【緊急避妊薬のスイッチ化】当の薬局薬剤師はどう考えているのか?<2>

【緊急避妊薬のスイッチ化】当の薬局薬剤師はどう考えているのか?<2>

【2021.06.09配信】厚生労働省は6月7日、「第16回 医療用から要指導・一般用への転用に関する評価検討会議」(スイッチ検討会議)を開き、緊急避妊薬のスイッチに関して議論を再開することとした。当の薬局薬剤師はどのようにこの問題を捉えているのか。特定非営利活動法人Healthy Aging Projects For Women (NPO法人HAP)の理事長で、女性の生涯にわたる健康支援(ウイメンズヘルスケア)に関する研修を頻繁に行い、コンシェルジェ薬剤師を養成している宮原富士子氏に聞いた。以下、談話形式でお伝えする。


「OTC化に反対はない、でも、誰にもわかりやすいゴールとそれに向けてのロードマップがあるべき。どこで買うかよりも、誰から買えるのかの利用者の選択の視点も大事にしたいです」

  緊急避妊薬をスイッチ化すること、つまり、近未来に要指導医薬品にすることについては、何も反対することはないというところです。賛成します。
 けれど、本来は、要指導医薬品になることによりどのように女性に恩恵があるかのゴールとロードマップがあるべきです。
 ゴールは要指導医薬品になることではなく、緊急避妊薬が広く、かつ安全に、敷居低く入手できる体制を構築し、そのことで、女性の健康を守り、性と健康の権利を尊重できる風土を醸成することにあります。緊急避妊薬を、女性が必要な時に安全に速やかに供給でき、かつその女性のその後の健康や生き方に貢献できるような状態になることがベストです。

 このゴールに向けて、課題と解決策は非常にシンプルです。

1)【かかりつけ婦人科医師】
 今の日本の女性において、敷居が高い産婦人科受診の敷居を下げること。多くの海外の女性は産婦人科のかかりつけを持ち、女性ホルモンにより影響を受ける体や心のマネジメント、月経に関わるマイナートラブルへの対処、避妊・妊娠への対応など、かかりつけ婦人科医のもと体調の管理をしています。女性の人生はホルモンに大きな影響を受けるからです。私は日本の女性も産婦人科医のかかりつけを持つようになるとよいと思っています。現状は妊娠や出産などの時にしか行かない場所というイメージが強く、最初の一歩がなかなか進まない現状があります。どこの婦人科に行ったらよいかもわからない女性もたくさんいます。

2)【緊急避妊薬が主に産婦人科医師による処方箋しか出されない現状】
 一般の医師にも処方を出してもらえるようになることで、日頃のかかりつけ医師あるいは休祝日などの地区ごとの当番医師からの処方箋を出してもらうこともできるようになり、緊急避妊薬というものが医師の中でも特別なものではない、日常生活に必要なものという認識が広まると思います。現在は、添付文書への妊娠の確認という記載もあり、“産婦人科医処方薬”のようになっていて、一般の医師がなかなか処方しづらいものとなっています。この背景の中で、遠方にオンライン診療を依頼せざるを得ないケースも体験しています。これについては、添付文書の改訂の議論が進んでいると聞いていますので、そうした動きによって変化していくと思います。

3)【薬剤師にとっても関係性の希薄、連携しにくい診療科が産婦人科】
 薬局で販売するようになっても、このことがネックで、当事者の避妊や性病等のケアに繋げられない可能性が心配されます。かかりつけ薬剤師という制度と婦人科受診、この連携が大事と考えられます。もし性暴力被害という事態においてもこのことはとても重要です。

4)【価格】
 現在は緊急避妊薬はオリジナル医薬品1万2000円、GE製品6000円程度で、薬局で提供していると思いますが、要指導薬にスイッチするときにはまずオリジナル医薬品が移行しますのでこの高さのままスイッチとなります。価格の面でも、入手のしやすさをどう確保するのかの議論が必要です。

