【店頭トレンド発信】解析!「スギ薬局新宿三丁目店」/原点に返る強さのポイント

【店頭トレンド発信】解析!「スギ薬局新宿三丁目店」/原点に返る強さのポイント

【2021.04.09配信】スギ薬局は2021年1月28日に「スギ薬局新宿三丁目店」をオープンした。売り場面積は1階と地下を合わせて212坪。新宿三丁目周辺では最大級のドラッグストアだ。地下1階はほぼすべてビューティコーナーとなっており、売り場面積はスギ薬局内でも最大規模を誇る。同店をドラッグストアに勤務する登録販売者の視点から考察。2020年12月にオープンしたココカラファイン東京新宿三丁目店と比較しながらドラッグストア店員の目線からレポートする。【記事=登録販売者ライター・「梨さん」】


 スギ薬局公式リリースでは同店に関して、『今後はコラボ売り場の展開やインスタグラムを利用したライブイベントを企画、最新情報トレンド発信する』とお知らせしている。新宿エリア内の出店はココカラファイン東京新宿三丁目店がオープンしたのは記憶に新しい。ほぼ同時期に同じようなコンセプトのドラッグストアが生まれたいま、スギ薬局はどう動いていくのか。

1、 新宿で生活する人を意識した使い勝手の良い売り場

 今回レポートするために当店を4回ほど利用させて頂いた。

 店を訪れるまえ、公式リリースでは化粧品情報中心のアピールであったため、その他カテゴリの品揃えが弱いのではと考えていた。
 しかし、実際来店してみると、食品の品揃えも豊富であり、化粧品以外の目的でも十分に利用できる店だということが分かった。実際に使ってみて感じた同店の最大ポイントは『新宿で過ごす人を意識したラインナップと配慮』だ。

 1階は医薬品・食品・飲料をメインに取り扱っており、新宿のドラッグストアには珍しく、納豆や豆腐・たまごなどの日配の取扱いがある。
 また、冷凍食品やカップ麺・みそ汁などのフリーズドライ・おつまみ・アイスクリームも購入でき、新宿で生活する人をサポートしてくれるラインナップだ。
 ベビー用品や血圧計などの取り揃えもあり、店内には調剤薬局も併設、内装はまるでヘルスケア重視の小型スーパーのようなイメージがある。

 利用していて一番感じたことは、「スギ薬局新宿三丁目店は『新宿で暮らすひとに寄り添う』をイメージして店舗づくりに励んだのではないか」ということだ。

 従来の新宿のドラッグストアは化粧品やインバウンド向けの商品を扱うことが多く、食品メインの店舗はとても少なかった。
 どこのお店も外国人旅行客を想定した品揃えであり、新宿で働いたり生活したりしている人に焦点を当てた店舗はほとんどなかったように思える。
 ドラッグストアは今や暮らしの要として存在し、医薬品・化粧品だけでなく、食品や飲料などを買い求めるのが当たり前になっていった中、新宿に立地するドラッグストアの多くは日配や食品を重点的に扱うような利便性を追い求めてこなかった。コロナ禍でインバウンドを含む旅行客需要が見込めなくなった現在、新宿に暮らす人を想定したドラッグストアの出店は初めてであり、大変珍しいのではないだろうか。

 ビューティケアは地下1階に完全集約。飲食類とビューティ類がしっかり分け隔たれているため、化粧品独特の香りが苦手な方でも買い物しやすい工夫がされているのも嬉しいポイントだ。
 
 個人的な要望として、洗剤やトイレットペーパーなどの生活消耗品がビューティコーナーの隅っこに集約されているので、一階で展開出来たら利便性が高まるのではないかとみている。

 ビューティケアに関心のある顧客だけでなく、新宿で生活する人も想定した品揃えは利用者を限定せずとても親切な気遣いだと感じた。
 平日は仕事帰りの簡易的スーパーとして、休日はコスメを買いに楽しめるコスメブランド店として活用でき、様々な生活のケースで利用可能だ。
 また、お店の出店は地域の人を意識して作っていくものだが、旅行客や繁華街でにぎわいを見せてきた新宿にとって、新宿で生活している人をターゲットにした店舗は一周まわって目新しい。お客さんの要望に合わせて店内がどう変化していくか楽しみだ。

2、バラエティアイテムの豊富さと楽しむ気持ちを邪魔しない通路の広さと工夫

 新宿三丁目店最大の目玉であり、スギ薬局最大級の規模を誇るビューティコーナー。
 品揃えの豊富さはもちろん、買い物を楽しむためのポイントが散りばめられている。


 化粧品フロアにいくまではエスカレーターを使うのだが、そこには大きなスクリーンが設置され、話題の商品についてアナウンス。売り場に向かう道のりすらも楽しませてくれて、ワクワクする気持ちを掻き立ててくれる。
 
