ツルハ、敏感肌向けスキンケアPB発売。ファンケルと共同開発

ツルハ、敏感肌向けスキンケアPB発売。ファンケルと共同開発

【2020.10.01配信】ツルハホールディングスとファンケルは、ツルハグループのプライベートブランド「くらしリズム」で敏感肌用スキンケアライン「セラアクア」を共同開発し、ツルハグループ店舗(2366 店:2020 年 9 月 15 日時点)にて、2020 年 10 月 14 日(水)から順次発売する。


 ツルハホールディングスとファンケルは、ツルハグループのプライベートブランド「くらしリズム」で敏感肌用スキンケアライン「セラアクア」を共同開発し、ツルハグループ店舗(2366 店:2020 年 9 月 15 日時点)にて、2020 年 10 月 14 日(水)から順次発売する。

 ブランドコンセプトは、「肌のゆらぎを防ぎ、“うるおい続く「ツヤ」肌に”」。

 発売アイテムは、「クレンジングジェル」、「洗顔フォーム」、「化粧水 しっとり」、「化
粧水 とてもしっとり」、「乳液」、「潤いリフト クリーム」、「トライアルセット <とてもしっとり>」の全 7 品目。価格は 550 円から 3,300 円(税込)。

 「速攻セラミドケア成分」と「持続セラミドケア成分」で「Wセラミドケア」を実現。肌を刺激から守り、ゆらぎをすぐに防いで、長時間セラミドを補い良好な状態を持続させる。
 速攻セラミドケア成分とは、肌の角層まで瞬時にセラミドを補う成分を指し、持続セラミドケア成分はセラミドを長時間持続させる成分のこと。

 乾燥対策は水分を補うだけでなく、 補う水分の質へのこだわりと肌にしっかり浸透させることも大切との考えから、ミネラルを豊富に含み高い浸透力を持つ「海洋深層水」で、肌の角層までうるおいを届けてしっとりとしなやかな肌にする。

 防腐剤を無添加にした化粧品研究の知見を生かし、美しくなることにこだわりを持った処方を採用。スキンケア成分として「アミノ酸(保湿成分)」や「肌あれ防止成分」を配合し、防腐剤の他、アルコ―ルや香料を無添加にした処方となっている。

 アレルギーテスト済み (すべての人にアレルギーや皮膚刺激、肌トラブルが起きないというわけではない)。

開発背景:増える「ときどき敏感肌」層の悩みに応える

 敏感肌用化粧品の市場は、敏感肌ケアだけでなく年齢に応じたエイジングケアもできるなどの付加価値を付けたラインアップが充実し、ここ数年拡大傾向にある。
 また、肌の状態が良い時と体調や環境ストレスなどで不調な時を繰り返す「ときどき敏感肌」と自覚している人たちが年々増加しており、そのことも市場の拡大に大きく寄与していると思われる。
 そこでファンケルでは、このような敏感肌の人を中心に約 3,000 人の女性を対象とした調査を実施。その結果、「敏感肌ケアと同時に、うるおいやハリのケアがしたい」というニーズがあることが分かった。
 それらを踏まえ、ツルハグループとファンケルはそのニーズを捉えた新たな敏感肌用スキンケアラインを開発することにした。
 40 年間の敏感肌研究で培ってきたファンケルの研究開発力と、日々店舗にて顧客と接しているツルハグループの現場での使用感テストを経た率直な意見を製品の使用性に取り入れた共同開発という。

 ブランドネーミングの「セラアクア」は、「 Ceramide(セラミド)」+「Aqua(こだわりの水)」をつなげた造語。

左から:
クレンジングジェル/容量:130g/価格<税込>:1,650 円
洗顔フォーム/容量:120g/価格<税込>:1,650 円
化粧水 しっとり<みずみずしいタイプ>/容量:150mL/価格<税込>:2,420 円
化粧水 とてもしっとり<濃密とろみタイプ>/容量:150mL/価格<税込>:2,420 円
乳液/容量:120mL/価格<税込>:2,420 円
潤いリフト クリーム/容量:40g/価格<税込>:3,300 円

