【M&A】GOOD AIDが名鉄薬品の一部株式取得/名古屋鉄道沿線の6薬局

【M&A】GOOD AIDが名鉄薬品の一部株式取得/名古屋鉄道沿線の6薬局

【2022.07.04配信】GOOD AID株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役:服部 雄太氏)は7月1日、名古屋鉄道株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役:髙﨑 裕樹氏)より、名古屋鉄道の子会社である「名鉄薬品株式会社」の株式の一部を取得し、グループ会社としたと公表した。それに伴い、同社代表の服部 雄太氏が名鉄薬品の代表取締役に就任した。


名古屋鉄道と協業の可能性を模索しながら、薬局から始まる「スマート健康シティ構想」の実現目指す

 GOOD AIDはこれまで、「街の保健室」と称した薬局を運営している。今後は、「地域のあらゆる機関・企業・サービスとつながりスマート健康シティ構想を実現する」方針とし、2022年4月に名古屋鉄道と資本業務提携を発表していた。

 そして今回、名古屋鉄道の子会社である名鉄薬品の株式を一部取得し、GOOD AIDのグループ会社とした。

 名鉄薬品は名古屋鉄道沿線上で「めいてつ調剤薬局」を運営。同社では「仲間入りしていただく6店舗は名古屋鉄道沿線地域の健康を支えるハブになることを目指します」としている。

「めいてつ調剤薬局」の拠点は愛知県で、全6店舗。病院やクリニックの近隣、駅の近くなど、利便性の高い場所に所在する店舗が多いことが特徴という。

 「めいてつ調剤薬局」の店舗所在地は下図の通り。

 今回の株式取得に伴い、GOOD AID代表の服部 雄太氏が新たに名鉄薬品の代表取締役社長に、GOOD AID執行役員の岩本 憲太郎氏が取締役に就任する。また名古屋鉄道からも、執行役員経営戦略部長の鈴木 武氏が取締役に就任する。名鉄薬品株式会社の新経営体制は2022年7月1日より。

 GOOD AID株式会社 代表・ 名鉄薬品株式会社 代表取締役の服部氏は次のようにコメントしている。


 GOOD AIDは2016年創業以来、「薬局のあり方を変え続けるヘルスケアプラットフォームになる」というミッションを掲げ、健康というテーマをより身近なものにして、Well-being(=心身の健康、物心両面の豊かさ)な社会を実現するためにより本質的なヘルスケアサービスの創造に努めてきました。

 GOOD AIDは愛知県で創業をしておりますが、この度、名古屋鉄道様との業務資本提携を経て、地域に根ざした薬局を経営する名鉄薬品をグループに迎え入れられたことは、GOOD AIDが目指す「スマート健康シティ構想の実現」にとって、とても深い意味を持ちます。グループ間のナレッジ共有、人的交流を行い、地域の皆様からより選ばれるヘルスケアカンパニーとなれるよう、事業展開してまいります。


 GOOD AIDは「おだいじに薬局」と「セルフケア薬局」の2ブランド33店舗を経営している。同社では「昨今、処方せんを受け付ける調剤薬局の店頭では、患者様からスピードを求められやすい傾向にありますが、今後は薬のことだけに限らず、なんでも相談していただける街の保健室として、薬剤師による患者様、相談者様への「コミュニケーション」で“健康支援”をしていくことが、ヘルスケア業界における薬局の新たなあり方、そして本質的な価値転換であると考えています」としている。

 その上で、「中でも多くの人が往来する地域の駅を取り巻く街づくりについてはより力を入れており、これまでも駅改札内への出店や駅直結の商業施設内への出店など利便性の高い場所への出店を実現させてまいりました。そのような経験を経て、GOOD AIDの次なるステージとして今後は駅だけでなく『地域・街づくり』に拡張し、地域のアセット活用など、名古屋鉄道様と協業の可能性を模索しながら、薬局から始まる『スマート健康シティ構想』を実現してまいります」としている。

 名鉄薬品の概要は以下の通り。
■所在地:〒457-0058 名古屋市南区前浜通七丁目28番地 名鉄産業ビル4階
■代表:代表取締役社長 服部 雄太
■設立:1958年9月
URL:https://www.meitetsuyakuhin.com/

 GOOD AID株式会社の概要は以下の通り。
■所在地:〒453-0801 愛知県名古屋市中村区太閤一丁目20番10号4階
■代表:代表取締役社長 服部 雄太
■設立:2016年3月
URL:https://good-aid.com/

この記事のライター

関連するキーワード


GOOD AID M&A

関連する投稿


【M&A】トラストファーマシー(東京都豊島区)が3薬局を譲受

【M&A】トラストファーマシー(東京都豊島区)が3薬局を譲受

【2022.08.01配信】トラストファーマシー(東京都豊島区)は8月1日、3店舗の薬局事業を譲受したと公表した。


【M&A】ウエルシアHD、沖縄県のふく薬品子会社化/沖縄へ進出/ドラッグストア17店舗、調剤薬局7店舗

【M&A】ウエルシアHD、沖縄県のふく薬品子会社化/沖縄へ進出/ドラッグストア17店舗、調剤薬局7店舗

【2022.07.22配信】ウエルシアホールディングスは7月22日、同日開催した取締役会において、ふく薬品の株式245株(52.58%)を取得し、子会社化することを決議したの。ふく薬品は、沖縄県内にドラッグストア 17 店舗、調剤薬局7店舗を有している。


