【厚労省】薬局における自宅療養等の患者に対する薬剤交付支援事業を3月以降も実施

【厚労省】薬局における自宅療養等の患者に対する薬剤交付支援事業を3月以降も実施

【2023.03.02配信】厚生労働省は2月28日、「薬局における自宅療養等の患者に対する薬剤交付支援事業」について3月以降も実施することを都道府県薬剤師会会長宛てに連絡した。実施開始日は令和5年3月1日とし、事業終了予定期日は、令和 6年3月 31 日とする。同事業の実施主体は都道府県薬剤師会。


 厚労省から都道府県薬剤師会会長宛ての連絡は以下の通り。

■薬局における自宅療養等の患者に対する薬剤交付支援事業の実施について

 標記事業について、別紙「薬局における自宅療養等の患者に対する薬剤交付支援事業実施要綱」のとおり定めることとしたので、御了知の上、事業を円滑に運用されたい。

<別紙>
薬局における自宅療養等の患者に対する薬剤交付支援事業実施要綱

第1 目的
薬局における自宅療養等の患者に対する薬剤交付支援事業(以下「本事業」という。)は、薬局において、新型コロナウイルス感染症の自宅療養及び宿泊 療養の患者に対して電話や情報通信機器による服薬指導等(以下「電話等によ る服薬指導等」という。)を実施した後、薬局から患者宅等に薬剤を配送する 場合の配送料等を支援することにより、新型コロナウイルス感染症の患者へ迅 速に薬剤を交付することや医療従事者の感染リスクを避けることを目的とす る。

第2 事業実施者
本事業の実施者は、都道府県薬剤師会とする。

第3 事業内容
1 実施すべき事業について
(1)事業の内容
1 事業実施者において、下記2~5の薬局が行う患者への薬の配送等に必要な経費の補助の計画立案及び報告等のために必要な事務を実施する
2 事業実施者は、「新型コロナウイルス感染症の軽症者等に係る宿泊療養 のための宿泊施設確保・運営業務マニュアル(第 5 版)」(令和2年4月 23 日(令和 3 年 2 月 12 日改訂))、「新型コロナウイルス感染症の軽症 者等に係る自宅療養の実施に関する留意事項(第 5 版)」(令和2年5月 1日(令和 3 年 2 月 12 日改訂))(以下「宿泊療養マニュアル等」とい う。)、「新型コロナウイルス感染症の拡大に際しての電話や情報通信機 器を用いた診療等の時限的・特例的な取扱いについて」(令和2年4月 10 日付け厚生労働省医政局医事課及び厚生労働省医薬・生活衛生局総務課事 務連絡)(以下「4月 10 日事務連絡」という。)等に従い、薬局におい て、新型コロナウイルス感染症の自宅療養及び宿泊療養の患者に対して電 話等による服薬指導等を実施し、調剤した薬剤を患者宅等へ配送した場合に係る費用を支払うものとする。
3 事業実施者において支払う配送料等に係る費用については患者宅等へ薬剤を配送した場合の配送料を対象とし、実費額のみ支払いの対象とする。
4 事業実施者においては、厚生労働省の求めに応じて、電話等による服薬指導等及び薬剤の配送の実施状況の把握を行うこと。
5 事業実施者において、各薬局に対しては、請求の根拠となる資料(領 収書、配送業者からの請求書等)を保存させるとともに、同資料の写し及び別紙の様式を事業実施者宛てに提出させる
(2)本事業の報告書の作成及び実施成果等 本事業の実施後、事業の内容、成果を含んだ最終報告書(任意様式)を作成すること。
2 留意事項について (1)本事業は、都道府県内の薬局が広く支援を受けられるよう配慮して実施すること。
(2)本事業の実施期間中、厚生労働省医薬・生活衛生局総務課の求めに応じ て、事業の進捗状況等を報告すること。また、事業の実施状況に関して厚 生労働省が確認を行う場合があるため、その際には協力すること。

第4 その他の事務手続について
1 交付要綱で定める事業計画書を提出すること。
2 上記第3 1(2)で作成した報告書については、交付要綱で定める実績告書に添付すること。
3 本事業の実施に際し、疑義が生じた場合には、厚生労働省医薬・生活衛生局総務課と相談すること。

第5 実施期間 本事業の実施開始日は令和5年3月1日とし、事業終了予定期日は、令和6年3月 31 日とする。
第6 経費負担等
国は予算の範囲内で、交付要綱により交付するものとする。
第7 適用時期
この要綱は、令和5年3月1日より適用する。

この記事のライター

最新の投稿


【厚労省】医療用医薬品の流通改善ガイドライン改訂を発出

【厚労省】医療用医薬品の流通改善ガイドライン改訂を発出

【2024.03.01配信】厚生労働省は3月1日、「医療用医薬品の流通改善に向けて流通関係者が遵守すべきガイドラインの改訂について」を発出した。「医薬品の迅速・安定供給実現に向けた総合対策に関する有識者検討会報告書」(令和5年6月9日)に基づき、「医療用医薬品の流通改善に関する懇談会」での議論を踏まえ、医薬品特有の取引慣行や過度な薬価差等を是正し、適切な流通取引が行われる環境を整備することにより、さらなる流通改善を図っていくため、流通改善ガイドラインの改訂を行ったとしている。現行からの主な追加、変更点は以下の通り。


【日本薬剤師会】調剤業務の外部委託の特区事業でパブコメ提出

【日本薬剤師会】調剤業務の外部委託の特区事業でパブコメ提出

【2024.02.29配信】日本薬剤師会は2月29日に定例会見を開いた。その中で、現在、パブコメ募集中である調剤業務の外部委託の特区事業に関して意見書を提出することを明かした。


【日本薬剤師会】2月29日付けで派遣薬剤師の募集を終了へ/能登半島地震で/支援は3月上旬ごろまで実施

【日本薬剤師会】2月29日付けで派遣薬剤師の募集を終了へ/能登半島地震で/支援は3月上旬ごろまで実施

【2024.02.29配信】日本薬剤師会は2月29日に定例会見を開き、能登半島地震への対応について説明。2月29日付けで派遣薬剤師の募集を終了する通知を発出するとした。支援自体はおおむね3月上旬まで行う見込み。


【日本薬剤師会】次期会長候補者会見(その2)/事前質問への回答

【日本薬剤師会】次期会長候補者会見(その2)/事前質問への回答

【2024.02.29配信】2月27日 に行われた日本薬剤師会の次期会長候補者記者会見では、冒頭の3分間ずつのスピーチのあと、事前に候補者に送付した質問への回答があった。本稿ではその内容についてお届けする(掲載順は実際の回答順)。


【日本薬剤師会】次期会長候補者会見(その3)/当日のフリー質疑応答

【日本薬剤師会】次期会長候補者会見(その3)/当日のフリー質疑応答

【2024.02.29配信】2月27日 に行われた日本薬剤師会の次期会長候補者記者会見では、冒頭の3分間ずつのスピーチ、その後の事前送付質問への回答のあと、当日のフリー質疑応答が行われた。本稿ではその内容についてお届けする(掲載順は実際の回答順)。