【ドラッグストアショー2021】BtoBではフリートーク実現、来場者向けは1月中旬にHP刷新

【ドラッグストアショー2021】BtoBではフリートーク実現、来場者向けは1月中旬にHP刷新

 日本チェーンドラッグストア協会(JACDS)は12月11日に会見を開き、来年、2021年3月に開催を予定している「第21回JAPANドラッグストアショー」に関して説明した。実行委員長を務める江黒太郎氏(クスリのマルエ社長)が、初めてオンライン開催となる同イベントの内容を報告。BtoBでは出展企業と業界キーマンがオンライン上で交流できるエリアでフリートークができるほか、ホームページは1月中旬に出展企業向けから来場者向けに切り替える予定という。


オンラインで業界関係者50倍の参加も可能性

 JACDSが主催する「第21回JAPANドラッグストアショー」は来年3月に、初めてとなるオンラインで開催する。3月17日(水)~18日(木)までの2日間を企業が商談のできる「ビジネスデー」として開催、3月13日(土)~21日(日)までの9日間を「一般デー」とする。オンラインのため会場の制約を受けないという特性を生かし、一般デーは9日間という長期間の開催を実現した。

 会見した江黒太郎実行委員長は、「例年通りのリアルでの開催も検討したが、新型コロナウイルス感染症の収束が見通せない中、万が一にもドラッグストアショーでクラスターが発生すれば、セルフメディケーションを啓発していくという本来の目的を果たせない」としてオンライン開催に踏み切った背景を説明。

 その上で、オンライン開催の価値に関して、「距離と時間からの解放だと考えている」と強調。これまでの幕張を会場としてきた開催では首都圏の来場者の比率が高い傾向があったが、オンラインであれば距離を問わず全国から参加しやすいメリットを挙げた。「北は北海道から南は沖縄、そして海外からでも参加しやすいのがオンライン開催の価値だ」(江黒氏)とした。

 具体的なイメージとして、「当社、クスリのマルエを考えてみても、幕張メッセの会場であれば、どれだけの人数が参加できたかというとおよそ20名程度と限定的だったと思う。しかし、オンラインでの参加であれば、あくまで個人の意思にはなるが、パート・アルバイトの方々を含めて約1000名のほとんどのスタッフが参加できる可能性が出てくるのではないかと思う。これは非常に大きなことだ」と話した。さらに規模の大きな企業のことを考慮すれば、業界関係者のアクセス増加に関しては非常に期待が持てるとした。「オンライン会場の中でさまざまな商品・サービスに業界関係者が触れ合ってくれる機会が増える大きなチャンスだ」と、出展企業のメリットを説明した。

各種セミナーも企画中

 さらに、「リアルでやっていたことはオンライン開催でもできる限り継続していく」と説明。BtoBでは、リアルでの開催では出展企業とドラッグストア関係者が触れ合う場面があったが、オンラインでもZOOMを活用した商談ルームや接客ルームをセットし、業界キーマンとスムーズな商談が演出できる交流エリアでフリートークを可能にしているという。オンライン名刺交換などの情報交換も支援する。一般来場者に向けたサンプル配布も実現することを改めて報告。一般来場者がブースでアンケートに答えるとサンプルを後日送付する。

 現在、特設ホームページは12月下旬の申し込み締め切りとなる出展社向けの構成となっているが、1月中旬には来場者向けのものに切り替え、来場者促進も図っていく方針という。年明けからはドラッグストア店頭でのポスター掲示や会員各社のSNS、WEB広告等を通じ、告知を拡充させる計画という。

