【医薬品供給情報】「DSJP」のこれから/“現場”の声を反映し続けるサイト運営に貢献へ

【医薬品供給情報】「DSJP」のこれから/“現場”の声を反映し続けるサイト運営に貢献へ

【2022.12.22配信】「#薬がない」のハッシュタグがツイッターでトレンド入りするなど、医薬品の供給問題が解消されない中、いまだ「DSJP」が存在感を示している。 「DSJP」とは、医療用医薬品供給状況データベース「DrugShortage.jp」(https://drugshortage.jp/)の略称。薬局薬剤師の有志によって運用されており、閲覧者数は10万人以上を誇る。メーカー・卸・病院・薬局など、医薬品業界関係者が広く使用しているサイトに成長している。その「DSJP」の運営者に今後の展望などを聞いた。


 最近では日本医薬品卸売業連合会(卸連)副会長の一條武氏が各所の講演の中でDSJPのデータを使用。DSJPからデータを提供してもらったとした上で、出荷調整品のアイテム数について説明。それによると、出荷調整品の状況は2022年1月の1万2800アイテムをピークに4月ごろまで減少傾向をみせたものの、また上昇に転換し2022年8月時点で1万3000アイテムを超えていた。

 こうした供給状況のデータに関して卸連がDSJPのデータを用いるほど、業界で頼られる存在になっている。供給状況については、もちろん、卸企業や日本ジェネリック製薬協会(JGA)でも提供している。しかし、卸では取引先に濃淡があるし、JGAも会員外への呼びかけには限界がある。

 DSJPは今後、JGAと連携を図っていくことを公表している。詳細はまだ決まっていないが、DSJP運営者は、「仮に国や業界のサイトの精度が上がっていったとしても、常に現場で使う側の声を反映し続けるサイトが必要」との考えで、その運営にDSJPの経験が今後も生かされていくとの認識を示している。

 例えば、JGAの供給情報サイトとDSJPの大きな違いの1つとして指摘できるのは包装単位ごとの表示だ。JGAのサイトでは成分名、メーカー名などは検索できるが、そこから先はメーカーが提供している一覧表などの資料へのリンク。包装単位ごとの状況は必ずしも見やすくはない。DSJPでは成分名で検索した際に供給状況の情報が表示されるのは包装単位ごと。なぜなら、実際は患者に渡す際には規格も重要な要素になるからだ。「国やメーカーは、極端にいうと500錠のバラがあれば“ある”と判断するかもしれない。しかし、実際は患者に渡すために必要なのはヒートシートであることがある。こういった現場の細かな感覚は現場にしか分からないのかもしれない」(DSJP運営者)。

「情報開示の姿勢を評価するような環境をつくりたい」

 だからこそ、DSJPがJGAと連携していく意味がある。加えて、DSJPは供給情報をしっかり開示している企業とそうでない企業を表示するような機能も持たせていきたい考えだ。
 「法整備で今後、企業の義務がどこまでのものになっていくか、変わっていくところもあると思うが、製薬企業の価値として情報開示の姿勢を問うようなサイトにしたい」(同)。

 一方、その供給情報開示の姿勢を“価値”だと感じるには、受け手である薬剤師の倫理観醸成も不可欠との考え。「薬剤師側がその価値を感じなければ企業側も“開示しなくても売れるからいいではないか”となってしまう。薬剤師側がどう受け止めていくべきなのかも、考える場をDSJPが提供できればよい。企業側と現場の両方に対して中立的な立場があって初めてDSJPの貢献も出てくるのではないかと思っている」(同)。

 DSJP自体が客観性を維持するために第三者評価委員会などは考えているのか、と聞くと、「考えたことはなかったが、そういう体制があってもよい」との考えを示した。

 医薬品提供の担い手として薬剤師がどう供給問題に向き合っていくのか。供給情報だけでなく、薬局間での情報共有の在り方や処方医との連携体制、地域で滞りなく医薬品を使用するためのフォーミュラリへの関わりなど、期待は大きい。その中で、有志から始まったDSJPの取り組みも今後、拡大していくだろう。DSJPは運営会社として一般社団法人asTas (アスタス)を立ち上げ。今後、さまざまな業種や関係者と連携を深めていきたい考えだ。

この記事のライター

関連するキーワード


DSJP 安定供給

関連する投稿


【厚労省】医薬品の安定供給上の問題、「診療報酬上の対応」を検討へ

【厚労省】医薬品の安定供給上の問題、「診療報酬上の対応」を検討へ

【2022.12.21配信】厚生労働省は12月21日、中央社会保険医療協議会 総会を開き、医薬品の安定供給上の問題について、「診療報酬上の対応」を論点に挙げた。「一定期間に限り、患者への丁寧な説明及び適切な薬剤の処方・調剤を行う体制を推進する観点から、一般名による処方の更なる推進を評価することについてどのように考えるか」と論点を提示した。


