【薬剤師養成検討会】「調剤業務の見直し」を今後の検討事項に

【薬剤師養成検討会】「調剤業務の見直し」を今後の検討事項に

【2021.06.04配信】厚生労働省は、「第9回薬剤師の養成及び資質向上等に関する検討会」を開催し、これまでの議論のとりまとめ案を示した。薬学部の新設や入学定員の適正化の議論の必要性、卒後研修の必要性など、これまでの論点を整理したほか、今後、この検討会での検討事項として「調剤業務の見直し」を挙げた。「規制改革推進に関する答申」の中で議論を求められていた事項であり、このテーマが本検討会で議論されることになる。なお、とりまとめに関しては意見を調整した上で、次回の検討会で示す予定。6月中を予定している。


 この検討会では薬剤師の養成と資質向上の2つの柱があるが、現場の薬剤師の関心の高い事項としては、とりまとめ案が示した薬剤師の業務・資質向上の項があるだろう。

 とりまとめの中では、対人業務へのシフトを改めて明記。
 「対人業務の充実と対物業務の効率化のためには、薬剤師しかできない業務に取り組むべきであり、薬剤師以外でもできる業務は機械の導入や薬剤師以外の者による対応によりタスクシフトを行うべき」とした。

 「薬剤師以外の者による対応」については、大阪医科薬科大学招聘教授政田幹夫氏が「日本ではテクニシャンも制度化されていない中でもう少し踏み込んだ議論が必要ではないか」とした。

 これに対し、日本薬剤師会副会長の安部好弘氏は、「そういった人は不要」と反論した。
 これまでも日本薬剤師会は「テクニシャン」に関しては否定的な意見を示しており、改めてこれを強調した格好。

 一方、安部氏は「そういう人は不要だが、薬剤師以外の人が安全・効率的に業務を行えるようにしていくことは、管理者としての薬剤師の能力として必要なこと」と補足した。


 また、とりまとめ案では、「調剤業務について、医療安全の確保を前提に見直しを検討することが必要ではないか」と明記。6月1日の「規制改革推進に関する答申」で挙げられた項目とほぼ同様の文言になっており、答申に基づく議論が本検討会で行われる見込み。
 調剤業務の見直しをめぐっては、4月20日の規制改革推進会議において「調剤の外部委託」が提言され、その後、答申では「調剤業務の効率化:薬局における薬剤師の対人業務を充実させるため、調剤技術の進歩や医薬品の多様化等の変化を踏まえ、調剤に係る業務プロセスの在り方を含め、医療安全を確保しつつ調剤業務の効率化を進める方策を検討し、必要な見直しを行う」という表現に着地した経緯がある。

 こうした点に関し、厚労省は「調剤業務の議論はかねてからあったこと」と、必ずしも規制改革推進の答申だけが理由ではないとの考えを示すとともに、外部委託がクローズアップされていることについては、「全体の中のトピックの1つでしかない」との見方だ。

 なお、議論する調剤業務の事例としては下記を掲げた。
 ・調剤機器の精度管理などメンテナンス
 ・薬剤師以外の職員に対する研修など資質の確保
 ・調剤の内容の多様化への対応
 ・多剤の適切な服用のための一包化などの作業を含めた対応

 また、とりまとめ案の中で、「調剤業務自体は薬剤師の独占業務であり、医療安全を確保しつつ、適切に調剤を行うことは業務の根幹であることから、薬剤師に関する事項を広く検討課題としている本検討会で引き続き検討することが適当ではないか」との考えを明記した。


 さらに、ICT対応の議論の必要性にも触れている。
 「電子処方箋による処方薬を含む患者情報の共有化、薬剤師業務の質を向上させるための医療機関等との連携方策に取り組むべきではないか。(電子処方箋の早期実現、それにともなう患者情報の活用方策、PBPM の推進など、医療機関等と連携を進めるべきではないか。)電子処方箋により処方薬の情報がリアルタイムで把握可能になると、要指導医薬品・一般用医薬品の情報の管理を含め、服用薬を一元的・継続的に把握するためにお薬手帳の利用方法を変えていく必要ある。特に電子版お薬手帳は電子処方箋システムとの連携により、服薬状況等の様々な情報が簡便に搭載することが可能になることが期待されるため、このような連携が円滑にできるよう検討を進めるべきではないか。また、このような ICT
化により情報の共有化が実現された時代における、かかりつけ薬剤師・薬局の考え方も検討すべきではないか」とした。

