【激論:規制改革と薬局vol.3】中部薬品(Vドラッグ)代表取締役専務 佐口弥氏「高齢社会に対応できる医療体制を日本が国際社会に提供していく時代が十数年後には来るのでは」「鎖国か開国かでいえば医療でも開国が起きてくる」

【激論:規制改革と薬局vol.3】中部薬品(Vドラッグ)代表取締役専務 佐口弥氏「高齢社会に対応できる医療体制を日本が国際社会に提供していく時代が十数年後には来るのでは」「鎖国か開国かでいえば医療でも開国が起きてくる」

【2022.04.21配信】座談会参加者■プライマリーファーマシー 代表 山村真一氏<独立系薬局経営者の立場から>■I&H 取締役 インキュベーション事業本部 岩崎英毅氏<大手調剤チェーン企業の立場から>■中部薬品 代表取締役専務 医療本部長 佐口弥氏<ドラッグストア企業の立場から>■帝京平成大学薬学部 教授 亀井美和子氏<アカデミアの立場から>■カケハシ 代表取締役社長 中尾豊氏<システム企業の立場から>【全5回】


 ――佐口さんはVドラッグの調剤担当役員でいらっしゃいますので、ドラッグストアの立場でどのようなところにご関心や課題をお持ちか教えていただければと思います。

 佐口 私たちはバローホールディングスという売上高でいうと7300億円くらいのグル―プ会社です。その内訳としましては、スーパーマーケットが約4000億円、ドラッグストアが1500億円、ホームセンター事業として1300億円、その他スポーツクラブなどのグループ会社の売上で構成されています。

 そのうちの医療に携わる、いわゆる薬局・調剤部門の売上が約180億円を占めており、そこの責任役員を務めております。そのグループの特性上、食や医療、スポーツという生活創造産業としての立場から医療についての意見を申し上げる事になると思いますので、よろしくお願い致します。

 私たちは生活に密着した身近な医療人でありたいということを念頭に置いております。つまり患者様から必要とされる薬剤師でありたいと思っており、そこから外れなければ、どのような業態でも良いと考えています。薬剤師は国から「医薬品を提供しても良いですよ」と認められた職種ですから、その使命を全うする薬剤師を育成したいと思っています。

 一方で、薬剤師として活躍する従業員やその業務をサポートする従業員の生活を守りたいと思っています。当社従業員が患者様に貢献することに喜びを感じて、人生が良かったと言ってくれることが経営者としての一番の喜びです。

 私も薬剤師として振り返ると、10数年はドラッグストアで薬剤師として携わり、また10数年は薬局で薬剤師として携わってきました。またカイロプラクター(整体師)として患者さんを施術していた時期もありました。そのような現場畑の従業員が、まさか取締役になるなんて思いも寄りませんでした。今でも、現場感を持ち合わせた取締役で居ようと思っています。おかげさまで大学の講義を持たせてもらったりもしています。

 私も調剤の外部委託に興味があります。私自身は、日本チェーンドラッグストア協会(JACDS)や日本保険薬局協会(NPhA)、地域薬剤師会にも参加させて頂いております。

 その中で特にJACDSの調剤に関する委員会の一委員として出席し、次のように発言しました。「規制改革推進会議等で要望された調剤の外部委託の目的が、薬剤師が対人業務に注力するためという考えは否定しませんが、それと同時に、薬剤師1人当たり1日40枚の規制を撤廃することは避けて頂きたい」と。外部委託の考え方については、薬局には薬剤師が常駐し、医薬品在庫は無しという環境下で服薬指導が行われ、調剤自体は医薬品在庫が厳格に管理される工場にて一括で行われ、品質的にも量的にも間違いなく患者様の手元に届くようであれば、適切な医療を担保しつつ生産性も上がるため良いと思います。40枚規制については、全国的には薬剤師1人当たり1日平均20枚くらいを応需する状況下で、本規制を撤廃すれば、賃金格差が生まれるという懸念が残ります。そうすると不正が起きたり、政府が目指す賃金格差の是正に逆行することにもなります。

 つまり、国民に貢献するために外部委託は容認するものの、現段階においては40枚規制の撤廃は、薬剤師である従業員を守るために反対したいというのが私の思いです。かつての日本の開国か鎖国かと言う議論にも思えるのですが、開国しなければ夜明けは無かったように医療の現場でも起きているのではないかと思います。この高齢社会で対応できる日本の医療を国際社会に提供していく、支援していくという時代は十数年後には来るのではないかと思います。そのような時代が来たら、私たちも一企業として参画したいと思っています。

