【発熱外来受診に代えた抗原検査キット無料配布】神奈川県は薬局配布に“報酬なし”/薬局からは戸惑いの声

【発熱外来受診に代えた抗原検査キット無料配布】神奈川県は薬局配布に“報酬なし”/薬局からは戸惑いの声

【2022.08.05配信】国が進める「発熱外来の受診に代えた抗原検査キットの無料配布」。外来医療のひっ迫を踏まえ、発熱外来において、受診に代えて抗原定性検査キットを重症化リスクの低い有症状者に配布し、医療機関の受診を待つことなく健康フォローアップセンター等での健康観察を受けることができる体制の整備を自治体に要請している。この配布先に薬局を選択肢に入れてよいとされているが、実際に薬局を配布先とするかどうかは、あくまで地域事情に応じた都道府県の判断にゆだねられている。このほど、本メディアの取材により、神奈川県は薬局を対象とし、配布事業に対して“報酬なし”とすることが分かった。薬局現場からは戸惑いの声も聞こえる。


 8月5日、神奈川県にある薬局に、県から抗原検査キットが届いた。
 職員は開梱し、配布への準備を進める。

 しかし、この抗原検査キットの配布はこれまでと様相が異なるもの。
 職員が配布する業務に対し、一切、報酬が支払われないのだ。

 これまで薬局からの抗原検査キットの供給に関しては、通常の医療用抗原検査キットの販売(有料)に加えて、都道府県などが実施している無料化検査事業における協力などがある。

 両方とも基本的には無症状の人を対象としており、これまでのスキームでは陽性が判明した場合は、受診を勧奨することになっている(無料化検査事業は都道府県により対象の要件が異なる)。

 今回は、前述のこれまでの取り組みに加えて、発熱外来の受診に代えて、有症状の人に対して抗原検査キットを無料配布するスキームを加えるもの。発熱外来のひっ迫を踏まえた措置だ。
 
 この配布先として、検査・診療医療機関に限らず、地域外来検査センターに加えて、公共施設や薬局も考えられることを明確にしているもの。
 配布先を医療機関や検査機関に限定するのか、それとも薬局も含めるのかは、あくまで都道府県の判断に委ねられる。

 この“発熱外来受診に代えた抗原検査キット無料配布”に関して、神奈川県は薬局も対象とすることとした上で、配布にかかる報酬は支払わないこととした。

 神奈川県の資料によると、重症リスクの低い住民本人に県からQRコードを発行し、住民は薬局の職員にコードを提示する。提示された職員は自らのスマホでQRコードを読み取った上で1人2キットをビニール袋に入れて渡す。
 手を挙げた薬局には5テスト入り、190箱、合計950テスト分が1カートンに入って届く。また、小分け用のビニール袋は同封されてくる。さらには、県が運用し、住民に公開される「抗原検査キット配布機関検索システム」に、「配布可能状況」(十分に確保、残りわずか、終了)をWEBフォーム上から更新することが求められる。
 つまり、少なくとも、「小分け」「在庫管理」などの業務が発生する。加えて言うまでもなく、配布相手は有症状者であり、高い感染リスクのある業務を、“無償”、全くのボランティアで負えという県のスキームには、薬局関係者から戸惑いの声が漏れる。
 通常の販売では売買差益が薬局の収入になるし、無料化検査事業では数千円が薬局に支払われるスキームだった。

 今回、手を挙げた冒頭の薬局の経営者は、「すべての業務が全くの無償というのは納得できない。しかし、今回のスキームで薬局が対象となったのは、発熱外来等がオーバーフローになっているからで、つまり医療現場がとても困っている状態の中で薬局が選択肢になったと理解している。そうであるならば協力しないといけないと思った」と話す。
 そう話す同薬局自体も感染拡大と無関係ではない。
 実際に薬局の中核スタッフが濃厚接触者として休みに入っており、薬局の業務自体が逼迫している状況。
 ただ、薬局スタッフの使命感が強く、手を挙げるに至ったと同薬局経営者。「スタッフに受けるかどうか聞いたところ、受けると返事があった。職員の志で受けた面がある」。

 本紙が神奈川県に確認すると、「強制でお願いしているわけではない。無償であることを提示した上で、手を挙げるところを募っている」と、にべもない。

“無償”は神奈川県だけではない

 今回の、“発熱外来受診に代えた抗原検査キット無料配布”の薬局での配布業務を“無償”としているのは神奈川県だけではない。
 青森県の薬局によると、同様の申し入れが県からあったという。

