【M&A】クスリのアオキHD、岩手県の食品スーパーを買収/ホーマス・キリンヤ社

【M&A】クスリのアオキHD、岩手県の食品スーパーを買収/ホーマス・キリンヤ社

【2022.01.04配信】クスリのアオキホールディングスは、岩手県及び宮城県に食品スーパー6店舗などを展開するホーマス・キリンヤを買収する。合併予定は3月1日付け。食品強化と東北地区でのドミナント拡充につなげたい考え。ホーマス・キリンヤへの仕入れを行い、代表者が同じく髙栁卓也氏のフードパワーセンター・バリューも買収する。


 クスリのアオキホールディングスは、2022 年1月4日開催の取締役会において、同社子会社であるクスリのアオキが株式会社ホーマス・キリンヤ及び株式会社フードパワーセンター・バリューを 2022 年3月1日付で吸収合併することを決議した。

 ホーマス・キリンヤは、岩手県及び宮城県に食品スーパーを6店舗、衣料品店を2店舗展開。フードパワーセンター・バリューは、主にホーマス・キリンヤが展開する店舗において販売する飲食料品及び日用雑貨の仕入業務を行っている企業。

 ホーマス・キリンヤ及びフードパワーセンター・バリューをグループに迎えることにより、食品スーパーの持つ新鮮な食材の品揃えとドラッグストアの持つヘルス&ビューティーや日用品の品揃え、また処方箋を取り扱う調剤薬局を組み合わせることで、地域の顧客にとってより一層利用してもらえる店舗を作ることができると判断したとする。

 ホーマス・キリンヤの店舗は、お互いの強みを生かした、さらに買い物のしやすい店舗への改装計画を策定し、今後進めていく予定。

  この合併により、同社グループの東北地区におけるドミナントを強化することで、今後、同社グループの一層の企業価値向上に努めていく方針。

 本合併の日程は以下の通り。
・合併決議取締役会(クスリのアオキHD及びクスリのアオキ) 2022 年1月4日
・合併契約締結日 2022 年1月4日
・合併決議株主総会(ホーマス・キリンヤ、フードパワーセンター・バリュー及びクスリのアオキ)
2022 年2月 25 日
・合併予定日(効力発生日) 2022 年3月1日

 本合併の方式は、クスリのアオキを存続会社とする吸収合併方式であり、消滅会社であるホーマス・キリンヤ及びフードパワーセンター・バリューは解散する。

 本合併に係る割当ての内容は、本合併契約の定めに従って、本合併の効力発生日前日の最終のホーマス・キリンヤ及びフードパワーセンター・バリューの株主名簿に記載又は記録されたホーマス・キリンヤ及びフードパワーセンター・バリューの株主に対して、現金を割当交付する。吸収合併対価については、契約により非開示としているが、第三者による株式価値の算定結果を勘案して決定している。

 1つ目の吸収合併消滅会社である株式会社ホーマス・キリンヤの概要は以下の通り。
・本店所在地 岩手県一関市大町4番 21 号
・代表者の役職・氏名 代表取締役社長 髙栁 卓也氏
・事業内容
1. スーパーマーケットの経営並びに百貨小売業/2. 衣料用繊維製品及び衣料用付属品の卸小売/3. 台所用品、日用雑貨、玩具、スポーツ用品、遊戯機具、家庭用電化製品、計量機器、光学機器、通信機械器具、楽器、教育器具、書籍、文房具、家具、事務用品、ペット用品、園芸用品、鳥獣魚介類の卸小売/4. 生鮮食品、加工食品、冷凍食品などの食品の卸小売/5. 宝石、貴金属、バッグ、袋物、時計、眼鏡、骨董品、美術工芸品、皮革製品、装身具、化粧品、その他洋品雑貨の卸小売/6. 塩、酒類、煙草、米、古物、切手、印紙の販売/7. 医薬品、医薬部外品、医療用機械器具の販売/8. 自動車、オートバイ、自転車の販売/9. 小売業に対する経営指導及び経営受託/10. 上記各号に付帯する一切の事業
・資本金 4900万円
・設立年月 1962 年8月
・発行済株式数 199,800 株
・決算期 7月 31 日
・大株主及び持ち株比率 髙栁卓也氏 18.4%、髙栁武士氏 17.9%、髙栁恭子氏 5.5%、他 32 名
・売上高 35億8000万円
・営業利益 ▲2000万円
・経常利益 ▲300万円
・当期純利益 ▲400万円