 ――国際的な視点はとても興味深いです。そんな中で、また国内のことをお聞きして恐縮ですが、ドラッグストアさんが薬局を出店していくことと、1薬局の処方箋枚数が減少している実態との整合性についてはどのように考えていますか。

 佐口 薬局の業態は法律によって変わることが多く、また法律は時代によって変わるため、その時々によって変化をしていこうと思っています。薬局が飽和状態な上に出店をかけるかという予測については、コンビニやスーパーマーケットもそうですが頭打ちまで来ると質に転換していきます。飽和によって質が磨き上げられるので、磨き上げられた企業のみが処方箋枚数を減らさず生き残っていくと思います。磨き上げというのは、例えば患者様の待ち時間をゼロにするという調剤全自動機器などのハード面もあるでしょうし、サービスを良くする、リスクをゼロにするとった色々かつ様々な質の向上があります。そこが各社の生き残り戦略なのだと思います。私たちはスーパーマーケットやスポーツクラブもありますから、病気にならないようにする術や国民を健康にする術を持っています。つまり「国民のために」という軸が、ぶれなければ自ずと戦略は見えてくるので、その時その時で戦略を考え薬局淘汰の時代を乗り越えようと思います。 

 ――御社の足下を見ても質に転換してまだまだ出店していくということでしょうか。それとも出店ペースは鈍化すると考えていいのでしょうか。

 佐口 質に転換して出店していくことになると思います。ただし、飽和状態の中では新規出店により疲弊するリスクが高まるので、買収を進めていくことになると思います。企業ごとに戦略は違うでしょうが、私たちが買収する薬局は地場で頑張っている薬局です。薬局を売却するオーナーは赤字になりそうだから売るという訳では無く、オーナーが引退するにあたって後継者のいないことを理由に売るケースがほとんどです。当社としての店舗数は新規出店数や買収等により増加すると思いますが、全国的にみれば、薬局数は増加していないという時代がくると思います。
<vol.4に続く>

中部薬品 常務取締役 医療事業本部 佐口弥氏
■さぐち・ みつる
平成8年6月 薬剤師登録
平成13年5月 中部薬品株式会社(本社:岐阜県) 入社
平成18年1月 同社 総務人事課 課長
平成23年3月 同社薬事部部長
平成26年3月 同社薬事本部本部長
同年6月 同社取締役就任 薬事本部本部長
平成30年6月 同社常務取締役就任 薬事本部本部長
令和4年4月 同社 代表取締役専務 医療本部本部長
現在に至る

この記事のライター

関連する投稿


【日本薬剤師会】規制改革への意見「従来から変わっていない」/薬剤調製の外部委託や薬剤師の員数規定見直し議論に

【日本薬剤師会】規制改革への意見「従来から変わっていない」/薬剤調製の外部委託や薬剤師の員数規定見直し議論に

【2022.04.28配信】日本薬剤師会(日薬)は4月28日に定例記者会見を開いた。この中で前日に開かれていた規制改革推進会議ワーキング・グループ(WG)で答申への検討項目案として薬剤調製の外部委託実現や薬剤師の員数規定見直しが挙げられたことに関連して、会長の山本信夫氏は、「従来からスタンスは変わっていない」と述べ、改めて反対との姿勢を示した。


【規制改革会議WG】答申への項目案に薬剤調製の外部委託/委託元薬局薬剤師の保護やプラットフォーマーへの対策を記載

【規制改革会議WG】答申への項目案に薬剤調製の外部委託/委託元薬局薬剤師の保護やプラットフォーマーへの対策を記載

【2022.04.28配信】政府の規制改革推進会議は4月27日、「医療・介護・感染症対策ワーキング・グループ」(WG)を開催。今夏に公表が予定されている「規制改革推進に関する答申」に向けた検討項目案を提示した。薬剤調製の外部委託を可能とすることを記載した。


【規制改革会議WG】答申への項目案に処方箋40枚規定見直し

【規制改革会議WG】答申への項目案に処方箋40枚規定見直し

【2022.04.28配信】政府の規制改革推進会議は4月27日、「医療・介護・感染症対策ワーキング・グループ」(WG)を開催。今夏に公表が予定されている「規制改革推進に関する答申」に向けた検討項目案を提示した。薬剤師の員数規定、すなわち処方箋40枚規定について、見直しの必要性を記載した。


