【石川県薬剤師会・中森会長】大小の避難所多く対応に難しさ/被災支援状況を報告

【石川県薬剤師会・中森会長】大小の避難所多く対応に難しさ/被災支援状況を報告

【2024.01.10配信】能登半島地震の支援にあたっている石川県薬剤師会会長の中森慶滋氏は1月10日、被災状況や県薬としての支援状況について報告した。東京都内で開かれた日本薬剤師会都道府県会長協議会にオンライン参加したもの。


 中森会長は発災後に、多くの見舞いの連絡をもらったことに謝意を示した上で、現地では岐阜薬剤師会のモバイルファーマシーが稼働しているほか、横浜からもモバイルファーマシーが入っていることを説明した。
 現在はDMATが中心となり被災地支援を行っている一方、徐々にJMATの活動に置き換わっているとし、薬剤師会としてもJMATに帯同して調剤業務を行っている状況にあるとした。
 
 入院患者については金沢への受け入れが進んでいるとした。

 今回の地震においては、大小の避難所がかなり多く点在していることが特徴ではないかとした。中には200人の避難者がいる避難所もあれば、30名、10名程度の人が集まる避難所もあるという。全ての避難所への対応についてはかなり困難さを伴うとした。ここでもモバイルファーマシーが機能することに期待を示した。

 ただ、道路状況も寸断があるなど、困難さがあり、停電も1.8万世帯あるなど、インフラがない中で四苦八苦しているのが実情と明かした。現地ではノロウイルスの感染がみられており、今後、蔓延が危惧されているとした。

 避難所では体調不良を訴える人がかなり出てきており、現地の役場職員の疲労がピークになっているという。県薬としても人的余裕がほとんどなく、本部に詰めている人数も限られているとした。
 
 こうした中、日本薬剤師会からは常務理事の山田卓郎氏 (宮城県薬)が現地入りしており、指揮をとっているという。

 ボランティア受け入れのための宿についても不足が続いていたというが、青少年センターで77名まで確保できる状況になったとした。

 また県薬に対しては厚労省からOTC医薬品の避難所への分配作業の要請もきているとし、それに対応もしているところとした。

 各地の都道府県薬剤師会からの支援も入ってきており、現在、30名の薬剤師が都道府県薬剤師会から派遣されたとした。
 
 中森会長は「現地の被災状況が悲惨で、(自身も)今ここにいて(オンラインで報告をしていて)いいのかなと思うぐらい、状況が状況。精一杯頑張りますので、(都道府県会長協議会に参加している)先生方におかれましてもよろしくお願いいたします」と述べた。

この記事のライター

関連するキーワード


日本薬剤師会 能登半島地震

関連する投稿


【石川県薬剤師会】チャリティ報告会を開催/能登半島地震から3か月-薬剤師の支援活動を振り返る

【石川県薬剤師会】チャリティ報告会を開催/能登半島地震から3か月-薬剤師の支援活動を振り返る

【2024.04.03配信】石川県薬剤師会は4月21日(日)13:00~16:15に、「能登半島地震発災から3か月-薬剤師の支援活動を振り返る」と題したチャリティ報告会(オンライン)を開催する。参加費は2000円で、参加費は被災した薬局の再建に役立てられる予定。研修単位2単位の付与対象。今後の震災支援の在り方に関する研修会を兼ねつつ、被災地支援にもつながるものだ。


【日本薬剤師会】次期会長候補者選挙に当選した岩月氏、勝因問われ「変えたいという気持ち」と回答

【日本薬剤師会】次期会長候補者選挙に当選した岩月氏、勝因問われ「変えたいという気持ち」と回答

【2024.03.10配信】日本薬剤師会は3月10日、臨時総会の中で次期会長候補者選挙を行い、岩月進氏が当選した。実際の会長就任は6月の総会の場になる。岩月氏は当選確定後、記者陣の質問に応えた。


速報【日本薬剤師会次期会長候補者選挙】岩月氏が勝利

速報【日本薬剤師会次期会長候補者選挙】岩月氏が勝利

【2024.03.10配信】日本薬剤師会は3月10日、臨時総会を開き、次期会長候補者選挙を実施した。初回投票では過半数を獲得した候補者がいなかったため、上位2名である安部氏と岩月氏の決戦投票となった。実際の会長就任は6月の総会の場となる。


速報【日本薬剤師会次期会長候補者選挙】岩月氏と安部氏の決戦投票へ

速報【日本薬剤師会次期会長候補者選挙】岩月氏と安部氏の決戦投票へ

【2024.03.10配信】日本薬剤師会は3月10日、臨時総会を開き、次期会長候補者選挙を実施した。初回投票で過半数を得た候補者がいなかったため、決戦投票となった。


【日本薬剤師会】調剤業務の外部委託の特区事業でパブコメ提出

【日本薬剤師会】調剤業務の外部委託の特区事業でパブコメ提出

【2024.02.29配信】日本薬剤師会は2月29日に定例会見を開いた。その中で、現在、パブコメ募集中である調剤業務の外部委託の特区事業に関して意見書を提出することを明かした。


最新の投稿


【楽天グループ】薬局予約アプリ「楽天ヘルスケア ヨヤクスリ」の提供を開始

【楽天グループ】薬局予約アプリ「楽天ヘルスケア ヨヤクスリ」の提供を開始

【2024.04.22配信】楽天グループ株式会社は4月18日、「処方せん医薬品を薬局で迅速に受け取ることができる調剤薬局予約アプリ『楽天ヘルスケア ヨヤクスリ』の提供を開始した」と公表した。


【薬局検討会】健康サポート薬局、「薬機法で定めるべき」/日本薬剤師会が要望

【薬局検討会】健康サポート薬局、「薬機法で定めるべき」/日本薬剤師会が要望

【2024.04.22配信】厚生労働省は4月22日、「第4回薬局・薬剤師の機能強化等に関する検討会」を開き、健康サポート薬局と認定薬局(地域連携薬局、専門医療機関連携薬局)の在り方について議論した。


【厚労省】選定療養の対象医薬品リスト1095品目を公開/ヒルドイドなども

【厚労省】選定療養の対象医薬品リスト1095品目を公開/ヒルドイドなども

【2024.04.22配信】厚生労働省はこのほど、「後発医薬品のある先発医薬品(長期収載品)の選定療養について」とのサイトを公開した。4月19日には事務連絡を発出。その中で対象医薬品リストも公開した。ヒルドイドなども含まれている。


【医薬品制度部会】認定薬局、「医療制度に組み込む方がいい」/希少疾病の認定薬局の提案も/委員から

【医薬品制度部会】認定薬局、「医療制度に組み込む方がいい」/希少疾病の認定薬局の提案も/委員から

【2024.04.18配信】厚生労働省は4月18日、「令和6年度第1回 厚生科学審議会医薬品医療機器制度部会」を開催した。


【医薬品制度部会】日薬、フォローアップの重要性指摘/厚労省「GL作成中」

【医薬品制度部会】日薬、フォローアップの重要性指摘/厚労省「GL作成中」

【2024.04.18配信】厚生労働省は4月18日、「令和6年度第1回 厚生科学審議会医薬品医療機器制度部会」を開催した。


ランキング


>>総合人気ランキング