【ウエルシア薬局】180床の病院と同じ敷地内に出店/「イオンタウン幕張西」/病院との連携強化

【ウエルシア薬局】180床の病院と同じ敷地内に出店/「イオンタウン幕張西」/病院との連携強化

【2021.09.30配信】ウエルシア薬局は、180床の病院と同じ敷地内に出店する。イオンタウン株式会社が10月に新設する「イオンタウン幕張西」(千葉県)への出店で、この敷地内には2022年夏に約180床を有する「幕張病院」が開業予定。イオンタウンとしてもこの規模の病院を擁するショッピングモールは初という。ウエルシア薬局社長の松本忠久氏は、「病院の患者様にも食事やサプリメントなど提供できることがある」と話し、病院との連携を強化する考えを表明。調剤領域にかかわらず、多彩な商品を有しているウエルシアの利点を生かした病院との連携が生まれる可能性をにじませた。調剤には「フルラインの調剤ロボット」を配備。3年後に月間1万枚の処方箋応を目指す。


病院の患者に食事やサプリメントなど「ウエルシアができることがある」

 180床の病院が開業を予定しているショッピングセンター「イオンタウン幕張西」内に、ウエルシア薬局が出店する。

 病院との連携体制について記者から「人的交流を含めて、これまでにないような連携が始まる可能性はあるのか」と質問が出ると、ウエルシア薬局社長の松本忠久氏は「大いにあると思う」と述べた。

 松本社長は「(病院とウエルシア薬局が)連携を強めていく必要がある。それによって、ウエルシアの店舗に来ているお客様にとって病院で提供いただけることもあると思う。病院の患者様にとっても、例えば日頃の食事やサプリメントにおいてウエルシアが提供できることもある。こうした相互関係ができることを目指したいと思う」と話した。

 調剤領域にかかわらず、多彩な商品を有しているウエルシアの利点を生かした病院との連携が生まれる可能性をにじませた。ドラッグストアの顧客の悩みを医療につなげるという意味でも、多面的な連携体制を想定していることがうかがえる。

SCコンセプトは「医療、健康、生活支援で人と人をつなぐコミュニケーション拠点」

 イオンタウン幕張西は、「医療、健康、生活支援で人と人をつなぐ地域のコミュニケーション拠点」をコンセプトにしたショッピングセンター(SC)。
 10月21日にオープンを予定している。
 
 核店舗となる「ウエルシア イオンタウン幕張西店」のほか、「まくはりコーラス内科」「Y&M クリニック幕張」「幕張西矯正歯科・歯科 クリニック」「幕張スタークリニック 訪問診療センター」「すずらん鍼灸整骨院 鍼灸整骨院」のほか、「エニタイムフィットネス」やコインランドリー「Hare365」などを擁している。

 加えて、2022年夏には医療法人白百合会「幕張病院」が開業予定。
 同病院は約180床を有しており、診療科目は内科、リハビリ科、精神科。
 病院とSCは連携協定を締結し、有事の際の傷病者受け入れ体制について協力する。また、商業棟内に設置したデジタルサイネージで、「幕張病院」の診察案内や休診情報を放映し、顧客の利便性を向上させる予定。

 SC全体を通して、「毎日の便利な生活にプラスして、地域に根差したウエルネスとコミュニティで地域全体を健康に」「健康的で活力ある、持続可能なまちづくりに貢献」などを目指していくとしている。

10月21日にオープン予定のイオンタウン幕張西

「フルラインの調剤ロボット」を配備/3年後に月間1万枚の処方箋目指す

 イオンタウン社長の加藤久誠氏とともに会見に臨んだウエルシア薬局社長の松本忠久氏は、同店の調剤部門について、「フルラインの調剤ロボット」を配備したとした。クリニックや病院との地域医療連携を深めるほか、在宅医療の拡充を図る予定。「3年後には月間1万枚の処方箋を応需できるようにしたい」と目標も掲げた。
 「お薬受け取りロッカー」なども設置し、オンラインを活用して多様なニーズに応える。
 常時測定機器による健康チェックができるほか、管理栄養士を中心としたスタッフ3人を配置し、健康相談を受ける体制をつくる。