5)【薬局販売の際に薬局でだれが対応するか】
 女性の利用者が、薬剤師を選べる仕組みも大事になります。女性薬剤師を望む場合も、専門性の高い薬剤師を望む場合もありましょう。どの薬剤師でもよい人ももちろんいると思います。いずれにしても利用者がプライバシーが守られ、希望する環境で入手できる体制をどう維持できるかです。


 以上のような課題を1つずつ解決していくことで、緊急避妊薬が何かとても特別な医薬品ではなくて、身近な生活の中で必要とするときに必要なものと感じられるものになっていく、そうゆう風土醸成が必要と思います。緊急避妊薬は副作用が少ないことも知られている薬です。安全に必要な時に、利用者が望む方法で(産婦人科医師の処方なのか、かかりつけ医師からの処方なのか、選べる体制での薬剤師からの購入なのかなど)供給される体制が構築され、併せて本医薬品と関連して、避妊や性病等の情報を入手でき、性暴力被害等の時には支援がうけられる、そういう体制を作ってゆくことが大事だと思っています。

 そういう風土の中で、緊急避妊薬の入手の幅が広がり、そのひとつとして薬局での販売が可能になる。選択肢を増やす環境に持っていくことが必要だと思っています。

産婦人科医の中での議論を待つ必要もある

 市民団体から緊急避妊薬のアクセス改善を求める活動があったことは、とても意味がありました。それにより緊急避妊薬のオンライン診療の初診解禁があり、調剤する薬局薬剤師の知識と体験が増加しました。私もコンシェルジェ薬剤師養成研修を数多く開催しましたが、緊急避妊薬の調剤は知識だけではなく、実際の場面を想定したロールプレイングにより、禁句を学んだりケアの本質を学ぶことが重要だと痛感しています。そして実際に自分が対面して会話をして、処方箋による緊急避妊薬の調達から服薬指導、アフターフォローまでを体験して得るものが大きいと思います。自信のない段階では、24時間薬剤師をフォローする体制で、自分自らが後ろ盾になりOJTをしています。初めての薬剤師の方の服薬指導などを見守ることを数多くしています。それが将来の健全な緊急避妊薬の提供の大きな布石になると思っています。

 多くの関心の高い優秀な薬剤師が研修や体験を通して、女性の健康を支援することの大切さを学んでいると思います。

 そして今回、スイッチの検討会議での再議論も決まりました。
 素晴らしいことだと思いますが、一方で、一般市民の方が提案できるところまで最大限がんばられましたが、一旦ここから先は専門家の中での議論を醸成する段階になると思います。市民と専門家が対立するのではなく、無関心層も巻き込んだ、話し合い、落としどころをロードマップをもとに考えてゆくステップになったのではないでしょうか。一般女性の中にも、様々な意見があると思います。それをくみ取ることも大切だと思います。

 添付文書の改訂の動きも含めて、産婦人科医師の中で、これまで苦労を重ね、より良い方向を議論し、実際に取り組んでくれているオーソリティは多く存在します。その努力も見守りたいところです。

 私は今の流れの中で、産婦人科医師の中から様々な提案が出てきていると感じています。

 それをいますぐに要指導薬へのスイッチだけに話を集約してしまうのは、かなりもったいない話だと感じています。

 産婦人科医師、一般の医師、薬剤師、こうした専門家それぞれの立場への尊重がなければより良い議論にはなるはずがありません。

健康サポート薬局や地域連携薬局での販売も選択肢

 一方、実際にどのような薬局で緊急避妊薬を販売するかについては、地域で健康講座なども開いている健康サポート薬局のほか、薬機法改正で8月から始まる地域連携薬局での販売なども選択肢だと思います。すでに薬機法等に明記されている「健康サポート薬局」、新しく始まる「地域連携薬局」など一定の基準をクリアしている薬局は数多く存在しています。 地域連携薬局の要は、地域の「つなぎ」役になることですから、そういった地域連携薬局が持つ機能が、緊急避妊薬販売でも活用できると思います。

