【ドラッグストア協会】ウクライナの人道支援で会員企業に募金呼びかけ

【ドラッグストア協会】ウクライナの人道支援で会員企業に募金呼びかけ

【2022.03.18配信】日本チェーンドラッグストア協会は3月18日に定例会見を開き、「ウクライナ人道危機救援金」の募金活動を行っていることを報告した。3月4日に会員企業に募金活動の呼び掛けをしたという。期限は3月31日までで、集まった募金は日本赤十字社に寄付し、ウクライナの人道支援に役立ててもらうとした。


 3月4日の会員向け事務連絡は次の通り。

■「ウクライナ人道危機救援金」参加協力のご案内

 拝啓 貴社ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
 平素はJACDS「防犯・有事委員会」にご理解とご協力を賜り、御礼申し上げま す。
 さて、当委員会ではJACDS会員企業様に「ウクライナ人道危機救援金」参加協力に関し、下記のとおりご案内いたします。
 すでに募金活動を計画・実施されている企業様も多数あるかと思いますが、募金活 動を通じ被災者に皆様のあたたかい善意を届けたいと考えました。
 何卒、ご協力のほどお願いいたします。 敬具

【海外救援金募集要旨】
 すでに多数の報道にある通り、ウクライナ各地で激化している戦闘により、多く の市民が緊張と不安の中で過ごしており、子どもを含む市民の死傷者が報告され、 市民生活に不可欠なインフラにも被害が出ています。また、紛争の被害を恐れ、多 くの人びとが、周辺国(ポーランド、ルーマニア、スロヴァキア等)に避難しています。
 こうした状況に対し、日本チェーンドラッグストア協会の会員企業様におかれましては、是非とも、募金活動を個々で実施していただきたいと思っております。日 本チェーンドラッグストア協会としましては募金額を集計し、お客様にご報告したいと考えております。
 つきましては、募金活動の期間、方法、送金の手続きなど、次の要領でお願いします。


1.募金活動期間 即日~2022年3月31日(木)
2.募金活動の方法
1)募金活動への参加は自由です。ポスターの掲示、ルールなどは各社でご検討下さい。
2)JACDS作成のポスターを、本案内と合わせて送付いたしますのでご活用下さい。ホームページにも掲示いたします。
3)各社で募金箱を用意していただき、店舗のレジ付近に設置して下さるようお願いします。
4)各社で「ウクライナ人道危機救援金」のPOPを作成し掲示して下さい。
5)企業、また社員の皆様への募金活動も同時に行うようお願いいたします。
3.募金の送金について
1) 送金先のご案内
(1) 一般社団法人日本チェーンドラッグストア協会へ送金の場合
1送金方法 銀行振込
2口座名義 一般社団法人日本チェーンドラッグストア協会
3口座番号
4振込手数料 振込手数料は募金金額より差し引いてお振込みください。
差額分は協会で補填し募金させていただきます。
(2) 日本赤十字社へ送金の場合
ウクライナ人道危機救援金サイトをご確認ください。
https://www.jrc.or.jp/contribute/help/ukraine/ (3) その他へ送金の場合
新聞社、放送局などの情報機関や、その他の団体等への募金でも結構です。
2)募金送金後の手続き
各企業で、日本チェーンドラッグストア協会、その他へ郵便振替または銀行振込を行った後、必ず、送金記録(振替用紙・振込用紙の控えなど)をコピーし協会事務局へFAX、メール等でお送りください。
ご多忙の所恐縮ですが2022年4月18日(月)までにお願いいたします。
4.募金活動の報告について
1)募金金額の集計 各企業からFAXまたはメールで送られてきた送金記録をもとに、募金金額を集計します。
2)募金金額の報告
募金金額をまとめ、事務連絡および、協会のホームページ上にて発表いたします。店頭の掲示板等を通じ、お客さまに報告してくださるようお願いいたし ます。

