【第一三共ヘルスケア】新社長就任の内田高広氏、スイッチ促進政策で「当社の成長にもつながる」

【第一三共ヘルスケア】新社長就任の内田高広氏、スイッチ促進政策で「当社の成長にもつながる」

【2024.03.29配信】第一三共ヘルスケアは3月29日、社長人事に関する記者会見を開催した。4月1日付けで内田高広氏(取締役執行役員経営企画部長)が代表取締役社長に就任することを受けたもの。


 スイッチ促進政策をめぐっては3月28日の規制改革推進会議のワーキング・グループでも、厚労省は海外2カ国以上でスイッチされていて日本で未スイッチの成分58成分について、原則、令和8年末までにスイッチ化していくことを目標に掲げている。

 こうした政策の動きに対し、記者から「中には胃の薬や鎮痛薬など貴社で得意としている領域の成分も挙がっているが、貴社のオリジン成分ではないものがあるが、貴社としてライバルの存在となるのか、経営への影響をどうみているのか」と質問が出ると、内田氏はスイッチ促進政策を歓迎する意向を示した。

 オリジン成分にこだわらず現在保有している領域の製品を拡大していくことで生活者への貢献も拡大し、同社にとっての成長にもつながるとの考えを示した。
 第一三共ヘルスケアと組みたいと考えている企業を含めて「アプローチしていきたいと考えている」と話した。

800億円規模の売り上げ目指す方針表明

 加えて、内田氏は、自身が目指していく経営について、5つ挙げた。

 1つ目は、「OTC医薬品で圧倒的No.1の企業」になること。同社は足下でもOTC医薬品市場シェアはトップであると語り、3月29日付けで公表した4月からの千寿製薬との目薬「マイティア」ブランドの販売提携なども説明し、市場での存在感を発揮したい考え。「マイティア」ブランドの売上は現在40億円規模であるとし、これを第一三共ヘルスケアのブランド力を生かし50億円規模まで拡大させたいとした。

 経営方針の2つ目は、「機能性スキンケア・オーラルケアを更に拡大」すること。すでに同カテゴリーは連続して最高売り上げを記録しているという。

 3つ目として、「新ブランド、新規事業、新たなアライアンスの創出」も目指すとした。

 4つ目は、「科学的根拠に基づいた高付加価値ヘルスケアカンパニー」を目指すこと。
 5つ目は、「社員が心の底から誇りに思える会社」を掲げた。

 同社では足下で過去最高の売り上げとなり上昇傾向となっている。内田氏はこれを続け、2024年度は800億円規模を目指すとした。

この記事のライター

関連するキーワード


第一三共ヘルスケア

関連する投稿


【第一三共ヘルスケア】ミノンシリーズ新発売 「ミノン アミノモイスト エイジングケア デイクリームUV」

【第一三共ヘルスケア】ミノンシリーズ新発売 「ミノン アミノモイスト エイジングケア デイクリームUV」

【2024.07.01配信】第一三共ヘルスケア(本社:東京都中央区、社長:内田高広氏)は8月28日に、敏感肌向けブランド「ミノン」のフェイスケアシリーズ「ミノン アミノモイスト」から、「エイジングケア デイクリームUV」(医薬部外品)を新発売、「エイジングケア ローション」(化粧品)をリニューアル発売する。


【第一三共ヘルスケア】薬シートリサイクル、目標2倍の1t超の回収を達成/10月からはマツキヨも参画

【第一三共ヘルスケア】薬シートリサイクル、目標2倍の1t超の回収を達成/10月からはマツキヨも参画

【2023.11.23配信】第一三共ヘルスケアは、テラサイクルジャパン合同会社と共に取り組んできた、「おくすりシート リサイクルプログラム」の実証実験について、最終結果を公表した。目標2倍の1t超の回収を達成したという。


【薬PTPシート回収】実証実験で反響大きく/第一三共HCが中間結果公表/目標の3倍

【薬PTPシート回収】実証実験で反響大きく/第一三共HCが中間結果公表/目標の3倍

【2023.05.30配信】第一三共ヘルスケア株式会社(本社:東京都中央区、社長:吉田勝彦氏)は5月30日、「おくすりシート リサイクルプログラム」実証実験の中間結果を公表した。「おくすりシート」は医薬品包装資材のPTPシートのこと。結果によると、反響が大きく、実施期間の約半分で目標回収量の約3倍を達成したという。


【第一三共ヘルスケア】“カロナール”販売へ

【第一三共ヘルスケア】“カロナール”販売へ

【2023.04.13配信】第一三共ヘルスケア(本社:東京都中央区、社長:吉田勝彦氏)は4月12日、OTC医薬品「カロナールA」の製造販売承認を取得したと公表した。


最新の投稿


【厚労省_調剤報酬改定】選定療養「医療上の必要」で疑義解釈

【厚労省_調剤報酬改定】選定療養「医療上の必要」で疑義解釈

【2024.07.13配信】厚生労働省は7月12日、「長期収載品の処方等又は調剤の取扱いに関する疑義解釈資料の送付について(その1)」を発出した。


【日本保険薬局協会】関連団体新トップとの連携に意欲/「新たな連携できるか、心待ち」

【日本保険薬局協会】関連団体新トップとの連携に意欲/「新たな連携できるか、心待ち」

【2024.07.11配信】日本保険薬局協会は7月11日に定例会見を開いた。


【日本ヘルスケア協会】プラネタリーヘルスの団体が鳥取で大会を開催へ

【日本ヘルスケア協会】プラネタリーヘルスの団体が鳥取で大会を開催へ

【2024.07.09配信】日本ヘルスケア協会は2023年7月に、プラネタリーヘルスの普及啓発を行う団体であるプラネタリーヘルス・イニシアティブ(PHI)を会内に設置していたが、今年8月に鳥取県で大会を開催する。プラネタリーヘルスは、地球規模で生命や有機的な活動を持続させる概念。


【厚労省_医薬品制度部会】ドラッグストア協会への意見書提出/COML山口氏

【厚労省_医薬品制度部会】ドラッグストア協会への意見書提出/COML山口氏

【2024.07.05配信】厚生労働省が7月5日に開く「第4回厚生科学審議会医薬品医療機器制度部会」で、認定NPO法人ささえあい医療人権センターCOML理事長の山口育子氏は意見書を提出。日本チェーンドラッグストア協会に対しても意見した。


【福岡市薬剤師会】OTC薬乱用の危険性周知などでキャンペーン

【福岡市薬剤師会】OTC薬乱用の危険性周知などでキャンペーン

【2024.07.04配信】福岡市薬剤師会などは7月1日からOTC薬乱用の危険性の周知などを行うキャンペーンを展開している。期間は9月1日まで。特別協賛として著名人による啓発コメントをラジオ放送(エフエム福岡)するほか、啓発動画を街頭ソラリアビジョンで放映。啓発ラジオ番組の放送も行う。


ランキング


>>総合人気ランキング