【愛知県薬剤師会】地元薬学生とのイベント開催/組織強化へ若手への取り組み拡充

【愛知県薬剤師会】地元薬学生とのイベント開催/組織強化へ若手への取り組み拡充

【2022.12.21配信】都道府県薬剤師会が薬学生への働きかけを強化している。 東京都薬剤師会が今年7月2日に薬学生とのイベントを開催、その後、10月29日にも開催していたが、愛知県薬剤師会でも11月5日、地元薬科大学・薬学部の学生を対象としたイベントを開催した。


 11月5日13時から、愛知県薬剤師会館で開いた。

 今回は、実習を終了し、実社会での薬剤師がイメージできているだろうと思われる5年生・6年生に絞って募集をした。

 企画したのは愛知県薬の「組織強化推進分科会」。テーマとして「~緊急提言! 薬剤師の未来について~どう考える? 私たちの未来」とした。岩月進会長をはじめ、県薬幹部も参加した。
 イベント告知・募集で挙げていたテーマは、「薬剤師の未来像」「20年後の薬剤師」についてを骨子としつつ、「大学で学んでいることをどう生かしていきたいか」「薬剤師として社会にどう貢献していけるか」「今の取り巻く環境についてどう感じるか」「地域連携について」「地域フォーミュラリについて」「今後の薬剤師に必要なこと」など。

 参加した薬学生数は5年生・6年生が計7名で、オブザーバーとして3年生・4年生も計2名参加した。所属大学は愛知学院大学、金城学院大学、名古屋市立大学、名城大学。

 愛知県薬は開催目的について、薬剤師を取り巻く環境が大きく変革してきている中、これから社会に出てくる若い世代の薬学生が薬局・薬剤師にどのような未来像を描いているのか、何を必要としているのか、などの意見を聞き、今後の薬剤師会の組織強化の活動に反映していくためとしている。

 イベントでは、「薬剤師は何をする人なのか」や「DX推進について」「オンラインとリアルの違い」「Amazon薬局について」「医薬品の供給について」などのテーマも飛び交い、多岐にわたった意見交換がなされた。

 当初のテーマが「薬剤師の未来像」という設定だったこともあり、薬剤師の将来を考えている、意識の高い学生が集まったといえる。イベントを企画・運営した愛知県薬関係者は、「全体的な印象として、皆さん、しっかりと考えているな、と。本当に頼もしく感じました」と語る。参加者の中から、未来の愛知県薬を支える人材が輩出されるかもしれない。

 特にイベントの中で岩月会長が薬剤師の仕事について語った、「医薬品が適正に使用できるよう、クオリティを高めて渡すことが目的であり、コミュニケーション力や、知識を高めていくことは、手段である」との言葉に、「感銘を受けた」と語る薬学生が複数いたという。

 イベント後の感触として岩月会長は、「薬学生は問題意識を持ちつつも、同世代の中で議論している様子で、あまり先輩と話をしていないのではないかと感じました」と話す。
 「最初のテーマである、“どんな薬剤師になりたいか?”との質問に、8名全員が、異口同音にコミュニケーションスキルの高い薬剤師と回答したのには驚きました」と指摘する。「コミュニケーションスキルは重要でありますが、薬剤師の本来業務は医薬品の提供であり、提供の質を上げる手段としての情報の蓄積や各種の経験やスキルが必要であり、目的と手段を間違えてほしくないと伝えました」と岩月会長。

規制改革会議関連では報道の仕方などによって望ましくない影響を与えている危惧も指摘する。 
 「対人業務と対物業務を別物のように取り扱う報道がありますが、前項の通り、対物業務の充実のための対人業務であり、誤った捉え方が薬科大学側に逆感染しているかのような印象を受けました。勿論このことは、学生さんの責任ではありません。その上で、薬剤師が置かれている現状になにがしかの異論や違和感を持ち、つまり問題意識があるならば、薬剤師会に入って現状の認識そして、課題解決を考える薬剤師になってほしいとも伝えました」(岩月会長)。