【M&A】スギHD、マレーシア処方箋調剤トップシェアの薬局・クリニック運営企業と業務提携/ALPRO PHARMACY社/アジア展開強化

【M&A】スギHD、マレーシア処方箋調剤トップシェアの薬局・クリニック運営企業と業務提携/ALPRO PHARMACY社/アジア展開強化

【2022.07.06配信】スギホールディングスは7月6日、マレーシア国内で薬局・クリニック事業などのヘルスケア事業を展開する ALPRO PHARMACY SDN.BHDと業務提携することで合意したと発表した。アジア事業強化の一環。


【M&A】総合メディカル、株式会社さくらファーマシー(大阪府 薬局1店舗)の全株式取得

【M&A】総合メディカル、株式会社さくらファーマシー(大阪府 薬局1店舗)の全株式取得

【2022.07.01配信】総合メディカルは7月1日、株式会社さくらファーマシー(大阪府 薬局1店舗)の全株式を取得したと公表した。


【薬局も擁するファンドのユニゾン】訪看大手のN・フィールドを子会社化/介護・福祉領域でファンドによる買収事例/M&A総合研究所調べ

【薬局も擁するファンドのユニゾン】訪看大手のN・フィールドを子会社化/介護・福祉領域でファンドによる買収事例/M&A総合研究所調べ

【2022.06.06配信】M&A総合研究所は6月3日、「上場企業M&A動向調査レポート(介護・福祉業版)」を発表した。2019年4月から2022年3月の3年間で上場企業が適時開示したM&Aに関する発表の中から、「介護・福祉業」関連企業を対象としたM&A取引を集計した。それによると、2021年3月期では、上場会社の非公開化案件が4件と最多件数。介護・福祉業を代表する大手ニチイ学館、N・フィールド、ツクイホールディングスが投資ファンド傘下になった。訪看大手のN・フィールドを子会社化したユニゾン・キャピタルは、株式会社地域ヘルスケア連携基盤(CHCP)を子会社として設立し、医療・看護・介護・薬局等の事業者を集約及び連携を推進している。


最新の投稿


【地域連携薬局】56%が大規模チェーン薬局の取得/日本保険薬局協会調べ

【地域連携薬局】56%が大規模チェーン薬局の取得/日本保険薬局協会調べ

【2022.08.12配信】日本保険薬局協会は8月10日、定例会見を開き、認定薬局に関する調査を公表した。それによると、地域連携薬局認定の2664軒のうち、55.5%に当たる1479軒が「300薬局以上」の大規模チェーン薬局グループの認定であることが分かった。


【後発医薬品】薬局の加算“不算定”、じわり増加/日本保険薬局協会調べ

【後発医薬品】薬局の加算“不算定”、じわり増加/日本保険薬局協会調べ

【2022.08.12配信】日本保険薬局協会は8月10日、定例会見を開き、医療制度検討委員会による調剤報酬改定の影響調査を公表した。それによると、後発医薬品調剤体制加算の算定率が減少していた。改定前は「加算なし」は21.4%だったものが、改定後は27.3%となっていた。75%以上の加算区分がなくなったことの影響だが、供給不安定化の問題も無関係とはいえない。不算定薬局では今後、後発医薬品使用のインセンティブが働かなくなることも懸念される。一方、90%以上という新区分を算定する薬局も18.4%あった。


【中医協答申】オンライン資格確認の評価/薬局にマイナ保険証持参なら1点、ない場合は3点/新設の「医療情報・システム基盤整備体制充実加算」

【中医協答申】オンライン資格確認の評価/薬局にマイナ保険証持参なら1点、ない場合は3点/新設の「医療情報・システム基盤整備体制充実加算」

【2022.08.10配信】厚生労働省は8月10日、中央社会保険医療協議会総会を開き、オンライン資格確認に関する診療報酬上の評価を議論した。事務局は現行の「電子的保健医療情報活用加算」を廃止した上で、マイナンバー保険証を持参した患者の負担を軽くする案を提示した。


【サツドラHD】子会社のサッポロドラッグストアーの代表取締役異動

【サツドラHD】子会社のサッポロドラッグストアーの代表取締役異動

【2022.08.09配信】サツドラホールディングスは8月9日、 同日開催の定時株主総会及び取締役会において、子会社サッポロドラッグストアーの代表取締役及び取締役の異動を行うことを決議し公表した。


【医薬品制度部会】論点は3つ/「外部委託」「処方箋40枚規制」「敷地内薬局」

【医薬品制度部会】論点は3つ/「外部委託」「処方箋40枚規制」「敷地内薬局」

【2022.08.09配信】厚生労働省は8月5日、「令和4年度第1回厚生科学審議会医薬品医療機器制度部会」を開催した。この中で「薬局薬剤師の業務及び薬局の機能に関するワーキンググループ」(WG)とりまとめが報告されたが、日本薬剤師会(日薬)副会長の森昌平氏は、制度に関わる論点として「外部委託」「処方箋40枚規制」「敷地内薬局」の3つを挙げた。


ランキング


>>総合人気ランキング