の倒産件数の調査結果を公表した。コロナ禍で過去最多となる23件を記録した2021年度からは減少し2022年度は15件だった。同社は「今後はオンライン化で淘汰が加速も」と分析している。


【オンライン医療相談や診察】コロナ5類後の継続意向は56.8%/内閣府調査

【オンライン医療相談や診察】コロナ5類後の継続意向は56.8%/内閣府調査

【2023.04.20配信】内閣府は4月19日、「新型コロナウイルス感染症の影響下における生活意識・行動の変化に関する調査」を公表した。これまでにも公表しているもので前回は2022年7月22日の公表。今回は「オンライン医療相談や診察」のコロナ5類後の継続意向は56.8%だった。


【厚労省】コロナ5類移行に伴う調剤報酬の取り扱いで事務連絡発出/オンライン服薬指導の“0410通知”のコロナ特例は令和5年7月31日で終了

【厚労省】コロナ5類移行に伴う調剤報酬の取り扱いで事務連絡発出/オンライン服薬指導の“0410通知”のコロナ特例は令和5年7月31日で終了

【2023.04.03配信】厚生労働省は3月31日、事務連絡「新型コロナウイルス感染症の感染症法上の位置づけの変更に伴う新型コロナウイルス感染症に係る診療報酬上の臨時的な取扱いについて」を発出した。調剤報酬関連では、コロナ患者への調剤に関わるものでは「在宅患者緊急訪問薬剤管理指導料1」(500 点)を継続するほか、店頭でのコロナ薬調剤では「服薬管理指導料」について2倍とする内容を記載。また高齢者施設においても「在宅患者緊急訪問薬剤管理指導料1」が算定できる内容。加えて、オンライン服薬指導については、いわゆる“0410通知”の特例を令和5年7月 31 日をもって終了するとした。


【厚労省】4月に127人の女性職員採用、女性比率44%/全体でも厚労省発足以来最大の283人採用

【厚労省】4月に127人の女性職員採用、女性比率44%/全体でも厚労省発足以来最大の283人採用

【2023.04.03配信】厚生労働省は4月採用の職員に関して、44%が女性であるとした。政府目標の30%を大きく上回る水準だとし、多くの女性を含め多様な人材の採用で組織の活性化などを目指したい考え。


【パキロビッド®パック】3月22日から一般流通へ/国購入分は3月28日までの発注で配分終了

【パキロビッド®パック】3月22日から一般流通へ/国購入分は3月28日までの発注で配分終了

【2023.03.15配信】厚生労働省は3月15日、事務連絡「新型コロナウイルス感染症における経口抗ウイルス薬(パキロビッド®パック)の薬価収載に伴う医療機関及び薬局への配分等について(その2)(周知)」を発出。これまで国による購入・配分としていた同剤について3月22日から一般流通が開始されることに伴い、国購入分の配分は3月28日15時までの発注をもって終了とするとしている。


最新の投稿


【日薬新執行部】岩月新会長が示した「覚悟」/新任9人登用で組織刷新、若手抜擢と女性幹部を倍増

【日薬新執行部】岩月新会長が示した「覚悟」/新任9人登用で組織刷新、若手抜擢と女性幹部を倍増

【2024.05.24配信】日本薬剤師会の次期会長に内定している岩月進常務理事は、新執行部人事を固めた。新任は9人で、組織を刷新。目玉は若手の登用と女性幹部の増員だ。若手では上田薬剤師会の飯島裕也氏(44)と鳥取県薬剤師会の徳吉雄三氏(46)、慶大医学部特任研究員の日髙玲於氏(32)などを抜擢した。女性幹部は倍増の6人。(5月22日付けドラビズforPharmacy朝刊より。医薬コラムニスト/ジャーナリスト 玉田慎二)


【一般薬連】自主点検結果を公表

【一般薬連】自主点検結果を公表

【2024.05.24配信】日本一般用医薬品連合会(一般薬連)は5月16日、協会加盟企業による一般用医薬品の品質に係る自主点検結果を公表した。


【訃報】大分県薬剤師会会長の安東哲也氏が死去

【訃報】大分県薬剤師会会長の安東哲也氏が死去

【2024.05.23配信】大分県薬剤師会は5月23日、現職県薬会長の安東哲也氏が死去したと公表した。


【大木ヘルスケアHD】医薬品売上2桁増/2024年3月期決算

【大木ヘルスケアHD】医薬品売上2桁増/2024年3月期決算

【2024.05.23配信】ヘルスケア卸大手の大木ヘルスケアホールディングス は5月23日に2024年3月期(2023年4月1日~2024年3月31日)の決算説明会を開催した。


【厚労省】後発薬調剤体制加算、カットオフ値で臨時的取り扱い/令和6年度薬価改定の広い措置で

【厚労省】後発薬調剤体制加算、カットオフ値で臨時的取り扱い/令和6年度薬価改定の広い措置で

【2024.05.22配信】厚生労働省は5月22日、「令和6年度薬価改定を踏まえた診療報酬上の臨時的な取扱いについて」を発出した。カットオフ値について、当面の間、臨時的取り扱いを行うとした。