【パーソナライズ商品への意識】LINEでの相談意向78.3%/YOJO社調査

【パーソナライズ商品への意識】LINEでの相談意向78.3%/YOJO社調査

【2021.09.24配信】オンライン薬局のYOJO Technologies(本社:東京都文京区、代表取締役:辻裕介氏)は、同社利用者23人に対してパーソナライズ商品に関する意識調査を実施した。その結果、100%が同社薬剤師によるLINE相談に魅力を感じており、パーソナライズ商品で希望する相談手法としては、LINEが78.3%と高かった。


調査は20代から50代のYOJO利用患者23名(男性1名、女性22名)を対象に、Webアンケートで2021年9月18日〜2021年9月20日に実施された。

 オンライン薬局『YOJO』では、LINEで医療相談や医薬品購入・服薬フォローなどを一気通貫で提供するサービスを行っている。現在、LINE登録者数は11万人(2021年9月1日時点)を突破し、20〜50代の不定愁訴で悩まれる女性を中心に利用されているという。昨年春先から続くコロナ禍において自分に合った漢方を始めとする市販薬を中心に取り扱っていたが、2021年2月に保険薬局の指定を受け、オンライン服薬指導による処方薬領域にも参入した。

 同社ではパーソナライズを意識し、患者ひとりひとりに寄り添った提案を実施。今回、パーソナライズ商品についての意識を調査した。

 その結果、同社薬剤師によるLINE相談の魅力を感じている人は100%だった。
 コロナ禍で受診できないという状況もあり、LINEで相談できることに魅力が感じている78.3%の人が相談はLINEで行いたいと回答。一方でZoomなど対面のオンラインも13%と需要があった。
 パーソナライズ商品に興味がある人は課題を感じており、商品を選ぶ時間の短縮より、自分にあった商品で悩みを解決したいと考えている傾向があった。
 さらに、78.2%の人がパーソナライズ商品を既製品より1000円以上高くても買いたいと回答。

 パーソナライズされたヘルスケア商品を使いたいと思っている方が多かったとして、同社では漢方以外も今後検討していきたいとしている。

 調査結果詳細は以下の通り。

 なお、同社では、同社のLINE相談実例を下記の通り記述している。

Q.ストレスが気になります。
A.ストレスは『気』が関係してくることがございます。
まずは『気』の巡りを改善して、ストレスを緩和してみませんか?
私はストレスを感じたらハーブティーを就寝前に飲んでます。
ストレッチや、ヨガなど体を少し動かすだけでも気分転換になるので、ぜひ試してみてくださいね。

Q.毎日夢を見てしまいぐっすり眠れません。
A.夢って幸せな夢だったらずっと見ていたいですが、嫌な夢、怖い夢を見る時もありますよね。
そんな時はアロマなどで睡眠の質を高めてみるのも良いですよ。
体が冷えやすい方は、入浴はシャワーで済ませずに38~40℃程度のお風呂にゆっくり入り、体を温めてみるのもおすすめです。
42度以上のお湯はかえって脳を興奮させてしまいます。
また、入浴は寝る2時間前までに済ませるのがおすすめです。

Q.季節の変わり目の「肩こり・頭痛」が酷いです。
A.季節の変わり目は様々な不調が起こりやすいですよね。
日々のストレッチやマッサージがおすすめです!
血行が悪くなってしまうと、痛みは悪化してしまうことがございます。
ぜひ体を冷やさないように工夫してみてくださいね。
血行が悪く、肩こりになってしまう場合は、血行を良くするような食材を摂るように心がけてみましょう。
例えば、イワシ、マグロ、大豆、うなぎ、ナッツ、かぼちゃなどがおすすめですよ。

 YOJOは、「患者満足度世界一の医療機関になる」というミッションを実現すべく、LINEで医療相談や医薬品購入・服薬フォローなどを一気通貫で提供するオンライン薬局『YOJO』を提供。LINEで心身の悩みを相談することで、薬剤師が体質に合った医薬品を無料で提案し、購入から配送・アフターフォローまでオンラインで完結することができるサービス。

この記事のライター

関連するキーワード


LINE 相談 YOJO

関連する投稿


【デジタル薬局コンソーシアム結成】メディカルシステムネットワーク主導、薬樹やフォーラルが参画

【デジタル薬局コンソーシアム結成】メディカルシステムネットワーク主導、薬樹やフォーラルが参画

【202q1.02.08配信】メディカルシステムネットワーク子会社のファーマシフトは調剤薬局のデジタル化を実現する「デジタル薬局コンソーシアム」を結成する。薬樹やフォーラルなどの7 社750 店舗にLINE 公式アカウントを活用した「かかりつけ薬局化支援サービス」の導入が決定している。


【独自】ベンチャー、YOJOが拓く薬剤師の“場にとらわれない働き方”

【独自】ベンチャー、YOJOが拓く薬剤師の“場にとらわれない働き方”