2つ目の吸収合併消滅会社である社フードパワーセンター・バリューの概要は以下の通り。
・本店所在地 岩手県一関市山目字前田 71 番1号
・代表者の役職・氏名 代表取締役社長 髙栁 卓也氏
・事業内容
1. ディスカウントショップの経営並びに百貨小売業/2. 衣料用繊維製品及び衣料用付属品の卸小売/3. 台所用品、日用雑貨、玩具、スポーツ用品、遊戯機具、家庭用電化製品、計量機器、光学機器、通信機械器具、楽器、教育器具、書籍、文房具、家具、事務用品、ペット用品、園芸用品、鳥獣魚介類の卸小売/4. 生鮮食品、加工食品、冷凍食品などの食品の卸小売/5. 宝石、貴金属、バッグ、袋物、
時計、眼鏡、骨董品、美術工芸品、皮革製品、装身具、化粧品、その他洋品雑貨の卸小売/6. 塩、酒類、煙草、米、古物、切手、印紙の販売/7. 医薬品、医薬部外品、医療用機械器具の販売/8. 自動車、オートバイ、自転車の販売/9. 小売業に対する経営指導及び経営受託/10. 動産、自動車、オートバイ及び電話加入権のリース、レンタル及びその仲介業/11. 有価証券の売買、金銭の貸付並
びに債務の保証、クレジットカード業及び代金前払い方式の磁気カードの発行及び販売/12. 労働者派遣事業/13. 上記各号に付帯する一切の事業
・資本金 4900万円
・設立年月 1993 年3月
・発行済株式数 1,999 株
・決算期 7月 31 日
・大株主及び持ち株比率 髙栁武士氏 27.7%、髙栁卓也氏 27.4%、村上勝彦氏 21.4%、他5名
・売上高 12億2200万円
・営業利益 ▲400万円
・経常利益 ▲400万円
・当期純利益 ▲400万円

本合併でクスリのアオキHD及びクスリのアオキの商号、所在地、代表者の役職・氏名、事業内容、資本金及び決算期についての変更はない。本合併がクスリのアオキHDの連結業績に与える影響については現在精査中であるものの、軽微であると判断しているとしている。

 クスリのアオキHDは北信越、東北、関東、東海、関西の 23 府県にドラッグストア 777店舗(内調剤薬局併設 453 店舗)、専門調剤薬局6店舗、スーパーマーケット4店舗の合計 787 店舗を展
開している。利便性と専門性の強化をコンセプトとし、食品の販売も強化をしており、大型店においては生鮮三品の取り扱いもしている。

この記事のライター

関連する投稿


【M&A】ウエルシアHD、コクミンを子会社化へ

【M&A】ウエルシアHD、コクミンを子会社化へ

【2022.01.18配信】ウエルシアホールディングスは1月18日開催の取締役会において、株式会社コクミンと株式会社フレンチの株式を取得し、資本業務提携(子会社化)することについて決議し、クロージングに向けて協議を開始することとした。コクミンの直近の決算期の売上高は194億円。株式譲渡実行日は2022 年6月1日を予定する。


【第2四半期決算】クスリのアオキHD、売上高1611億9200万円(前年同期は1507億1600万円)

【第2四半期決算】クスリのアオキHD、売上高1611億9200万円(前年同期は1507億1600万円)

【2022.01.04配信】クスリのアオキホールディングスは1月4日、2022年5月期第2四半期の連結業績(2021年5月21日~2021年11月20日)を公表した。それによると、売上高は1611億9200万円(前年同期は1507億1600万円)、営業利益68億500万円(前年同期は84億8100万円)、経常利益71億3700万円(前年同期は87億4800万円)、親会社株主に帰属する四半期純利益46億9400万円(前年同四半期は64億3500万円)だった。「収益認識に関する会計基準」を今期から適用しており、前年同期比(%)は記載していない。


【M&A】クスリのアオキHD、福島県いわき市のスーパー「一二三屋」の買収を決議/売上規模は24億円/2022年3月付け

【M&A】クスリのアオキHD、福島県いわき市のスーパー「一二三屋」の買収を決議/売上規模は24億円/2022年3月付け

【2021.11.04配信】クスリのアオキホールディングスは11月4日、2022年3月付けで福島県いわき市のスーパー「一二三屋」を買収することを決議したと告知した。一二三屋は直近の売上高は24億円。買収後は子会社のクスリのアオキが一二三屋を吸収合併する。