 ただ、ある青森県の薬局経営者は「今、受けないと、“薬局はいざという時に動いてくれない”という烙印を押されかねない」との危機感を表明し、地域薬剤師会単位での協力体制構築を検討するとしている。
 前述した通り、感染拡大もあり、個々の薬局で受けきれないことが想定されるため、個々の薬局の可能な範囲、例えば「午前中のみ応需」などの要望を聴取し、地域薬剤師会として、地域に対しての協力体制を提示したい考えだ。

都道府県と薬剤師会の連携体制がより重要に

 今回のスキームは突発的に生じたこともあり、予算措置がとれなかったり、都道府県と都道府県薬剤師会が十分に交渉する余地が少なかったようだ。

 全く都道府県薬剤師会に連絡がないまま、薬局は対象外とすることが決まった県もあったようだ。

 ただ、そういった中でも全ての都道府県で「薬局対象・無償」であったわけではなく、例えば大阪府では薬局での配布を有償とした。背景にはこれまでのワクチン接種協力体制などで、大阪府薬と大阪府が交渉のやりとりをする素地が出来上がっていたことが奏功したのではないかとの指摘もある。
 
 こうした事例は、今後、都道府県薬剤師会が自治体との協力体制を構築できるかどうかが非常に重要になってきていることを示している。特にこれまで薬局の交渉窓口は都道府県薬務課であったが、今回のスキームは主に都道府県のコロナ対策室が主導しており、薬剤師会の関係性が薬務課だけでなく、都道府県中枢に届いていることの必要性も示した。

 加えて、いくら都道府県の判断に委ねるとはいえ、配布機関への報酬のあり方などは、国、厚労省から一定の指針を示してほしい、また日本薬剤師会から指針への要請をしてほしいという声があることは言うまでもない。

この記事のライター

関連するキーワード


抗原検査キット

関連する投稿


【医学生物学研究所】一般用コロナ抗原検査キット販売開始/12月15日から/「GLINE-2019-nCoV Ag キット(一般用)」

【医学生物学研究所】一般用コロナ抗原検査キット販売開始/12月15日から/「GLINE-2019-nCoV Ag キット(一般用)」

【2022.12.13配信】JSR 株式会社のライフサイエンス事業のグループ企業である株式会社医学生物学研究所(取締役社長 山田 公政氏、以下「MBL」)は、2022 年 11 月 11 日に一般用検査薬(第 1 類医薬品)として厚生労働省の承認を受けた新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)抗原検査キット「GLINE-2019-nCoV Ag キット(一般用)」を、2022 年 12 月 15 日から発売開始する。


【日本薬剤師会】抗原検査キットの販売体制整備へ/日本保険薬局協会や日本チェーンドラッグストア協会とも協力

【日本薬剤師会】抗原検査キットの販売体制整備へ/日本保険薬局協会や日本チェーンドラッグストア協会とも協力

【2022.11.25配信】日本薬剤師会は11月25日に定例会見を開き、抗原検査キットの販売体制強化について、日本保険薬局協会や日本チェーンドラッグストア協会とも協力して取り組む方針を示した。抗原検査キットをめぐっては、全国知事会などでも休日などの販売体制拡充を求める声が出ていた。


【検査キット問題】埼玉県薬剤師会・斉藤祐次会長「再周知・徹底する」

【検査キット問題】埼玉県薬剤師会・斉藤祐次会長「再周知・徹底する」

【2022.11.21配信】コロナの第8波やインフルエンザとの同時流行への対策が進められる中、抗原検査キットの販売体制の不備を指摘する声が大きくなっている。大野元裕・埼玉県知事は11月18日、埼玉県薬剤師会に対して“休日対応”への要望を行った。この件について、埼玉県薬剤師会会長の斉藤祐次氏は本紙に対し、18日の時点で大野知事からコロナ検査キットの「販売体制の充実について」との要望を受け取ったとした上で、会員への再周知・徹底など、「しっかりと対応していきたい」と話した。


【全国知事会】コロナ検査キット、研修を受けた登録販売者により販売可能にすること検討を

【全国知事会】コロナ検査キット、研修を受けた登録販売者により販売可能にすること検討を

【2022.11.21配信】全国知事会は11月17日、「現在拡大しつつある感染の抑制に向けた緊急提言」を取りまとめ、公表した。その中で、休日であっても検査キットを速やかに入手できるようにするため、ドラッグストアなどで薬剤師が不在でも、研修を受けた登録販売者により販売可能とするなどの方策も検討することを提言した。