 「ウエルシア イオンタウン 幕張西店」では、店舗入り口付近に園芸カテゴリーを展開するのも特徴的。SCの理念にもあるように、「毎日の生活にプラス」できる提案を訴えかけるつくりといえる。
 園芸コーナーでは、ライフスタイル提案の側面も含めて、「育て方アドバイス」やウエルカフェと連動した「ガーデニング教室」の実施を計画する。花市場直送で鮮度を保つ。
 
 店舗レイアウトでは園芸コーナーの奥に調剤コーナーがあり、さらに店舗奥に進むと、医薬品、化粧品、雑貨コーナーと続き、一番奥は広いスペースを割いた食品コーナーになっている。食品コーナーではイオンとのシナジーを発揮して生鮮に取り組むほか、ワインだけでゴンドラ8本を使う酒コーナーも充実させている。農産物・畜産物も「千葉の船橋市場直送」などの供給体制をとる。
 食品コーナーだけではないが、同社が強化するPB「からだWelcia」や「くらしWelcia」、加えて医食同源アイテムを展開し、ウエルシアだけの商品提案力も強める。

 ウエルカフェを設置している。未病・予防・生活者の「困った!」を解決する地域の健康ハブステーションとして、スマホ教室や終活セミナー、食育活動のほか、「家でできる簡単フィットネス教室」、健康測定を踏まえた食習慣改善提案などの実施を計画しているとした。

 初めての試みとして、花王と組んで、衣料用洗剤・柔軟剤・食器用洗剤の洗剤量り売りコーナーを展開する。
 サステナビリティ提案の一環で、ボトルやパッケージのゴミを出さない新習慣を提案し、SDGsの達成を目指すとした。

初めての試みとなる洗剤の量り売り

この記事のライター

関連する投稿


【第2四半期決算】ウエルシアHD/売上+6.6%、営業利益−14.1%/食品でコロナ特需の反動減

【第2四半期決算】ウエルシアHD/売上+6.6%、営業利益−14.1%/食品でコロナ特需の反動減

【2021.10.08配信】ウエルシアホールディングスは2022年2月期第2四半期の連結業績を公表した。それによると、前年同期比は売上+6.6%、営業利益−14.1%などだった。


【8月月次】ウエルシアHD、全店+4.4%、既存店+0.7%

【8月月次】ウエルシアHD、全店+4.4%、既存店+0.7%

【2021.09.10配信】ウエルシアホールディングスは8月月次業績を公表した。それによると、全店+4.4%、既存店+0.7%だった。


【ウエルシアHD】九州初出店、大分市に「大分セントポルタ中央町店」

【ウエルシアHD】九州初出店、大分市に「大分セントポルタ中央町店」

【2021.08.23配信】ウエルシアホールディングス子会社のウエルシア薬局は9月1日、同社グループとして九州地区への初出店となる「ウエルシア大分セントポルタ中央町店」(大分県大分市)をオープンする。


【地域連携薬局】東京都の認定取得薬局一覧/ドラッグストアではウエルシア薬局、ココカラファインが取得

【地域連携薬局】東京都の認定取得薬局一覧/ドラッグストアではウエルシア薬局、ココカラファインが取得

【2021.08.20配信】東京都では地域連携薬局を取得した薬局が薬局機能情報提供サービス「t-薬局いんふぉ」で公開され始めている。公開されている取得薬局名を掲載する。ドラッグストアではウエルシア薬局、ココカラファインが取得している。


