【日本薬剤師会】山本会長「リフィル処方箋で薬剤師の責任は100倍にもなる」/都道府県会長協議会で挨拶

【日本薬剤師会】山本会長「リフィル処方箋で薬剤師の責任は100倍にもなる」/都道府県会長協議会で挨拶

【2022.01.12配信】日本薬剤師会は1月12日、都道府県会長協議会を開催した。冒頭、挨拶した山本会長は、リフィル処方箋導入に触れ、「導入ではしゃいでいるのではないかと言われるが、そんなに度胸はない。リフィル処方箋は薬剤師の責任が100倍にも200倍にもなる」と述べ、危機感を持った普及定着が必要との考えを示唆した。


 1月12日に開かれた日本薬剤師会都道府県会長協議会の場で山本会長が挨拶した。

 オミクロン株に苦労している足下の状況に触れつつ、「年末にかけて緊急的に対応しないといけないことが続いたが、改定に関しては予想の範囲内に進んだ。今後は点数配分になる」と振り返るとともに、一方、規制改革の動きも慌ただしくなっていることに触れ、6月の骨太方針のとりまとめや暮れの規制改革のとりまとめなど、課題が山積みとの認識を示した。

 リフィル処方箋に関しては、「リフィル処方箋という新しい概念が入った。骨太方針に記載されたことはあるが、見事に蹴飛ばされたことがあるのでどうなるかと思っていたが、財務省にも評価いただいた。医療関係者からは『お前がやったのだろう』と責められているが、リフィル処方箋では今の100倍も200倍も薬剤師の責任は重くなる。はしゃぐような簡単なものではない。これまでは専門家のあとに処方が出て、再診のあとに処方される中で、次のステップの診察がない中で薬剤師が判断を迫られる。薬剤師が担う役割や責任は大きくなる。判断や決断も重くなる。まさに覚悟をもって取り組むべきこと。はしゃいでいるのではといわれるが、はしゃぐほど度胸はない」と述べた。

 これらは薬機法改正から続く流れであるとの見方も示した。
 「薬機法が変わり、薬局が調剤の場から医薬品提供の場所に変わり、患者のフォローアップが入った。我々が進めてきた薬剤服用歴管理指導が政策に入った形だ。それが実現するかは現場の薬剤師にかかっている」と話した。

 リフィル処方箋の仕組みがしっかり定着していくことについては、「薬学生にとっても明るい未来が見えてくる。ただし、一歩、間違えると、社会から薬剤師が消えてしまう」と指摘し、期待感だけでなく危機感を持った対応の重要性を指摘した。

 規制改革の動きについては、「いろいろ議論があるが専門職がしっかり議論して決められるべきであるというのが私の信念だ。患者のためにどういう規制改革がいいのか、薬剤師がどのようなパフォーマンスをすると患者のためになるのか」と指摘し、国民のためになる議論に臨む姿勢を示した。

 そのほか挨拶の中ではオンライン活用に関して、「コロナ禍で進んだが平時でもオンラインを活用
できる仕組みをつくる必要がある」とした。認定薬局についても、「形だけの認定薬局が進むのは患者にとっても薬剤師にとっても不幸。数だけを競うことなく地域住民への責任を果たしていけるように取り組みたい」とした。

 今夏の参議院選挙に触れ、「何としても藤井(基之)先生のあとに、神谷まさゆき氏を据えなければいけない」と語り、地域薬剤師会に協力を求めた。

 最後に自身が会長選に立候補したことに触れ、「薬剤師のことを考え国民のためになることをしていきたい」と述べた。

この記事のライター

関連する投稿


【日本薬剤師会学術大会】2025京都、2026新潟、2027福島が手挙げ

【日本薬剤師会学術大会】2025京都、2026新潟、2027福島が手挙げ

【2022.07.27配信】日本薬剤師会は7月27日、都道府県会長協議会を開催。その中で、今後の学術大会の開催地について協議された。その結果、2025年に京都府薬剤師会、2026年新潟県薬剤師会、2027年福島県薬剤師会が手挙げした。