 岩月会長は薬剤師には政治への関心、組織力が必要なことも伝えていきたいと力を込める。
 「“選挙に行ったって、どうせ世の中変わらない!”とうそぶく方もいらっしゃいますが、選挙に行って投票しなければ絶対に世の中は変わりません。薬剤師の中でも勤務者が7割を超える現状で、改めて愛知県薬の今後について、“経団連”(経営者)と“連合”(勤務者)を併せ持った組織にしていかなければならないと、感じました。会長である私にとっても有意義な企画でした。これから、各種の仕事で世の中に出ていく若い人達にエールを送るとともに、“変える力”を持っていただきたいと思いました」(岩月会長)。

 愛知県薬では、今後も継続してイベントを企画していきたい考え。

この記事のライター

最新の投稿


【抗菌薬調査】生活者の4割が「ウイルスをやっつける」と誤認/AMR臨床リファレンスセンター調査

【抗菌薬調査】生活者の4割が「ウイルスをやっつける」と誤認/AMR臨床リファレンスセンター調査

【2023.02.07配信】国立研究開発法人 国立国際医療研究センター病院 AMR臨床リファレンスセンターは2月7日、抗菌薬(抗生物質)の処方に関する生活者調査の結果を公表した。それによると、生活者の4割が抗菌薬の効果について「ウイルスをやっつける」と誤認していることなどがわかった。同センターでは、細菌に抗菌薬が効かなくなる薬剤耐性(AMR)の原因の1つとして抗菌薬の不適切な使用が挙げられており、薬の正しい使用のためには生活者自身の正しい認識が必要としている。


【4月の調剤報酬特例措置】日本薬剤師会が取組事例など周知/薬剤師会作成のリストやシステムで在庫状況の共有など

【4月の調剤報酬特例措置】日本薬剤師会が取組事例など周知/薬剤師会作成のリストやシステムで在庫状況の共有など

【2023.02.06配信】日本薬剤師会は、令和5年4月1日からの診療報酬上の特例措置に関する各種通知・事務連絡等を都道府県薬剤師会などに送付した。特に地域支援体制加算では、新たな施設基準の追加があり、「地域の保険医療機関・同一グループではない保険薬局に対する在庫状況の共有」や「医薬品融通」などの取組事例が求められている。これらに関し、日本薬剤師会として具体的な内容の考え方を示したもの。


【セルフケア薬局のGOOD AID】JR西国分寺駅(東京都)のホーム内店舗で保険調剤を本格稼働

【セルフケア薬局のGOOD AID】JR西国分寺駅(東京都)のホーム内店舗で保険調剤を本格稼働

【2023】「セルフケア薬局」を展開しているGOOD AID社は、JR西国分寺駅(東京都)のホーム内店舗である「セルフケア薬局 nonowa西国分寺店」で、保険調剤を本格稼働させると発表した。


【厚労省薬機法施行規則改正でパブコメ開始】登録販売者の店舗管理者要件の見直し/従事期間を1年でも可に、ただし追加的研修は必要

【厚労省薬機法施行規則改正でパブコメ開始】登録販売者の店舗管理者要件の見直し/従事期間を1年でも可に、ただし追加的研修は必要

【2023.02.02配信】厚生労働省は2月1日から、薬機法の施行規則の一部を改正する省令案についてパブリックコメントを開始した。登録販売者の店舗管理者要件の見直しに関するもので、従事期間が1年の場合でも可能にするが、追加的研修は必要とする。「規制改革実施計画」(令和4年6月7日閣議決定)に基づくもの。


【青少年の市販薬乱用対策で】小学生向けくすり教育ショート動画を制作・公開/くすりの適正使用協議会/日本薬剤師会監修

【青少年の市販薬乱用対策で】小学生向けくすり教育ショート動画を制作・公開/くすりの適正使用協議会/日本薬剤師会監修

【2023.02.02配信】青少年の市販薬の乱用増加が問題となっていることを受けて、くすりの適正使用協議会は、小学生向けくすり教育ショート動画を制作・公開した。小学校からの「くすり教育」を促したい考え。


ランキング


>>総合人気ランキング