【厚労省】医療機関・薬局向けに解熱鎮痛薬の安定供給に関する相談窓口設置

【厚労省】医療機関・薬局向けに解熱鎮痛薬の安定供給に関する相談窓口設置

【2022.12.14配信】厚生労働省は12月14日、医療機関・薬局向けに解熱鎮痛薬の安定供給に関する相談窓口設置をホームページに設置した。発熱外来や、新型コロナウイルス感染症の患者の診療を行っている医療機関、およびこれらからの処方せんを受け付けている薬局が解熱鎮痛剤等をどうしても購入できないなどのケースに対応する。 


【厚労省事務連絡】コロナ経口治療薬の流通、安定的供給までは厚労省が所有し対応薬局をリスト化

【厚労省事務連絡】コロナ経口治療薬の流通、安定的供給までは厚労省が所有し対応薬局をリスト化

【2021.11.10配信】厚生労働省は11月9日、事務連絡「薬局における新型コロナウイルス感染症の経口治療薬の配分に係る医薬品提供体制の整備について」を発出した。今後、新型コロナウイルス感染症の経口治療薬が国内で実用化された場合で供給量が限られる場合については、安定的な供給が可能になるまでの間は一般流通を行わず厚生労働省が所有した上で、対応薬局をあらかじめリスト化して経口治療薬を配備する体制を整備する方針を示した。


最新の投稿


【抗菌薬調査】生活者の4割が「ウイルスをやっつける」と誤認/AMR臨床リファレンスセンター調査

【抗菌薬調査】生活者の4割が「ウイルスをやっつける」と誤認/AMR臨床リファレンスセンター調査

【2023.02.07配信】国立研究開発法人 国立国際医療研究センター病院 AMR臨床リファレンスセンターは2月7日、抗菌薬(抗生物質)の処方に関する生活者調査の結果を公表した。それによると、生活者の4割が抗菌薬の効果について「ウイルスをやっつける」と誤認していることなどがわかった。同センターでは、細菌に抗菌薬が効かなくなる薬剤耐性(AMR)の原因の1つとして抗菌薬の不適切な使用が挙げられており、薬の正しい使用のためには生活者自身の正しい認識が必要としている。


【4月の調剤報酬特例措置】日本薬剤師会が取組事例など周知/薬剤師会作成のリストやシステムで在庫状況の共有など

【4月の調剤報酬特例措置】日本薬剤師会が取組事例など周知/薬剤師会作成のリストやシステムで在庫状況の共有など

【2023.02.06配信】日本薬剤師会は、令和5年4月1日からの診療報酬上の特例措置に関する各種通知・事務連絡等を都道府県薬剤師会などに送付した。特に地域支援体制加算では、新たな施設基準の追加があり、「地域の保険医療機関・同一グループではない保険薬局に対する在庫状況の共有」や「医薬品融通」などの取組事例が求められている。これらに関し、日本薬剤師会として具体的な内容の考え方を示したもの。


【セルフケア薬局のGOOD AID】JR西国分寺駅(東京都)のホーム内店舗で保険調剤を本格稼働

【セルフケア薬局のGOOD AID】JR西国分寺駅(東京都)のホーム内店舗で保険調剤を本格稼働

【2023】「セルフケア薬局」を展開しているGOOD AID社は、JR西国分寺駅(東京都)のホーム内店舗である「セルフケア薬局 nonowa西国分寺店」で、保険調剤を本格稼働させると発表した。


【厚労省薬機法施行規則改正でパブコメ開始】登録販売者の店舗管理者要件の見直し/従事期間を1年でも可に、ただし追加的研修は必要

【厚労省薬機法施行規則改正でパブコメ開始】登録販売者の店舗管理者要件の見直し/従事期間を1年でも可に、ただし追加的研修は必要

【2023.02.02配信】厚生労働省は2月1日から、薬機法の施行規則の一部を改正する省令案についてパブリックコメントを開始した。登録販売者の店舗管理者要件の見直しに関するもので、従事期間が1年の場合でも可能にするが、追加的研修は必要とする。「規制改革実施計画」(令和4年6月7日閣議決定)に基づくもの。


【青少年の市販薬乱用対策で】小学生向けくすり教育ショート動画を制作・公開/くすりの適正使用協議会/日本薬剤師会監修

【青少年の市販薬乱用対策で】小学生向けくすり教育ショート動画を制作・公開/くすりの適正使用協議会/日本薬剤師会監修

【2023.02.02配信】青少年の市販薬の乱用増加が問題となっていることを受けて、くすりの適正使用協議会は、小学生向けくすり教育ショート動画を制作・公開した。小学校からの「くすり教育」を促したい考え。


ランキング


>>総合人気ランキング