「どこでもらうかより、誰からもらうか」

 医師・薬剤師の二元的販売状態ができてくると、結局、「どこでもらうか」ではなく、「誰からもらうか」が重要になり、利用者の選択の幅が広がります。
 「緊急避妊薬は、誰からもらうかが重要になります」とテーマを掲げた時に、女性が、「え? 誰からもらうってどういう意味だろう? 選べるの? 事前に情報入手できるの?」と、そんな関心を持ってもらい、緊急避妊薬への理解を深めてもらう。そんな姿が私は理想だと思っています。すべては、女性の生涯にわたる健全な健康な過ごし方、生き方のために。

(談)

この記事のライター

関連する投稿


【緊急避妊薬の問題と店頭はどう向き合う?】フェムテック座談会VOL.2/理解したいSRHRの考え方

【緊急避妊薬の問題と店頭はどう向き合う?】フェムテック座談会VOL.2/理解したいSRHRの考え方

【2021.10.11配信】緊急避妊薬をスイッチOTCにするかどうか、再議論がスタートしている。緊急避妊薬を入手しやすい環境にすべきだという考えの根底にあるのが、性と生殖に関する健康と権利(SRHR)という考え方だ。緊急避妊薬の基礎知識やSRHRについて改めて知ることは、女性の健康を支援するドラッグストア・薬局店頭に活きるはずだ。長く女性の包括的な支援に取り組んでこられた産婦人科医の対馬ルリ子氏をお招きし、業界関係者とともに「店頭からのフェムテック市場育成」を考える座談会を開催した。


【緊急避妊薬】確実視されるスイッチOTC化/検討会議の議論全容は/焦点は“面前服用”や“要指導薬固定制度”【2万字記事】

【緊急避妊薬】確実視されるスイッチOTC化/検討会議の議論全容は/焦点は“面前服用”や“要指導薬固定制度”【2万字記事】

【2021.10.06配信】再議論が始まった緊急避妊薬の薬局での販売。10月4日に開かれた厚労省の検討会は大きな節目となった。2017年の議論の際にはOTC化に反対の意見を示していた日本産科婦人科学会がスイッチ化を容認する発言をしたからだ。OTC化議論は前進しそうだ。議論はOTC化へ向けた具体的な条件設定に移る可能性がある。具体的な条件については日本産科婦人科学会が「薬剤師の面前での1錠服用」の妥当性を主張する場面があり、この条件設定などが議論になりそうだ。


【緊急避妊薬のスイッチOTC化】産科婦人科学会「要指導薬でスイッチを」「薬剤師の対面指導で産婦人科医への受診勧奨を」

【緊急避妊薬のスイッチOTC化】産科婦人科学会「要指導薬でスイッチを」「薬剤師の対面指導で産婦人科医への受診勧奨を」

【2021.10.04配信】厚生労働省は10月4日、医療用から要指導・一般用への転用に関する評価検討会議を開催した。この中で日本産婦人科医会は提出した資料の表現について謝罪した。加えて、緊急避妊薬のスイッチOTC化について、産科婦人科学会は「ネット販売のできない要指導薬としてスイッチ化していただき、薬剤師の対面指導を行い、産婦人科医への受診勧奨をいただける仕組みにしてほしい」と語り、スイッチ化を容認する発言をした。


【緊急避妊薬のスイッチ化議論】「OTC化に賛成と回答したのに“現状のままでは反対”にされた」/調査に回答の産婦人科医から戸惑いの声

【緊急避妊薬のスイッチ化議論】「OTC化に賛成と回答したのに“現状のままでは反対”にされた」/調査に回答の産婦人科医から戸惑いの声

【2021.10.04配信】緊急避妊薬のスイッチOTC化を要望している市民団体「緊急避妊薬の薬局での入手を実現する市民プロジェクト」は10月4日、厚生労働省内で会見した。その中で、日本産婦人科医会の意識調査結果について触れ、「回答した産婦人科医から、スイッチ化に賛成と回答したのに“現状のままでは反対”にされた」といった戸惑いの声が届いているとした。