以上、ご協力・ご参加をお願いいたします。 不明な点がございましたら、協会事務局までご連絡ください。

以上

※編集部で口座番号の記載は控えました。

会員企業に配布したポスター

この記事のライター

関連する投稿


【日本チェーンドラッグストア協会】敷地内薬局“グループ一律引き下げ”見送りを歓迎/調剤報酬改定答申を受けて

【日本チェーンドラッグストア協会】敷地内薬局“グループ一律引き下げ”見送りを歓迎/調剤報酬改定答申を受けて

【2024.02.22配信】日本チェーンドラッグストア協会は2月22日に定例会見を開き、令和6年度調剤報酬改定の答申に対しての見解を示した。


【武見大臣に意見書】JACDSとNPhA共同で/敷地内薬局グループ一律引き下げに反対

【武見大臣に意見書】JACDSとNPhA共同で/敷地内薬局グループ一律引き下げに反対

【2023.12.21配信】日本チェーンドラッグストア協会(JACDS)と日本保険薬局協会(NPhA)は12月19日、JACDS議連を通して共同で武見厚労大臣に意見書を提出した。


【チェーンドラッグストア協会】敷地内薬局の是非論、「議論していない」

【チェーンドラッグストア協会】敷地内薬局の是非論、「議論していない」

【2023.12.12配信】日本チェーンドラッグストア協会は12月8日の会見で、敷地内薬局をめぐる調剤報酬改定の議論に対して意見をまとめたとして、内容を公表した。一方、会見の中で敷地内薬局をめぐるさまざまな指摘や意見に対しての協会の見解を問われると、敷地内薬局そのものの是非論については「議論していない」とした。


【日本チェーンドラッグストア協会】11月に政策セミナー/日医宮川常務理事も登壇

【日本チェーンドラッグストア協会】11月に政策セミナー/日医宮川常務理事も登壇

【2023.10.20配信】日本チェーンドラッグストア協会は10月20日に定例会見を開き、11月24日に政策セミナーを開くことを報告した。


【健康サポート薬局研修実施機関】チェックリスト通達“地域の事情に精通した講師”を/日本薬学会

【健康サポート薬局研修実施機関】チェックリスト通達“地域の事情に精通した講師”を/日本薬学会

【2023.09.22配信】日本チェーンドラッグストア協会などは9月22日、定例合同記者会見を開いた。この中で、日本薬業研修センターは、健康サポート薬局研修の「指定確認機関」である日本薬学会から健康サポート薬局研修実施機関に対してチェックリストが通達されたと報告した。同研修については、実施研修期間は、実施要領及び研修内容について「指定確認機関」である日本薬学会に届け出た上で、確認を受けることとされている。日本薬業研修センターは実施機関に当たる。


最新の投稿


【ドラッグストア協会】調剤売上1兆4025億円(前年比9.5%増)、市場シェアは17.8%に/第24回(2023年度)ドラッグストア実態調査

【ドラッグストア協会】調剤売上1兆4025億円(前年比9.5%増)、市場シェアは17.8%に/第24回(2023年度)ドラッグストア実態調査

【2024.04.12配信】日本チェーンドラッグストア協会は4月12日に定例会見を開き、「第24回(2023年度)日本のドラッグストア実態調査」(速報)の結果を公表した。


【日本保険薬局協会】薬剤師会の“傘下”のような取り組み、「違和感」/休日・夜間対応リスト作成で三木田会長

【日本保険薬局協会】薬剤師会の“傘下”のような取り組み、「違和感」/休日・夜間対応リスト作成で三木田会長

【2024.04.11配信】日本保険薬局協会は4月11日に定例会見を開いた。


【日本保険薬局協会】薬機法改正、「議論過程に入りたい」

【日本保険薬局協会】薬機法改正、「議論過程に入りたい」

【2024.04.11配信】日本保険薬局協会は4月11日、定例会見を開いた。


【抗原検査キット】取り扱い薬局リストの厚労省での公表が終了/日本薬剤師会のHPへ移行

【抗原検査キット】取り扱い薬局リストの厚労省での公表が終了/日本薬剤師会のHPへ移行

【2024.04.10配信】日本薬剤師会は4月10日に定例会見を開いた。その中で抗原検査キットの取り扱い薬局リストについて、厚労省HPでの公表が終了することに伴い、当面の間、日本薬剤師会のHPに掲載すると報告した。


【新生堂薬局】全店でたばこの販売を停止/2024年9月末までに

【新生堂薬局】全店でたばこの販売を停止/2024年9月末までに

【2024.04.09配信】株式会社新生堂薬局(本社:福岡市南区/代表取締役社長 水田怜氏)は4月8日、2024年9月末までに全店鋪でたばこの販売を停止することを決定したと公表した。


ランキング


>>総合人気ランキング