【国会衆院予算委員会】公明党・佐藤英道氏「コロナ・インフル同時検査キット、薬局やネットでの販売必要」/来年以降の同時流行も見据え

【国会衆院予算委員会】公明党・佐藤英道氏「コロナ・インフル同時検査キット、薬局やネットでの販売必要」/来年以降の同時流行も見据え

【2022.10.24 配信】公明党の佐藤英道氏は、24日に行われた衆院予算委員会の中で、来年以降の同時流行も見据えて、新型コロナウイルスと季節性インフルエンザの同時検査キットを薬局やネットで購入できるようにすべきとの考えを表明した。これに対し、加藤勝信厚労相は、発熱外来での確保を優先する考えを示した上で、今冬はOTC化するためには供給量の確保が難しいとの見通しを示した。一方で、「さまざまな意見がある」とし、今冬以降の検討には含みを持たせた。


最新の投稿


【抗菌薬調査】生活者の4割が「ウイルスをやっつける」と誤認/AMR臨床リファレンスセンター調査

【抗菌薬調査】生活者の4割が「ウイルスをやっつける」と誤認/AMR臨床リファレンスセンター調査

【2023.02.07配信】国立研究開発法人 国立国際医療研究センター病院 AMR臨床リファレンスセンターは2月7日、抗菌薬(抗生物質)の処方に関する生活者調査の結果を公表した。それによると、生活者の4割が抗菌薬の効果について「ウイルスをやっつける」と誤認していることなどがわかった。同センターでは、細菌に抗菌薬が効かなくなる薬剤耐性(AMR)の原因の1つとして抗菌薬の不適切な使用が挙げられており、薬の正しい使用のためには生活者自身の正しい認識が必要としている。


【4月の調剤報酬特例措置】日本薬剤師会が取組事例など周知/薬剤師会作成のリストやシステムで在庫状況の共有など

【4月の調剤報酬特例措置】日本薬剤師会が取組事例など周知/薬剤師会作成のリストやシステムで在庫状況の共有など

【2023.02.06配信】日本薬剤師会は、令和5年4月1日からの診療報酬上の特例措置に関する各種通知・事務連絡等を都道府県薬剤師会などに送付した。特に地域支援体制加算では、新たな施設基準の追加があり、「地域の保険医療機関・同一グループではない保険薬局に対する在庫状況の共有」や「医薬品融通」などの取組事例が求められている。これらに関し、日本薬剤師会として具体的な内容の考え方を示したもの。


【セルフケア薬局のGOOD AID】JR西国分寺駅(東京都)のホーム内店舗で保険調剤を本格稼働

【セルフケア薬局のGOOD AID】JR西国分寺駅(東京都)のホーム内店舗で保険調剤を本格稼働

【2023】「セルフケア薬局」を展開しているGOOD AID社は、JR西国分寺駅(東京都)のホーム内店舗である「セルフケア薬局 nonowa西国分寺店」で、保険調剤を本格稼働させると発表した。


【厚労省薬機法施行規則改正でパブコメ開始】登録販売者の店舗管理者要件の見直し/従事期間を1年でも可に、ただし追加的研修は必要

【厚労省薬機法施行規則改正でパブコメ開始】登録販売者の店舗管理者要件の見直し/従事期間を1年でも可に、ただし追加的研修は必要

【2023.02.02配信】厚生労働省は2月1日から、薬機法の施行規則の一部を改正する省令案についてパブリックコメントを開始した。登録販売者の店舗管理者要件の見直しに関するもので、従事期間が1年の場合でも可能にするが、追加的研修は必要とする。「規制改革実施計画」(令和4年6月7日閣議決定)に基づくもの。


【青少年の市販薬乱用対策で】小学生向けくすり教育ショート動画を制作・公開/くすりの適正使用協議会/日本薬剤師会監修

【青少年の市販薬乱用対策で】小学生向けくすり教育ショート動画を制作・公開/くすりの適正使用協議会/日本薬剤師会監修

【2023.02.02配信】青少年の市販薬の乱用増加が問題となっていることを受けて、くすりの適正使用協議会は、小学生向けくすり教育ショート動画を制作・公開した。小学校からの「くすり教育」を促したい考え。


ランキング


>>総合人気ランキング