【スギHD2022年2月期 第2四半期決算】調剤待合室の拡大や健康サポートのための食品強化に取り組む

【スギHD2022年2月期 第2四半期決算】調剤待合室の拡大や健康サポートのための食品強化に取り組む

【2021.09.29配信】スギホールディングスは、2022年2月期上期決算説明動画を配信した。コロナ特需の反動減などにより増収減益となったものの、将来に向けた取り組みを着実に進めていると説明。同社社長の杉浦克典氏は、上期は特に調剤待合室拡大や、健康サポート機能を強化する意味での食品の拡充など、既存店の活性化に取り組んだと話した。


 説明した杉浦社長は、決算概況について、前年に需要が拡大した衛生用品等の反動減のため営業利益は前年同期比−13.6%の161億円と苦戦したものの、売上高は同+4.0%の3149億円と増収基調は維持したことを報告。調剤事業は好調で、積極的な併設店舗の出店により2桁伸長の強い伸びとなったとした。

 公式アプリのデジタル会員獲得やデジタル販促による費用対効果の改善、店舗間の人員配置の見直しなどを行ったものの、季節商品の低調や将来的な調剤事業の成長を見据えた採用強化に伴う人件費・仕入れに伴う消費税・キャッシュレス決済に伴う手数料などが利益を押し下げた要因にもなったとした。経常利益・当期純利益も前年同期実績を下回る結果となった。
 
 出店状況については、上期で関西16店舗、関東13店舗、中部13店舗、北陸8店舗の50店舗を出店。退店は6店舗で、8月末時点の店舗数は1435店舗となった。調剤併設を主体とした出店により、調剤併設率は85.2%(スギ薬局事業のみ)となった。

 杉浦社長は、「増収減益となったものの、成長に向けた取り組みを着実に進めている」とした。
 改めて、同社の「トータルヘルスケア戦略」を説明。セルフケア領域から医療・服薬領域、介護・生活支援領域まで、どの健康ステージでも顧客と接点を持ち、リアルとデジタルを融合させ、最適なサービスを提供していくと説明した。「顧客の生涯価値向上のために志を共有できるパートナーと連携していく」とした。

 また、上期の主な取り組みとして、既存店の活性化、製配販の連携、ESGの3つを紹介。

 既存店の活性化では、調剤の待合室見直しに取り組んだとした。限られたスペースで動線が非効率になっている事例があるとして、待合室を拡大し、調剤室内のスタッフ動線の改善を進めているという。物販売り場に関しても健康をサポートするために重要な食品を強化することで、顧客接点を増やせると考えているとした。

 製配販の連携では、ライオンとPaltacとの連携取り組みがサプライチェーンイノベーション大賞2021を受賞したことを報告した。今後の製配販の連携の鍵はDXにあるとし、同社のデジタル会員が増加していることや、同社内でデータ連携を可能にするインフラが整備されつつあるとし、「協業パートナーとともにデジタルマーケティングやCRM領域に積極的に打って出る時期にきた」と話した。今後も対象領域を広げ、新たな取引先とも協力し、サステナブルな取り組みを進めるとした。
 

 ESGについては、「少子高齢化や地球環境問題の深刻化や価値の多様性、消費行動の変化といった社会の変化を見据え、価値を生み出す事業活動によって、地域社会への貢献を目指している」と説明した。
 
 価値創造の源泉となる薬剤師・登録販売者・管理栄養士・ビューティーアドバイザーといった多数の専門家人材を中心に、新たな事業展開を含め顧客生涯価値の最大化をはかっていくとした。

 加えて、コロナ下の活動として、同社は藤田医科大学病院でのコロナワクチンの調製支援を行っているとし、ドラッグストア・薬局の社会的インフラとしての責任の大きさを感じているとした。下期には本社を大府市のコロナワクチン接種会場として協力し、同社の薬剤師が支援する予定となっている。

この記事のライター

関連する投稿


【第2四半期決算】ウエルシアHD/売上+6.6%、営業利益−14.1%/食品でコロナ特需の反動減

【第2四半期決算】ウエルシアHD/売上+6.6%、営業利益−14.1%/食品でコロナ特需の反動減

【2021.10.08配信】ウエルシアホールディングスは2022年2月期第2四半期の連結業績を公表した。それによると、前年同期比は売上+6.6%、営業利益−14.1%などだった。


【クリエイトSDホールディングス】第1四半期決算/売上+3.5%、営業利益-13.2%/コロナ特需の反動減

【クリエイトSDホールディングス】第1四半期決算/売上+3.5%、営業利益-13.2%/コロナ特需の反動減

【2021.10.06配信】クリエイトSDホールディングスは2022年5月期第1四半期の連結業績(2021年6月1日~2021年8月31日)を公表した。売上高は前年同期比3.5%増、営業利益は同13.2%減などだった。