【激論:規制改革と薬局vol.5】帝京平成大学薬学部 教授 亀井美和子氏「薬剤師法第一条に記載の調剤は非常に大事で薬剤師が絶対に手放してはいけないもの。しかし薬剤師自身が大事にしてきたのか」

【激論:規制改革と薬局vol.5】帝京平成大学薬学部 教授 亀井美和子氏「薬剤師法第一条に記載の調剤は非常に大事で薬剤師が絶対に手放してはいけないもの。しかし薬剤師自身が大事にしてきたのか」

【2022.04.21配信】座談会参加者■プライマリーファーマシー 代表 山村真一氏<独立系薬局経営者の立場から>■I&H 取締役 インキュベーション事業本部 岩崎英毅氏<大手調剤チェーン企業の立場から>■中部薬品 代表取締役専務 医療本部長 佐口弥氏<ドラッグストア企業の立場から>■帝京平成大学薬学部 教授 亀井美和子氏<アカデミアの立場から>■カケハシ 代表取締役社長 中尾豊氏<システム企業の立場から>【全5回】


【激論:規制改革と薬局vol.4】カケハシ 社長 中尾豊氏「IT企業に勝てない領域を強くする、例えば地域連携の領域」

【激論:規制改革と薬局vol.4】カケハシ 社長 中尾豊氏「IT企業に勝てない領域を強くする、例えば地域連携の領域」

【2022.04.21配信】座談会参加者■プライマリーファーマシー 代表 山村真一氏<独立系薬局経営者の立場から>■I&H 取締役 インキュベーション事業本部 岩崎英毅氏<大手調剤チェーン企業の立場から>■中部薬品 代表取締役専務 医療本部長 佐口弥氏<ドラッグストア企業の立場から>■帝京平成大学薬学部 教授 亀井美和子氏<アカデミアの立場から>■カケハシ 代表取締役社長 中尾豊氏<システム企業の立場から>【全5回】


最新の投稿


【薬剤師WG】電子処方箋の数値目標を掲げる/令和5年3月末までにオン資導入の施設の7割に

【薬剤師WG】電子処方箋の数値目標を掲げる/令和5年3月末までにオン資導入の施設の7割に

【2022.05.27配信】厚生労働省は5月27日に「第5回薬局薬剤師の業務及び薬局の機能に関するワーキンググループ」(WG)を開き、電子処方箋にかかわる数値目標を掲げた。令和5年3月末の時点で、オンライン資格確認等システムを導入した施設の7割程度の導入を目標とする。


【薬剤師WG】リフィル処方箋の手引き作成を論点に提示

【薬剤師WG】リフィル処方箋の手引き作成を論点に提示

【2022.05.27配信】厚生労働省は5月27日に「第5回薬局薬剤師の業務及び薬局の機能に関するワーキンググループ」(WG)を開き、リフィル処方箋に関して手引きを作成することを議題に挙げた。


【規制改革答申を公表】薬剤師による点滴薬剤の充填・交換や褥瘡への薬剤塗布の適否「課題を整理」

【規制改革答申を公表】薬剤師による点滴薬剤の充填・交換や褥瘡への薬剤塗布の適否「課題を整理」

【2022.05.27配信】5月27日に規制改革推進会議が開かれ、「規制改革推進に関する答申~コロナ後に向けた成長の「起動」~」を公表した。薬剤師による「点滴薬剤の充填・交換や患者の褥瘡(じょくそう)への薬剤塗布等の行為」に関して「適否や必要性、実施可能性等の課題について整理を行う」とした。


【規制改革答申を公表】処方箋40枚規制の見直しに踏み込む

【規制改革答申を公表】処方箋40枚規制の見直しに踏み込む

【2022.05.27配信】5月27日に規制改革推進会議が開かれ、「規制改革推進に関する答申~コロナ後に向けた成長の「起動」~」を公表した。この中で、「薬剤師の員数に関する規制」について、「規制の在り方の見直しに向け課題を整理する」とし、いわゆる処方箋40枚規制の見直しの言及に踏み込んだ。


【規制改革答申を公表】「薬剤調製の外部委託の検討」を明記

【規制改革答申を公表】「薬剤調製の外部委託の検討」を明記

【2022.05.27配信】5月27日に規制改革推進会議が開かれ、「規制改革推進に関する答申~コロナ後に向けた成長の「起動」~」を公表した。この中で「薬剤調製の外部委託」を明記した。


ランキング


>>総合人気ランキング

最近話題のキーワード

ドラビズ on-line で話題のキーワード


後発医薬品 供給不安 国保 オンライン請求 抗原検査キット GoTo コロナ