 売り場にはオシャレをより楽しんでもらうために、メイク用品だけではなく、ピアスやイヤリングなどアクセサリーの取扱いもある。中には日傘や靴下、ヌーブラなど女性ならではの悩みを汲み取ったような生活雑貨も置いてある。

 特別に素敵だと感じたポイントは、車いす利用者でも売り場をぐるりとまわって楽しめる通路の広さだ。店を訪れた日はたまたま車いすの方が来店していた。様子を見ていると、1階と地下1階の行き来はスタッフがサポート。各フロアの通路にはランドリー展開などがなく、移動の妨げになるものがため、移動もスムーズ。細かいアイテムが多い化粧品コーナーでも車いすは問題なく巡回、買い物を楽しんでいるようだ。

 このように当店では、車いすのお客さんでもフロア間の行き来以外はスタッフの付き添いが必要ない状態で買い物を楽しむことができ、足が不自由な方でも来店しやすい工夫がされている。
 

 通路の確保はドラッグストアを運営する上で大事なポイントのひとつだ。ドラッグストアの商品陳列のひとつにランドリー展開というものがある。
 需要のある日用品などを多箇所に置いてついで買いを促し、売上向上を図る方法だが、通路を狭め、通行の妨げになる可能性を含む。
 この手法により、通路が狭くて他のお客さんとすれ違う度に身体や荷物が当たってしまったり、すれ違うスペースもなくそのままUターンしてその通路を通るのを諦めたりする経験がある人も多いと思う。
 売上を意識する店側の都合が見え隠れするこの手法をスギ薬局新宿三丁目店は採用していない。

 また、元々店内の通路を広く確保しているため買い物しやすく、買い物を楽しんでいる気持ちを途切れさせないような工夫がされている。
 シンプルかつ初歩的な工夫のように思えるがこれが実行できないドラッグストアが意外と多い。
 少し昔までは雑多で手狭なドラッグストアが多かったが、同店や前回取り上げたココカラファイン東京新宿三丁目店を見てみると、最近のドラッグストアが通路幅を意識し始めているのは間違いない。

 今後は歩きやすい通路と車いすの人でも楽しめるようなバリアフリー意識のある店づくりが前提になっていくのではないかと感じた瞬間であった。

最後に

 ココカラファイン東京新宿三丁目店とスギ薬局新宿三丁目店がオープンしたと聞いた時、「コンセプトも出店時期も立地条件も被っている。これはどちらかしか生き残れないだろう。」と少し悲観的に見ていた。

 しかし、実際に観察してみると新宿で出店する上で考え方やアプローチの仕方に違いがあることがはっきり分かった。

 ココカラファインはアミューズメント感あふれる内装と化粧品をフルラインで購入できる品揃えでドラッグストアならではの娯楽を最大出力で提供。スギ薬局はビューティケアに力を入れながらも日常遣いができるように食品を中心とした生活消耗品にも着目、新宿で暮らす人を応援している。


 新宿周辺のドラッグストアは数年前から今までにないような特徴ある店舗が増えてきており、業界内での盛り上がりを感じている。SNSを駆使したサービスを提供や最新トレンドの発信…と双方が目指す方向は同じだが、どちらも愛されるドラッグストアに成長し、生き残ってほしいと心から願っている。

この記事のライター

関連する投稿


【通期】マツモトキヨシHD、売上高-5.7%、営業利益-16.1%/今期予想は未定、10月のココカラとの統合控え

【通期】マツモトキヨシHD、売上高-5.7%、営業利益-16.1%/今期予想は未定、10月のココカラとの統合控え

【2021.05.13配信】マツモトキヨシホールディングスは2021年3月期の連結業績(2020年4月1日~2021年3月31日)を公表した。それによると、前期比で売上高は-5.7%、営業利益-16.1%だった。今期の業績予想に関しては、10月にココカラファインとの統合を控えていることから未定としている。


【4月月次】スギHD、全店+1.5%、既存店−3.4%

【4月月次】スギHD、全店+1.5%、既存店−3.4%

【2021.05.10配信】スギホールディングスは4月月次業績を公表した。それによると全店ベースの売上伸率は、スギ薬局事業が3.3%増、ジャパン事業が14.3%減、スギ薬局全体の全店売上は1.5%増となった。既存店ベースの売上伸率は、スギ薬局事業が2.3%減、ジャパン事業が12.5%減となり、スギ薬局全体の既存店売上は3.4%減となった。


【薬局薬剤師もパルスオキシメータの正しい知識を持とう】ウィズコロナ時代に潜在力も正しく使われることが大前提

【薬局薬剤師もパルスオキシメータの正しい知識を持とう】ウィズコロナ時代に潜在力も正しく使われることが大前提

在宅療養中の新型コロナウイルス感染症患者の体調管理に有用として、一気に認知度の高まったパルスオキシメータ。コロナでは自覚症状なく急変する“サイレント肺炎”の危険性も指摘される中、体調変化を察知するために高い潜在力を持っている。しかし、その効用は正しく使われてこそだ。パルスオキシメータのパイオニアであるコニカミノルタでは、需要の高まりを受け、家庭使用の増産体制に着手するほか、正しい情報提供場所として薬局薬剤師の存在にも期待している。本項では、同社の協賛を受け、呼吸器内科医の桑平一郎氏とスギ薬局常務取締役の杉浦伸哉氏の対談を企画した。パルスオキシメータの正しい使い方のほか、薬局薬剤師が貢献できる領域について浮かび上がらせる。