最新!2021年ドラッグストア調剤売上ランキング!ドラッグストアで拡大意欲高まる調剤事業

最新!2021年ドラッグストア調剤売上ランキング!ドラッグストアで拡大意欲高まる調剤事業

【2021.08.16配信】ドラビズon-lineでは上場ドラッグストア企業の最新決算業績から、「調剤売上ランキング」を集計した。その結果、1位はウエルシアホールディングスだった。総売上ランキングでは5位のスギホールディングスが、調剤売上では2位となり、存在感を示した。総売上ランキングでは6位のココカラファインも調剤売上では4位に浮上。同社の調剤売上の対総売上比率は20%を超えている。今年のコロナ禍でも同社の調剤売上は前期比+9%となっている。10月に統合を控えるマツモトキヨシ ホールディングスとの調剤売上を合算すると調剤売上では上場ドラッグストア 企業中、2位に位置することもわかった。


最新の投稿


【マツキヨココカラ&カンパニー】スポーツ庁の「Sport in Lifeプロジェクト」に参画/ウォーキングイベントなど実施

【マツキヨココカラ&カンパニー】スポーツ庁の「Sport in Lifeプロジェクト」に参画/ウォーキングイベントなど実施

【2021.10.20配信】マツキヨココカラ&カンパニーは、一人でも多くの人がスポーツに親しむ社会の実現を目指すスポーツ庁の「Sport in Lifeプロジェクト」に参画する。10 月から生活習慣病の予防や健康維持・増進のための日常的な運動機会創出の取り組みを開始。ウォーキングイベントのほか、健康の意識・行動変容に関する実験も行う予定。


【昭和薬科大学】オンライン講座「緊急避妊薬を薬局で」開催/遠見才希子医師が講演

【昭和薬科大学】オンライン講座「緊急避妊薬を薬局で」開催/遠見才希子医師が講演

【2021.10.20配信】昭和薬科大学と町田市薬剤師会は共催で、10月30日(土)に生涯学習研修講座「緊急避妊薬を薬局で」を開催する。「緊急避妊薬を薬局で」プラジェクトの共同代表としても知られる産婦人科医の遠見才希子氏のほか、健ナビ薬樹薬局の片羽教子氏も講演する。


【中医協】かかりつけ医の議論の中で「地域連携薬局」の資料提示

【中医協】かかりつけ医の議論の中で「地域連携薬局」の資料提示

【2021.10.20配信】厚生労働省は10月20日に中央社会保険医療協議会総会を開き、「外来(その2)について」を議論した。かかりつけ医の普及に向けての課題に議論が集中したが、その中で薬局関連では、かかりつけ医に関連する「地域包括診療料・加算」の施設基準において満たすことが困難な要件として、24時間対応している薬局との連携を挙げる声が15%以上あったことが紹介された。事務局では、改正薬機法で地域連携薬局がスタートしており、基準として開店時間外対応などがあることを資料で示した。今後、かかりつけ医の進展と併せて、こうした薬局機能の議論が進む可能性があるといえる。


【キリン堂】90名の内定者とオンライン交流会を開催/コミュニケーションでコロナ下の不安解消

【キリン堂】90名の内定者とオンライン交流会を開催/コミュニケーションでコロナ下の不安解消

【2021.10.19配信】関西を中心にドラッグストア・調剤薬局を展開する株式会社キリン堂は、2021年10月3日(日)に2022年4月入社予定者90名の内定式をオンラインで開催した。


【第1四半期決算】コスモス薬品、売上高は1894億900万円(前年同四半期は1891億6100万円)

【第1四半期決算】コスモス薬品、売上高は1894億900万円(前年同四半期は1891億6100万円)

【2021.04.12配信】コスモス薬品は2022年5月期第1四半期の連結業績を公表した。それによると売上高は1894億900万円(前年同四半期は1891億6100万円)、営業利益は85億5600万円(前年同四半期は106億5500万円)だった。当第1四半期連結累計期間から「収益認識に関する会計基準」等を適用しているため、当該基準等適用前の実績値に対する増減率は記載していない。


ランキング


>>総合人気ランキング

編集部おすすめ記事