【独自】リアルとオンラインの両輪で攻勢かけるスギ薬局/杉浦克典社長インタビュー

【独自】リアルとオンラインの両輪で攻勢かけるスギ薬局/杉浦克典社長インタビュー

スギ薬局は、リアル拠点を持つ強み(Offline)と、オンライン(Online)のメリットを融合する「O2O(Online to Offline)モデルの構築」で先行している。11月5日には、アプリ「スギサポwalk」に新機能である「グループ機能」をリリースし、注目を集めた。同社が目指す「O2O」の出口はどこにあるのか。


パーソナライズされたヘルスケアサービスの提供

 スギ薬局が「O2O」戦略を深化させている。アプリ「スギサポwalk」では2020年11月、新たに「グループ機能」を追加。家族や友人で情報を共有し、ランキングでメンバー内の歩数を競ったり、グループ内限定のイベントやキャンペーンに挑戦することで、モチベーションを高め、ウオーキングの習慣化を支援する。

 アプリ内でトラフィックによる広告事業を展開し収益化も図っているが、本来的な目的は店舗外であっても顧客のライフログを収集することだ。

 さまざまな顧客の情報を一元的に管理することで、一人一人に適切な健康アドバイス提供を目指す。

 この“パーソナライズされたヘルスケアサービスの提供”が、同社「O2O」の“出口”、最終的な目標といえる。

 歩数だけでは不十分だ。同社は食事のログの取れる「スギサポeats」などもリリースしている。さらに健康情報としては、2019年9月から特定保健指導を店頭で提供し、重症化予防アドバイスのノウハウを構築する。

 情報を収集しても適切な解析と、適切なアドバイスの構築がなければ、「パーソナライズされたヘルスケアサービスの提供」はできない。そのため、同社では生活習慣病の重症化予防プログラムを提供するPREVENTと業務提携するなど、協業を活発化させている。

 同社が構築した情報提供冊子「生活習慣病リスクレポート」は、一人ひとりの健診結果をビッグデータと予測モデルで分析し、脳卒中・心筋梗塞・糖尿病を発症する統計確率や、同性同年齢の中での各健診値の 100 分位値(100 人中の順位)等を算出する。さらに、それら情報を、代表的な健康行動理論の1つである健康信念モデルに沿って伝えることで、本人の中に「たしかに予防行動が必要だ」との納得感を醸成するもの。この内容が評価され、2020年8月には、東京都中野区(健康福祉部保健企画課)において、生活習慣病ハイリスク者に対する受療勧奨事業の効果アップ策として採用されている。

出店意欲も旺盛

 また、「病院完結型の医療」から「地域完結型の医療」への転換が求められる地域包括ケアでは、シームレスな情報共有には病院との連携も重要になる。2019年11月には、名古屋大学病院の敷地内に「スギ薬局名古屋大学病院店」を開局。ドラッグストアとして日本で初めての国立大学病院の敷地内薬局であり、がん等の専門的な薬学管理の知見を高める。

 さらに研究は進む。2020年4月には、金沢大学に「共同研究講座」を設置し、ネットワークの構築、デジタル化や人工知能、ロボットなどを新たに導入する研究を行っていく。
 
 こうした既存店の機能拡充を進めるドラッグストアの中には、出店よりも既存店の機能拡充に力点を置く方針の企業もあるが、同社の場合は、こうしたテクノロジー導入と並行して、出店についても手を緩めない。
 2021年2月期(通期)で、前期実績を超える合計120店舗の出店を計画する。

 なぜなら、リアル拠点のネットワークがあってこそ、同社のオンライン戦略も価値を増すからだ。オンラインのデータを生かした上で、適切な行動変容を促すにはリアル店舗の介入が効果的との指摘がある。

 既存の事業を進めながら、新規の事業にこれだけ手を広げることは困難さも伴うはずだ。それを、ものともしない挑戦の背景を、同社社長の杉浦克典氏は「理念への思いの強さだ」と話す。

 「45年前に地域に貢献するためにつくったのがスギ薬局。いま、日本が抱える少子高齢化という課題に、当社がどのような形で貢献できるのか。そのためには、元気な時から、オンラインでもお客さまと接点を持ち、低リスクの健康状態から、中度、重度、終末期まで階層に応じた適切なヘルスケアサービスの提供を実現していきたい。その思いの強さで突き進んでいる」(杉浦克典社長)。