【新店】スギ薬局名鉄名古屋店/オープニングの4日間、男性メイクアップアドバイザーによる体感キャンペーン実施

【新店】スギ薬局名鉄名古屋店/オープニングの4日間、男性メイクアップアドバイザーによる体感キャンペーン実施

【2021.04.30配信】スギ薬局は2021年4月29日(木)、「スギ薬局名鉄名古屋店」を名古屋市中村区にオープンした。デパートメントインショップとして、ビューティを中心にトレンド商品の展開場所を多くし、顧客の「楽しいお買い物体験」を提供していく考え。


【マツキヨとココカラ統合へ着々】2月の決議内容に基づき、経営統合のための吸収分割契約を締結

【マツキヨとココカラ統合へ着々】2月の決議内容に基づき、経営統合のための吸収分割契約を締結

【2021.04.30配信】マツモトキヨシホールディングスとココカラファインは経営統合に際しての吸収分割契約を締結した。すでに2021年2月26日付で締結の決議を公表していたが、その内容に基づき、経営統合のための一連の取引の一環として各吸収分割契約の締結をしたもの。


最新の投稿


【サンドラッグ】重要課題(マテリアリティ)の特定/コンプライアンス経営の推進など

【サンドラッグ】重要課題(マテリアリティ)の特定/コンプライアンス経営の推進など

【2021.05.14配信】サンドラッグは、2021年5月14日開催の取締役会において、優先的に取り組むべき重要課題(マテリアリティ)を特定した。コンプライアンス経営の推進のほか、環境経営、働き甲斐のある職場環境の整備、健康で豊かな生活への貢献、ガバナンス経営の推進などを掲げた。


【サンドラッグ2021年3月期決算】売上+2.7%、営業利益+2.0%

【サンドラッグ2021年3月期決算】売上+2.7%、営業利益+2.0%

【2021.05.14配信】サンドラッグは2021年3月期決算を公表した。それによると、前期比は売上+2.7%、営業利益+2.0%だった。


【アカカベがYahoo!ニュースに】芸人・からし蓮根・伊織さんと皆川社長との出会い方が話題に

【アカカベがYahoo!ニュースに】芸人・からし蓮根・伊織さんと皆川社長との出会い方が話題に

【2021.05.14配信】大阪で約70店舗のドラッグストアを展開しているアカカベ(https://www.akakabe.com/ippan-recruit/about/)がYahoo!ニュースの話題として掲載された。お笑いコンビの「からし蓮根」の伊織さんが自宅のエレベーターで迷子になっていた男の子を保護したところ、それがアカカベ皆川友範社長の息子だったというエピソードが紹介されている。これがきっかけでアカカベは開催している「アカカベ健康フェア2021オンライン」のイメージキャラクターに伊織さんを起用した。


【店頭トレンド発信】解析!ウエルシア薬局が展開の「ウエルカフェ」/秘められた可能性とは

【店頭トレンド発信】解析!ウエルシア薬局が展開の「ウエルカフェ」/秘められた可能性とは

【2021.05.14配信】売上9496億円(2021年2月期)。ドラッグストア業界のナンバーワン企業、ウエルシア。そのウエルシアが手掛ける『ウエルカフェ』というサービスをご存知だろうか。開放型の多目的スペースのことだ。買い物の合間の休憩や地域住民のコミュニケーションの場として使用されており、行政などからの情報発信の場としても機能している。また、グループや自治体に無料で貸し出しも行っていて、地域の交流活動やイベントを開催、地域を盛り上げる役割も担っている(※1)。まだまだ成長過程のウエルカフェ。秘められた可能性を現役ドラッグストア店員が実際に足を運び、店員と顧客双方目線から考察する。【記事=登録販売者ライター・「梨さん」】


【通期】マツモトキヨシHD、売上高-5.7%、営業利益-16.1%/今期予想は未定、10月のココカラとの統合控え

【通期】マツモトキヨシHD、売上高-5.7%、営業利益-16.1%/今期予想は未定、10月のココカラとの統合控え

【2021.05.13配信】マツモトキヨシホールディングスは2021年3月期の連結業績(2020年4月1日~2021年3月31日)を公表した。それによると、前期比で売上高は-5.7%、営業利益-16.1%だった。今期の業績予想に関しては、10月にココカラファインとの統合を控えていることから未定としている。


ランキング


>>総合人気ランキング