 そのほか、出展社によるセミナーやJACDS主催セミナー、薬剤師セミナーなどの開催も企画中という。

この記事のライター

関連する投稿


【日本チェーンドラッグストア協会】敷地内薬局“グループ一律引き下げ”見送りを歓迎/調剤報酬改定答申を受けて

【日本チェーンドラッグストア協会】敷地内薬局“グループ一律引き下げ”見送りを歓迎/調剤報酬改定答申を受けて

【2024.02.22配信】日本チェーンドラッグストア協会は2月22日に定例会見を開き、令和6年度調剤報酬改定の答申に対しての見解を示した。


【武見大臣に意見書】JACDSとNPhA共同で/敷地内薬局グループ一律引き下げに反対

【武見大臣に意見書】JACDSとNPhA共同で/敷地内薬局グループ一律引き下げに反対

【2023.12.21配信】日本チェーンドラッグストア協会(JACDS)と日本保険薬局協会(NPhA)は12月19日、JACDS議連を通して共同で武見厚労大臣に意見書を提出した。


【チェーンドラッグストア協会】敷地内薬局の是非論、「議論していない」

【チェーンドラッグストア協会】敷地内薬局の是非論、「議論していない」

【2023.12.12配信】日本チェーンドラッグストア協会は12月8日の会見で、敷地内薬局をめぐる調剤報酬改定の議論に対して意見をまとめたとして、内容を公表した。一方、会見の中で敷地内薬局をめぐるさまざまな指摘や意見に対しての協会の見解を問われると、敷地内薬局そのものの是非論については「議論していない」とした。


【日本チェーンドラッグストア協会】11月に政策セミナー/日医宮川常務理事も登壇

【日本チェーンドラッグストア協会】11月に政策セミナー/日医宮川常務理事も登壇

【2023.10.20配信】日本チェーンドラッグストア協会は10月20日に定例会見を開き、11月24日に政策セミナーを開くことを報告した。


【健康サポート薬局研修実施機関】チェックリスト通達“地域の事情に精通した講師”を/日本薬学会

【健康サポート薬局研修実施機関】チェックリスト通達“地域の事情に精通した講師”を/日本薬学会

【2023.09.22配信】日本チェーンドラッグストア協会などは9月22日、定例合同記者会見を開いた。この中で、日本薬業研修センターは、健康サポート薬局研修の「指定確認機関」である日本薬学会から健康サポート薬局研修実施機関に対してチェックリストが通達されたと報告した。同研修については、実施研修期間は、実施要領及び研修内容について「指定確認機関」である日本薬学会に届け出た上で、確認を受けることとされている。日本薬業研修センターは実施機関に当たる。


最新の投稿


【日本薬剤師会】会長候補者記者会見を開催

【日本薬剤師会】会長候補者記者会見を開催

【2024.02.27配信】日本薬剤師会は2月27日、次期会長候補者による記者会見を行った。


【スギHD】調剤チェーンのI&Hを子会社化へ

【スギHD】調剤チェーンのI&Hを子会社化へ

【2024.02.27配信】スギホールディングスは2月27日、調剤チェーンのI&Hを子会社化すると公表した。


速報【アイン敷地内薬局めぐる裁判】元アインの2被告に求刑、懲役10カ月

速報【アイン敷地内薬局めぐる裁判】元アインの2被告に求刑、懲役10カ月

【2024.02.27配信】KKR札幌医療センターの敷地内薬局の整備を巡り、公契約関係競売入札妨害の罪に問われたアインファーマシーズ元代表取締役社長・酒井雅人被告、同社元取締役・新山典義被告、KKR札幌医療センター元事務部長・藤井浩之被告の第4回公判が2月27日午前10時から、札幌地裁805号法廷で行われた。(ジャーナリスト・村上 和巳)


【ツルハHD】ウエルシアHDとの経営統合報道でコメント公表

【ツルハHD】ウエルシアHDとの経営統合報道でコメント公表

【2023.02.26配信】ツルハホールディングスは2月26日、ウエルシアホールディングスとの経営統合に関する報道があったことを受け、コメントを公表した。


【1万字インタビュー】安川孝志薬剤管理官に聞く

【1万字インタビュー】安川孝志薬剤管理官に聞く

【2024.02.26配信】2月14日、令和6年度調剤報酬改定が答申された。本紙では、厚生労働省保険局医療課・薬剤管理官の安川孝志氏に、薬局に関係する調剤報酬改定の部分についてインタビューした。