【東京都薬務課】医薬品成分含有の無承認製品を薬局が販売

【東京都薬務課】医薬品成分含有の無承認製品を薬局が販売

【2024.06.26配信】東京都薬務課は6月26日に定例会見を開いた。


 会見の中で薬務課は、医薬品成分を含有する製品の発見について説明した。
 都内薬局で医薬品成分である「タダラフィル」を含有する製品が販売されていた。販売名は「Royal Honey VIP」。タダラフィルは勃起不全などを適用として、国内で医薬品(販売名:シアリス錠)として承認されているもの。常用量は10mgのところ、発見された製品には1包中90mgが検出された。かなりの高用量といえる。
 これまでに健康被害の報告はないが、薬務課では健康被害を受ける可能性が否定できないとして製品を持っている人は直ちに使用を中止するよう呼び掛けている。

 また「ROYAL MINT」の販売名で販売されていた製品からは1粒中、39mgの「タダラフィル」が検出されている。同じ薬局が販売していたもの。

 無承認医薬品の販売・授与等はそれを禁止している薬機法55条の2項に違反する。薬務課は販売していた港区内の薬局に販売中止および自主回収を指示した。

 該当製品にはいずれも邦文表示はなかった。今回の事案では入手ルートの解明まで至っていないが、個人輸入品については消費者個人に対しても注意喚起が行われているところ、薬局が販売していたことには薬局の倫理観も問われるのではないか。同名の製品では過去にも医薬品成分発見の事例があったという。なお、薬局に対する行政処分については都ではなく区の管轄。

この記事のライター

関連するキーワード


東京都薬務課

関連する投稿


【東京都薬務課】知事指定薬物の新規指定を説明/「1T-LSD」

【東京都薬務課】知事指定薬物の新規指定を説明/「1T-LSD」

【2024.05.29配信】東京都薬務課は5月29日、定例会見を開いた。


【東京都】災害薬事コーディネーターを任命/都薬副会長の宮川昌和氏など

【東京都】災害薬事コーディネーターを任命/都薬副会長の宮川昌和氏など

【2024.04.24配信】東京都薬務課は4月24日、定例会見を開いた。


【東京都】市販薬の適正使用へ/小学生向け教材作成へ/乱用推進計画

【東京都】市販薬の適正使用へ/小学生向け教材作成へ/乱用推進計画

【2024.04.24配信】東京都薬務課は4月24日、定例会見を開いた。


最新の投稿


【厚労省】処方箋保存期間の検討を提示/薬局検討会

【厚労省】処方箋保存期間の検討を提示/薬局検討会

【2024.07.19配信】厚生労働省は、現在3年間となっている処方箋の保存期間について見直す方針を示した。「第7回薬局・薬剤師の機能強化等に関する検討会」で提示した。診療録の保存期間が5年となっている中、電子処方箋については処方箋を調剤済みとなった日から5年間保存するサービスを提供しているなどの環境変化を挙げている。今後、制度部会で議題とする方針。


【コンソーシアム】大阪市から調剤外部委託で4社8薬局が確認通知受領を公表

【コンソーシアム】大阪市から調剤外部委託で4社8薬局が確認通知受領を公表

【2024.07.19配信】薬局DX推進コンソーシアムは7月19日、大阪市から調剤業務一部委託事業の確認通知を受け取ったと公表した。


【日本保険薬局協会】健康サポート薬局と地域連携薬局「違いない」/厚労省検討会に意見書

【日本保険薬局協会】健康サポート薬局と地域連携薬局「違いない」/厚労省検討会に意見書

【2024.07.19配信】日本保険薬局協会は7月19日に開かれた厚労省「第7回 薬局・薬剤師の機能強化等に関する検討会」で意見書を提出した。「健康サポート薬局、地域連携薬局、地域支援体制加算届出薬局が描く薬局像は、小異こそあれ、分立させるほどの違いはない」とした。


【コスモス薬品】調剤事業、「低収益の調剤の姿になった時」が参入好機との見解

【コスモス薬品】調剤事業、「低収益の調剤の姿になった時」が参入好機との見解

【2024.07.18配信】コスモス薬品は7月18日に2024年5月期決算説明会を開催した。


【中医協】医療DX推進体制加算、10月から3区分に/マイナ保険証利用率に応じて

【中医協】医療DX推進体制加算、10月から3区分に/マイナ保険証利用率に応じて

【2024.07.17配信】厚生労働省は7月17日に中央社会保険医療協議会(中医協)総会を開催し、医療DX推進体制整備加算の取り扱いについて議論した。


ランキング


>>総合人気ランキング