 ICT化に関しては、日薬・安部氏が「医療機関と薬局でばらばらで進めると連携において非効率であることが分かっている。基盤のシステムをつくり、薬局もICT投資をしていく必要がある」と語った。
 その一方で、規制改革推進会議で薬局とICT化に関連する議論が起こっていることに警戒感を示し、「専門家の議論を踏まえながら、ICTありきではなく、社会インフラとして薬局を位置づける中でICTの活用があるべき」との見解を示した。

 
  とりまとめ案の中では、「調剤以外の業務」の重要性も指摘。
 「特に薬局は、要指導医薬品・一般用医薬品の提供も前提に、処方箋に依存しない業務に取り組むべきではないか。(例:健康サポート業務、セルフケアを推進する中でのセルフメディケーションを支援する対応、公衆衛生の対応、薬物乱用対策への対応、学校における健康教育など)」とした。

*****
 この検討会の1つの核となっていた「薬剤師の業務」の議論が、今後、さらに深掘りされる見通しとなった。
 これまでの検討会が示したのは、「薬剤師の業務が転換期を迎えている」、その一言に尽きるのではないだろうか。一言で「調剤偏重からの脱却」の必要性が指摘はされてきたが、「調剤以外の業務」として、とりまとめ案に記された範疇は実に広範であることを改めて感じる。「目指すべき姿」の項では、コロナワクチン接種体制への積極的な関与のほか、緊急避妊薬の取扱いにあたって女性の健康に関する相談等の適切な対応もできるようにすべきと記された。社会の変化とともに求められる役割も変化していくことの表れだろう。
 それを実現するために、必要な調剤業務の効率化の議論が進むことは必至で、裏を返せば、効率化された調剤の報酬は逓減していくことが想定される。そこに備えるためにも、この検討会の議論で日々の薬局業務に変化が起きることが、この検討会の最大の結果となるだろう。
 それに資するためであれば、外部委託のテーマが浮上する可能性もあるのではないか。予断を持たない議論が起こる可能性もある。
 今後の検討会の議論から目が離せない。

<PR情報>【地域密着薬局をマツキヨが支える!?】M&AでもFCでもない商品供給プログラムに注目

https://www.dgs-on-line.com/articles/948

 コロナ禍の受診抑制で経営的に大きなダメージを受けた薬局は少なくない。薬局経営者の中では「これからの薬局経営は調剤に偏重していては立ちいかなくなる」との思いが強くなっている。しかし、具体的に健康サポート機能を強化しようにも、新製品や話題の製品動向の情報収集、また“モノ”そのものの調達も簡単ではない――。そんな課題を抱える地域密着薬局から注目を集め始めているサービスが、マツモトキヨシホールディングス(以下マツモトキヨシHD)が手掛ける「調剤サポートプログラム」だ。同プログラムの有効性はいかほどなのか。業界紙記者が探る。

この記事のライター

関連するキーワード


薬剤師養成検討会

関連する投稿


コラム【薬剤師養成検討会のとりまとめ案】調剤報酬改定2022への布石を読み解く

コラム【薬剤師養成検討会のとりまとめ案】調剤報酬改定2022への布石を読み解く

【2021.06.18配信】厚生労働省が「薬剤師の養成及び資質向上等に関する検討会」で進める「とりまとめ」。6月中にも最終稿の公表を目指すが、この「とりまとめ」は公表後に、どのような影響を及ぼすのか? 薬局の資質向上を図る策としては、当然のことながら調剤報酬による政策誘導が考えられる。


【薬剤師養成検討会】文科省が「薬学部入学定員の抑制」検討を明言

【薬剤師養成検討会】文科省が「薬学部入学定員の抑制」検討を明言

【2021.06.16配信】厚生労働省は6月16日、「第10 回薬剤師の養成及び資質向上等に関する検討会」(薬剤師養成検討会)を開催した。この中で、文部科学省が発言し、「入学定員数の抑制も含め教育の質の向上に資する、適正な定員規模のあり方や仕組みなどを早急に検討すべきである」とのとりまとめ案への踏み込んだ表現を提案したと説明した。前回の検討会での委員からの指摘に関して「真摯に受け止めている」という文科省の姿勢を示したもの。ただ、これに対し、日本薬剤師会の副会長の安部好弘氏は「これでは足りない」とさらなる表現を要望。「検討」だけでなく「対応策の実行」の明記を求めた。