【クスリのアオキHD】2022年5月期第1四半期報告書の提出を延長/延長後期限は11月4日

【クスリのアオキHD】2022年5月期第1四半期報告書の提出を延長/延長後期限は11月4日

【2021.10.05配信】クスリのアオキホールディングスは、申請していた2022 年5月期第1四半期報告書の提出期限延長が承認されたと告知した。同社は10 月1日付で延期することを公表していた。


【規制改革推進会議】スギメディカルが薬剤師による在宅での点滴薬剤の交換行為容認を要望/薬剤使用のタイムラグを解消

【規制改革推進会議】スギメディカルが薬剤師による在宅での点滴薬剤の交換行為容認を要望/薬剤使用のタイムラグを解消

【2021,09.28配信】内閣府は9月27日、規制改革推進会議「医療・介護ワーキンググループ」を開いた。主に医療職種のタスクシェアが議論されたが、この中で、スギメディカルが在宅における薬剤師による点滴薬剤の交換行為などを、医師の指示の下で容認するよう要望した。それにより、患者の薬剤使用のタイムラグが解消できるとした。


【8月月次】スギHD、全店+3.0%、既存店-1.5%

【8月月次】スギHD、全店+3.0%、既存店-1.5%

【2021.09.10配信】スギホールディングスは8月月次業績を公表した。それによると全店ベースの売上伸率は、スギ薬局事業が4.9%増、ジャパン事業が14.0%減、スギ薬局全体の全店売上は3.0%増となった。既存店ベースの売上伸率は、スギ薬局事業が0.6%減、ジャパン事業が9.7%減となり、スギ薬局全体の既存店売上は1.5%減となった。


最新の投稿


【マツキヨココカラ&カンパニー】スポーツ庁の「Sport in Lifeプロジェクト」に参画/ウォーキングイベントなど実施

【マツキヨココカラ&カンパニー】スポーツ庁の「Sport in Lifeプロジェクト」に参画/ウォーキングイベントなど実施

【2021.10.20配信】マツキヨココカラ&カンパニーは、一人でも多くの人がスポーツに親しむ社会の実現を目指すスポーツ庁の「Sport in Lifeプロジェクト」に参画する。10 月から生活習慣病の予防や健康維持・増進のための日常的な運動機会創出の取り組みを開始。ウォーキングイベントのほか、健康の意識・行動変容に関する実験も行う予定。


【昭和薬科大学】オンライン講座「緊急避妊薬を薬局で」開催/遠見才希子医師が講演

【昭和薬科大学】オンライン講座「緊急避妊薬を薬局で」開催/遠見才希子医師が講演

【2021.10.20配信】昭和薬科大学と町田市薬剤師会は共催で、10月30日(土)に生涯学習研修講座「緊急避妊薬を薬局で」を開催する。「緊急避妊薬を薬局で」プラジェクトの共同代表としても知られる産婦人科医の遠見才希子氏のほか、健ナビ薬樹薬局の片羽教子氏も講演する。


【中医協】かかりつけ医の議論の中で「地域連携薬局」の資料提示

【中医協】かかりつけ医の議論の中で「地域連携薬局」の資料提示

【2021.10.20配信】厚生労働省は10月20日に中央社会保険医療協議会総会を開き、「外来(その2)について」を議論した。かかりつけ医の普及に向けての課題に議論が集中したが、その中で薬局関連では、かかりつけ医に関連する「地域包括診療料・加算」の施設基準において満たすことが困難な要件として、24時間対応している薬局との連携を挙げる声が15%以上あったことが紹介された。事務局では、改正薬機法で地域連携薬局がスタートしており、基準として開店時間外対応などがあることを資料で示した。今後、かかりつけ医の進展と併せて、こうした薬局機能の議論が進む可能性があるといえる。


【キリン堂】90名の内定者とオンライン交流会を開催/コミュニケーションでコロナ下の不安解消

【キリン堂】90名の内定者とオンライン交流会を開催/コミュニケーションでコロナ下の不安解消

【2021.10.19配信】関西を中心にドラッグストア・調剤薬局を展開する株式会社キリン堂は、2021年10月3日(日)に2022年4月入社予定者90名の内定式をオンラインで開催した。


【第1四半期決算】コスモス薬品、売上高は1894億900万円(前年同四半期は1891億6100万円)

【第1四半期決算】コスモス薬品、売上高は1894億900万円(前年同四半期は1891億6100万円)

【2021.04.12配信】コスモス薬品は2022年5月期第1四半期の連結業績を公表した。それによると売上高は1894億900万円(前年同四半期は1891億6100万円)、営業利益は85億5600万円(前年同四半期は106億5500万円)だった。当第1四半期連結累計期間から「収益認識に関する会計基準」等を適用しているため、当該基準等適用前の実績値に対する増減率は記載していない。


ランキング


>>総合人気ランキング

編集部おすすめ記事