【日本薬剤師会総会】不適切な零売、今年度中にも対応へ/岩月常務理事「来年という話ではない」

【日本薬剤師会総会】不適切な零売、今年度中にも対応へ/岩月常務理事「来年という話ではない」

【2022.06.27配信】日本薬剤師会は6月25・26日の両日に第100回定時総会を開いた。この中で26日の一般質問で、零売に関する質疑があった。


【日本薬剤師会】アニメ『異世界薬局』とのコラボが決定

【日本薬剤師会】アニメ『異世界薬局』とのコラボが決定

【2022.06.24配信】アニメ『異世界薬局』と公益社団法人日本薬剤師会とのコラボレーションが決定した。


【中医協】リフィルやオンライン資格確認の調査「現場で何が問題になっているかの項目を」/公益委員

【中医協】リフィルやオンライン資格確認の調査「現場で何が問題になっているかの項目を」/公益委員

【2022.06.15配信】厚生労働省は6月15日に「中央社会保険医療協議会(中医協)診療報酬改定結果検証部会」を開き、「令和4年度診療報酬改定の結果検証に係る特別調査の実施について」を議論した。この中で、公益委員からリフィル処方箋やオンライン資格確認などの新たな制度改革に関する調査に関して、「現場で何が問題になっているかの項目を入れてほしい」との要望があった。この意見はその後の総会で報告され、おおむね了承された。


【中医協】リフィル処方箋導入による患者への影響調査を了承

【中医協】リフィル処方箋導入による患者への影響調査を了承

【2022.06.15配信】厚生労働省は6月15日に「中央社会保険医療協議会(中医協)総会」を開き、「令和4年度診療報酬改定の結果検証に係る特別調査の実施について」を議論した。リフィル処方箋導入による患者への影響等を調査することで了承された。具体的な質問項目については中医協委員の意見を聞いて固める方針。


最新の投稿


【地域連携薬局】56%が大規模チェーン薬局の取得/日本保険薬局協会調べ

【地域連携薬局】56%が大規模チェーン薬局の取得/日本保険薬局協会調べ

【2022.08.12配信】日本保険薬局協会は8月10日、定例会見を開き、認定薬局に関する調査を公表した。それによると、地域連携薬局認定の2664軒のうち、55.5%に当たる1479軒が「300薬局以上」の大規模チェーン薬局グループの認定であることが分かった。


【後発医薬品】薬局の加算“不算定”、じわり増加/日本保険薬局協会調べ

【後発医薬品】薬局の加算“不算定”、じわり増加/日本保険薬局協会調べ

【2022.08.12配信】日本保険薬局協会は8月10日、定例会見を開き、医療制度検討委員会による調剤報酬改定の影響調査を公表した。それによると、後発医薬品調剤体制加算の算定率が減少していた。改定前は「加算なし」は21.4%だったものが、改定後は27.3%となっていた。75%以上の加算区分がなくなったことの影響だが、供給不安定化の問題も無関係とはいえない。不算定薬局では今後、後発医薬品使用のインセンティブが働かなくなることも懸念される。一方、90%以上という新区分を算定する薬局も18.4%あった。


【中医協答申】オンライン資格確認の評価/薬局にマイナ保険証持参なら1点、ない場合は3点/新設の「医療情報・システム基盤整備体制充実加算」

【中医協答申】オンライン資格確認の評価/薬局にマイナ保険証持参なら1点、ない場合は3点/新設の「医療情報・システム基盤整備体制充実加算」

【2022.08.10配信】厚生労働省は8月10日、中央社会保険医療協議会総会を開き、オンライン資格確認に関する診療報酬上の評価を議論した。事務局は現行の「電子的保健医療情報活用加算」を廃止した上で、マイナンバー保険証を持参した患者の負担を軽くする案を提示した。


【サツドラHD】子会社のサッポロドラッグストアーの代表取締役異動

【サツドラHD】子会社のサッポロドラッグストアーの代表取締役異動

【2022.08.09配信】サツドラホールディングスは8月9日、 同日開催の定時株主総会及び取締役会において、子会社サッポロドラッグストアーの代表取締役及び取締役の異動を行うことを決議し公表した。


【医薬品制度部会】論点は3つ/「外部委託」「処方箋40枚規制」「敷地内薬局」

【医薬品制度部会】論点は3つ/「外部委託」「処方箋40枚規制」「敷地内薬局」

【2022.08.09配信】厚生労働省は8月5日、「令和4年度第1回厚生科学審議会医薬品医療機器制度部会」を開催した。この中で「薬局薬剤師の業務及び薬局の機能に関するワーキンググループ」(WG)とりまとめが報告されたが、日本薬剤師会(日薬)副会長の森昌平氏は、制度に関わる論点として「外部委託」「処方箋40枚規制」「敷地内薬局」の3つを挙げた。


ランキング


>>総合人気ランキング