コラム【厚労省の薬局大規模調査結果を読み解く】「処方箋1枚の所要時間13分」は処方箋40枚規定を裏付け/要指導薬のない薬局が4割/薬局薬剤師平均給与488万円

コラム【厚労省の薬局大規模調査結果を読み解く】「処方箋1枚の所要時間13分」は処方箋40枚規定を裏付け/要指導薬のない薬局が4割/薬局薬剤師平均給与488万円

【2021.06.07配信】厚生労働省は薬局や病院を対象に業務や勤務実態を調査した結果を公表した。「薬剤師の需給動向把握事業における調査結果概要」で、6月4日に開かれた「第9回薬剤師の養成及び資質向上等に関する検討会」で示したもの。公表された結果を紐解く。処方箋1枚の所要時間は12分41秒で、処方箋40枚規定を裏付けるものとなっているが、一方で内訳も示されており、それぞれの業務の機械化・効率化によっては40枚以上の処方箋を応需できるという議論が起こる可能性もゼロではない。


【薬剤師養成検討会】薬学部入学定員抑制への提言表現で文科省の発言が物議

【薬剤師養成検討会】薬学部入学定員抑制への提言表現で文科省の発言が物議

【2021.06.06配信】厚生労働省は、「第9回薬剤師の養成及び資質向上等に関する検討会」を開催し、これまでの議論のとりまとめ案を示した。薬学部の新設や入学定員の適正化の議論の必要性、卒後研修の必要性など、これまでの論点を整理した。この中で薬学部の入学定員抑制に関するとりまとめへの表現に関して、山口委員が「早急に検討すべき。時間の猶予がない」と強い表現を求めたのに対し、文科省は山口委員の発言の方向性にとりまとめられるのか確認を求め、「検討いただきたい」と発言した。それに対し、日医の宮川委員や日薬の安部委員は強い表現に同意する意向を示した。とりまとめに関しては意見を調整した上で、次回の検討会で示す予定。6月中を予定している。


【薬局における調剤業務の外注化】日本薬剤師会が規制改革会議への提案進展に懸念

【薬局における調剤業務の外注化】日本薬剤師会が規制改革会議への提案進展に懸念

【2021.04.26配信】厚生労働省は4月26日に「第8回薬剤師の養成及び資質向上等に関する検討会」を開いた。この中で、「薬局における調剤業務の外注化」に関して日本薬剤師会が懸念を示す場面があった。調剤業務の外注化に関しては、4月20日に開かれた規制改革推進会議の場で提案されていたもの。日本薬剤師会副会長の安部好弘氏は、「ミスリードのないよう厚労省でしっかり掌握・議論すべき」と述べた。


最新の投稿


コラム【薬剤師養成検討会のとりまとめ案】調剤報酬改定2022への布石を読み解く

コラム【薬剤師養成検討会のとりまとめ案】調剤報酬改定2022への布石を読み解く

【2021.06.18配信】厚生労働省が「薬剤師の養成及び資質向上等に関する検討会」で進める「とりまとめ」。6月中にも最終稿の公表を目指すが、この「とりまとめ」は公表後に、どのような影響を及ぼすのか? 薬局の資質向上を図る策としては、当然のことながら調剤報酬による政策誘導が考えられる。


【コロナワクチン職域接種】マツモトキヨシHDが実施を決定/まずは千葉県の本社で

【コロナワクチン職域接種】マツモトキヨシHDが実施を決定/まずは千葉県の本社で

【2021.06.17配信】マツモトキヨシホールディングスは6月17日、コロナワクチンの職域接種に協力することを決定した。エッセンシャルワーカーである従業員のための安全・安心な職場環境を整備する。


【ドラッグストア協会組織改編】勤務薬剤師委員会の副委員長にアカカベ(大阪府)の皆川友範社長

【ドラッグストア協会組織改編】勤務薬剤師委員会の副委員長にアカカベ(大阪府)の皆川友範社長

【2021.06.17配信】日本チェーンドラッグストア協会(JACDS)は6月17日に定例会見を開き、各委員会の副委員長などを紹介した。勤務薬剤師委員会の副委員長にアカカベ(大阪府)の皆川友範社長が就任した。


【ドラッグストア協会】コロナワクチン手技研修を開催/千葉大学の協力で60名規模

【ドラッグストア協会】コロナワクチン手技研修を開催/千葉大学の協力で60名規模

【2021.06.17配信】日本チェーンドラッグストア協会(JACDS)は6月17日に定例会見を開き、7月4日にコロナワクチンの手技研修を行うことを発表した。千葉大学の協力の下、行う。


【女性活躍・男女共同参画の重点方針 2021】緊急避妊薬のスイッチOTC化検討を明記

【女性活躍・男女共同参画の重点方針 2021】緊急避妊薬のスイッチOTC化検討を明記

【2021.06,17配信】政府は「女性活躍・男女共同参画の重点方針 2021」を策定した。重点方針は、女性の活躍を加速することを目的に、毎年6月をめどに決定しており、各府省の概算要求に反映される。この中で緊急避妊薬のスイッチOTC化検討が明記された。


ランキング


>>総合人気ランキング