【医薬品制度部会】論点は3つ/「外部委託」「処方箋40枚規制」「敷地内薬局」

【医薬品制度部会】論点は3つ/「外部委託」「処方箋40枚規制」「敷地内薬局」

【2022.08.09配信】厚生労働省は8月5日、「令和4年度第1回厚生科学審議会医薬品医療機器制度部会」を開催した。この中で「薬局薬剤師の業務及び薬局の機能に関するワーキンググループ」(WG)とりまとめが報告されたが、日本薬剤師会(日薬)副会長の森昌平氏は、制度に関わる論点として「外部委託」「処方箋40枚規制」「敷地内薬局」の3つを挙げた。


敷地内薬局、「薬事制度としても決断の時期」/日薬・森氏

 薬剤師WGのとりまとめは、薬局薬剤師の対人業務の充実や地域における薬剤師の役割など、広範な内容を取り上げているが、日薬の森氏は制度にかかわる論点として、「外部委託」「処方箋40枚規制」「敷地内薬局」の3つを挙げた。

 「ここは制度部会でありますので、今後の薬局制度に関わる観点ということで外部委託、敷地内薬局、処方箋40枚規制、の3点について意見を述べさせていただく」(森氏)と切り出した。

 その上で、外部委託に関しては、医療安全の担保や患者サービスの質の向上になるのかが前提となるとした。加えて、地域完結型医療について、「地域医療は地域の医療リソースによって行うことが基本」と述べ、「地域医療が壊れることがないようにしなくてはいけない」と懸念を表明した。
 災害時や新興感染症蔓延などの有事に対応できるのかという視点、地域における薬局の機能低下をもたらさないかなどの観点での検討も必要とした。

 薬剤師の員数規定である処方箋40枚規制については、医療の高度化、調剤業務の複雑化、対人業務の充実によって薬剤師1人当たりの処方箋受付枚数は、年々減少傾向にある現状を説明。その上で、「今後、さらなる対人業務の充実を目指す中で、薬局業務の質を担保する規制が必要であり、40枚規制の見直しをする必要性は理解できない」(森氏)との考えを示した。

 加えて、敷地内薬局については、中医協や社会保障審議会などの場でも厳しい意見が表明されていることを指摘し、「どのような機能・役割を持っていようが、敷地内薬局である理由にはならない」とし、「日本の医療のためにどうすべきか、行政も考えていただきたい。日本の医療のために薬事制度としても決断の時期だ」(森氏)と主張した。

この記事のライター

関連するキーワード


医薬品制度部会

関連する投稿


【医薬品制度部会】薬剤師会森氏、電子処方箋のフリーアクセス担保を要望

【医薬品制度部会】薬剤師会森氏、電子処方箋のフリーアクセス担保を要望

【2021.11.19配信】厚生労働省は11月19日、厚生科学審議会 ・医薬品医療機器制度部会を開いた。議題の1つだった「医薬行政の最近の動きについて」に関連して、日本薬剤師会副会長の森昌平氏が電子処方箋について発言。電子処方箋で「医師等が電子処方箋を支払基金等に提供すれば、患者等に交付したものとみなすなどの規定を整備する」ことが検討されていることに危惧を示し、制度としてフリーアクセスの担保を位置付けることを求めた。


最新の投稿


【スギHD】調剤チェーンのI&Hを子会社化へ

【スギHD】調剤チェーンのI&Hを子会社化へ

【2024.02.27配信】スギホールディングスは2月27日、調剤チェーンのI&Hを子会社化すると公表した。


速報【アイン敷地内薬局めぐる裁判】元アインの2被告に求刑、懲役10カ月

速報【アイン敷地内薬局めぐる裁判】元アインの2被告に求刑、懲役10カ月

【2024.02.27配信】KKR札幌医療センターの敷地内薬局の整備を巡り、公契約関係競売入札妨害の罪に問われたアインファーマシーズ元代表取締役社長・酒井雅人被告、同社元取締役・新山典義被告、KKR札幌医療センター元事務部長・藤井浩之被告の第4回公判が2月27日午前10時から、札幌地裁805号法廷で行われた。(ジャーナリスト・村上 和巳)


【ツルハHD】ウエルシアHDとの経営統合報道でコメント公表

【ツルハHD】ウエルシアHDとの経営統合報道でコメント公表

【2023.02.26配信】ツルハホールディングスは2月26日、ウエルシアホールディングスとの経営統合に関する報道があったことを受け、コメントを公表した。


【1万字インタビュー】安川孝志薬剤管理官に聞く

【1万字インタビュー】安川孝志薬剤管理官に聞く

【2024.02.26配信】2月14日、令和6年度調剤報酬改定が答申された。本紙では、厚生労働省保険局医療課・薬剤管理官の安川孝志氏に、薬局に関係する調剤報酬改定の部分についてインタビューした。


【日本チェーンドラッグストア協会】敷地内薬局“グループ一律引き下げ”見送りを歓迎/調剤報酬改定答申を受けて

【日本チェーンドラッグストア協会】敷地内薬局“グループ一律引き下げ”見送りを歓迎/調剤報酬改定答申を受けて

【2024.02.22配信】日本チェーンドラッグストア協会は2月22日に定例会見を開き、令和6年度調剤報酬改定の答申に対しての見解を示した。