【ドラッグストア協会】新会長にマツキヨココカラ塚本副社長/副会長も若返りへ

【ドラッグストア協会】新会長にマツキヨココカラ塚本副社長/副会長も若返りへ

【2024.06.12配信】日本チェーンドラッグストア協会は次期執行部体制を固めた。12日の総会で正式に決定し、公表する。2019年からの5年間、会長を務めた池野隆光氏(ウエルシアホールディングス会長)は勇退し、マツキヨココカラ&カンパニーの塚本厚志副社長と交代する予定だ。さらに副会長も、ぱぱすの根津孝一会長以外は全員が退任。一気に若返りを図り、組織体制を一新する。( 医薬コラムニスト/ジャーナリスト 玉田慎二)


 すでに5月17日の定例会見で、池野会長は退任を表明。「協会が変わる時期。5年間、会長を務めたが良かったこと悪かったこと、いろいろあった」と振り返ったうえで「新しい時代に沿った形にもっていかなければいけない。今までのやり方を変える必要がある」と語り、次世代にバトンを託す意向を示していた。

 塚本新会長は1962年寅年生まれの61歳。1985年に明治薬科大学を卒業し、セイジョーに入社。1996年に同社取締役支店部長に就き、1999年には取締役営業部長に、2002年に代表取締役社長に就任した。2008年にはココカラファイン代表取締役社長となり、2021年の統合新社・マツキヨココカラ&カンパニーの代表取締役副社長に着任している。
業界評は「有能かつ老獪な側面も持つビジネスマン」。現在は厚生労働省の「薬局・薬剤師の機能強化等に関する検討会」に、ドラッグストア協会理事の立場から委員として参加し、意見を発している。

 ドラッグストア協会は、2022年度調剤報酬改定では〝大手叩き〟の調剤基本料大幅減額をモロに受け、24年度改定では敷地内薬局一律減算を〝政治力〟で回避したものの26年度改定に向け〝火種〟が燻る。また、現在進行形の改正薬機法議論では濫用薬の販売方法など、業界として看過できない事案が目白押しだ。こうした難題に対して、塚本新体制で臨むこととなる。

 新会長を支える副会長の布陣も一新する。留任する根津副会長以外では新たに、森信氏(ドラッグストアモリ会長)、平野健二氏(サンキュードラッグ社長兼CEO)、関口周吉氏(龍生堂本店社長)、横山英明氏(コスモス薬品社長)、亀ヶ谷博之氏(カメガヤ社長)、貞方宏司氏(サンドラッグ社長)らを選任する模様だ。全員、理事からの昇格となる。一方、中澤一隆専務理事は退任し、留任する田中浩幸事務総長が専務ポストを兼務する予定。経営者団体としてもっとも重要な事務方体制に関しては、刷新どころかマイナスで、新体制として課題を残す。

(6月10日付け「ドラビズfor Pharmacy」より)
■「ドラビズfor Pharmacy」試読申込・詳細
https://www.dgs-on-line.com/boards/5

この記事のライター

関連する投稿


【ドラッグストアショー】8月30日(金)〜9月1日(日) の3日間開催/日本チェーンドラッグストア協会

【ドラッグストアショー】8月30日(金)〜9月1日(日) の3日間開催/日本チェーンドラッグストア協会

【2024.06.25配信】日本チェーンドラッグストア協会は「第24回JAPANドラッグストアショー」を2024年8月30日〜9月1日の3日間にかけて東京ビッグサイトで開催すると公表した。


【チェーンドラッグストア協会】「調剤報酬委員会」常設に

【チェーンドラッグストア協会】「調剤報酬委員会」常設に

【2024.06.13配信】日本チェーンドラッグストア協会は6月12日、通常総会を開き、2024年度の組織人事並びに事業計画が承認された。


【チェーンドラッグストア協会】夜間休日リスト/「協会に苦情寄せられている」

【チェーンドラッグストア協会】夜間休日リスト/「協会に苦情寄せられている」

【2024.05.17配信】日本チェーンドラッグストア協会は5月17日に定例会見を開いた。


【日本チェーンドラッグストア協会】敷地内薬局“グループ一律引き下げ”見送りを歓迎/調剤報酬改定答申を受けて

【日本チェーンドラッグストア協会】敷地内薬局“グループ一律引き下げ”見送りを歓迎/調剤報酬改定答申を受けて

【2024.02.22配信】日本チェーンドラッグストア協会は2月22日に定例会見を開き、令和6年度調剤報酬改定の答申に対しての見解を示した。


【武見大臣に意見書】JACDSとNPhA共同で/敷地内薬局グループ一律引き下げに反対

【武見大臣に意見書】JACDSとNPhA共同で/敷地内薬局グループ一律引き下げに反対

【2023.12.21配信】日本チェーンドラッグストア協会(JACDS)と日本保険薬局協会(NPhA)は12月19日、JACDS議連を通して共同で武見厚労大臣に意見書を提出した。


最新の投稿


【厚労省_調剤報酬改定】選定療養「医療上の必要」で疑義解釈

【厚労省_調剤報酬改定】選定療養「医療上の必要」で疑義解釈

【2024.07.13配信】厚生労働省は7月12日、「長期収載品の処方等又は調剤の取扱いに関する疑義解釈資料の送付について(その1)」を発出した。


【日本保険薬局協会】関連団体新トップとの連携に意欲/「新たな連携できるか、心待ち」

【日本保険薬局協会】関連団体新トップとの連携に意欲/「新たな連携できるか、心待ち」

【2024.07.11配信】日本保険薬局協会は7月11日に定例会見を開いた。


【日本ヘルスケア協会】プラネタリーヘルスの団体が鳥取で大会を開催へ

【日本ヘルスケア協会】プラネタリーヘルスの団体が鳥取で大会を開催へ

【2024.07.09配信】日本ヘルスケア協会は2023年7月に、プラネタリーヘルスの普及啓発を行う団体であるプラネタリーヘルス・イニシアティブ(PHI)を会内に設置していたが、今年8月に鳥取県で大会を開催する。プラネタリーヘルスは、地球規模で生命や有機的な活動を持続させる概念。


【厚労省_医薬品制度部会】ドラッグストア協会への意見書提出/COML山口氏

【厚労省_医薬品制度部会】ドラッグストア協会への意見書提出/COML山口氏

【2024.07.05配信】厚生労働省が7月5日に開く「第4回厚生科学審議会医薬品医療機器制度部会」で、認定NPO法人ささえあい医療人権センターCOML理事長の山口育子氏は意見書を提出。日本チェーンドラッグストア協会に対しても意見した。


【福岡市薬剤師会】OTC薬乱用の危険性周知などでキャンペーン

【福岡市薬剤師会】OTC薬乱用の危険性周知などでキャンペーン

【2024.07.04配信】福岡市薬剤師会などは7月1日からOTC薬乱用の危険性の周知などを行うキャンペーンを展開している。期間は9月1日まで。特別協賛として著名人による啓発コメントをラジオ放送(エフエム福岡)するほか、啓発動画を街頭ソラリアビジョンで放映。啓発ラジオ番組の放送も行う。


ランキング


>>総合人気ランキング