緊急避妊薬のスイッチ、厚労省検討会開催前に市民団体が会見/65の団体からの賛同書提出

緊急避妊薬のスイッチ、厚労省検討会開催前に市民団体が会見/65の団体からの賛同書提出

【2021.09.30配信】厚生労働省は10月4日15時から「医療用から要指導・一般用への転用に関する評価検討会議」を開き、緊急避妊薬のスイッチ化を議題にする。これに先立ち、要望者である市民団体が、検討会議同日の13時から会見を開く。65団体からの賛同書を厚労省に提出したことなどを報告する。賛同書のほか、「緊急避妊薬のスイッチOTC化に伴う課題の解決に向けての要望書」を厚労省に提出する。


最新の投稿


【マツキヨココカラ&カンパニー】スポーツ庁の「Sport in Lifeプロジェクト」に参画/ウォーキングイベントなど実施

【マツキヨココカラ&カンパニー】スポーツ庁の「Sport in Lifeプロジェクト」に参画/ウォーキングイベントなど実施

【2021.10.20配信】マツキヨココカラ&カンパニーは、一人でも多くの人がスポーツに親しむ社会の実現を目指すスポーツ庁の「Sport in Lifeプロジェクト」に参画する。10 月から生活習慣病の予防や健康維持・増進のための日常的な運動機会創出の取り組みを開始。ウォーキングイベントのほか、健康の意識・行動変容に関する実験も行う予定。


【昭和薬科大学】オンライン講座「緊急避妊薬を薬局で」開催/遠見才希子医師が講演

【昭和薬科大学】オンライン講座「緊急避妊薬を薬局で」開催/遠見才希子医師が講演

【2021.10.20配信】昭和薬科大学と町田市薬剤師会は共催で、10月30日(土)に生涯学習研修講座「緊急避妊薬を薬局で」を開催する。「緊急避妊薬を薬局で」プラジェクトの共同代表としても知られる産婦人科医の遠見才希子氏のほか、健ナビ薬樹薬局の片羽教子氏も講演する。


【中医協】かかりつけ医の議論の中で「地域連携薬局」の資料提示

【中医協】かかりつけ医の議論の中で「地域連携薬局」の資料提示

【2021.10.20配信】厚生労働省は10月20日に中央社会保険医療協議会総会を開き、「外来(その2)について」を議論した。かかりつけ医の普及に向けての課題に議論が集中したが、その中で薬局関連では、かかりつけ医に関連する「地域包括診療料・加算」の施設基準において満たすことが困難な要件として、24時間対応している薬局との連携を挙げる声が15%以上あったことが紹介された。事務局では、改正薬機法で地域連携薬局がスタートしており、基準として開店時間外対応などがあることを資料で示した。今後、かかりつけ医の進展と併せて、こうした薬局機能の議論が進む可能性があるといえる。


【キリン堂】90名の内定者とオンライン交流会を開催/コミュニケーションでコロナ下の不安解消

【キリン堂】90名の内定者とオンライン交流会を開催/コミュニケーションでコロナ下の不安解消

【2021.10.19配信】関西を中心にドラッグストア・調剤薬局を展開する株式会社キリン堂は、2021年10月3日(日)に2022年4月入社予定者90名の内定式をオンラインで開催した。


【第1四半期決算】コスモス薬品、売上高は1894億900万円(前年同四半期は1891億6100万円)

【第1四半期決算】コスモス薬品、売上高は1894億900万円(前年同四半期は1891億6100万円)

【2021.04.12配信】コスモス薬品は2022年5月期第1四半期の連結業績を公表した。それによると売上高は1894億900万円(前年同四半期は1891億6100万円)、営業利益は85億5600万円(前年同四半期は106億5500万円)だった。当第1四半期連結累計期間から「収益認識に関する会計基準」等を適用しているため、当該基準等適用前の実績値に対する増減率は記載していない。


ランキング


>>総合人気ランキング

編集部おすすめ記事