この記事のライター

関連する投稿


【ツルハHD2023年5月期 第3Q決算】鶴羽社長、調剤事業は「額をとりにいく戦略」

【ツルハHD2023年5月期 第3Q決算】鶴羽社長、調剤事業は「額をとりにいく戦略」

【2023.03.23配信】ツルハホールディングスは3月23日、2023年5月期第3四半期(2022年5月16日~2023年2月15日)の決算説明会を実施した。


【ツルハHD】調剤の売上構成比11.3%に/調剤粗利率は▲1.0ポイント減/2023年5月期第2四半期決算

【ツルハHD】調剤の売上構成比11.3%に/調剤粗利率は▲1.0ポイント減/2023年5月期第2四半期決算

【2022.12.20配信】ツルハホールディングスは12月20日、2023年5月期第2四半期の連結業績(2022年5月16日~2022年11月15日)について説明会を行った。調剤事業は開局により処方箋枚数が増加し、順調に伸長。調剤売上は対前年同期比108.9%の546億6100万円だった。対売上の構成比は11.3%となった。一方、薬価・調剤報酬改定により調剤事業の粗利率は低下。前年同期の粗利率39.6%から1.0ポイント減となる38.6%となった。


【配送車両やCO2削減へ】ウエルシアとツルハ、青森県で共同配送開始

【配送車両やCO2削減へ】ウエルシアとツルハ、青森県で共同配送開始

【2022.10.25配信】ウエルシア薬局擁するウエルシアグループと、ツルハ薬局擁するツルハグループは、物流課題解決とCO2排出量削減のため、青森県下北エリアにおいて共同配送を開始すると公表した。


【ツルハHD】2023年5月期 第1四半期決算/開局は計画通り進展し26薬局オープン/調剤売上は+9.6%

【ツルハHD】2023年5月期 第1四半期決算/開局は計画通り進展し26薬局オープン/調剤売上は+9.6%

【2022.09.20配信】ツルハホールディングスは9月20日、2023年5月期第1四半期の連結業績(2022年5月16日~2022年8月15日)の説明会を開催した。


【ツルハHD】「くすりの窓口オンライン服薬指導」を導入

【ツルハHD】「くすりの窓口オンライン服薬指導」を導入

【2022.09.20配信】ツルハホールディングス子会社のツルハは、株式会社くすりの窓口(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:堤 幸治氏)が提供している「くすりの窓口オンライン服薬指導」を導入し、オンライン服薬指導の対応を開始したと公表した。


最新の投稿


【令和6年度調剤報酬改定】地域支援体制加算で夜間・休日の「周知」要件に/1つの手法は地域薬剤師会が中心となったリスト化

【令和6年度調剤報酬改定】地域支援体制加算で夜間・休日の「周知」要件に/1つの手法は地域薬剤師会が中心となったリスト化

【2024.02.20配信】令和6年度調剤報酬改定においては、地域支援体制加算で夜間・休日対応の周知が要件となっている。この周知の手法については、これまで厚労省「薬局薬剤師の業務及び薬局の機能に関するワーキンググループ」とりまとめ(令和4年7月11日 )において、地域において求められる夜間・休日等の対応については、地域の薬剤師会が中心的な役割を担うとともに、会員・非会員を問わず地域の薬局が協力して議論を行うことの必要性が示されていることなどを受け、地域薬剤師会などがリスト化を進めることが1つの手法として示されている。


【ウエルシアHD】店舗のブースでオンライン健康相談開始/まずは2店舗で/看護師が対応

【ウエルシアHD】店舗のブースでオンライン健康相談開始/まずは2店舗で/看護師が対応

【2024.02.20配信】ウエルシアホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松本忠久氏)は2月19日から、グループのウエルシア薬局イオンタウン幕張西店・ウエルシア薬局田町グランパークにおいてオンライン健康相談(遠隔健康医療相談)サービスの提供を開始した。医療法人社団ゆみの(本社:東京都豊島区、理事長:弓野大氏)との協働で実施するもの。


【日本病院薬剤師会】求人・求職サイト運営へ/今春から開始見込

【日本病院薬剤師会】求人・求職サイト運営へ/今春から開始見込

【2024.02.17配信】日本病院薬剤師会は「求人・求職サイト」を運営することにした。今年4~5月の開始を見込む。


【日病薬】武田会長、改定の「薬剤業務向上加算」、第8次医療計画を後押しするもの

【日病薬】武田会長、改定の「薬剤業務向上加算」、第8次医療計画を後押しするもの

【2024.02.17配信】日本病院薬剤師会は2月17日に臨時総会を開いた。挨拶した武田泰生会長は今回の診療報酬改定にも触れ、薬剤業務向上加算については、「新任薬剤師の研修体制の構築や、出向を通してシームレスな薬物治療をつなぎ、第8次医療計画を後押しするものと期待している」と評価した。


【日本保険薬局協会】敷地内薬局「常軌を逸したような大変な引き下げ」/24年度調剤報酬改定の答申で

【日本保険薬局協会】敷地内薬局「常軌を逸したような大変な引き下げ」/24年度調剤報酬改定の答申で

【2024.02.15配信】日本保険薬局協会は2月15日に定例会見を開いた。


ランキング


>>総合人気ランキング