 20年前、同社が「地域の健康のために全店で処方箋調剤を目指す」と標榜した際、「ドラッグストアに処方箋を持ってくる人なんていない」と批判した業界関係者もいた。それが、今日では、調剤事業は同社の収益の柱の一つになっている。
 
 今、調剤・物販に限らない顧客のさまざまな情報を一元的に把握し、AIで解析し、パーソナライズされたヘルスケアサービスを提供するという同社の提唱に、ぴんと来ない業界関係者もいるだろう。この取り組みの成否も10年後に分かるのかもしれない。しかし、理念の明確さと理念への思いの強さが、これまでの同社の成長の糧であったことは間違いのない事実だろう。

すぎうら・かつのり●1978年生まれ。2001年岐阜薬科大学薬学部卒業後、ジョンソン・エンド・ジョンソン入社。2006年スギ薬局入社。店長や物流事業、商品部、店舗開発、経営企画などの勤務を経て2017年3月に社長に就任。親会社であるスギホールディングスの代表取締役副社長や、障害者を雇用し同社の各種業務を行っているスギスマイルの社長も兼務する

【編集部より】本インタビューは、薬学生向け「MIL NEXT VISION」との連動企画です。ぜひ、そちらもご覧ください。

「目の前のことに一生懸命取り組めば道は拓ける」杉浦克典(スギ薬局)

https://www.anycr.net/post/201215sugi

スギ薬局グループの杉浦克典社長が学生や若手薬剤師に向けて困難な課題に向かいあってきた経験を語るとともに、「トータルヘルスケア戦略」で地域包括ケアに貢献する展望を語ります。

この記事のライター

関連する投稿


【スギ薬局】眼底画像の解析と店舗が連携し未病の実証実験/科学技術振興機構のプログラム採択

【スギ薬局】眼底画像の解析と店舗が連携し未病の実証実験/科学技術振興機構のプログラム採択

【2021.10.19配信】スギ薬局は、2021 年度 科学技術振興機構の「共創の場形成支援プログラム」〈地域創成分野〉に採択されたと告知した。拠点名称は「家族が繋がる、人と IT 技術等が共生する健康街づくり実現拠点」。眼底画像等の解析を加えたマルチモーダルな時系列解析基盤構築とスギ薬局の調剤併設型ドラッグストアをキーステーションとした地域での実証研究を行い、日々の健康モニターによる未病早期発見/先制医療の実現に向け研究開発を進めるという。診断・IT技術の創出だけでなく、行動変容、サービスの提供までを掲げた、健康支援が提供できる街づくりを目指す。


【スギHD2022年2月期 第2四半期決算】調剤待合室の拡大や健康サポートのための食品強化に取り組む

【スギHD2022年2月期 第2四半期決算】調剤待合室の拡大や健康サポートのための食品強化に取り組む

【2021.09.29配信】スギホールディングスは、2022年2月期上期決算説明動画を配信した。コロナ特需の反動減などにより増収減益となったものの、将来に向けた取り組みを着実に進めていると説明。同社社長の杉浦克典氏は、上期は特に調剤待合室拡大や、健康サポート機能を強化する意味での食品の拡充など、既存店の活性化に取り組んだと話した。


【規制改革推進会議】スギメディカルが薬剤師による在宅での点滴薬剤の交換行為容認を要望/薬剤使用のタイムラグを解消

【規制改革推進会議】スギメディカルが薬剤師による在宅での点滴薬剤の交換行為容認を要望/薬剤使用のタイムラグを解消

【2021,09.28配信】内閣府は9月27日、規制改革推進会議「医療・介護ワーキンググループ」を開いた。主に医療職種のタスクシェアが議論されたが、この中で、スギメディカルが在宅における薬剤師による点滴薬剤の交換行為などを、医師の指示の下で容認するよう要望した。それにより、患者の薬剤使用のタイムラグが解消できるとした。