【クスリのアオキHD】延期していた決算発表日を10月28日と告知

【クスリのアオキHD】延期していた決算発表日を10月28日と告知

【2021.10.27配信】クスリのアオキホールディングスは、延期していた2022 年5月期第1四半期決算(2021年5月21日~2021年8月20日)の発表に関して、10月28日(木)にすると告知した。


【クスリのアオキHD】2022年5月期第1四半期報告書の提出を延長/延長後期限は11月4日

【クスリのアオキHD】2022年5月期第1四半期報告書の提出を延長/延長後期限は11月4日

【2021.10.05配信】クスリのアオキホールディングスは、申請していた2022 年5月期第1四半期報告書の提出期限延長が承認されたと告知した。同社は10 月1日付で延期することを公表していた。


最新の投稿


【スギホールディングス人事】スギ薬局の営業本部副本部長に澤田則子氏(現ビューティ統括部 統括部長)

【スギホールディングス人事】スギ薬局の営業本部副本部長に澤田則子氏(現ビューティ統括部 統括部長)

【2022.01.24配信】スギホールディングスは1月24日開催の取締役会において、子会社であるスギ薬局の役員人事を決定した。スギ薬局の営業本部副本部長に澤田則子氏(現ビューティ統括部 統括部長)が就く。


【荒川区のOGP薬局】経産省の「フェムテック補助金事業」に協力/荒川区民へセミナー開催

【荒川区のOGP薬局】経産省の「フェムテック補助金事業」に協力/荒川区民へセミナー開催

【2022.01.24配信】LINE を活用した妊活コンシェルジュサービス「famione(ファミワン)」を提供する株式会社ファミワン(本社:東京都渋谷区、代表取締役:石川勇介氏)は、経済産業省 令和 3 年度「フェムテック等サポートサービス実証事業費補助金」における補助事業者に採択された取り組みとして、社会福祉法人荒川区社会福祉協議会の後援のもと「看護師と薬剤師が答える!妊娠前・妊活中に知っておきたい話」を2月19日に開催する。


【ウエルシア薬局】カスミ新業態店で協働/食と健康テーマの「BLANDEつくば並木店」(茨城県)

【ウエルシア薬局】カスミ新業態店で協働/食と健康テーマの「BLANDEつくば並木店」(茨城県)

【2022.01.24配信】株式会社カスミ(本社:茨城県つくば市、代表取締役社長:山本慎一郎氏)は、カスミの新業態店舗「BLANDE」1号店をx茨城県つくば市にオープンする。オープンは1月28日(金)。食と健康美をテーマとした新たな売り場展開で、調剤提供などでウエルシア薬局が出店する。


【ドラッグストア協会】調剤報酬改定のパブコメを提出/「集中率」要件未記載に危機感/「面分業へのペナルティ」

【ドラッグストア協会】調剤報酬改定のパブコメを提出/「集中率」要件未記載に危機感/「面分業へのペナルティ」

【2022.01.21配信】日本チェーンドラッグストア協会は1月21日に会見を開き、診療報酬改定(調剤報酬改定)に関するパブリックコメントに、協会としての見解を提出したことを報告した。特に調剤基本料に関して、これまで記載のあった「集中率」に関する記載がないことに強い抵抗感を示し、「面分業の推進に取り組んできたグループ薬局に事実上のペナルティーを課すことにほかならない」としている。


【ドラッグストア協会】「ワクチン・検査パッケージ」、店舗販売業でも許可を/内閣府に要望

【ドラッグストア協会】「ワクチン・検査パッケージ」、店舗販売業でも許可を/内閣府に要望

【2022.01.21配信】日本チェーンドラッグストア協会は1月21日、定例会見を開いた。この中で、政府が進める「ワクチン・検査パッケージ」に関わる抗原検査やPCR検査において、希望者が限られた店舗に殺到している状況を受け、「店舗販売業でも担えるよう内閣官房に要望している」と明かした。希望者に応えられるよう、拠点数を増やしたい考えだ。


ランキング


>>総合人気ランキング

編集部おすすめ記事