オンラインで相談ができ、自分に合った漢方薬などが購入できる「YOJO」。同社の取り組みは、薬剤師の新しい働き方を拓く意味でも注目を集めている。顧客もオンラインで相談ができるが、相談を受ける薬剤師もリモートワークが可能で、全国どこに住んでいても同社の業務に就けるからだ。いわゆる“たんす薬剤師”の掘り起こしにもつながると考えられる。主にチャット機能を使っている点もリモートワークのしやすさにつながっており、勤務時間中の業務の可視化につながっている。これはリアル薬局におけるリモートワークのヒントにもなるのではないか。例えば多店舗展開する薬局企業では、服薬フォローの一定のやりとりまでをリモートワークする薬剤師が担当することなどが考えられる。


アイセイ薬局、LINEから調剤予約、待ち時間短縮で感染予防PR

アイセイ薬局、LINEから調剤予約、待ち時間短縮で感染予防PR

【2020.05.19配信】アイセイ薬局は、LINEから「調剤予約」ができる LINEミニアプリ版「おくすりPASS FAST」スタートしたと発表した。調剤薬局における待ち時間を大幅に節約できることをPRする。


最新の投稿


【注目】あなたの知らない“くすり相談窓口業務(DI業務)”という薬剤師の働き方

【注目】あなたの知らない“くすり相談窓口業務(DI業務)”という薬剤師の働き方

【2022.10.03配信】薬局などの勤務とは違って、薬剤師がオフィスワークという働き方ができるのがEPファーマラインの展開している“くすり相談窓口業務(DI業務)”であり、同社では本業務に従事する有資格者を“メディカルコミュニケーター”という名称で呼んでいる。同社のくすり相談窓口業務(DI業務)は主に製薬企業からの委託を受け業務を行っており、ここ10数年でアウトソーシングが進んでいる業務の一つである。最新の医薬品情報に触れることもできるため、これまでと違った視点で経験を積みたいという薬剤師からの入社も増えている。同社ではどんな働き方ができるのか。同社の池田佳奈美社長にお話をうかがった。


【厚労省オンライン服薬指導のQ&A事務連絡】「薬局外」は「薬局開局時間帯であり、かつ、薬局内に1名以上の薬剤師が調剤に従事する状況」で

【厚労省オンライン服薬指導のQ&A事務連絡】「薬局外」は「薬局開局時間帯であり、かつ、薬局内に1名以上の薬剤師が調剤に従事する状況」で

【2022.10.01配信】厚生労働省は9月30日、薬機法施行規則(省令)を改正し、通知・事務連絡を発出した。省令ではオンライン服薬指導が薬局外でも可能となったため、省令内容に合わせて「オンライン服薬指導の実施要領に係るQ&A」を事務連絡した。薬局外で服薬指導を行う場合は、薬局に別の薬剤師がいる必要があるとしている。「薬局開局時間帯であり、かつ、薬局内に1名以上の薬剤師が調剤に従事する状況」と求めている。


【厚労省通知】省令改正に併せ「オンライン服薬指導の実施要領」/オンライン服薬指導を薬局外でも可能とする改正で

【厚労省通知】省令改正に併せ「オンライン服薬指導の実施要領」/オンライン服薬指導を薬局外でも可能とする改正で

【2022.10.01配信】厚生労働省は9月30日、薬機法施行規則(省令)を改正し、通知・事務連絡を発出した。省令ではオンライン服薬指導が薬局外でも可能となったため、省令内容に合わせて「オンライン服薬指導の実施要領」を通知した。薬局以外の場で行う際は、対面による服薬指導が行われる場合と同程度に患者のプライバシーに配慮がなされていること等を記載している。処方箋の取り扱いでは、オンライン診療後にオンライン服薬指導の予定から対面服薬指導に変更になった場合も、医療機関からの処方箋原本の送付とその場ではファクシミリ・メールで送られた処方箋をもって調剤してよいとの判断を示している。


【厚労省省令改正】オンライン服薬指導、「薬局以外」も可能に/「当該薬局において調剤に従事する薬剤師と相互に連絡をとることができる場所」

【厚労省省令改正】オンライン服薬指導、「薬局以外」も可能に/「当該薬局において調剤に従事する薬剤師と相互に連絡をとることができる場所」

【2022.10.01配信】厚生労働省は9月30日、薬機法施行規則(省令)を改正し、通知・事務連絡を発出した。同省令は公布の日から施行される。オンライン服薬指導を行う場所について薬局外のケースも認めた。「当該薬局において調剤に従事する薬剤師と相互に連絡をとることができる場所」と規定した。


【厚労省加藤大臣】10月2日の「電子処方箋フォーラム」で挨拶予定

【厚労省加藤大臣】10月2日の「電子処方箋フォーラム」で挨拶予定

【2022.09.30配信】加藤勝信厚生労働大臣は9月30日の閣議後会見において、10月2日に開催される「電子処方箋フォーラム」で挨拶予定だと明かした。大臣自ら、医療DXの大きな柱である電子処方箋の推進へ協力をお願いするとした。


ランキング


>>総合人気ランキング