【8月月次】スギHD、全店+3.0%、既存店-1.5%

【8月月次】スギHD、全店+3.0%、既存店-1.5%

【2021.09.10配信】スギホールディングスは8月月次業績を公表した。それによると全店ベースの売上伸率は、スギ薬局事業が4.9%増、ジャパン事業が14.0%減、スギ薬局全体の全店売上は3.0%増となった。既存店ベースの売上伸率は、スギ薬局事業が0.6%減、ジャパン事業が9.7%減となり、スギ薬局全体の既存店売上は1.5%減となった。


【敷地内薬局】スギHDがトヨタ記念病院(愛知県豊田市)で優先交渉権者に/地域薬局と連携強化

【敷地内薬局】スギHDがトヨタ記念病院(愛知県豊田市)で優先交渉権者に/地域薬局と連携強化

【2021.08.24配信】スギホールディングスは、トヨタ記念病院(愛知県豊田市 病院長 :岩瀬三紀氏 )が行った「トヨタ記念病院敷地内院外薬局運営事業者選定プロポーザル」に応募し、このほど優先交渉権者に選定されたと公表した。今後、両者はトヨタ記念病院敷地内院外薬局運営事業開始に向けた検討を開始する。


最新の投稿


【マツキヨココカラ&カンパニー】スポーツ庁の「Sport in Lifeプロジェクト」に参画/ウォーキングイベントなど実施

【マツキヨココカラ&カンパニー】スポーツ庁の「Sport in Lifeプロジェクト」に参画/ウォーキングイベントなど実施

【2021.10.20配信】マツキヨココカラ&カンパニーは、一人でも多くの人がスポーツに親しむ社会の実現を目指すスポーツ庁の「Sport in Lifeプロジェクト」に参画する。10 月から生活習慣病の予防や健康維持・増進のための日常的な運動機会創出の取り組みを開始。ウォーキングイベントのほか、健康の意識・行動変容に関する実験も行う予定。


【昭和薬科大学】オンライン講座「緊急避妊薬を薬局で」開催/遠見才希子医師が講演

【昭和薬科大学】オンライン講座「緊急避妊薬を薬局で」開催/遠見才希子医師が講演

【2021.10.20配信】昭和薬科大学と町田市薬剤師会は共催で、10月30日(土)に生涯学習研修講座「緊急避妊薬を薬局で」を開催する。「緊急避妊薬を薬局で」プラジェクトの共同代表としても知られる産婦人科医の遠見才希子氏のほか、健ナビ薬樹薬局の片羽教子氏も講演する。


【中医協】かかりつけ医の議論の中で「地域連携薬局」の資料提示

【中医協】かかりつけ医の議論の中で「地域連携薬局」の資料提示

【2021.10.20配信】厚生労働省は10月20日に中央社会保険医療協議会総会を開き、「外来(その2)について」を議論した。かかりつけ医の普及に向けての課題に議論が集中したが、その中で薬局関連では、かかりつけ医に関連する「地域包括診療料・加算」の施設基準において満たすことが困難な要件として、24時間対応している薬局との連携を挙げる声が15%以上あったことが紹介された。事務局では、改正薬機法で地域連携薬局がスタートしており、基準として開店時間外対応などがあることを資料で示した。今後、かかりつけ医の進展と併せて、こうした薬局機能の議論が進む可能性があるといえる。


【キリン堂】90名の内定者とオンライン交流会を開催/コミュニケーションでコロナ下の不安解消

【キリン堂】90名の内定者とオンライン交流会を開催/コミュニケーションでコロナ下の不安解消

【2021.10.19配信】関西を中心にドラッグストア・調剤薬局を展開する株式会社キリン堂は、2021年10月3日(日)に2022年4月入社予定者90名の内定式をオンラインで開催した。


【第1四半期決算】コスモス薬品、売上高は1894億900万円(前年同四半期は1891億6100万円)

【第1四半期決算】コスモス薬品、売上高は1894億900万円(前年同四半期は1891億6100万円)

【2021.04.12配信】コスモス薬品は2022年5月期第1四半期の連結業績を公表した。それによると売上高は1894億900万円(前年同四半期は1891億6100万円)、営業利益は85億5600万円(前年同四半期は106億5500万円)だった。当第1四半期連結累計期間から「収益認識に関する会計基準」等を適用しているため、当該基準等適用前の実績値に対する増減率は記載していない。


ランキング


>>総合人気ランキング

編集部おすすめ記事